言葉は肉において現れる

目次

唯一の神自身 4

神の聖さ(その1)

本日は神の権威について追加して話したが、ここでは神の義についての話はしない。本日は、神の聖さという、全く新しい事項について話す。神の聖さは、神特有の本質におけるもう一つの側面であるので、本事項についてあなたがたに伝える必要性が大いにある。本日伝える、神の本質におけるこの側面は、以前伝えた2つの側面である神の義なる性質と、神の権威と同様に、独自のものであろうか。(その通りである。)神の聖さもまた独自のものであるので、この独自性の基礎や根幹が本日の主題である。この点は理解できるであろうか。わたしに続いて復唱してほしい。「神特有の本質、神の聖さ」(神特有の本質、神の聖さ)この言葉を心の中で復唱した後、あなたがたはどう感じるであろうか。あなたがたの中には、「神の聖さを伝えるのは何故だろうか」という多少の疑問がある者もいるかもしれない。しかし、わたしがゆっくりと全て話すので、心配は無用である。いまからわたしが話す内容を聞けば、この事項について伝えることがなぜそれほど必要かが、直ちに理解できるだろう。

まず「聖なる」という言葉を定義しよう。あなたがたの理解力と、あなたがたの得た知識によれば、あなたがたは「聖なる」という言葉をどう定義すべきだと考えるだろうか。その定義を述べて欲しい。(「聖なる」とは、染みも無く、人間の腐敗や欠点が全くない状態である。考えであれ、発言であれ、行動であれ、聖なるものが発する物事は、完全に前向きである。)素晴らしい。(「聖なる」ものとは、神聖であり、汚れもなく、人間が害することのできないもの、ということである。聖なるものは唯一のものであり、神の性質を象徴する。)(「聖なる」とは、染みがなく、神聖で害することのできない性質である。)それがあなたの定義だろうか。各個人の心の中に、この「聖なる」という語の範囲と定義、解釈がある。少なくとも、「聖なる」という言葉を聞いた時、あなたがたの心には何かがある。あなたがたは、この「聖なる」という単語にある定義された範囲を持っており、一部の人々によるこの語の解釈は、神の性質の本質を定義するのに用いているものに近い。それは非常に好ましいことである。大部分の人々が、「聖なる」という言葉は良い言葉であると考えているが、それは断定できるであろう。しかし、わたしが本日伝える神の聖さについては、ここで単に定義したり説明したりするだけではない。その代わりに、わたしが神は聖なる存在であると言う理由、わたしが神の本質を説明するために「聖なる」という言葉を用いる理由をあなたがたが理解できるよう、事実を挙げて検証する。わたしの話が終わる頃には、「聖なる」という語で神の本質を定義することや、この語を用いて神を指すことが、最も相応しく、かつ適切であると感じるであろう。少なくとも、現在における人間の言語では、この語で神を指すことは、ことさらに適切である。この語は、人間の言語のなかで、神を指す語として最も適した唯一の語である。この語が神を指すのに用いられた場合、この語は無意味なものでも、理由のない称賛でもない。この話の目的は、あなたがたそれぞれが、この神の要素が存在する真実を確認できるようにすることである。神は人々の理解を恐れることはないが、人々の誤解は恐れる。神は、全ての人々が神の本質、神であるすべて、神が持っているすべてを知ることを望まれている。そうしたわけで、神の本質の側面について述べる時は、毎回多くの事実を用いて、この神の本質の側面が紛れもなく存在し、真実であり、かつ現実であることを人々が理解できるようにすることができる。

「聖なる」という語を定義したので、その例を検討する。人間の考えでは、「聖なる」物や人物を挙げるのは容易である。たとえば、人間の辞書では、童貞や処女は聖なるものとされているだろうか。童貞や処女は聖なるものであろうか。(聖なるものではない。)この、いわゆる「聖なる」と、ここで伝える「聖なる」は、同じものであろうか。(違うものである。)徳が高く、洗練された教養ある話をし、誰も傷つけたことがなく、話をして他の者を快適で好意的な気分にさせる人々は、聖なる存在であろうか。儒者や、徳が高く言動が洗練されている君子は、聖なる存在であろうか。善行を頻繁に行い、慈悲の気持ちに溢れ、他人に多くの援助を提供する人々、他人の生活に多くの楽しみをもたらす人々は、聖なる存在であろうか。(聖なる存在ではない。)他者に対して利己的な考えを一切持たず、他人に厳しい要求をせず、誰に対しても寛容な人々は、聖なる存在であろうか。誰とも争ったことがなく、誰も利用したことのない者は聖なる存在であろうか。慈善活動を行い、他者のために尽くし、他者をあらゆる方法で教え諭す者は、聖なる存在であろうか。生涯をかけて貯蓄した蓄えを他者のために寄付し、質素な生活をし、自分に厳しく他人に寛容な者は、聖なる存在であろうか。(聖なる存在ではない。)あなたがたは、自分の母親があなたがたのために尽くし、あらゆる事の世話をしたのを覚えているであろう。しかし、あなたがたの母親は、聖なる存在であろうか。有名人であれ、スターであれ、偉人であれ、あなたがたが好きな偶像的な存在は、聖なる存在であろうか。(聖なる存在ではない。)これらはみな確かなことである。多くの人々が知り得ない将来を予測することのできる、聖書に登場する預言者について検討してみて、こうした預言者は聖なる存在であろうか。神の言葉や業を聖書に記すことができた人々は、聖なる存在であろうか。(聖なる存在ではない。)モーセは聖なる存在であろうか。アブラハムは聖なる存在であろうか。ヨブはどうだろうか。(聖なる存在ではない。)そう言えるのは、何故であろうか。(「聖なる」という語を用いることができるのは、神について述べる時だけだからである。)ヨブは、神に「正しい者」と呼ばれたが、それでも聖なる存在であると言えないのは、なぜだろうか。この論題については、多少懸念があると思うが、どうであろうか。神を畏れ、悪を避ける人々は、本当に聖なる存在ではないのであろうか。こうした人々は聖なる存在であろうか、そうではないだろうか。(聖なる存在ではない。)聖なる存在ではないと答えるだろう。それでは、その回答の根拠は何であろうか。(神は唯一の存在であるから。)それは確かな根拠であり、素晴らしい根拠である。あなたがたが物事を早く覚え、得た知識を用いる能力に長けているのが分かってきた。あなたがたは少し理解したようであるが、十分な確信が無い。しかしあなたがたは敢えて「確信がない」と言わず、かといって「ある」とも言わないので、「ない」と言わざるを得ない。もうひとつ質問する。神が地上に送る使いは、聖なる存在であろうか。(聖なる存在ではない。)良く考えて欲しい。十分に考えて回答してほしい。天使は聖なる存在であろうか。(聖なる存在ではない。)サタンに腐敗させられていない人間は、聖なる存在であろうか。(聖なる存在ではない。)あなたがたは全ての質問に「聖なる存在ではない」と答える。その答えの根拠は何であろうか。わたしが述べた言葉が、あなたがたの答えの根拠だろうか。あなたがたは困惑しているであろう。天使までもが聖なる存在ではないと言うのは、何故であろうか。あなたがたは理解しているように感じるであろう。それでは、これまで挙げてきた人々や物や創造物以外の存在が聖なる存在ではないのは何故かを、あなたがたは説明できるであろうか。説明できないであろう。それでは、あなたがたの「聖なる存在ではない」という回答は、多少無責任ではないだろうか。あなたがたは無造作に答えているのではないだろうか。「そのような効き方をするのだから、聖なる存在ではないに違いない」と考える人もいるだろう。無造作に答えないようにして欲しい。「Yes(イエス)」か「No(ノー)」かを良く考えて欲しい。今から話す内容を聞けば、答えが「聖なる存在ではない」である理由がわかるだろう。後ほど正解を言うが、まずは聖句を読むことにする。

