真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

4.宗教的な牧師と長老たちは本当にすべて神によって任命されるか。宗教的な牧師や長老を受け入れ服従することは神への服従と神に従うことを意味するか。

0

4.宗教的な牧師と長老たちは本当にすべて神によって任命されるか。宗教的な牧師や長老を受け入れ服従することは神への服従と神に従うことを意味するか。

参照聖書箇所

「いまイスラエルの人々の叫びがわたしに届いた。わたしはまたエジプトびとが彼らをしえたげる、そのしえたげを見た。 さあ、わたしは、あなたをパロにつかわして、わたしの民、イスラエルの人々をエジプトから導き出させよう。」(出エジプト記 3:9-10)

「イエスはシモン・ペテロに言われた、『ヨハネの子シモンよ、あなたはこの人たちが愛する以上に、わたしを愛するか』。⋯⋯イエスは彼に『わたしの小羊を養いなさい』と言われた。またもう一度彼に言われた、『ヨハネの子シモンよ、わたしを愛するか』。⋯⋯イエスは彼に言われた、『わたしの羊を飼いなさい』。」 (ヨハネによる福音書 21:15-16)

「わたしは、あなたに天国のかぎを授けよう。そして、あなたが地上でつなぐことは、天でもつながれ、あなたが地上で解くことは天でも解かれるであろう。 」(マタイによる福音書 16:19)

「人間に従うよりは、神に従うべきである。」(使徒言行録 5:29)

関連する神の言葉

「神が用いる人が行う働きは、キリストや聖霊の働きに協力するためのものである。この人は、人間の間にあって神により立てられ、神により選ばれた者全員を率いるために存在する。また、その人は、人間が協力して行う働きをするよう神に立てられている。人間が協力して行う働きができるこうした人にあっては、神が人間に対して求めるものの更に多くと、人間の間にあって聖霊が行わなければならない働きが、その人を通じて実現されるのである。別の言葉で言うと、次のようになる。神がその人を用いる目的は、神に従う者全員が神の心をより良く理解し、神の要求をより多く達成できるようにするためである。人間は直接神の言葉や神の心を理解できないため、神はそうした働きを行うために用いる人を立てたのである。神が用いるそういう人は、神が人々を導くための手段とも、神と人々との間にあって意思を伝える『通訳者』とも言えるであろう。このように、そうした人は神の家で働く人々や神の使徒である人々とは異なる。神の家で働く人々や神の使徒と同様に、そうした人は神に仕える人とは言えるが、その働きの本質と神に用いられる背景において、そうした人は他の働き手や使徒とは大きく異なるのである。その働きの本質と神に用いられる背景に関して言えば、神が用いる人は神により立てられ、神の働きのために神により整えられ、神自身の働きに協力する。そうした人の仕事には決して誰も代わりとなることができないであろう。神性の働きに不可欠なのは人間の協力である。⋯⋯しかし、神が用いる人は神により整えられた人であり、ある種の器量を備え、人間性を持ち合わせているのである。そういう人は聖霊により前もって整えられ、完全にされており、聖霊によって全てが導かれ、特にその働きについては聖霊により指導され、命じられる-そしてその結果、神に選ばれし者らを導く道からは逸れることがない。なぜなら、神は確実に自らの働きに責任を持ち、神は常に自らの働きを行うからである。」

『言葉は肉において現れる』の「神が人間を用いるということ」より

「また、神に仕えることは、神学校で学んだ後礼拝堂で説教し、聖書の各章を読んで人々に教えることだと考えている宗教指導者が大勢いる。⋯⋯」

『言葉は肉において現れる』の「神の心にかなう奉仕とは」より

「人の心の中の働きは人によってあまりにも容易に達成される。たとえば、宗教界の牧師や指導者は自分の才能や立場を信頼して働きを行なう。長い間彼らに従う人々は、彼らの才能に感化され、彼らの人格からいくらか影響を受けるだろう。彼らは人々の才能、能力、知識に重点を置き、多少の超自然的なものや多くの深遠で非現実的教義に注目する(もちろん、これらの深遠な教義は達成不可能である)。彼らは人々の性質の変化に注目せず、むしろ人々の説教する能力、働く能力の訓練、人々の知識や豊かな宗教的教義の改善に注目する。人々の性質がどのくらい変えられたか、あるいは人々はどのくらい真理を理解しているかには注目しない。彼らは人々の本質には関心を持たず、ましてや人々の通常の状態、異常な状態を知ろうとはしない。彼らは人々の見解に反論せず、明らかにもしない。ましてや人々の欠点や堕落を修正したりはしない。彼らに従うほとんどの人々は生来の才能によって仕え、彼らが表すのは知識と曖昧な宗教的真理であり、それらは現実とは離れており、人々にいのちを与えることは全くできない。実際、彼らの働きの本質は才能を育むこと、何もない人物を後になって仕事に就き、指導する有能な神学校卒業生に育てることである。」

