真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

十五番目の言葉の解釈

神と人間の最大の違いは、神の言葉がいつも的を射ており、隠し事が何もないことである。そこで、神の性質のこうした側面は、今日の最初の言葉に見ることができる。その側面の一つは人間の真の姿を暴露することであり、もう一つの側面は神の性質を公然と明らかにすることである。この二つの側面は、神の言葉がいかに結果を達成できるかを示している。しかし、人々はこのことを理解せず、いつも神の言葉によって自分自身を知るようになるだけで、神の言葉を詳しく「解剖」したことはない。まるで彼らは神を怒らせることをひどく恐れ、自分たちが真剣であるために神に殺されることをひどく恐れているかのようである。実際、ほとんどの人が神の言葉を飲食する時、それは否定的側面からであって、肯定的側面からではない。人々は今や神の言葉に導かれて、「謙遜と服従に重点を置き」始めたと言えるだろう。このことから、人々が正反対の行動をとり始めたこと、つまり神の言葉に注意を払わなかったのに、一転して過度に注意を払う方向に向かったことが見て取れる。しかし、肯定的な側面から取り組んだ人物は誰一人いなかったし、神の言葉に耳を傾けさせようとしても、神の意図を真に理解する人は誰一人いなかった。神の言葉を聞けば、神が教会員すべての実際の状態を間違いなく正しく理解するために、教会生活を直接経験する必要はないということがわかる。新しい方法は導入されたばかりなので、すべての人々はまだ完全に否定的な要素を振り捨てていない。死体のにおいはまだ教会中に漂っている。まるで人々は薬を飲んだばかりでまだぼんやりして、完全に意識を取り戻していないかのようである。まるでまだ死に怯えているかのようであり、まだ恐怖の真っただ中にいて、自分自身を乗り越えることができないように見える。「人間は自己を知らない生き物である」。この言葉は教会建設のやり方に基づいていまだに耳にする。教会では誰もが神の言葉に注意を払っているが、彼らの本質にはいまだに根深いものがあり、彼らはそこから抜け出すことができない。このようなわけで、彼らがあまりにも自己中心的な時には、神は最終段階的な話し方を使って人々を裁き、彼らに言葉の強打を与えるのだ。人々は5か月間底なしの穴で浄化を経験しても、彼らの実際の状態は相変わらず神を知らない状態である。彼らはまだふしだらである――彼らは神に対する用心深さを多少強めただけである。この段階でようやく人々は神の言葉を知る道に入り始めるので、神の言葉の真髄とつながりを持つ時、過去の働きの段階が今日の道を開いたことを知るのは困難ではないし、すべては今日になってようやく正常化されてきたことを知るのも困難ではない。人々の致命的弱点は、個人の自由を獲得し、いつも制約されるのを避けるために、神の霊と肉の神を区別したがることである。だから、神は人間を評して、楽しげに飛び回っている小鳥のようだと言うのである。これがすべての人類の現状である。これによってすべての人々をもっとも簡単に打倒することができ、彼らをもっとも簡単に迷わせることができるのだ。このことから、サタンが人類に対して行う働きはこれにすぎないことがわかる。サタンがこれを人々に対して行えば行うほど、人に対する神の要求は厳しくなる。神は人々に神の言葉を注意して聞くように求め、サタンはそれを破壊しようと懸命に働く。しかし、神はいつも人々に神の言葉にもっと注意するようにと求める。これは霊的世界の戦いのピークで、次のように考えることができる。神が人間に対して行いたいことはサタンが破壊しようとすることであり、サタンが破壊したいことは人間を通せばすべて表れる。神が人々に対して行うことには明確な証拠がある――つまり、人間の状態がますます良くなっていくのだ。サタンによる人類の破壊も明確に示される――彼らはますます堕落させられ、その状態はだんだん落ち込んでいく。あまりにも悲惨になると、サタンに捕らえられることもある。これが神の言葉に示されてきた教会の現状であり、霊的世界の現状でもある。それが霊的世界の変遷の状況である。人々が神と協力する自信がない場合、サタンに捕らえられる危険がある。これは事実である。人が、自分の心を差し出して、すべて神の占有にまかせることが本当にできるなら、それは神が次のように言ったとおりである。「わたしの前で、わたしに抱擁されて横たわり、わたしの抱擁のぬくもりを味わっているかのようである。」これは神が人類にそれほど高い要求はしていないことを示している――神はただ彼らが立ち上がって協力することだけを必要としている。これは簡単で幸せなことではないだろうか。そしてこの一つのことだけがすべての英雄を困らせているのではないか。まるで戦場の将軍たちが刺繍作業場で座らされて、刺繍をしながらダラダラ時を過ごしているかのようではないか――これらの「英雄たち」はとても困って動けなくなり、どうしてよいかわからないのだ。