1.人間に対するヤーウェ神の命令

(創世記2:15~17) 主なる神は人を連れて行ってエデンの園に置き、これを耕させ、これを守らせられた。主なる神はその人に命じて言われた、「あなたは園のどの木からでも心のままに取って食べてよろしい。しかし善悪を知る木からは取って食べてはならない。それを取って食べると、きっと死ぬであろう」。

2.女を惑わすへび

(創世記3:1~5) さて主なる神が造られた野の生き物のうちで、へびが最も狡猾であった。へびは女に言った、「園にあるどの木からも取って食べるなと、ほんとうに神が言われたのですか」。女はへびに言った、「わたしたちは園の木の実を食べることは許されていますが、ただ園の中央にある木の実については、これを取って食べるな、これに触れるな、死んではいけないからと、神は言われました」。へびは女に言った、「あなたがたは必ず死ぬ訳ではない。それを食べると、あなたがたの目が開け、神のように善悪を知る者となることを、神は知っておられるのです」。

これらの聖句は、聖書のどの書からの抜粋であろうか。(創世記である。)あなたがたは皆、これら2つの聖句を知っているであろうか。これは、人間が最初に造られた時の出来事である。実際にあったことだ。まず、ヤーウェがアダムとエバに言った命令を考えてみよう。この内容が今日の話題で極めて重要だ。「主なる神はその人に命じて言われた」この文章に続く聖句を読んで欲しい。(「あなたは園のどの木からでも取って食べてよろしい。しかし善悪を知る木からは取って食べてはならない。それを取って食べると、きっと死ぬであろう」。)この聖句における神の人間に対する命令には、どのような内容が含まれているだろうか。まず、神は人間に対して、食べてもよいものは様々な木からの実であることを伝えている。危険も毒もなく、望むままにどれも好きなだけ食べることができた。これがひとつの箇所である。もうひとつの箇所は警告である。ここでは、どの木から実を取って食べてはならないと、人間に警告しているだろうか。(善悪を知る木である。)人間は、善悪の知識の木からその実を取って食べてはならない。それを取って食べると、どうなるであろうか。(必ず死ぬであろう。)神は人間に言った。「それを食べると、必ず死ぬ」と。この言葉は分かりやすいか。(分かりやすい。)神がこのように言い、あなたがなぜ神がそのようなことを言うのか、理由を理解しなかったとした場合、あなたはそれを従うべき規則や命令とみなすであろうか。従わなければならないであろう。しかし、人間がそれに従うことができるか否かを問わず、神の言葉は絶対的なものである。神は人間に対して、食べてもよいものと、食べてはならないもの、そして食べてはならないものを食べた場合にどうなるかを、極めて明瞭に述べた。あなたは、神が述べたこの短い言葉から、神の性質を認識したであろうか。この言葉は真実であろうか。(真実である。)何か欺瞞は含まれているだろうか。(含まれていない。)何か虚偽は含まれているだろうか。(含まれていない。)何か脅しは含まれているだろうか。(含まれていない。)神は人間に対して、正直に、誠実に、そして真摯に、食べても良いものと食べてはならないものを、分かりやすく伝えている。この言葉には、隠された意味があるであろうか。この言葉は分かりやすいであろうか。この言葉の意味は一見して明瞭であり、読んですぐに理解できる。何か憶測は必要であろうか。(必要ない。)推測する必要などないのではないか。そのままで極めて明解である。神が述べたいこと、神が表現したいことは、その心から出る。神が言うことは混じりけがなく、分かりやすく、明確である。隠れた動機や意味などない。神は人間に直接語り、食べてもよいものと、食べてはならないものを伝えた。つまり、こうした神の言葉から、神の心には隠された部分がなく、真実であることを、人間は理解できる。食べられるものを食べてはならないと言ったり、食べられないものについて「食べて、どうなるか確かめればよい」などといったりする虚りなど全くない。神は、このようなことを意図していたであろうか。(意図されていない。)そのとおりである。神が考えることは、神が言うことそのままである。神はこれらの言葉により、このように示し、表すのであるから、聖いのだとわたしがいったならば、わたしは些細なことを大げさに述べているとか、わたしが行き過ぎた解釈をしているという印象を多少受けるかもしれない。もしそうであっても、心配は無用である。なぜなら、この話はまだ続くからである。

次に、「女を惑わす蛇」について話そう。この蛇は、誰であろうか。(サタンである。)神の六千年にわたる経営(救いの)計画において、サタンは引き立て役であり、また神の聖さを伝える時に必ず述べなければならない役割を担っている。わたしがこう述べるのはなぜであろうか。(サタンが卑劣で腐敗した全ての物を代表する存在であり、その首謀者だからである。)あなたがたがサタンやサタンの性質の邪悪さと腐敗を知らなければ、それを認識することも、聖さとは何かを知ることも、決してできない。人間は困惑し、サタンの行動が正しいと思い込む。なぜなら、人間はそうした腐敗した性質の中で生きているからである。比較対照する引き立て役が無ければ、聖さを理解することはできない。だからこの問題をここで取り上げる必要があるのだ。この事項を何の根拠もなく取り上げたのではない。サタンの言動から、サタンがどのように行動し、どのように人間を腐敗させ、どのような性質を持ち、どのような表情であるかを理解できる。では、女は蛇に何と言ったのであろうか。女はヤーウェに言ったことを蛇に説明した。女の言葉から判断して、女は神が女に言った言葉の効力を、この時既に確認していたであろうか。女は、それを確認できなかったのではないか。新たに造られたばかりの者として、女には善と悪を見分ける能力も、周囲の物事を認識する能力も無かった。女が蛇に語った事柄によると、女は心の中で神の言葉が正しいと認めていない。女は懐疑的な姿勢であったからだ。だから、神の言葉に対して確固たる態度ではない女を見てとった蛇は、「あなたがたは必ず死ぬ訳ではない。それを食べると、あなたがたの目が開け、神のように善悪を知る者となることを、神は知っておられるのです」と言った。この言葉には、何か問題があるであろうか。(ある。)その問題とは何だろうか。この文章を読んで欲しい。(へびは女に言った、「あなたがたは必ず死ぬ訳ではない。それを食べると、あなたがたの目が開け、神のように善悪を知る者となることを、神は知っておられるのです」。)これらの言葉を読んで、何かを感じるであろうか。この一文を読み終わった瞬間、あなたがたは蛇の意図を感じ取っただろうか。(感じとった。)この蛇は、どのような意図を持っているであろうか。(人間を惑わして罪を犯させようとする意図である。)蛇はこの女を惑わして神の言葉に耳を傾けさせまいとしたが、蛇はそのことをそのまま女に告げただろうか。(告げなかった。)蛇はそのままを女に告げなかったことから、蛇は極めて狡猾であると言える。蛇は、人間に気付かれないよう心の中に秘めていた所期の目的を果たすため、その旨を悪質かつ曖昧な方法で表現した。これが蛇の狡猾さである。サタンは常にこの要領で話をし、行動してきた。蛇は「必ず~訳ではない」のように言い、はっきりと語らなかった。しかし、この話を聞いて、無知な女の心は変わったであろうか。(変わった。)蛇の言ったことが所期の効果をもたらしたので、蛇は喜んだ。これが蛇の狡猾な意図であった。さらに、「それを食べると、あなたがたの目が開け」と述べ、人間が良いと考える効果を約束して女を惑わせた。そこで女は「私の目が開くのは良いことだわ」と考えた。そこで蛇は、人間が知らなかった、耳よりな話、聞く者を強く誘惑する力のある話をした。すなわち「神のように善悪を知る者となる」と語った。この話は、女を強く誘惑したであろうか。(誘惑した。)それは、誰かがあなたに「あなたの顔立ちは美しい。鼻筋が僅かに短いが、それを直せばあなたは国際的な美人になるだろう」と言うようなものである。整形手術を望まなかった者は、この話を聞いて心が動くであろうか。(動くであろう。)それならば、この話は誘惑する力があるだろうか。この誘惑は、あなたにとって魅力的であろうか。この誘惑は、拒み難いであろうか。(拒み難い。)神はこのようなことを言うであろうか。(言われない。)神の言葉に、現在検討している話のようなものが少しでもあるであろうか。(ない。)それはなぜであろうか。神は自身の心をそのまま述べるであろうか。人は神の言葉により神の心を理解できるであろうか。(理解できる。)しかし、蛇が女に話した時、あなたは蛇の心を理解できたであろうか。(理解できなかった。)己の無知故に、人間は簡単に蛇の言葉に惑わされ、騙され、誘導されていった。あなたは、サタンの意図を理解することができたであろうか。サタンの言葉の裏にある意図を見抜くことができたであろうか。サタンの策略と抜け目ない計画を見抜くことができたであろうか。(できなかった。)サタンの口調は、どのような性質を示すものであろうか。この話から、サタンのどのような本質が分かるであろうか。(邪悪な本質が分かる。)邪悪ということだが、サタンは狡猾であろうか。おそらくサタンは表面的にはあなたに微笑みかけるか、全く無表情であろう。しかし、サタンは胸中で、いかにして自分の目的を果たすかを計画しており、あなたはその目的を知ることができない。そしてあなたは、サタンの様々な約束や、サタンが語る利点に惑わされる。あなたは、そうした約束や利点を良いものであると判断し、サタンの話す内容が神が述べる話よりも役立ち、重要であると感じる。このような状態になった時、人間は服従する囚人となるのではないか。(その通りである。)それでは、サタンが用いる手口は極悪非道ではないのだろうか。あなたは深みにはめられ、沈んでゆく。何をすることもなく、サタンのふた言で、あなたはその手口にはまり、サタンに従わされてしまう。こうしてサタンの目的が達成される。そうではないだろうか。(その通りである。)こうした意図は邪悪ではなかろうか。これがサタンの元来の姿ではないか。(その通りである。)サタンの話から、人間はその邪悪な動機と醜悪な姿、その本質を知った。そうではないだろうか。(その通りである。)これらの話を比較すると、あなたは詳しく分析することなく、ヤーウェの話は退屈で平凡なありふれたものであり、とりたてて神の誠実さを讃美するに値しないと感じるかもしれない。しかしながら、サタンの話と醜悪な姿を引き立て役として起用した場合、この神の言葉は現在の人間にとって遙かに大きな重要性があるのではなかろうか。(その通りである。)この引き立て役によって、人間は神の純粋無垢さを感じることができる。そう言って間違いないであろうか。(その通りである。)サタンが述べる言葉のひとつひとつと、その動機、意図、そして話し方は、すべて汚れている。サタンの話し方の主な特徴は、何であろうか。サタンは曖昧な言葉で、人間に気付かれることなく、また目的が何かを判断させることなく、人間を惑わす。サタンは人間を餌に食いつかせ、それを称賛させ、その利点を述べさせる。そうであろうか。(その通りである。)これはサタンの常套手段ではないか。(その通りである。)次に、サタンの醜悪な姿を知ることができるその他の話や表現を見てみよう。引き続き、聖句をいくつか読むことにする。

