全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

神への真の愛は自発的である

全ての人々は、神の言葉の故に、精錬を受けている。神の受肉がなかったとしたら、人類はそのような苦しみにあずかるという祝福を受けることなど全くなかっただろう。それは次のように言い換えることもできる。神の言葉による試練を受け入れることができる者たちは祝福された人々である。人々の元来の器、行動、そして神に対する態度に基づいて判断すると、彼らはこのような精錬を受けるに値しない。人々がこの祝福を享受してきたのは、彼らが神によって高められたからである。人々はかつて、自分は神の顔を見るにも、神の言葉を聞くにも値しないと言っていた。現在人々が神の言葉による精錬を授かっているのは、もっぱら神によって高められたことと神の憐みのおかげである。これが終わりの日に生きている者に一人残らず与えられる祝福である。あなたがたは自分自身それを体験しただろうか。人間がどの側面で苦難を受け、挫折を体験するかは、神によって予め定められており、人間自身の要求によるものではない。これは絶対にほんとうである。全ての信者が神の言葉による試練を体験し、神の言葉の中で苦難を受ける能力を持たなければならない。あなたがたは、このことをはっきりと見極められるだろうか。したがって、あなたが経験した苦難は、今日の祝福に引き換えられる。神のために苦しまないのであれば、あなたは神から称賛を得ることはできない。あなたは、かつて不平を言ったかも知れないが、どれだけ不平を言ったとしても、神は、あなたに関してそのことを思い出さない。もう今日という日が来たのだ。昨日のことをふり返る理由はない。

ある人々は、神を愛そうとしたができなかったと言う。そして、神が去ろうとしていると聞くと、神への愛を抱く。またある人々は、通常真理を実行に移さず、神が怒って去ろうとするのを聞くと、神の前に来てこう祈る。「おお神よ、どうか行かないでください。もう一度だけチャンスをください。神よ、私は今まで、あなたを満足させることがありませんでした。私はあなたに負い目があり、あなたを拒みました。私がやっとあなたを満足させ、愛することができるよう、今日この体と心を捧げ尽くすつもりです。今それをのがせば、二度と機会はないでしょう。」あなたはそんな祈りをしたことがあるだろうか。誰かがこのように祈る時、それは、神の言葉によりその人の良心が呼び覚まされたからである。人間は皆無気力で愚鈍である。彼らは刑罰と精錬を受けても、神が何を達成しようとしているのか分からない。もし神がこのように働かなかったら、人々は依然として混乱し、誰も人の心に霊感を吹き込むことはできないだろう。そのような実を結ぶことができるのは、人間を裁き暴露する神の言葉だけである。だから全てのことは神の言葉によって達成され成就される。そして、人類の神への愛が呼び覚まされるのは、ひとえに神の言葉の故である。人間が自分の良心だけに基づいて神を愛しても、そこからは何の成果も見出せないだろう。過去において、人間は自分の良心を神への愛の根拠としていたのではないか。率先して神を愛した者が一人でもいただろうか。人間が神を愛したのは、神の言葉の励ましによる他なかった。また次のように言う人々もいる。「私は長年にわたって神に従い、神の大きな恵みと数々の祝福を享受してきた。また神の言葉による精錬と裁きも受けてきた。だから私は多くのことを理解するようになり、神の愛を知った。私は神に感謝し、神の恵みに報いなければならない。私はたとえ死んでも神を満足させ、自分の良心にかけて神を愛する。」自分の良心的感情だけに依存するなら、人間は神の愛しさを感じられない。人間が良心だけに依存するなら、神への人間の愛は弱々しいだろう。神の恵みと愛に報いることだけを語るのであれば、あなたの神への愛には何の活力もないであろう。自分の良心的感情に基づいて神を愛することは受け身な姿勢である。わたしがそれは受け身な姿勢であると言うのは何故だろうか。それは実践的問題である。果たしてこれは愛と言えるだろうか。それは、神をたぶらかそうとして神を愛する振りをしているだけではないか。ほとんどの人が、神を愛することに報酬はなく、神を愛さないならどうせ同じ刑罰を受けるのだから、結局のところ罪を犯さないだけで十分である、と考えている。それ故良心的感情に基づいて神を愛し、神の愛に報いることは、受け身な姿勢であり、それは心の中から自発的に生じる神への愛ではない。神への愛は、その人の心の奥底から来る真の感情でなければならない。ある人々はこう言う。「私自身は、神を追い求め、神に従う意欲がある。今神は私を見捨てようとしているが、それでもなお私は神に従いたい。神が私を求めていようがいまいが、私はなおも神を愛し、最終的には神を得なければならない。私は神に自分の心を捧げ、神が何をしようと、私は生涯を通して神に従うつもりだ。何があろうと、私は神を愛し、神を得なければならない。私は神を得るまで休まないつもりだ。」あなたにはこのような決意があるだろうか。