『言葉は肉において現れる』の「神の働きと人の働き」より

「神に従う中で最も重要なのは、すべては神の現在の言葉に拠らねばならないということである。いのちに入ることを求めているのであれ、神の心にかなうことを求めているのであれ、すべては神の現在の言葉を中心にしなければならないということである。親しく交わり求めるものが神の現在の言葉を中心にしていなければ、あなたは神の言葉を知らない人であり、聖霊の働きを完全に失っている。神が求めるのは神の歩みに従う人々である。あなたが前に理解したことがどれほど素晴らしく純粋であっても、神はそれを求めておらず、そうしたことを脇へやることができないなら、それは将来あなたが真理に入るときの大きな障害になるだろう。聖霊の現在の光に従うことができる人々はみな祝福されている。過去の人々も神の歩みに従ったが、今日まで来ることはできなかった。これは終わりの日の人々の祝福である。聖霊の現在の働きに従うことができ、神の歩みに従える人々は、神が導くところがどこであろうと神に従うのだが、神に祝福されている。聖霊の現在の働きに従わない人々は神の言葉の働きに入っておらず、どれほど働こうとも、苦しみがどれほど大きくとも、どれほど右往左往しようとも、そのどれも神には意味がなく、神はそんな人々を賞賛しないであろう。今日、神の現在の言葉に従う人々はみな聖霊の流れの中にある。神の現在の言葉を知らない人々は聖霊の流れの外にあり、そのような人々を神は賞賛しない。聖霊の現在の言葉から離れた奉仕は肉の奉仕であり、観念の奉仕であり、神の心に従うことができない。人々が宗教的観念の中に生きるなら、神の心に見合うことをすることはできず、たとえ神に奉仕しても、それは想像や観念のただ中での奉仕であり、神の心に従って奉仕することはまったくできない。聖霊の働きに従うことができない人々は神の心を理解せず、神の心を理解しない人々は神に奉仕できない。神は神自身の心に従う奉仕を望む。神は観念と肉の奉仕を望まない。人々が聖霊の働きの歩みに従うことができないのであれば、観念の中に生きているのであり、そのような人々の奉仕は中断し混乱する。その奉仕は神に反し、そのため神の歩みに従えない人々は神に奉仕できない。神の歩みに従えない人々は、間違いなく神に反対しており、神と調和できない。『聖霊の働きに従う』とは、今日の神の心を理解し、神の現在の要件に従って行動することができ、今日の神に従順で服従することができ、神の最新の言葉に従っていのちに入ることを意味する。このような人のみが聖霊の働きに従い、聖霊の流れの中にいる。そのような人々は神の賞賛を受け、神を見ることができるばかりでなく、神の最新の働きから神の性質を知ることができ、そして人の観念や不従順、人の本性と本質を神の最新の働きから知ることができる。さらに、奉仕の過程で自らの性質をだんだんと変えることができる。このような人々のみが神を得ることができ、真の道を純粋に見つけた人々である。」

『言葉は肉において現れる』の「神の最新の働きを知り、神の歩みに従う」より

「8. 神を信じる人々は神に従い、神を礼拝すべきである。どんな人物に対しても、あなたは崇めたり、仰ぎ見たりするべきではない。神を第1位と位置付け、仰ぎ見る人々を第2位とし、自分自身を第3位と位置付けることは、すべきではない。誰もあなたの心の中に場所を占めるべきではないし、あなたは人々を―とりわけあなたが崇拝する人々を―神と劣らないもの、神と同等なものと考えてはならない。これは神にとって耐えられないことである。」

『言葉は肉において現れる』の「神の国の時代に神に選ばれし人々が従わなければならない行政命令10項目」より

一部の人々は真理を喜ばず、裁きとなればもっと喜ばない。むしろ、人々は権力と富に喜びを見出すのであり、そのような人々は俗物と見なされる。彼らはもっぱら、影響力を持つ世界中の宗派や、神学校から来た牧師や教師を探し求める。真理の道を受け入れたにもかかわらず、彼らはどこまでも懐疑的で、自分自身を完全に献げることができない。彼らは神のために犠牲を捧げることについて話しはするものの、彼らの目は偉大な牧師や教師に注がれ、キリストは無視されている。彼らの心にあるものは名声、繁栄、栄誉ばかりである。彼らは、そのような貧弱な人がそれほど多くの者を征服することができ、そのような平凡な人が人々を完全にすることができるなどと全く信じない。彼らは、塵と糞の中にいるとるに足りない人々が神に選ばれているとは信じないのである。彼らは、もしそのような人々が神の救いの対象であれば、天と地がひっくり返り、すべての人間が大笑いするだろうと信じている。彼らは、もし神がそのような取るに足らない者たちを完全にすると決めたのであれば、先に挙げたこのような偉大な人たちは神自身になってしまうと信じている。彼らの考え方は不信仰によって汚染されている。実際のところ、不信仰どころか、彼らは、ばかげたけだものである。なぜなら、彼らは地位、名声、権力だけに価値を置く。彼らが重要視するものは大きな集団や宗派である。彼らはキリストに導かれる者のことを全く考慮しない。彼らはキリストに、真理に、そしていのちに背をむけた裏切り者でしかないのである。

