真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

質問9.政府の資料を見ると、イエスを信じる人、全能神を信じる人は、家族まで捨てて布教するそうね。中には、一生結婚しない人もいるとか、怖いことも書いてた。全能神信者に対して、政府は捕らえろとか、殺せとか、殺人も平気みたい。スローガンも、「完全撲滅まで、引き下がるな」ってね。多くの全能神信者が、逮捕・投獄され、ひどく痛めつけられた。失業して、家庭が崩壊する、そんな人たちもいるわ。だから批判されてるの。信者は家庭を顧みないって、それは本当のことなの?家族を見捨てたり、結婚しないだなんて許しません。それが信仰だと言うなら、全能神を信じるのはやめなさい。

解答: 神様の出現が救済のためと分かれば、お母さんも信じるわ。主は言われた。「よく聞いておくがよい。だれでも神の国のために、家、妻、兄弟、両親、子を捨てた者は、必ずこの時代ではその幾倍もを受け、また、きたるべき世では永遠の生命を受けるのである。」(ルカによる福音書 18:29-30)「また自分の十字架をとってわたしに従ってこない者はわたしにふさわしくない。自分の命を得ている者はそれを失い、わたしのために自分の命を失っている者は、それを得るであろう。」(マタイによる福音書 10:38-39) 主イエスの御言葉を理解すれば、本当のクリスチャンがどんな人たちか分かるはずよ、共産党が一番嫌うタイプの信者なの。なぜ主イエスに従うと思う?主に従うのは真理と命、そして主のためなのよ。世の中の栄光と富を捨て、肉体の快楽を求めず、苦難を耐え忍んでも、福音を伝え主に証ししようとする。立派だとは思わない?神様はそんな人をたたえてくださる。なのになぜ、共産党は彼らを嫌い、中傷を浴びせるの?なぜ拘束して、殺してしまうのよ?それに何?「完全撲滅まで、引き下がるな」?天を恐れる素振りすら見せない、神様への反逆よ。中国共産党は、神様を信じる人々に、重大な犯罪を犯してきた。正義に逆行してる。

 信者が福音を伝えて証しをするのは、人々が神様を崇めて救われる、そのためなんだ。この世の中はどんどん暗く、邪悪になってるだろう?多くの人が堕落し、悪を唱え真理を嫌、世の悪い風潮に流されて、飲み食いや博打、享楽に耽ってる。そればかりか、公然と神様を否定し、反抗してるんだ。この世は本当に邪悪だし、人々は堕落しきってる。いつ滅ぼされてもおかしくない。終わりの日の災害は預言されてる。人が全能神に立ち返り、清めと救いを受け入れなければ、大災害に滅ぼされる。今がまさにその時なんだ。人類は滅亡の危機にさらされている。受肉された全能神は終わりの日に真理を明かし、人類を裁いて清められる。人類を罪から救い神様の国へいざなうためだよ。救われるための道は、今や1つしかない。全能神の裁きと刑罰を受け、堕落した性質を清め、神様に守られて大災害を乗り越えること。人類の救済を、神様は心から望んでおられる。全能神の信者は、快楽を捨てて迫害を耐え忍び、全能神の福音を広めようとしてる。目的は、多くの人が神様の救いを受けて、生き延びるため、御心を行うためなんだ。主イエスは言われた。「全世界に出て行って、すべての造られたものに福音を宣べ伝えよ。」(マルコによる福音書 16:15)全能神は言われる。「人類の一員として、また敬虔なクリスチャンとして、神が委ねた任務を全うするために心と体を捧げるのは私たちすべての責任であり、義務である。何故なら、私たちの全存在は神から来たものであり、神の支配のおかげで存在しているからである。私たちの心と体が神の委ねた任務のためでも、人類の正義の目的のためでもないなら、私たちの魂は神が委ねた任務のために殉教した人々に値しなくなり、ましてや、私たちに全てを与えた神には値しなくなる。」(『言葉は肉において現れる』の「神は全人類の運命を支配する」より)全能神を信じる人は、向こう見ずで愚かだと?そう思ってるなら、それは違うな。福音を伝えるのは天意と民心に沿う、道徳的な行いだよ。でも、共産党政府は天意と民心を裏切り、キリスト教徒の善意を踏みにじって、残忍に迫害を加えた。たくさんのクリスチャンが行き場所を失い家を失った。多くの信者が投獄され、迫害を受けて殺された人たちもいる。共産党政府によって無数のクリスチャンとその家族が苦しめられた。なのに共産党は、こう言うんだ、神様を信じたせいで家庭が崩壊したとね。事実を捻じ曲げ、話をすり替えてる。信者に対する弾圧や逮捕、拷問がなかったら、そんなことにはならない。共産党はクリスチャン迫害の罪を犯してる。信仰は正しいんだ。世界中に信者がいるけど、どの家庭も崩壊なんかしてない。そうじゃないかい?共産党の嘘に、無知な人たちはまだ騙されてるんだ。クリスチャンを迫害する共産党を忌み嫌うどころか、信仰が間違っていると言う。理不尽じゃないかい?無茶苦茶だよ。