神を信じる道とは神を愛する道である。あなたは、神を信じているなら、神を愛さなければならない。しかしながら神を愛するとは、神の愛に報いることや、良心的感情に基づいて神を愛することを指すのではなく、神への純粋な愛を意味する。多くの場合人々はただ自らの良心に依存し、神の愛を感じられない。「神の霊が私達の霊を動かすように」とわたしがいつも言ってたのは何故だろうか。神を愛するために人々の良心を動かすことについて語らなかったのは何故だろうか。それは、人間の良心は神の愛しさを感じることができないからである。この言葉に確信が持てないなら、自分の良心を使って神の愛を感じるがよい。あなたは一時的にある程度の活力を得るかもしれないが、それはすぐに消え去るだろう。良心のみで神の愛しさを感じようとするのであれば、あなたが祈っている時には活力を感じるが、やがてそれは消えて無くなるだろう。いったいこれはどういう意味だろうか。良心だけを用いるのであれば、あなたは神への愛を呼び覚ますことはできないだろう。心の中でほんとうに神の愛しさを感じる時、あなたの霊は神によって動かされ、その時になって初めて、あなたの良心は本来の役割を果たすことができるだろう。つまり、人々の霊が神によって動かされ、彼らの心が認識と励ましを得た時、すなわち、その経験を得た時初めて効果的に良心で神を愛すことができるようになる。あなたが良心で神を愛することは誤りではないが、それは神を愛することにおいては最も低いレベルである。神の恵みに対してかろうじて正当に応えることもできないような人間の愛し方では、人間を積極的に入るよう促すことはできない。人間が聖霊の働きをいくつか獲得する時、すなわち自分の実体験の中で神の愛を見て味わう時、また、神について多少の認識を得て、神がどんなに人間の愛を受けるに値しいかに愛しい方であるかをほんとうに知る時、人間は初めて神を真に愛することができるようになる。