「あなたが敬慕するのはキリストのへりくだりではなく、有名な地位にある偽の指導者たちである。あなたはキリストの素晴らしさや知恵を愛さないが、邪悪な世と交わりを持つ奔放な者たちを愛している。あなたは、枕するところもないキリストの苦しみを笑うが、捧げものを奪い取り放蕩な生活を送る屍たちを賞賛するのである。あなたはキリストのそばで苦しむことを望まないが、あなたに肉、文字、支配しか与えない浅はかな反キリスト者たちの腕の中に喜んで入っていこうとするのである。今でもあなたの心は、彼らに、彼らの評判に、あらゆるサタンの心の中にある彼らの地位に、彼らの影響力に、彼らの権威の方に向いているのに、あなたはキリストの働きを受け入れずに反抗と拒否の態度を持ち続けるのである。だから、あなたがキリストを認める信仰を持っていないとわたしは言うのだ。あなたが今日に至るまでキリストに従ってきたのは、あなたが強いられていたからに過ぎない。あなたの心の中ではどこまでも、多くの気高いイメージがそびえる。彼らの言葉や行いのひとつひとつが忘れられず、彼らの影響力ある言葉や手も忘れられない。あなたの心の中では、彼らは永遠に至高で、永遠に英雄なのである。しかし、これは今日のキリストにはあてはまらない。彼はあなたの心の中で永遠に、取るに足らない存在であり、永遠に、畏敬に値しない。なぜなら、彼はあまりにも普通すぎ、あまりにも影響力がなさ過ぎ、高遠さとははるかにかけ離れているからである。」

『言葉は肉において現れる』の「あなたは本当に神を信じているのか」より

「どの教団、教派の指導者を見ても、みな独善的で聖書を勝手に解釈しています。彼らは賜物と学識に頼って働いています。彼らが説教をすることが出来なければ、人々はそれでも付いて来るでしょうか。指導者たちはそれなりの知識を得、教義を少しは語ることができ、他の人々を勝ち取ったり策略を用いたりして自分達のところへ人を集め、欺いてきました。欺かれた人々は、名目上神を信じてはいますが、実際には神ではなく指導者に付き従っているのです。真の道を語る人に彼らが出会ったならば、『信仰について、私たちの指導者に相談する必要がありますね。』と言う者もいるでしょう。彼らには神に対する信仰に関して、誰かの承認が必要だということが分かるでしょう。それは問題ではないでしょうか。指導者達はどのような存在になったのでしょう。真理の道を受け入れようとする人々にとってのパリサイ人、偽羊飼い、反キリスト、躓きではないでしょうか。⋯⋯

それまであなたが他の誰かに付き従っていたか、神の旨に満足していなかったかどうかに関わらず、この段階で神の前に出なければなりません。この段階の働きを経験していながら他の誰かに従い続けるのであれば、それは許されないことと判断され、パウロと同じことになります。」

『キリストの言葉の記録』の「真理の追求のみが真の神への信仰」より

「そうしたわけで、表面上霊的で高貴で高尚な印象を与える者に、しばしば騙される者がいる。文字上の事柄や教義上の事柄について語ることが出来て、言動や行動が賞讃に値する者について、その者を賞讃する人々は、その者の行動の本質や背後にある原則、目的について検討しない。また、こうした人々はその者が真に神に服従しているか、真に神を畏れ、悪を避ける者であるかを検討しない。こうした人々は、その者の本質的な人間性を見抜くことが出来ない。むしろ、こうした人々は、その者に最初に知り合ってから、徐々にその者を賞讃し、崇敬し、最終的にその者は、人々の崇拝対象となる。さらに、一部の人々の考えでは、自分が崇拝する対象となる者、家族や職業を捨て、表面的に代償を支払うことが出来る崇拝対象が、真に神を満足させるものであり、好ましい結末と終着点を迎えることができる者であると信じている。こうした人々の心の中では、これらの崇拝対象が、神が賞讃する人々である。」

『言葉は肉において現れる』の「神の性質と神の業の結果を知る方法」より

「神に付き従っていると言う者にとって、自らの目を開き、自分が信じているのが誰かを良く見るのが最善であろう。あなたが信じているのは、本当に神であるか、それともサタンであるか。あなたは、自分が信じているのが神ではなく、自分にとっての偶像であることを知っている場合、自分は信者であると述べずにいるのが最善であろう。あなたは、自分が誰を信じているのか知らないならば、同様に、自分は信者であるとは言わないのが最善であろう。そうであると言うのは、冒涜である。あなたに、神を信じることを無理強いしている者は居ない。わたしを信じている、という言葉は、とうの昔に聞き飽きており、二度と聞きたいとは思わないので、そうした言葉を言わないで欲しい。なぜなら、あなたがたが信じているのは、あなたがたの心の中の偶像であり、あなたがたの中にいる地域の下劣なへびだからである。真理を聞いた時に首を横に振り、死の言葉を聞いた時に満面の笑みを浮かべる者は、サタンの子孫であり、そうした者は全て排除対象となる。」

『言葉は肉において現れる』の「真理を実践しない者に対する警告」より