3.サタンとヤーウェ神の会話

(ヨブ記1:6~11)ある日、神の子たちが来て、主の前に立った。サタンも来てその中にいた。主は言われた、「あなたはどこから来たか」。サタンは主に答えて言った、「地を行きめぐり、あちらこちら歩いてきました」。主はサタンに言われた、「あなたはわたしのしもべヨブのように全く、かつ正しく、神を恐れ、悪に遠ざかる者の世にないことを気づいたか」。サタンは主に答えて言った、「ヨブはいたずらに神を恐れましょうか。あなたは彼とその家およびすべての所有物のまわりにくまなく、まがきを設けられたではありませんか。あなたは彼の勤労を祝福されたので、その家畜は地にふえたのです。しかし今あなたの手を伸べて、彼のすべての所有物を撃ってごらんなさい。彼は必ずあなたの顔に向かって、あなたをのろうでしょう」。

(ヨブ記2:1~5)ある日、また神の子たちが来て、主の前に立った。サタンもまたその中に来て、主の前に立った。主は言われた、「あなたはどこから来たか」。サタンは主に答えて言った、「地を行きめぐり、あちらこちら歩いてきました」。主はサタンに言われた、「あなたはわたしのしもべヨブのように全く、かつ正しく、神を恐れ、悪に遠ざかる者の世にないことを気づいたか。あなたは、わたしを勧めて、ゆえなく彼を滅ぼそうとしたが、彼はなお堅く保って、おのれを全うした」。サタンは主に答えて言った、「皮には皮をもってします。人は自分の命のために、その持っているすべての物をも与えます。しかしいま、あなたの手を伸べて、彼の骨と肉とを撃ってごらんなさい。彼は必ずあなたの顔に向かって、あなたをのろうでしょう」。

これら2つの聖句は、神とサタンの間の会話であり、神が述べた言葉とサタンが述べた言葉が記録している。神は多くを語ったであろうか。(語られていない。)神は多くを語らず、簡潔に話す。神の簡潔な言葉から神の聖さを確認できるであろうか。「それは簡単ではない」という者がいるかもしれない。それでは、サタンの返答からサタンの醜悪さを確認できるであろうか。(確認できる。)それでは、まずヤーウェのサタンに対する質問がどのようなものであったかを考えよう。(「あなたはどこから来たか」)この質問は明解であろうか。(明解である。)何か隠された意味はあるだろうか。(無い。)これは純粋に単なる質問であり、他の意図は無い。わたしがあなたがたに「あなたはどこから来たか」と質問するとしたら、あなたがたはどのように答えるであろうか。この質問は回答が困難であろうか。あなたがたは「地を行きめぐり、あちらこちら歩いてきました」などと答えるだろうか。(答えないであろう。)そのようには答えないであろう。それでは、サタンがこのように答えた時、あなたがたはどのように感じるであろうか。(サタンは奇抜で狡猾だと感じる。)あなたがたはそのように感じるのであろうか。それでは、わたしがどう感じるかを推測できるだろうか。わたしはこの発言を読むたびに嫌悪感を覚える。あなたがたは、嫌悪を感じるであろうか。(感じる。)嫌悪感を持つのは何故か。それは、サタンの言うことに意味がないからである。サタンは神の質問に答えているだろうか。(答えていない。)それは何故であろうか。サタンの言葉は答えではなく、成果をもたらさない、そうではないか。サタンの言葉は神の質問に対する回答ではない。「地を行きめぐり、あちらこちら歩いてきました」。あなたがたは、この言葉を理解できるであろうか。どうであろうか。サタンは一体どこから来たのであろうか。あなたがたは、サタンがどこから来たのかという質問に対する回答を得たであろうか。(得ていない。)これが狡猾なサタンの「才能」であり、何を言おうとしているのかを誰にも突き止めさせない。この言葉を聞いても、サタンが言っていることがはっきりと理解できないが、サタンは回答を終えている。サタンは完璧な回答だと思っているかもしれない。そうであるとすると、あなたはどう感じるであろうか。嫌悪を感じるであろうか。(感じる。)嫌悪感を覚えるであろう。以上の話を聞いて、あなたがたはサタンの言葉に嫌悪を感じ始めているだろう。サタンは率直に話をせず、あなたがたがサタンの考えやその言葉がどこから来ているかを見抜くことができないようにする。サタンは意図的かつ狡猾に話をし、特有の本質と性質に支配されている。サタンがこれらの言葉を長時間考えることはなく、自然と述べる。サタンがどこから来たかを尋ねるとすぐに、サタンはこのような言葉を返す。「サタンは一体どこから来たのであろうか」サタンがどこから来たかが分からず、あなたは困惑する。あなたがたのうちに、このような話し方をする者はいるであろうか。(いる。)このような話し方とは、どのような話し方であろうか。(曖昧で明確な答えを述べない話し方である。)このような話し方を説明するには、どのような言葉を使ったらよいであろうか。逸脱と惑わしではないだろうか。同じような話し方をする人がいる。そのような人に、「昨日あなたをみかけたが、どこへ向かっていたのか」と質問をすると、前日どこへ向かっていたのかを直接答えない。こうした人々は「昨日は酷い一日だった。疲れ果てている」などと答える。あなたの質問に答えているであろうか。あなたが聞きたかった答えではないであろう。これが人間のずるい「才能」である。このような人が何を言いたいのかも、どこからどうしてそのような言葉を発するのかも、全く分からない。あなたには、こうした人々の心が分からない。なぜなら、彼らには、独自の事情があるからだ。これは陰険なことである。あなたがたもこのような話し方をしばしばするであろうか。(する。)そうした話し方をする目的は何であろうか。時として自分の利益を守ること、自分の地位や体面を保つこと、私生活の秘密を守ること、自分の名声を守ることが目的であろうか。目的が何であれ、あなたがた自身の利益と不可分な関係があるのではないか。それは人間の本性であろうか。(そうである。)それなら、このような本性を持った人間すべてが、サタンの輩ではないのか。そう言えるであろう。一般的に、こうした表現は嫌悪される忌まわしいものである。今、あなたがたも嫌悪を感じているであろう。(感じている。)これはサタンの狡猾さと邪悪さを示すものである。