人類に対する神の要求が最大になるのがどのような局面であろうと、それはサタンの人類攻撃がその局面でもっとも重大であることを意味し、すべての人々の状態は次の言葉を通じて明らかにされる。「… あなたがたの誰が、わたしの前に立ち、降りしきる雪のように白く、純粋なヒスイのように汚れずにいられるだろうか。」すべての人々はまだ神を騙したり、何かを隠したりしている。彼らはまだ自分の独特のいかがわしい商売をやっている。彼らは神を満足させるために完全に神の手に心を委ねず、自分たちが熱心にやることに対する神の報酬を得たがっている。人々が美味な食事をとる時には、神を脇に立たせておき、自分勝手に神を放っておく。美しい服を着る時には、自分のおしゃれを楽しむだけで、心の底から神を満足させようとはしない。高い地位を持っている時、贅沢な楽しみがある時、彼らは自分の地位に座って、それを楽しみ始めるだけで、神のおかげであると考えて謙虚な気持ちを抱いたりはしない。それどころか、彼らは仰々しい言葉を使って高い場所に立ち、神の存在に注意を払わず、神の貴さを知ろうともしない。人々が心に偶像を抱いている時や、または彼らの心がほかの何かに奪われている時には、彼らはすでに神の存在を否定していたのであり、あたかも神が彼らの心の中に侵入したかのようだ。彼らは、他の人々から与えられる愛を神が盗み取り、自分たちは孤独な気持ちになるのではないかとひどく恐れている。神の意志によれば、地上には人々に神を無視するように仕向けるものは何もない。人々の間の愛でさえその「愛」から神を追い払うことはできないであろう。地上のものはすべて空虚である。人々の間の感情は目に見えず触れることもできないが、これでさえ空虚である。神の存在がなければ、すべての被造物は無に帰するだろう。地上では、すべての人々には自分の愛する愛するものがあるが、自分の愛するものは神の言葉だと言う者は一人もいない。これを見れば、人々が神の言葉をどの程度理解しているかがわかる。神の言葉は厳しいが、人々は傷つかない。その言葉に心から注意を払っていないからだ。それどころか、花を見るような態度で神の言葉に接する。彼らは神の言葉を自分で味わう果実のようには取り扱わないので、その本質がわからない。「もし人間がほんとうにわたしの剣の鋭さを見ることができたなら、ネズミのように穴に逃げ込むだろう。」正常な状態の人間を基にすれば、神の言葉を読んだ人々は愕然とし、恥ずかしい気持ちでいっぱいになり、他の人々を直視することができないだろう。しかし今、人々は正反対である――彼らは他の人々に殴打を加える武器として神の言葉を使う。彼らは本当に恥知らずだ。

