自分の本性を分析するには

さて、自分の本性を知るには、達成しなければならないことが幾つかある。第一に、自分が何を好むかを明確に理解しなければならない。これは食べ物や着る物の好みのことではない。むしろ、どのような物事を楽しみ、うらやましく思い、崇拝するのか、何を求めるのか、心の中で何に注意を向けているかという意味である。人の本性には、その人の好む物事の全般的な特徴がある。つまり、人は他者がその見た目ゆえにうらやむような物事や人々を好み、美しく豪華に見える物事や人々を好み、その外見ゆえに他者が崇拝してしまう物事や人々を好むのだ。人が好む物事は、偉大で目がくらむような、華麗で壮大なものである。人はみなこのようなものを崇拝する。人には真理が一切なく、また真正な人間と似ても似つかないことがわかる。このような物事を崇拝することには、ほんの少しの意義もない。

あなたが何を好み、何に注目し、何を崇拝し、何をうらやみ、毎日心の中で何について考えているのかは、みなあなたの本性を表している。あなたの本性は不義を好み、深刻な場合はあなたの本性は邪悪で救い難いと証明するにはこれで十分だ。自分の本性を分析するには、自分が生活において何を好み、何を捨てるのかを検証しなければならない。あなたは一時的には誰かに好意的かもしれないが、それはあなたがその人を好きだという証拠にはならない。あなたがほんとうに好きな物事は、まさにあなたの本性の中にあるものである。たとえ骨折しようが、なお楽しみ、決して手放すことのできないものである。これを変えるのは容易ではない。自分の奥底に潜む物事を変えられる人はいない。それは人間の本性に関わる事柄であり、人の本質を表わしている。

『キリストの言葉の記録』の「性質の変化について知るべきこと」より編集

前へ: どのようにして人間の本性を認識すればよいか

次へ: 重要なのは自分の思いと視点を知ること

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

全ての神の働きは 神自身によって為される 神の働きを起こすのも、完了させるのも神である その全ての働きを 計画するのは神であり  それを営むのもそれを 成就させるのも神である それについて 聖書にはこう 書かれている・・ 書かれている 「神は始めであり・・神は終わりでもある  …

私はあなたに創られ、あなたのものです

山あり谷あり変化して 雨風の中 あなたの後を追う 危険や苦難は真の愛 真情の炉 打たれた心は不滅の愛であなたを慕う 何度冬は春になっただろう! 苦きも甘きも味わってきた 秋風は絶え 春の花を歓迎する 気まぐれな戦士の生活! あなたの思いが分かる あなたは謙虚に世に来られたが…

神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

神の霊を まとった肉は 神自身の 肉である 全能・・崇高・・聖にして・・正しい それはまさに 神の霊と 同じである 人々のため このような肉は 善き事だけを 為す事が出来る 聖なる・・偉大で・・栄光に・・・満ちた 栄光に 満ちた事のみを 為す事が出来る 肉なる神は 真理に背いた…

神が人に授ける最高の祝福

神のことばの完成により神の国が形成する 人が正常に戻るとともに 神の国がここにある 神の国の民は正常な生活を取り戻し 今日は神の前に生き 明日は神の国で生きる 全地は喜びと温かい心で満ちる 神の国がこの地上にある 神の国がこの地上にある 凍える冬は常春の世界となり 人は悲惨な…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索