最初のページをもう一度読んでみよう。サタンは再びヤーウェの質問に答えて「ヨブはいたずらに神を恐れましょうか」と述べている。サタンはヤーウェによるヨブの評価を攻撃し始めるが、この攻撃は敵意により色づけられている。「あなたは彼とその家およびすべての所有物のまわりにくまなく、垣根を設けられたではありませんか。」これは、ヤーウェのヨブに対する業をサタンが認識し、評価したものである。サタンはこれらの業を評価し、「あなたは彼の勤労を祝福されたので、その家畜は地にふえたのです。しかし今あなたの手を伸べて、彼のすべての所有物を撃ってごらんなさい。そうすれば彼は必ずあなたの顔に向かって、あなたをのろうでしょう」と言っている。サタンは常に曖昧な話し方をするが、ここでははっきりと述べている。この確信を伴う発言は神に対する攻撃であり、冒涜であり、ヤーウェ、すなわち神自身への対抗である。こうした言葉を聞いたら、どう感じるであろうか。あなたがたは反感を抱くだろうか。(抱く。)あなたがたには、こうした言葉の意図が分かるであろうか。第一に、神を畏れ、悪を避けるヨブに対するヤーウェの評価を、サタンは否定している。次に、ヤーウェを畏れるヨブの発言や行動を、すべて否定している。サタンは非難しているのであろうか。サタンは、ヤーウェの業や言葉を、すべて非難し、否定し、疑っている。サタンは「そのようなことを言うならば、私がそれを目撃しなかったのはなぜだろうか。あなたはヨブに大きな祝福を与えたので、ヨブはあなたを畏れずにはいられないであろう。」と言って、信じようとしない。こうした発言は、神の業を否定するものではなかろうか。非難、否定、冒涜など、サタンの言葉は攻撃的ではないだろうか。これはサタンの考えを真に示すものであろうか。(その通りである。)これらの言葉は、先に読んだ「地を行きめぐり、あちらこちら歩いてきました」という言葉とは明らかに異なる。これらの言葉は、そのような言葉とは全く異なるものである。サタンはこれらの言葉を通し、サタンは神に対する姿勢を明らかに示し、ヨブが持つ神への畏れに対する嫌悪も曝露している。この時、サタンの悪意と邪悪な本性が完全に曝露している。サタンは神を畏れる者、悪を避ける者、そしてそれ以上に人間に祝福を与えるヤーウェを嫌悪する。サタンは、神が手ずから育てたヨブをこの機会に打ち滅ぼしたいと考え、「あなたはヨブがあなたを畏れ、悪を避けるというが、私はそう思わない」と言う。サタンは様々な方法でヤーウェを挑発し、試したので、ヤーウェ神はヨブをサタンに引き渡し、サタンの意のままに翻弄させ、傷つけさせ、振り回させた。サタンは、神の目から見て正しく完璧なヨブをこの機会を利用して滅ぼすことを望んでいた。サタンがこのようなことを考えたのは、一時的な衝動であろうか。そうではない。この考えは以前から長く続いて来たものである。神は業を行い、人間を慈しみ、見守るが、サタンは常に神の働きの邪魔をする。神が大事にする人間を、サタンも見ていてつけ回す。神がその人間を求めると、サタンは持てる力の全てでどんなことでもして神の行うことを阻もうとし、隠された目的を達成するため、あらゆる邪悪な方法で神の業を試し、邪魔し、挫折させようとする。サタンの目的は何であろうか。サタンは神が人間を得られなくなることを求めている。サタンは神が求める人間を求め、その者を自分のものとして支配し、掌握してサタンを崇拝させ、サタンと共に邪悪なことを行わせることを求めている。これはサタンの悪意に満ちた動機ではないか。あなたがたは、常日頃からサタンが極めて邪悪であると言うが、その邪悪さを見たことがあるであろうか。あなたがたが見ることができるのは、人間が如何に邪悪であるかのみであって、サタンが実際どの程度邪悪であるかを見たことがない。しかし、あなたがたは、このヨブに関する問題でその邪悪さを見たであろうか。(見た。)この問題では、サタンの醜悪な姿と本質が極めて明瞭となっている。サタンは神に敵対し、また神をつけ回している。サタンの目的は神が行う必要のある業をすべて粉砕し、神が求める人間を自分のものとして支配し、完全に消滅させることである。こうした人間が消滅しなかった場合、その人間はサタンのものとなってサタンに用いられる。これがサタンの目的である。それでは、神は何を行うであろうか。この聖句では、神は簡潔にひとこと述べているだけである。それ以外に神が行った事は記していない。しかし、サタンの言動は、それ以外にも多数記してあることが分かる。次に挙げる聖句でヤーウェがサタンに「あなたはどこから来たか」と訊ねった時、サタンは何と答えたであろうか。(ここでも「地を行きめぐり、あちらこちら歩いてきました」と答えている。)ここでも同じ答えである。なぜこの言葉がサタンの標語あるいは規範となったのであろうか。サタンは忌まわしいものではないのだろうか。この忌まわしい言葉は一度述べれば十分である。サタンがこの言葉を繰り返すのは何故だろうか。これはあることを証明する。それは、サタンの本性が不変である、ということである。その醜悪な顔は長いこと隠し通せないものである。神はサタンに質問し、サタンはそのような答え方をするのだから、サタンが人々をどう扱うかなど言うまでもない。サタンは神を怖がることも、畏れることもなく、神に服従することもない。したがってサタンは、神の前でこの神の質問を茶化し、それに同じ言葉で答え、その答えで神を困惑させる無節操に横柄な態度を取る。これがサタンの醜悪な顔である。サタンは神の全能性を信じず、神の権威を信じず、神の支配権の下に従うことなど、当然望まない。サタンは常に神に対抗し、神の業を攻撃し、その働きを全て粉砕しようとする。これがサタンの邪悪な目的である。