人々が自分の心で神に接し、その心が完全に神のところへ帰る時、それは人間が神を愛することにおける第一歩である。神を愛したいのであれば、まず自分の心を神に返すことができなければならない。心を神に返すとはどういうことだろうか。それは、あなたの心の中で追求する全てが、神を愛し神を得るためである時のことであり、それはあなたの心が完全に神に回帰したことを示す。あなたの心の中には神と神の言葉の他は、ほとんど何もない(家族、富、夫、妻、子、その他)。たとえ他に何かがあったとしても、それらがあなたの心を占めることはない。またあなたは、自分の将来性については考えず、ひたすら神を愛することを追い求める。この時、あなたは、完全に自分の心を神に返したことになるのだ。あなたが依然として心の中で自分自身の計画を立てているのであれば、あなたは常に自分個人の利益を追求しているのである。「いつになったら神にちょっとした願い事ができるだろう。私の家族はいつ裕福になるだろうか。もう少し上等な衣服はどうしたら手に入るだろうか。」このような態度で生活しているのであれば、それはあなたの心が完全には神のもとへ帰っていないことを示している。あなたの心の中にあるのが神の言葉だけであり、あたかも神がとても親しいかのように、また神があなたの中にいてあなたが神の中にいるかのように、あなたが常に神に祈り、どんな時でも神に近づくことができる状態にあるならば、それは、あなたの心が神の臨在の中にあることを意味する。あなたが毎日神に祈り、神の言葉を食べて飲み、教会での働きのことをいつも考え、神の意志への配慮を示し、自分の心で神を真に愛し、神の心を満足させるのであれば、その時あなたの心は神のものになる。あなたの心が、それ以外の多くのことで占められているなら、あなたの心はまだサタンに占拠されており、ほんとうの意味では神の方に向いてはいない。ある者の心がほんとうに神の方へ向いている時、その人には神への真の自発的な愛があり、神の業のことを配慮することができるようになるだろう。その人の心は、依然として愚かで分別の無い状態であるものの、神の家の益のために、神の業のために、また性質の変化のために、配慮することができるだろう。その人の心は、完全に正されるであろう。ある人々は何をやるにしても、いつも教会の旗を振っているが、実のところ、それは自分自身の利益のためである。このような人間には正しい動機がない。その人の心は曲がっており偽りに満ち、その人の為すことのほとんどは自分個人の利益を求めるためのものである。この種の人間は神を愛することを追い求めない。彼の心は依然としてサタンのものであり、神の方へ向くことができない。神がこの種の人間を得ることは決してない。

真に神を愛し神に得られるための第一歩は、あなたの心を完全に神に向けることである。あなたが為す一つひとつのことおいて、自分の心を探り、次ように自問しなさい。「私はこのことを神を愛する心に基づいてやっているだろうか。この行動には何か個人的意図がないだろうか。この行動の実際の目的は何であろうか。」あなたの心を神に捧げたいのであれば、まず自分の心を抑制し、自分の意図を全て捨て、完全に神のために尽くすというレベルに達しなければならない。これが自分の心を神に捧げることを実践する道である。自分の心を抑制するとは、どういうことを指すのであろうか。それは、自分の肉の贅沢な欲望を捨て去り、地位の恩恵や安逸をむさぼらず、あらゆることを神を満足させるために行うことであり、また自分の心を、自分自身のためではなく、完全に神のために委ねられることである。

神への真の愛は心の奥底から生じる。それは、人類の神に関する認識に基づいてのみ存在する愛である。ある者の心が完全に神の方へ向けば、その人には神への愛があるが、その愛は必ずしも純粋ではなく、また完全でもない。なぜなら、その人の完全に神へ向いている心と、神に関する真の理解と神への真の敬愛を持っていることの間には、ある程度の隔たりがあるからである。人が神への真の愛を実現し、神の性質を知る方法は、自分の心を神の方へ向けることである。その人は、自分の真心を神に捧げた後、いのちの体験の中へ入り始めるだろう。そして、このことによってその人の性質は変化し始め、神への愛が次第に成長し、神に関する知識もまた徐々に増してゆくだろう。このように、自分の心を神へ向けることは、いのちの体験の正しい道を歩むための前提条件である。人々が神の前に自分の心を置く時、彼らには神を渇望する心しかなく、神への愛の心はない。なぜなら、彼らには神に関する理解がないからである。こうした状況において、彼らには神への愛が多少あるものの、それは自発的ではなく、ほんとうの愛ではない。なぜなら、人間の肉から来るものは何であれ、一つの感情的作用であり、真の理解から来るものではないからである。それは一時的な衝動に過ぎず、持続する敬愛ではない。神に関する認識が無い時、人は自分の好みと個人的概念に基づいて神を愛することしかできない。この種の愛は自発的な愛とも真の愛とも呼べない。ある者の心が真に神の方へ向く時、その人は、あらゆることにおいて神の益を考慮できる。しかし、そういう理解がない場合、真に自発的な愛を抱くことはできない。彼らは、教会で何らかの役割を果たし僅かばかりの任務を遂行することしかできず、しかもそこには根拠も基盤もない。このような人間の性質はなかなか変化しない。彼らは皆、真理を追い求めない者たち、あるいは真理を理解しない者たちである。ある人が完全に自分の心を神に向けたとしても、それはその人の神を愛する心が完全に純粋であるという意味ではない。なぜなら、自分の心の中に神を持っている者たちは、必ずしも心の中に神への愛を持っているとは限らないからである。このことは、神を理解することを追求する者と、しない者の違いに関連する。ある人が神に関する理解を得た時、それは、その人の心が完全に神へ向いていることと、心の中にある神への真の愛が自発的であることを示している。心に神を持っているのは、そのような人だけである。自分の心を神へ向けることは、正しい道を歩むこと、神を理解すること、神への愛を得ることの前提条件である。それは、神を愛するという任務を達成した印でも神への真の愛を持っている印でもない。神への真の愛を得るための唯一の方法は、自分の心を神へ向けることであり、それは神の創造物のひとつとして行うべき最初のことでもある。神を愛する者たちとは、いのちを求める全ての人々、すなわち真理を求め、誠実に神を求める人々である。彼らは皆聖霊の啓示を持っており、聖霊によって動かされている。彼らは皆神に導かれることができる。

