終わりの日のキリストから発せられる言葉(選集)

目次
  • 第一部 全宇宙に向かって語った神の言葉 (キリストが初めに語った言葉) (抜粋)
    • 第二部 キリストが諸教会の間を歩いた時の言葉 (抜粋)
      • 第三部 キリストが自分の業の後期に語った言葉 (抜粋)

        あなたは生かされたか

        あなたが正常な人間性を持つ生き方を達成し、全き者にされたら、預言や玄義について話すことができなくても、人間の姿を生き、表しているのである。神は人を造ったが、その後人はサタンによって堕落させられ、この堕落が人々を死人にしてしまった―したがってあなたが変われば、あなたは「死人」とは違うものになるだろう。人々の霊にいのちを与え、人々を再生させるのは神の言葉であり、霊が再生した時、人々は生かされる。死人について言及する時は、霊を持たない死体のこと、霊が死んでいる人々のことを指している。霊にいのちが与えられると、人々は生かされる。以前語られた聖者は生かされた人々、サタンの支配下にあったがサタンを打ち負かした人々のことだ。中国の選ばれた人々は、赤い大きな竜による非人道的な迫害や策略に耐えてきた。その結果、精神はひどく荒廃させられ、生きる勇気を少しも持たなくなった。したがって彼らの霊を目覚めさせるには彼らの本質から始めなければならない。本質の中で少しずつ彼らの霊を目覚めさせなければならない。いつか彼らが生かされたら、障害物は何もなくなり、すべては順調に進むことだろう。今のところ、これは相変わらず達成不可能である。ほとんどの人は死の環境をかなり含んだ状況下で暮らし、死の雰囲気に包まれており、欠けているものがあまりにも多い。一部の人の語る言葉には死が含まれており、行動には死が含まれており、彼らの生き方のほとんどすべてが死である。今日、人々が公に神について証しをしようとしても、この働きは失敗するであろう。なぜなら彼らはまだ完全には生かされていないし、あなたがたの中にはあまりにも多くの死人がいるからだ。今日、一部の人は、「なぜ神はしるしや奇跡を示さないのだろう、異邦人たちの間に神の働きをすばやく広めることができるのに」と言う。死人は神について証しをすることはできない。生きている者はできるが、今日ほとんどの人は死んでいる、あまりにも多くの人が死に覆われて生きており、サタンの支配下にあり、勝利を得ることができない―それなら彼らは神について証しをすることなどできるだろうか。彼らは福音の働きを広げることなどできるだろうか。