わたしたちは次のような神の言葉によって現在の状態に至っているのだ。「神の国ではわたしの口から言葉を発するだけではなく、わたしの足が地のいたるところを厳かに踏んで行く。」神とサタンとの戦いのあらゆる段階において神は勝利している。神は宇宙全体の至る所で大規模にその働きを拡大しており、その足跡はあらゆる場所にあり、勝利のしるしはあらゆる場所で見ることができると言えるだろう。サタンは、諸国をバラバラにすることによって神の救いの計画を破壊しようとしているが、神はこれを利用して世界全体を再編成し、壊滅させなかった。神は毎日何か新しいことを行うが、人々はこれまでそれに気づいていない。人々は霊的世界の変遷に注意を払わないので、神の新しい働きを見ることができない。「わたしの栄光の輝きの中、宇宙のすべてが新たになり、まるで人間の想像力の作り出した天の上の天にいて、サタンに煩わされず、外からの敵の攻撃にさらされずにいるかのように、五感を恍惚とさせ、精神を高揚させる、心温まる様相を示す。」これは地上におけるキリストの国の喜ばしい光景を予言しており、人類に第三の天国の状況の紹介もしている。そこには神に属する神聖なものの存在だけがあり、サタンの力による攻撃はまったくない。しかし、もっとも重要なのは、神自身の地上における働きの状況を人々が見るのを赦されていることである。天は新しい天であり、それに続いて地上も新しく変えられる。神自身に導かれて生活するので、人々はみな非常に幸福である。人々の意識では、サタンは人類の捕虜であり、彼らはサタンの存在ゆえに臆病になったり、恐れたりすることはまったくない。神の直接的な指示と導きによって、サタンの計画はすべて無になり、そのため、サタンはもはや存在しないこと、神の働きによって取り除かれてしまったことさえ示されている。そのようなわけで、人間は天上の天に存在すると言われる。神が語った言葉、「騒乱はけっして起きないし、宇宙の統一が破られたこともない」は霊の世界の状態に関することであった。それはサタンに対する神の勝利宣言の根拠であり、神の最終的勝利のしるしである。誰も神の心を変えることはできないし、誰も神の心を知ることはできない。人々は神の言葉を読み、真剣に検討したが、それがどのようなものであっても、彼らはその本質が何かを言うことはできない。たとえば、神はこう語った。「わたしは星々の上を飛び越え、太陽が光を放つと、その温かみを空からぬぐい取り、ガチョウの羽毛ほどもある雪を手のひらから降らせる。しかし、わたしの気が変わると、雪はみな融けて川になる。間もなく、空の下のいたるところに春が訪れ、若葉の緑が地上の風景を一変させる。」人々はこれらの言葉を心の中で想像することはできるが、神の意志はそれほど単純ではない。天の下ですべての人がぼんやりしている時、神は救いの声を発し、人々の心の目を覚まさせる。しかし、あらゆる種類の災害が起こっているので、彼らは世の中のわびしさを感じて、みな死を求め、氷のように寒い洞穴にいる。彼らは猛吹雪の冷気に凍えるが、地上には温かみがないので、逃れ行く場所はない。人々がますます残酷にお互いを殺し合うのはその堕落のせいである。しかも、教会では大多数の人々は赤い大きな竜によって一気に飲み込まれてしまうだろう。すべての試練が過ぎた後、サタンによる崩壊は取り除かれるだろう。こうして、全世界に変換が生じて春が浸透し、温かさが世界を覆うだろう。世界はエネルギーで一杯になるだろう。これらはすべて完全な救いの計画の段階である。神が語った「夜」という言葉の意味は、サタンの狂気が最高潮に達した時を示し、それが夜間に生じるという意味である。こうした有様が現在の状況ではないだろうか。人々はすべて神の光に導かれて生き残っているが、彼らは夜の闇のみじめさを経験している。彼らはサタンの拘束から抜け出すことができなければ、暗い夜の真っただ中で永久に生きるだろう。では、地上の国々を見てみよう。神の働きのさまざまな段階に従って地上の国々は「走り回って」おり、皆それぞれに適した終着点を探し求めている。神の日はまだ来ていないので、地上ではすべてがまだ泥沼の混乱状態である。神が公然と世界全体に現れると、その栄光はシオンの山を満たし、すべてのものは神の手により整理されて整然となるだろう。神の言葉は今日について語るだけでなく、未来をも予言する。今日は明日の基礎であるから、現在のこの状況における人々は完全には神の言葉を理解することはできない。神の言葉が十分に満たされて初めて彼らは神の言葉全体を理解できるだろう。