神に負債を負っていると感じることができるなら、それは彼らが霊に動かされているためである。このように感じるなら、彼らは渇望する心を持つ傾向があり、いのちの中へ入ることを追求することができるだろう。しかし、あなたが、ある段階で止まってしまうなら、より深いところへ達することはできないだろう。まだサタンの罠にかかる危険性があり、それがある程度まで達すると、あなたはサタンの虜となるであろう。神の与える明察は、人々が自分自身を知るようにさせ、その後神に対する負債を感じさせる。それはまた、神に協力する意欲と、神に喜ばれないものを捨て去る意欲を感じさせる。これが神の業の原則である。あなたがたは皆、自ら進んであなたがたの人生において成長することと、神を愛することを追い求めている。それならば、あなたは自分の浅はかなふるまいを捨て去ったであろうか。あなたが単にそのようなふるまいを捨て去り、混乱を引き起こしたり、自分を見せびらかしたりしなければ、それはほんとうにいのちにおける成長を追い求めていることになるのだろうか。あなたに表面的なふるまいが全くなくても、神の言葉の中へ入らないのであれば、それは、あなたが何の積極的な進歩もない人間であることを意味している。表面的なふるまいを身につけてしまう原因は何であろうか。あなたの行動は、自分のいのちにおける成長のためであろうか。あなたは神の選民の一人としての資格を与えられることを追い求めているであろうか。何ごとであれ、あなたが重点を置くことを、あなたは実際に生きるのである。表層的な行動に重点を置くならば、あなたの心は外面に集中し、いのちにおける成長を追求することはまずない。神はあなたの性質の変化を要求しているが、あなたは常に外面のものを追い求めている。このような人は、決して自分の性質を変化させることはないであろう。いのちにおいて成熟する前には、個人々々特定の方法があるが、そのためには神の裁きと刑罰、そして神の言葉により完全にされることを受け入れなければならない。あなたが神の言葉を持たず、あなたの自信と意志だけに頼るなら、あなたが何をやっても、それはただ熱心さだけに基づいている。つまり、あなたが自分のいのちにおいて成長したいならば、神の言葉を食べて飲んで、もっと理解しなければならない。神の言葉により完全にされた者は皆、神の言葉を実際に生き抜くことができる。神の言葉による精錬や裁きを受けない者は、神に用いられるに相応しい者とはなれない。それなら、あなたがたはどの程度神の言葉を実際に生きているだろうか。あなたがたが神の言葉を食べて飲んで、神の言葉と自分のいのちの状態を比較し、わたしが挙げた問題に照らし合わせて実践の道を見つけるすることができる時、初めてあなたがたの実践は適切なものとなる。またそれは、神の心に適ったものとなるだろう。このような実践を為す者だけが神を愛する決意のある人なのだ。

前へ:今日の神の働きを知る人々のみ神に仕えることができる

次へ:祈りの実践について

他のお気に入り