        暗黒の影響を受けて生きている人々は死の中に生きているのであり、サタンにとりつかれている。神に救われなければ、そして神の裁きを受け、刑罰を受けなければ、人々は死の権勢から逃れることはできず、生きている人にはなれない。こうした死人たちは神について証しをすることはできないし、神に用いられることもない。いわんや神の国に入ることはできない。神は死人ではなく、生きている人々の証しを望んでおり、死人ではなく生きている人々が神のために働くことを要求する。死人とは神に反対し、神に逆らう人々であり、霊が麻痺し、神の言葉を理解しない人々、真理を実践することはなく、神への忠誠心など微塵もない人々、サタンの支配下に住み、サタンに利用されている人々のことだ。死人は真理に反対し、神に逆らい、卑しく、卑劣で、悪意があり、野卑で、悪賢く、陰険であることで自らを表す。そのような人々はたとえ神の言葉を飲食しても、神の言葉の通りに生きることはできない。彼らは生きているが、歩いている死体、呼吸している死人である。死人は神を満足させることは全くできないし、いわんや神に完全に従うことなどできない。神をだまし、冒涜し、裏切ることしかできない。死人の生き方すべてはサタンの性質を明らかにする。もし、人々が生きている存在になり、神への証しとなり、神に認められることを望むならば、神の救いを受け入れ、神の裁きと刑罰に喜んで服従し、神による手入れや取り扱いを喜んで受け入れなければならない。そうして初めて神が要求した真理のすべてを実行することができ、そうして初めて神の救いを得て、本当に生きた存在になることができる。生きている人々は神によって救われ、神から裁きと刑罰を受けており、進んで神に身を捧げ、喜んで命を投げ出し、全人生を神に捧げるだろう。生きている人々が神について証しをする時にだけサタンを辱めることができ、生きている人々だけが神の福音の働きを広めることができ、生きている人々だけが神の心にかなう人であり、生きている人々だけが本当の人である。元々神によって造られた人は生きていたが、サタンに堕落させられたために死の中で暮らし、サタンの支配下で暮らすようになり、そこで人は霊のない死人となり、神に反対する敵となり、サタンの道具になり、サタンの囚われ人になってしまった。神が造った、生きている人々はすべて死人となり、そこで神は証しを失い、神が造って息を吹き込んだ唯一の人類を失ってしまった。もし神が証しを奪い返し、その手で造られたがサタンに奪われた人々を奪い返そうとするならば、神は彼らが生きている人々になるようによみがえらせなければならないし、神の光の中で生きるように彼らを奪い返さなければならない。死人とは霊を持たず、極端に無感覚で、神に反対する人々のことである。そのうえ、彼らは神を知らない。こうした人々は神に従う意思など微塵も持たず、神に反抗し、反対するだけであり、忠誠心はまったくない。生きている人々は霊が再生しており、神に従うことを知っており、神に忠実な人々である。彼らは真理と証しを所有しており、これらの人々だけが神の家で神に喜ばれる。神は生かされる人々、神の救いを見ることができる人々、神に忠実になることができ、進んで神を探し求める人々、神の受肉を信じる人々、神の出現を信じる人々を救う。生かされる人もいれば、生かされない人もいるが、それはその人の本性が救われるか否かによる。神の言葉を数多く聞いているにもかかわらず神の心を理解しない人が大勢いる。彼らは神の言葉を数多く聞いているが、実行することができず、真理の通りに生きることができず、さらに神の働きを故意に邪魔したりもする。彼らは神のために働くことは全くできず、神に何も捧げることができず、そのうえこっそり教会のお金を使ったり、ただで神の家で食べたりする。これらの人々はみな救われない死人である。神は自身の働きの中にいるすべての人々を救うが、一部の人は神の救いが得られない。神の救いが得られるのはほんの少数だけである。なぜならばほとんどの人はあまりにも死んでおり、救うことができないほど死んでいて、完全にサタンに利用されており、本質的に、あまりにも悪意がある。それら少数の人々も完全に神に従うことができたわけではなかった。彼らは最初から完全に神に忠実な人々、あるいは最初から神に最大限の愛をもっている人々ではなかった。それどころか、彼らは神の征服の働きのために神に従うようになったのであり、神の究極の愛のために神を見ているのであり、神の義である性質のために彼らの性質に変化が見られるのであり、実際的で、正常である神の働きのために彼らは神を知るようになる。神のこの働きがなければ、これらの人々がどんなに善良でも、まだサタンに属しており、まだ死に属しており、まだ死んでいるだろう。今日これらの人々が神の救いを得られるのは、彼らが進んで神と協力するからだということに尽きる。

        神に忠実であるために、生きている人々は神に得られ、神の約束の中で暮らし、神に反対するために死人は神から嫌われ、拒絶され、神の懲罰と呪いの中で暮らすことになる。これが神の義の性質であり、いかなる人もそれを変えることはできない。自ら探し求めることにより、人々は神の承認を得て、光の中に暮らす。ずるい企みのために、人々は神に呪われ、懲罰の中に身を落とす。悪行のために、人々は神に懲罰される。神に対する切望と忠誠心により、人々は神の祝福を受ける。神は義である。生きている人々を祝福し、死人を呪うので、死人は永遠に死の中にとどまり、決して神の光の中では暮らさない。神はその国に生きている人々を連れていき、生きている人々を祝福へと連れて行き、永久に神の傍らに置く。死人は永遠の死に陥れられる。死人は神による破壊の対象であり、永遠にサタンに属する。神は誰も不当に扱わない。心から神を探し求める人はすべて必ず神の家に留まり、神に逆らい、神に味方しない人は必ず神の懲罰を受けながら過ごすことになるだろう。おそらくあなたは受肉した神の働きについて確信がないだろう―しかしいつか神の肉は直接人の終末を定めなく、その代わりに神の霊が人の終着点を定め、その時人々は神の肉と霊は一つのものであること、神の肉は間違いを犯すことはなく、神の霊はより一層間違いを犯すことがないことを知るだろう。最終的に神は必ず一人も余分はなく、一人も欠かすことはなく、生かされる者はだれでも神の国に連れていき、生かされなかった死人はサタンの洞窟に追いやられるであろう。