神の六千年の経営計画において、ことさらヨブ記では、サタンが述べたこれら2つの聖句とサタンの行動は、神に対する反抗を代表するものである。そう言えるであろうか。(そう言える。)これが正体を現したサタンである。あなたがたは現在の生活においてサタンの行為を見たことがあるだろうか。サタンの行為を見た時、それがサタンによって語られていることとは思わず、人間が語っていることと思うかもしれないであろう。そうした事柄を人間が語った場合、それは何を表すであろうか。それは、サタンを表している。それを認識したとしても、サタンがそれを語っていると実際にわかるわけではない。しかし、今ここでサタン自身の言葉をはっきりと確認した。これで、あなたがたにはサタンの醜悪な姿と邪悪さをはっきりと、明確に理解したことになる。サタンが述べたこれら2つの聖句は、現在の人々にとって、サタンの本性を認識する上で役立つであろうか。これら2つの聖句は現在の人類がサタンの醜悪な顔と元来の顔を認識する上で、取り上げる価値のあるものだろうか。こう言うのは不適切と感じるかもしれないが、これら2つの聖句をこうした形で議論することは、依然として正確だと言うことができる。わたしはこのようにしか説明することができないが、あなたがたが理解したならば、それで十分である。サタンは何度もヤーウェの業を攻撃し、ヨブのヤーウェに対する畏れを非難した。サタンは様々な方法でヤーウェを挑発し、サタンがヨブを試すことを、ヤーウェに許可させた。したがって、サタンの言葉は極めて挑発的である。それならば、サタンがこれらの言葉を述べた時、神はサタンのしたかった事柄を明瞭に理解していたのであろうか。(理解していた。)神は、サタンが何をしたかったかを理解していたであろうか。(理解していた。)神の心の中では、神が見守り、神に仕え、神が正しく全き人間とみなすヨブはこの種の試みに耐えられるのであろうか。(耐えられる。)神がそれほど確信して「よろしい」と述べたのは、何故であろうか。神は常に人間の心を試されているであろうか。(試されている。)サタンもまた、人間の心を試すことができるであろうか。(できない。)サタンには不可能である。サタンは、人間には神を畏れる心があることが分かっていても、その邪悪な本性は聖さが聖さであると考えられず、また下劣さを下劣さであると考えることが全くできない。邪悪なサタンは、聖なるもの、義なるもの、光あるものを宝とすることが全くできない。サタンはその本性である邪悪と、サタンが用いるこれらの方法によって徹底的に行動するのを、抑えることができない。自らが神から罰を受けたり滅ぼされたりする代償を払ってでさえも、頑なに神に反抗することを辞さない。これが邪悪であり、サタンの本性である。そうしたわけで、この聖句では、サタンが「皮には皮をもってします。人は自分の命のために、その持っているすべての物をも与えます。しかしいま、あなたの手を伸べて、彼の骨と肉とを撃ってごらんなさい。彼は必ずあなたの顔に向かって、あなたをのろうでしょう」と言っている。サタンは何を考えているのであろうか。神に対する人間の畏れは、人間が神から多くの利益を得ていることに起因する。人間は神から利益を得ているので、神は善良であると言う。しかしそれは、神が善良であるからではなく、人間が神から多くの利益を得ているため、人間は神を畏れることができるのである。人間からそうした利益を奪ったならば、人間は神を見捨てるであろう。サタンは、その邪悪な本性のため、人間の心が真に神を畏れるとは信じない。それは何故か。その邪悪な本性のため、サタンは聖さが何かを知らず、ましてや畏れ敬うことなど、知る由もない。サタンは神に従うということが何かを知らず、神を畏れるということが何かも知らない。サタンは神を畏れないので、「神を畏れることのできる人間などいない。そんなことは不可能だ」と考えている。そうではないだろうか。(その通りである。)サタンは邪悪ではないであろうか。(邪悪だ。)サタンは邪悪である。それがどのような宗派や教派であれ、宗教団体や社会団体であれ、わたしたちの教会以外は、神の存在や神が業を行うことができるということ、神が存在するということを信じていないので、「あなたが信じているのも、神ではない」と考える。例として、淫乱な人を挙げる。淫乱な人は、他人も皆自分と同様に淫乱であると考える。頻繁に嘘をつく人は、正直な人間はおらず皆嘘をつくと考える。邪悪な人は、他人も邪悪であると考え、出会う者すべてと戦おうとする。ある程度誠実さのある人間は、他人も皆誠実であると考えるので、頻繁に騙され、裏切られ、どうすることもできない。そうではないだろうか。こうした例は、あなたがたの確信を強めるために挙げた。サタンの邪悪な本性は一時的な衝動でも、環境により発生するものでもなく、何らかの理由や状況から発生する一時的な徴候でもない。絶対にそのようなことは無い。サタンはそのようでしかいられないのだ。サタンは善良なことが一切できない。聞いて気分が良くなることをサタンが述べたとしても、それはあなたがたを誘惑するためである。気分が良くなればなるほどそれは巧妙だということであり、言葉が優しければ優しいほど、その言葉の背後に隠された悪意が増大する。これら2つの聖句から、サタンの顔や本性は、どのようなものだと考えるであろうか。(陰険で悪質で邪悪なものである。)サタンの主な性質は邪悪であり、特に邪悪と悪質―悪質と邪悪である。

