全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

質問4.受肉された神様は外見からすると普通の人のようだと、証しされましたね。まさに主イエスのように普通の人間性だけではなく、神性もお持ちだと。ここまでは、よく分かりました。普通の人間性とは、受肉された神様のそれと、堕落した人間のそれと、一体何が違うんでしょうか。

解答: とても大事な質問をしてくれました。神様の受肉を理解する上で重要な点です。神様が受肉され、キリストになられると、誰もが簡単にその人間性を見ることができます。普通の人間性を持ったまま、真理を説き働かれます。奇跡を行われる時も普通の人間なので、超常的なことはありません。キリストの人間性は、このようにごく普通なんです。多くの人々にとって、キリストが神様の受肉だと信じ難いのは恐らくそのせいでしょう。そのため、恵みの時代に主イエスに従った者たちは、彼をキリスト、神様の子と呼びました。神様ご自身として崇め従った者は、ほとんどいなかったんです。それはなぜでしょう?思うに、それはキリストの人間性が超常的ではなく、ごく普通だからです。人にはキリストはただの人にしか見えず、いくら聖霊が証しをしても、主イエスが神様とは思えなかったんでしょう。そのうえ、当時は主イエスの御言葉を体験する機会が少なく、真理を理解し、キリストの神性を知ることが難しかったんです。キリストは正常な人間性をお持ちです。しかしそれを理解しているのは、ほんの一握りの人だけです。キリストには罪がありません。ですからその人間性は聖いものです。汚れや堕落がなく、傲慢なところがなく、反抗的でもありません。不純さや利己心がない。これは人が持つ人間性とは大きく異なり、相いれないものなんです。それでは全能神の御言葉を読んでみましょう。

 全能神は言われます。「神の霊が纏った肉は、神自身の肉である。神の霊は至高のものであり、神の霊は全能であり、聖であり、義である。それと同様に、神の肉も至高のものであり、全能であり、聖であり、義である。このような肉は、義であり人間に有益な物事、聖なるものであって栄光ある物事、力ある物事しか行うことが出来ず、真理や道義に反する物事を行うことが出来ず、ましてや神の霊を裏切る物事を行うことなど出来ない。神の霊は聖なるものであり、したがって神の肉は、サタンが腐敗させることの出来ないものであり、人間の肉の本質と異なる。なぜなら、サタンにより腐敗させられているのは、人間であって神では無いからである。サタンは神の肉を腐敗させることはできない。したがって、人間とキリストは同じ空間にあるにもかかわらず、サタンにより支配され、利用され、囚われているのは人間だけである。それに対し、キリストはサタンによる腐敗の影響を永久に受けない。なぜなら、サタンは最も高い場所まで昇り、神に近付くことが決して出来ないからである。」(『言葉は肉において現れる』の「極めて深刻な問題──裏切り(2)」より)

 「キリストの人間性はキリストの神性によって支配されている。キリストは肉の姿をしているが、その人間性は肉を持った人間とまったく同じものではない。キリストは特有の性格を持っており、これもキリストの神性によって支配されている。……キリストの人間性は完全にその神性の指示を受ける。キリストの人間性による普通の生活の他に、人間性によるほかの行動もすべて、キリストの神性の影響、働きかけ、指示を受ける。キリストは人間性を持っているが、それは神性による働きを邪魔するものではない。キリストの人間性がキリストの神性の指示を受けているからこそである。キリストの人間性は、ほかの人々の前ではその行いにおいて成熟していないが、それはキリストの神性のなす普通の働きに影響を与えることはない。キリストの人間性は堕落していないとわたしが言うのは、キリストの人間性はその神性に直接指示され、普通の人のそれよりも理知が高度であるということである。彼の人間性は働きにおいて神性によって指示されることに最も適している。キリストの人間性は神性による働きを現し、神性による働きに服従する能力が何よりも高い。神が肉の姿で働きをなす時、神は肉を持つ人が果たすべき本分を決して見失わない。彼は天にいる神を真心で礼拝することができる。彼は神の本質を持ち、その身分は神自身のそれと同じである。それは、彼がこの地上に来て、人の外観を持つ被造物となり、かつては持っていなかった人間性を持つようになったことにほかならない。天にいる神を崇拝することができるということだ。これはキリストが神自身であるということで、人にはまねのできないことである。」(『言葉は肉において現れる』の「キリストの本質は父なる神の心への従順」より)

