神が悲しまないことがあろうか?


神は甘さ 酸っぱさ 苦さ 辛さ

人間体験のあらゆる味を味わい

風の中に来て 雨の中を行く

神は家族の迫害や人生の浮き沈み

体から離れる時の苦痛も経験した

神が地上に来た時

受けた苦難のために

人は歓迎する代わりに

神の善意を「ていねいに」断った

どうしてそれが神を苦しませ

悲しませないことがあろうか


このように終わってしまう

そのためだけに神は肉となったのだろうか?

なぜ人は神を愛さないのだろうか?

なぜ人は神の愛に憎しみで報いるのか?

神がこのように苦しんでもよいのだろうか?

神が地上に来た時

受けた苦難のために

人は歓迎する代わりに

神の善意を「ていねいに」断った

どうしてそれが神を苦しませ

悲しませないことがあろうか


人々は神が地上で受けた苦難のゆえ

同情の涙を流し

神が受けた不幸な仕打ちに抗議した

誰が神の心を真に知っていただろうか?


誰が神の気持ちを察することができるだろうか?

かつて人は神に深い愛情を抱き

夢の中で神を慕った

しかし地上にいる者は

どうしたら神の意志を理解できるのだろうか?

神が地上に来た時

受けた苦難のために

人は歓迎する代わりに

神の善意を「ていねいに」断った

どうしてそれが神を苦しませ

悲しませないことがあろうか

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第三十一章」より

前へ: 神の働きはなんと辛いことか

次へ: 人を救う神の意図は変わることがない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

災いが襲うとき

神のすべての憐みは 神を愛し 自己を放棄する者たちに施され 悪人への懲罰は神の怒りと義の証しだ 災いが襲うとき 神に反抗する者は飢えや病に直面して涙する 神に従うが 悪を行ってきた者も この運命に直面し 恐れの中で生きる 神に従う者だけが喜び 神の力を称賛する 彼らは大き…

ペテロの神への愛の表現

生活で神の要望を満たせないものがあれば それはペテロを不安にした もしそれが神を満足させなければ彼は悔やみ 努力し神の心を満たそうとした 生活のどんなに小さなことでも ペテロは神の要望を満たそうと自らに求め 自分の古い性質を容赦することなく 更に深く真理に入ることを求めた 更に深…

神の愛はいつも私の心の中にある

Ⅰ 神に従う私の旅路で 、私は神の愛の全てを楽しんだ。神のみ言葉と要求は全て神の守りと愛である。私が弱り果てて涙する時、み言葉は私を励ましてくれる。私が失望する時はいつも、み言葉が私を立ち上がらせてくれる。(神よ)あなたの愛は貴く、後悔などない。私の中にあなたの愛を深く感じる。…

どんな被造物も神の愛は持っていない

神の言葉は命に満ちていて 私達に歩むべき道を示す 神は真理とは何かを教え 私達は神の言葉に惹きつけられる 私達は神の口調に注意し始め 平凡な人の内なる声を意識し始める 神は人のため一心に働く 眠ることも、食べることもできない 神は涙を流して息をつき 人のために病み うめく 人の…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索