サタンについての議論が終わったので、話を神に関する議論に戻す。神の六千年にわたる経営計画の間は、直接的に発言された神の言葉のうち、聖書に記録しているものは極めて少なく、記録しているものは非常に簡明である。それでは初めから話す。神は人間を造り、それ以降、人類の生活を導いてきた。人間に祝福を与える時も、律法や戒めを与える時も、生活に様々な規則を定める時も、神がどのような目的を持ってそれらの事をされるかを、あなたがたは知っているであろうか。まず、神のなさることはすべて人間の利益のためであると、確実に言うことができるであろうか。(できる。)比較的漠然としていて内容が無いと考えるかもしれないが、具体的に言うと、神のなさることは、全て人間を普通の生活へと導くためのものである。人間が神の規則を守るようにするためであるか、人間が神の律法を守るようにするためのものであるかを問わず、神の目的は、人間がサタンを崇拝しないようにすること、サタンに害されないようにすることである。これは最も原則的な目的であり、最初に行われたことである。神の心を人間が理解していなかった最初の時には、神は簡単な律法と規則を挙げ、考えられる全ての側面に関する規定を定めった。これらの規定は極めて簡単なものであるが、神の心が含まれているものであった。神は人類を大切にし、心から愛している。そうではないだろうか。(その通りである。)そして、神の心は聖なるものであると言えるであろうか。神の心は清純であると言えるであろうか。(言える。)神には隠された意図があるであろうか。(無い。)それでは、この神の目的は正しく、前向きであるだろうか。(その通りである。)この目的は前向きである。神がどのような規定を定めたとしても、こうした規定の神の業における効力は、人間にとって前向きなものであり、人間を導くものである。それでは、神の意思には、利己的な考えがあるであろうか。神には人間が懸念すべき別の目的があるであろうか。あるいは、神は人間を利用したいとお考えであろうか。そうしたことは一切ない。神は言葉の通り業を行い、同様にして神の心でも言葉の通り考えられている。目的が混入していることや、利己的考えは全く無い。神は自身のために何かをすることが無く、例外無く全てを人間のために行い、自身の目的は一切含まれていない。神には人間に対する計画や意思があるが、神は自身のためには何も行わない。神の業は、全て純粋に人間のために行い、人類を守り、人間が誤った道へと迷い込まないようにするためのものである。こうした心は貴重ではないだろうか。(貴重である。)こうした貴重な心が、一抹でもサタンに見られるであろうか。(見られない。)それを見ることができるであろうか。それを見られるだろうか。こうした貴重な心は、サタンには一切見られない。神の業は、すべて自然に明示される。神が業を行うのを見るに、神は業をどのようにして行っているであろうか。神はこれらの律法や言葉を、緊箍児[a]のように人間ひとりひとりの頭に強制的に縛り付けているであろうか。神はこのような方法で業を行うであろうか。(行われない。)それでは、神はどのような方法で業を行うであろうか。(神は私たちを導かれる。)それは1つの側面である。その他の回答はあるだろうか。神は様々な方法で業を行う。1つ回答が出て、それ以外に出てこないというのは、一体どういうわけか。(神は助言され、励まされる。)2つ目の回答が出た。その他の回答はあるだろうか。神は、脅迫するであろうか。神は堂々回りの話をするであろうか。(されない。)あなたが真理を理解できない場合、神はあなたをどのように導くであろうか。(照らされ、啓かれる。)神はあなたに照らし啓かせ、真理と一致しないことや、あなたがすべき事を明確に伝える。神が業を行うこれらの方法から、あなたは、神とどのような関係にあると感じるであろうか。これらの方法は、神はあなたが理解できる範囲を超えていると感じさせるであろうか。(感じさせない)それでは、どう感じさせるであろうか。神はあなたのすぐ近くにあり、あなたとの距離は無い。神があなたを導く時、あなたに与える時、あなたを助け、支える時、あなたは神の温厚さ、神が尊敬すべき存在であること、神がどれほど愛に溢れているか、どれほど暖かいかを感じる。しかし、あなたが堕落したことを咎めたり、神に背いたことについてあなたを裁いたり刑罰したりするとき、神はどのような方法を用いるであろうか。神は言葉で咎めるであろうか。(その通りである。)あなたの環境や人間、出来事、物事などで鍛錬するだろうか。(その通りである。)この鍛錬は、どの程度まで達するであろうか。(人間が耐えうる程度である。)神による鍛錬は、サタンが人間を害するのと同程度まで達するであろうか。(達しない。)神は、優しく、愛に溢れ、配慮された、思いやりのある、特別に配慮された適切な方法で業を行う。神の方法により、あなたが「私がこれをすることを神はお許しにならないだろう」とか、「私がこれをすることを神はお許しになるはずだ」などとこぼすような、強い感情をあなたに抱かせられることは無い。物事が耐えがたくなるような強い考え方や感情を神が与えることは、決してない。そうではないだろうか。(その通りである。)あなたが神の裁きと刑罰の言葉を受け容れる時でさえ、あなたは何を感じるであろうか。あなたが神の権威と力を感じる時、あなたは何を感じるであろうか。あなたは、害することのできない神性を感じるであろうか。(感じる。)こうした場合、あなたは神から遠ざかったと感じるであろうか。あなたは、神に対する恐怖を感じるであろうか。(感じない。)そのかわりに、あなたは、神に対する畏敬の念を感じる。人間は、ただ神の業故に、そうしたものを感じるのであろうか。(その通りである。)サタンが人間に働きかけたとしたら、人間はこうした感情を抱くであろうか。(抱かない。)神は神の言葉、真理、命により、常に人間に与え、支える。人間が弱っている時、落ち込んでいる時、神は決して厳しく「落ち込んではならない。なぜ落ち込んでいるのか。なぜ弱っているのか。何が原因で弱っているのか。あなたは弱すぎるので、死んだほうが良い。あなたは常に落ち込んでいる。生きていて何の意味があるのか。死んでしまえ」などとは言わない。神はこのように業を行うだろうか。(行われない。)神には、このように振る舞う権威があるであろうか。(ある。)しかし、神はそのように振る舞うであろうか。(振る舞われない。)神がこのように振る舞わないのは、神の本質、神の聖なる本質のためである。神の人間に対する愛、神が人間を大切にすることは、二言三言では明確に表現できない。それは人間の誇りにより生まれるものではなく、神が実践において示すものであり、神の本質が明示したものである。神が業を行うこれらの方法により、人間は神の聖さを知ることができるであろうか。神の善意、神が人間に達成させたい効果、神が人間に対して業を行う際に用いる様々な方法、神が行う業の種類、神が人間に理解させたい事柄を含め、神が業を行うこれらの方法において、あなたは神の善意に邪悪や悪賢さを見たことがあるだろうか。(ない。)邪悪は見られないであろう。(見られない。)神が行う業のすべて、言葉のすべて、心で思われるすべて、神が明示する本質のすべてにおいて、神を聖なる存在と言えるであろうか。(言える。)この聖さを世界や自分自身の中で見たことがある人間はいるであろうか。神以外に、この聖さを誰か別の者やサタンの中で見た事があるであろうか。(無い。)今まで話してきた内容から、神を唯一無二の聖なる神自身と呼べるであろうか。(呼べる。)神の言葉、神が人間に対して業を行う方法、人間に語ること、人間に思い起こさせること、助言し、励ますことを含め、神が人間に与えるものは、全て1つの要素に由来する。すなわち、それらはすべて神の聖さに由来する。仮にそうした聖なる神が不在であったとしたら、神に代わり、神の業を行うことのできる人間はいない。神がこれらの人間を完全にサタンに引き渡された場合、本日ここにいるあなたがたは、どのような状況に置かれるかを、考えたことがあるであろうか。あなたがたは、全員無傷でここに座っているであろうか。(そのようなことは無いであろう。)それでは、あなたがたはどうなるであろうか。あなたがたも「地を行きめぐり、あちらこちら歩いてきました」などと言うであろうか。あなたがたは神の前で自信たっぷりで、厚かましく、誇らしげで無恥となり、回りくどい物の言い方をするであろうか。(するであろう。)そのとおりである。100パーセントするであろう。絶対にするであろう。サタンの人間に対する態度により、人間は、サタンの本性が神とは全く異なることを理解できる。サタンの本質は、神の本質とは全く異なる。サタンの本質のうち、神の聖さと正反対のものは、何であろうか。(サタンの邪悪さである。)サタンの邪悪な本質は、神の聖さと正反対である。神のこの表出が神の聖さの本質であることを大部分の人々が認識しないのは、単にこうした人間がサタンの領域においてサタンの腐敗と囲いの中で生活しているからである。こうした人々は聖さが何かも、聖さをどう定義するかも知らない。たとえ神の聖さを認識した場合であっても、依然としてそれが神の聖さであると、確信を持って指定できない。これは、神の聖さに関する人間の認識における格差である。