神の霊は宇宙のすべての空間を満たすが、すべての人々の中でも働く。このように、人々の心の中ではまるで神の姿が至る所にあるかのようであり、すべての場所に神の霊の働きがあるかのようである。実際、人の姿となった神が上記のサタンの行為を征服し、最終的には神のものとすることである。しかし人の姿で働いている間、霊は肉体を持つ人とも協力し、これらの人々を変形させている。神の行いは全世界の至る所に広がり、神の霊は世界中を満たすということができるが、神の働きには段階があるために、悪事を行う人々はまだ罰せられていないし、一方良いことを行う人々は報われていない。そこで、霊の行いは地上のすべての人々によって褒め称えられたわけではない。神はすべてのものの上方に存在し、またその内部にもいる。さらに、神はすべての人々の中にいる。このことは、神の実在を示すのに十分である。神は公然とは人類の前に現れてはいないから、人々は次のような幻想を展開させている。「人間に関する限り、わたしは実体をもつようであり、しかし、実体がないものでもあるようだ。」今に至るまで、神を信じるすべての人々の中で、神が本当に存在するとまったく完全に確信している人は誰もいない。彼らは皆疑いと信念の割合が3対2程度である。これが人類の現状である。人々は今皆次のような状況にある。すなわち、彼らは神がいると信じているが、まだ見たことがないのだ。あるいは、彼らは神が存在することは信じていないが、人類には解決できない困難がたくさんある。だから、逃げることのできない何かにいつも巻き込まれているようなのだ。神を信じているとしても、彼らはいつも多少の曖昧さを感じているようである。しかし、信じていないとすれば、神が本当にいるならば、自分たちが損をすると恐れるかもしれない。これが彼らの相反する考え方である。

「わたしの名のために、わたしの霊のために、わたしの全経営(救いの)計画のために――誰がその身に持てる力すべてを捧げることができるのだろう。」そして神はこうも言う。「今日、神の国が人間の世界にある時こそ、わたしが自らこの人間の世界に来ているのである。これがそうでなければ、わたしの身代わりとして戦場に行けるだけの不屈な者が、誰かいるだろうか。」神の言葉の目標はこうである。直接神の働きを行う肉の神がいなければ、つまり人の姿をした神がいなくて、聖職者を通して神が働くならば、神は大きな赤い竜を決して征服することはできないだろうし、王として人類を支配することもできないだろう。人類は実際に神自身を知ることはできないので、相変わらずサタンに支配されるだろう。したがって、この働きの段階は人の姿になった神によって直接なされなければならない。もしも肉体が変化するようなことがあれば、この段階の計画はけっして完成しないだろう。異なる肉体の意味および本質は同じではないからである。神が根源を握っているので、人々はこれらの言葉の文字上の意味しか理解できない。神は次のように言った。「しかし、すべてが語られ、行われるとき、それが霊の働きなのか、肉の働きなのか、理解できる者は誰もいない。このことだけでも、人間が生涯を通じて事細かに体験するに十分なことなのだ。」人々は多年にわたり、サタンによって絶えず堕落させられてきた。そしてずっと以前に霊的な事柄を知覚できなくなった。このため、神の言葉のわずか一つの文でも人々の目にはごちそうのようなものとなった。神の霊と他のさまざまな霊との間には距離があるため、神を信じるすべての人々には神を心から望む気持ちがあり、彼らは皆進んで神に近づいていき、心の内を吐き出そうとするが、あえて神と接触しようとはせず、畏敬の念を抱いてとどまっているだけである。これが神の霊の引きつける力である。人々にとって神は愛するための神であり、その内部には彼らが愛する無限の要素があるので、すべての人々は神を愛し、神を信用したいと願う。実際、誰もが神を愛する心を持っているのだ。物分かりが悪く何も感じない不憫な人々が神を理解することができないのはサタンが混乱させるからである。そのため、神は神に対する人類の真の感情を次のように語った。「人間は、けっしてその心の奥底でわたしを嫌ったことがない。かえって、霊の奥底では、わたしにしっかりと結びついているのだ。...わたしの実在は人間を呆然とさせ、驚かせ、戸惑わせるが、それでも人間はすべてを進んで受け入れる。」これが神を信じている人々の心の奥底にある現状である。人々が真に神を知れば、自然に神に対する態度が変化し、霊の役割のために心の奥底から称賛の言葉を発することができるだろう。神はすべての人々の霊の内奥に存在するが、邪悪なサタンのために彼らは神をサタンと混同している。神は今日まさにこの局面から働き、このことが始めから終わりまで霊の世界の戦いの中心になっているのだ。

脚注

a. A xiu lou は古代中国で女性が刺繍の作業を行うために特に使われた場所であった。

前へ:十四番目の言葉の解釈

次へ:十六番目の言葉の解釈

他のお気に入り