人には少しも理知がない

人は自分にあまり多くを要求しないのに、神には多く要求をします。自分に神が特別の好意を示し、忍耐強く寛容であり、自分を大切にし、糧を与え、微笑みかけ、全てに配慮するよう求めるのです。神が自分に厳しくしないように、自分の気分を害しないよう期待し、神が日々甘い言葉で語りかける時だけ満足します。人には少しも理知がありません。自分が何をすべきか、何を成し遂げるべきか、どんな視点をもつべきか、どんな立場に立って神に仕えるべきか、自分にふさわしい立場は何か理解していません。ささやかな地位をもつ人は自分をとても高く評価し、地位のない人も自分を大いに評価します。人は自分をまったく知っていません。


現在、あなたがたはあまりに多くを要求しますが、それらは極めて過大です。あなたがたに多くの意図があるということは、自分が正しい立場に立っていないこと、自分の立場が高すぎること、自分を神に勝るとも劣らず立派なものと見なしていることを証明しています。だからあなたは取り扱いがたく、それはまさにサタンの本性です。神がどのように語ろうと、あなたにどれだけ厳しく、あなたを無視しようと、あなたは神への信仰において、不満を漏らさず信じ、いつも通り本分を尽くし続けるべきです。そうすれば成熟した経験豊かな人になり、すこしは真の霊的背丈と、正常な人間の理知をもてるようになります。神に要求することも、大それた願望を抱くことも、自分の好みにしたがって人や神に何かを求めることもなくなります。それは、あなたがある程度人間らしさを持っていることを示します。


『キリストの言葉の記録』の「常に神に対して要求がある者は最も理知に欠ける」より編集

前へ: 人はなぜいつも神に要求するのか

次へ: 人が神に服従するための基準

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

人の子が現れた

世界の東から一筋の輝く光が現われ 西の果てまで照らす 人の子が地に降臨した 全能神である救い主が戻って 真理を表し 新時代を始めた 人の子が現れ 神が来た 神は人類に永遠のいのちの道をもたらす 新しい天と地 新しい時代と人間 新しい道と生活 新しいエルサレムが地に降臨…

神が人に授ける最高の祝福

神のことばの完成により神の国が形成する 人が正常に戻るとともに 神の国がここにある 神の国の民は正常な生活を取り戻し 今日は神の前に生き 明日は神の国で生きる 全地は喜びと温かい心で満ちる 神の国がこの地上にある 神の国がこの地上にある 凍える冬は常春の世界となり 人は悲惨な…

私はあなたに創られ、あなたのものです

山あり谷あり変化して 雨風の中 あなたの後を追う 危険や苦難は真の愛 真情の炉 打たれた心は不滅の愛であなたを慕う 何度冬は春になっただろう! 苦きも甘きも味わってきた 秋風は絶え 春の花を歓迎する 気まぐれな戦士の生活! あなたの思いが分かる あなたは謙虚に世に来られたが…

ペテロの神への愛の表現

生活で神の要望を満たせないものがあれば それはペテロを不安にした もしそれが神を満足させなければ彼は悔やみ 努力し神の心を満たそうとした 生活のどんなに小さなことでも ペテロは神の要望を満たそうと自らに求め 自分の古い性質を容赦することなく 更に深く真理に入ることを求めた 更に深…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索