サタンの人間に対する業により、どのような代表的特徴が示されるであろうか。あなたがたは、サタンの最も代表的特徴、最も頻繁に行うこと、人間ひとりひとりに行おうとする業について、自分自身の経験から知っているはずである。サタンには、あなたがたが認識出来ない特徴があるので、サタンがいかに恐ろしく、忌々しいかをあなたがたが考慮しない。あなたがたのうち、この特徴を知っている者はいるだろうか。答えて欲しい。(サタンの業は、すべて人間を害するために行う。)サタンは人間を害するために業を行う。サタンはどのようにして人間を害するであろうか。より具体的に詳しく回答してもらいたい。(サタンは人間を誘惑して試す。)その通り。それらは幾つかの側面を表している。その他の回答はあるだろうか。(サタンは人間を惑わす。)サタンは人間を惑わせ、攻撃し、非難する。それら全てが正解である。それ以外に何かあるだろうか。(サタンは嘘をつく。)欺瞞と嘘はサタンが最も自然に行う。サタンは頻繁に嘘をつくので、口から嘘が流れ出し、考える必要すらない。その他の回答はあるだろうか。(サタンは不和の種を蒔く。)それは、それほど重要ではない。あなたがたを震撼させる事を説明するが、あなたがたを怖がらせるために話をするのではない。神は人間に対して業を行い、人間は神の態度と心の両方で大切にしている。しかるに、サタンは人間を大切にするであろうか。サタンは人間を大切にしない。サタンが人間をどうしたいのであろうか。サタンは人間を傷つけることを望み、そのことしか考えていない。そうではないだろうか。それならば、サタンが人間を傷つけることを考える際、サタンはそれを喫緊の精神状態で行うであろうか。(その通りである。)人間に対するサタンの業に関し、サタンの邪悪な特質を十分に言い表し、あなたがたがサタンの忌々しさを知ることができる、2つの言葉がある。人間に対するサタンの方法では、サタンの目的を果たして無謀な野望を実現させるため、常にサタンは強制的に個々の人間を「占有」し、その人間に「付着」して最終的にその人間を支配し、害を及ぼす。「強制的に占有」するとは、何を指すであろうか。それはあなたの同意の上で行うであろうか、それとも同意無く行うであろうか。それは、あなたの意識の中で行うであろうか、それとも無意識のうちに行うであろうか。それは、完全に無意識うちに行う。あなたが無意識の状態で、おそらくサタンがまだ何も言わず、何も行っておらず、何の前提も背景もない時、サタンはあなたを取り巻いて存在している。サタンはあなたを利用し、強制的に占有し、あなたに付着し、あなたを完全に支配し、危害を加えるという目的を果たす。これが、サタンの神への対立において最も典型的な意図と行動である。こうした言葉を聞いたら、どう感じるであろうか。(心から恐ろしいと感じる。)あなたがたは、嫌悪を感じるであろうか。(嫌悪を感じる。)嫌悪を感じたとき、あなたがたはサタンが恥知らずだと思うだろうか。(そう思う。)サタンが恥知らずだと思ったとき、あなたがたの周囲にいて、あなたがたを常に支配しようとし、地位や利益に対する野心を持つ人々に嫌悪を感じるであろうか。(感じる。)それでは、サタンが強制的に人間に付着して占有するために、どのような方法を用いるであろうか。あなたがたは、これについて明確に理解しているであろうか。強制的な「占有」と「付着」という2つの語を聞いた時、異様な感じと嫌悪感を覚えないであろうか。邪悪な雰囲気を感じるであろうか。あなたの同意無く、あなたが知らないうちに、サタンはあなたに付着し、あなたを占有して堕落させる。あなたはどう感じるであろうか。憎悪を感じるであろうか。(感じる。)嫌悪を感じるであろうか。(感じる。)こうしたサタンの方法に対して憎悪や嫌悪を感じた場合、神に対してどう感じるであろうか。(感謝する。)神に救われたことを、神に感謝する。それでは、今この瞬間に、あなたには神に自分自身の全てを預け、支配していただく希望や意向はあるだろうか。(ある。)どのような状況で、そうした希望や意向があるだろうか。あなたはサタンに強制的に占有されて付着されるのを恐れて「ある」と回答しているだろうか。そのような考えは正しくないので、持ってはならない。恐れることはありません。神がいるので心配無用である。何も恐れることはないではないか。あなたは、サタンの邪悪な本質を理解したならば、人間に対する神の愛、善意、憐れみ、寛大さ、そして義なる性質に関して、一層正確に理解したり、尊いと感じたりするはずである。サタンは極めて忌々しいが、そのことがあなたの神に対する愛を呼び覚まし、神により頼み、委ねる気持ちを呼び覚まさないようであれば、あなたはどのような人間であろうか。あなたはサタンに自分を害させることを望んでいるのであろうか。サタンの邪悪と醜悪を検討したので、次に神について検討する。あなたの神に関する認識は、何か変化しているところであろうか。(変化した。)どのような変化であろうか。神を聖なる存在と言えるであろうか。神は完璧であると言えるであろうか。(言える。)神は「神は唯一無二の聖さである」と称するに相応しいであろうか。(相応しい。)世界中で、万物のなかで、こうした人間の認識に相応しいのは神のみであろうか。それ以外に何かあるだろうか。(無い。)それでは、神は人間に何を与えるであろうか。神はあなたが気づかないうちに、ちょっとした配慮や思いやり、気遣いを与えただけであろうか。神は人間に何を与えたであろうか。神は無条件かつ代償を要求せずに、隠された意図なく人間にいのちを与え、全てを与えた。神は、神の真理、言葉、いのちを用いて人間を導き、サタンの危害、試し、惑わしから人間を遠ざけ、人間がサタンの邪悪な本性と醜悪な顔を明瞭に見えるようにする。神の人間に対する愛と配慮は、真実であろうか。それらの物事は、あなたがたひとりひとりが感じられることであろうか。(そうである。)