 全能神の御言葉によれば、神様の受肉は本質が神性なのであって、その中に聖霊が宿っています。ですから、サタンには堕落させられません。キリストこそが真理であり、道、命であり、サタンによる堕落を受けないんです。私たちだって同じです。いつか真理のすべてを得る日が来たら、サタンに騙され、堕落することはなくなります。私たちは、真に神様のものになるでしょう。我々の堕落した人間性は、キリストの正常な人間性とは全くかけ離れたものだと、お分かりになりましたか?キリストが持つ人間性には、人間本来の良心と理知があり、神様への本物の愛があり、心からの服従があります。その正常な人間性をもって働き語れば、サタンの邪悪な力がどんなに中傷しようが、冒涜しようが、どんな困難に直面しようが、常に神様に従って、その御心を成し遂げるため、どんな代償をも惜しみません。主イエスが、荒野で40日間サタンに誘惑された時も、主イエスはこの世の富と力から来る誘惑に見事に打ち勝って、サタンに勝利されたんです。とりわけ主イエスが磔にされた時、その人間性には弱さがあり、耐えがたい苦痛を伴ったにもかかわらず、何よりも、神様の御心を尊重されました。ご自身の命を捧げ、生きながら磔になることで、御心を実現されたんです。堕落した人間に、こんなことはできません。主イエスには傲慢さや自惚れなどが全くなく、神様であっても人々の間で生活し、神様として振る舞うことは決してありませんでした。謙虚な態度で人々に語り働きかけ、その必要を満たしました。病人を癒やし、悪霊を追い払い、問題を解決し、罪人とも交わられた。受肉された主イエスを見れば、キリストが持つ人間性がどれほど聖らかで、良いものか分かります。キリストは正常な人間性のすべてを示されました。キリストは、神様に従って神様を愛し、人を愛されるんです。ですから、キリストは神様の使命を引き受け、働きかけて、御心を成し遂げられます。

 この交流で、キリストの正常な人間性がはっきり分かりましたね。キリストは神様の使命を果たして、働きを行い、御心を成し遂げることができる。もし我々の人間性がキリストのように聖いものであれば、御心を実現できるのではないですか?残念ながら、私たちはサタンに堕落させられています。我々の人間性はサタンの性質に満ち、言動はサタン的な本性に操られています。傲慢で不誠実で貪欲で、利己的で、真理を嫌い、悪を崇める。悪魔のように生き、何一つ正常ではありません。主を信じていても、心から従ってはいません。神様の働きが私たちの観念と違えば、神様に抗い拒絶し、裏切りさえします。主のために私財を費やし尽くす人でさえ、天国に行くのが目的であって、所詮は自分の利益だけ、神様の御心を理解しようとも、実行しようとも、思っていないのが現実です。これこそ、堕落した人類の真の有り様ではありませんか?そして、堕落した人の性質が邪悪であるからこそ、神様に抗い裏切ります。人が具現化するのはサタンの性質であり、人間性ではありません。受肉されたキリストは違います。キリストは神性を兼ね備えていて、堕落させられていない。だから、罪とは無縁です。反逆や抵抗の心というものがなく、傲慢さや利己心や裏切りもありません。キリストは神様に従い、御心を実現できます。正常な人間性を持つのはキリストだけです。受肉した神様と堕落した人の人間性の本質的な違いはここにあるんです。多くの人が、キリストの人間性を知りもせず、勝手な考えで判断し批判しています。なぜなんでしょうか?堕落した人間はとても傲慢で、悪に取りつかれています。心の中ではサタンを崇め、無意識に従っているため、激しくキリストを拒み非難します。なんとおぞましいことでしょう。正真正銘の悪です。神様が受肉されて、働かれているにもかかわらず、その方が神様だということにも、人々は気づきません。どうして神様にたたえられるでしょう。どうして天国に引き上げていただけるでしょうか。

『敬虔の奥義(続編)』の映画台本から

関連した内容