 中国で布教をすれば、逮捕される危険があることも知ってる。だけどね、共産党が倒れてからでは、すべてが手遅れだ。神様は働きを終え、大災害が起こる、救済を受け入れなかった人たちは、大災害によって滅ぼされる。その魂は罰として地獄へ送られるんだ。全能神は言われる。「災いはわたしによりもたらされ、もちろんわたしが采配を振るものである。もしあなたがたがわたしの目に良いと映らなければ、災いの苦しみから免れることはないだろう。」(『言葉は肉において現れる』の「終着点のために、善行を十分積まなければならない」より)「神が繰り返し注意し忠告・勧告するのは、人の肉と霊魂にとって耐えがたい、前例のない災いを神が用意して、その手にもっているからであるということを知る者は、誰もいない。この災いは、単に肉の懲罰だけではなく、霊魂の懲罰でもある。……これは、神の計画の中にはただひとつの創造とただひとつの救いしかないからである。これは初めであり、終わりでもある。したがって、人類の救いのための、神の親切な意図と熱い期待を、誰も理解できないのである。」(『言葉は肉において現れる』の「神は人間のいのちの源である」より) 神様は人類を大災害の苦しみから救いたいんだ。たとえ共産党の迫害を恐れて福音を伝えるのをやめても、家に隠れ恥を忍んで生き延びたとしても、心の平安はない。

『赤の家庭教育』の映画台本から

関連した内容

  • 「すべてを捨て神に従う」の意味は何か。

    造られた者として自分を造った神に従うべきである。これは、あなたが元々自分を支配することができず、自分の終着点を決める能力も持ち合わせていないからである。

  • 真理を理解することと教義を理解することの違いは何か。

    神の言葉における実際の意味を本当に理解することは、決して単純なことではありません。神の言葉の文字通りの意味を解釈できて、みんなにいいと言われて賛成してもらえれば、それで神の言葉を理解したことになる、と考えてはいけません。

  • 宗教的儀式に従事するとは何のことか。

    正常な霊的生活には正しく祈ること、神様の御言葉を正しく飲み食いすること、真理に関する交わりを正しくすること、自身の本分を正しく尽くすこと、賛美歌を正しく歌うことが含まれます。これらの実践は、人が真理に入っていくことと性質の変化にとって極めて有益です。

  • 良いしもべと悪いしもべの違いは何か。

    神に仕える者は、神と心を一つにする者でなければならず、神を喜ばせ、神に最大限の忠誠を示すことができなければならない。人々の後ろで行動しようと、前で行動しようと、あなたは神の前で神を喜ばすことができ、神の前ではしっかり立つことができる。