信仰を持って生きてきた今までの人生で、神があなたがたに対して行った業をふりかえってみてほしい。あなたがたが深く感じるかどうかは関係なく、神が行った事は最も必要なものではなかったであろうか。与えたものは、あなたが最も必要としていた物事だったのではないだろうか。(そうである。)それは真理ではないだろうか。それはいのちではないだろうか。(そうである。)神はかつて、あなたにこれらのものを与えた後、返礼と償還をするよう、あなたがたに示したことがあるだろうか。(ない。)それでは、神の目的は何であろうか。神がこのようなことをされるのは何故だろうか。神にもあなたがたを占有するという目的があるであろうか。(ない。)神は人間の心の中における地位を高めることを望んだであろうか。(望まれた。)それでは神が地位を高めることと、サタンが強制的に占有することの相違点は何であろうか。神は人間の心を得ること、人間の心を占有することを望んでいる。これはどのような意味であろうか。これは人間が神の操り人形や機械のようになることを神が望んでいるということであろうか。(違う。)それでは、神の目的は何であろうか。神が人間を占有する事を希望しているのと、サタンによる強制的な占有には、相違点があるであろうか。(ある。)その相違点とは何であろうか。あなたがたは、明白に回答できるであろうか。(サタンは強制的に占有するのに対し、神は、神による占有を人間に志願させる。)サタンは強制的に占有するのに対し、神は、神による占有をあなたに志願させる。これが相違点であろうか。それならば、あなたが志願しないのであれば、どうなるであろうか。あなたが志願しないのであれば、神は何かするであろうか。(神は導かれ、示されるが、人間が希望しない場合、人間を強制することは無い。)神があなたの心を得たい理由は何であろうか。また、神が人間を占有することを望む理由は何であろうか。あなたがたは「神が人間の心を占有している」ことを、どのように解釈するであろうか。ここでは、神に対して公平でなければならない。そうしなければ、必ず人々は誤解して「神は常に私を占有したいと考えておられる。神が私を占有したい理由は何であろうか。私は占有されたくない。私は自分らしくありたい。あなたは、サタンは人間を占有する、と言うが、神もまた人間を占有する。これらの占有は、同じではないのだろうか。私は自分を誰にも占有させたくない。私は、私自身である」などと言う。これらの占有の相違点は何であろうか。よく考えて欲しい。(神が人間の心を得て、それを占有することを望まれるのは、人間を救われて完全にするためであると、私は考える。)あなたが言ったことは、神の人間に対する、人間を完全にするという経営計画の目的である。あなたは、ここでいう「占有する」の意味を理解しているであろうか。(サタンに人間を占有させないということである。神が人間を占有されていれば、サタンが人間を占有することは一切ない。)神が最初の占有者であり、空き家のように最初に入った者がその家の主となる、ということであろうか。その後に来た者は主にはなれず、使用人となったり、全く家に入れなかったりする。そういうことであろうか。(はい、そのような意味である。)別の意見はあるだろうか。(私の認識では、「神が人間の心を占有される」とは、神が人間を神の家族のように扱われ、世話をされて愛されるということである。サタンは、人間に損害を与えるため、傷つけるために、人間の心を占有する。)これが「神は人間を占有する」ということに関する、あなたの認識であろう。その他の解釈や意見はあるだろうか。(神は、人間が神の言葉に従って生活出来るように、神の言葉を自分のいのちに受け容れることができることを願って、言葉により人間を占有される。)これが「神は人間を占有する」ということの背景にある真の意味であろう。その他の意見はあるだろうか。(私の意見では、神は真理の権化であられるので、神は人間に全ての真理を与えることを望まれており、私達はこの真理を得て神の配慮と保護を受けるようになるので、サタンの狡猾な陰謀に遭遇し、それにより危害を加えられるのを回避することができる。実際には、神は、人間が地上で通常の生活を営み、神の祝福を得られるように、人間の心を得ることを望まれる。)しかしあなたは「神は人間の心を占有する」ということの真の意味について述べていない。(人間は神により造られたのであるから、人間は神を礼拝し、神の下に戻る必要がある。人間は神のものである。)あなたがたに尋ねるが、「神が人間を占有する」というのは、意味のない語句であろうか。神による人間の占有とは、神が人間の心に住んでいる、ということであろうか。神はあなたがたの一語一句、一挙一動を支配するであろうか。神が左腕を挙げよと言った場合、右腕を挙げることができないであろうか。神が座れと言った場合、立てないであろうか。神が東へ行けと言った場合、西には行けないであろうか。この占有とは、そのような意味であろうか。(そうではない。)それでは、この占有とは何であろうか。(これは、神が持っておられるものと神であるすべてを、人間が実践することを意味する。)長年神が人間を経営してきた中で、この最後の段階までの神の人間への働き、神が語った言葉全てにはどのような意図があるのだろうか。それは、神が持っているものや神であるものを、人間が実践することであろうか。「神は人間の心を占有する」という言葉の文字通りの意味を検討すると、神が人間の心を取り、それを占有し、そこに住んで二度と出ない、すなわち神が人間の中に住み、人間の心の主となり、人間の心を支配し、自由意志で変更して、必ず人間が神が命じる方向へと進むようにすることのように思われる。この段階における意味では、すべての人間が神となり、神の本質と性質を持つ者となるかのように考えられる。それでは、この場合、人間は神の業を行うことができるであろうか。「占有」をこのように説明できるであろうか。(できない。)それでは、この占有とは何であろうか。(神が求められる人間は操り人形ではなく、そうした人間の考えや心は生きている。したがって神による人間の占有は、人間が考えを持ち、神の喜びと悲しみを感じることが可能となり、人間と神が交流することを期待するものである。)あなたがたに尋ねるが、神が人間に与えた言葉や真理は、全て神の本質、神が持っているものと神であるものを明示するものだろうか。(その通りである。)これは確かではないか。しかし、神が人間に与える言葉は、全て神自身が実践し、所有すべきものであろうか。よく考えて欲しい。神が人間を裁く時、神は何を理由として裁くであろうか。この言葉はどこから生まれたものであろうか。神が人間を裁く時に言う言葉は、どのような内容であろうか。それらは何に基づくものであろうか。これらの言葉は、人間の堕落した性質に基づいているであろうか。(その通りである。)神の人間に対する裁きにより達成する効果は、神の本質に基づくものであろうか。(その通りである。)それでは、神が人間を占有するというのは、意味の無い語句であろうか。そうでない事は確かである。それでは、神がこのような言葉を人間に対して述べるのは、なぜだろうか。これらの言葉を神が述べる目的は何であろうか。神はこれらの言葉を人間のいのちのために使用することを望んでいるのであろうか。(望まれている。)神は、神が述べた真理を、すべて人間のいのちのために用いることを望んでいる。したがって、人間がこうした真理や言葉を与えられ、それを自分自身のいのちへと変化させた時、人間は神に従うことができるであろうか。人間は神を畏れることができるであろうか。人間は悪を避けることができるであろうか。人間がこうした状態に達した時、人間は神の主権と計画に従うことができるであろうか。人間は神の権威に服従しているということができるであろうか。ヨブやペテロのような人間が最終地点に到達し、いのちが成熟したとみなされる時、そして神を真に理解した時、サタンはそれでも彼らを惑わすことはできるだろうか。サタンは、依然としてこうした人々を占有できるであろうか。サタンは、依然としてこうした人々に強制的に付着することができるであろうか。(できない。)それでは、こうした人々は、どのような人間であろうか。完全に神のものとされた人間であろうか。(その通りである。)この段階の意味において、あなたがたは、完全に神のものとされた人間をどのように考えるであろうか。神にとって、こうした状況下では、神がこの人間の心を既に占有している。しかし、この人間は何を感じるであろうか。神の言葉、権威、神の道が人間の中でいのちとなり、そしてこのいのちが人間全体を占有し、この者が実践する物事や実質を、神が満足するに十分なものとするのであろうか。そうであれば、神にとって、人間の心は、この時点で神に占有しているであろうか。(占有されている。)あなたがたは、この段階の意味を、どのように理解できたであろうか。あなたを占有するのは神の霊であろうか。(そうではない。)それでは、あなたを占有するのは一体何であろうか。(神の言葉である。)その通り。神の言葉、神の道である。あなたのいのちとなるのは、神の真理と言葉である。この時、人間は神を源とするいのちを持っているが、このいのちが神のいのちであるとは言えない。このいのちは、神の言葉から人間が得るべきいのちである。このいのちは神のいのちであると言えるであろうか。(言えない。)したがって、人間がいかに長期間にわたり神に付き従ったとしても、いかに多くの神の言葉を得たとしても、人間は決して神となることができない。そうではないだろうか。(その通りである。)もし、いつか神が「あなたの心はわたしが占有しているので、あなたはわたしのいのちを持っている」と言ったとしたら、あなたは自分が神だと感じるであろうか。(感じないであろう。)それでは、あなたはどうなるであろうか。あなたは、神に完全に服従するのではないだろうか。あなたの体と心は、神があなたに与えたいのちで満たされるではないであろうか。これは、神が人間の心を占有した時に見られる、一般的な兆候である。これは事実である。この観点からみて、人間は神になることができるであろうか。(できない。)人間が神の言葉すべてを得たとき、神を畏れ、悪を避けることができるようになった時、人間は神の身分を得ることができるであろうか。(できない。)人間は、神の本質を持つことができるであろうか。(できない。)何があったとしても、結局のところ人間は依然として人間である。あなたは創造されたものであり、あなたが神から言葉と神の道を与えられたとき、あなたは神の言葉を源とするいのちを持っているだけであり、あなたは決して神にはなれない。

ここで元の論題に戻るが、あなたがたにアブラハムは聖なる存在であるかと尋ねた。アブラハムは聖なる存在では無い。これについて理解したと思うが、どうであろうか。ヨブは聖なる存在であろうか。(聖なる存在ではない。)この聖さには神の本質が入っている。人間には神の本質も性質も無い。人間が神の言葉をすべて経験し、神の言葉の本質を持っていたとしても、人間は依然として聖なる存在であるとは言えない。人間は人間である。これについては理解したことと思う。(理解した。)それでは、あなたがたは「神が人間の心を占有している」という言葉を、どのように理解するであろうか。(神の言葉と神の道、神の真理が人間の命となる。)あなたがたは、このことを既に覚えたようである。あなたがたが一層深い認識を得たことを願う。一部の人々は「それでは、神の使いや天使が聖なる存在ではない、と言うのはなぜか」と質問するかもしれない。この質問について、あなたがたはどう考えるであろうか。これについては、おそらくこれまで考えたことがなかったであろう。簡単な例を挙げる。あなたがたがロボットを起動させると、ロボットは踊ったり喋ったりすることができるようになり、あなたがたはロボットの言うことを理解できるが、ロボットが可愛らしいと言えるであろうか。ロボットが可愛らしいと言えるであろうか。そう発言することは可能であるが、ロボットはそれを理解しないであろう。なぜならロボットには命が無いからである。ロボットの電源を切ったとき、ロボットはその後も動くことができるだろうか。(できない。)ロボットが起動している時は、生き生きとして可愛らしいことがわかる。観察が実質的なものであれ、表面的なものであれ、ロボットを観察すると、あなたがたはロボットが動いているのを見ることができる。しかし、ロボットの電源を切ったとき、あなたがたはそのロボットの性格を見ることが出来るだろうか。ロボットには、何らかの実質があるであろうか。わたしが言おうとしていることの意味が理解できるであろうか。(理解できる。)そのことは理解できたであろう。つまり、このロボットは動く事も停止することもできるが、決してロボットに何かの実質があるとは言えない。これは事実ではないだろうか。これについては、ここで終わりにする。あなたがたが、その意味の一般的な知識を得るには、これで十分である。それでは、これで交わりを終わる。ごきげんよう。

2013年12月17日

脚注:

a. 緊箍児とは、中国の有名な小説『西遊記』に登場する僧、玄奘が呪文により孫悟空を支配する際に使用する金の環で、孫悟空の頭にはめられ、魔法により締め付けられ、酷い頭痛を起こす。その後、緊箍児は人間を拘束することの比喩表現となった。