全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第四十七章

義なる全能神──全能者よ。あなたにあって隠されたものは何ひとつありません。太古の昔から永遠まで一度も人間が明らかにしたことがない奥義が、あなたにあって現され、全て明瞭になります。私たちはもう手探りして求める必要はありません。今日、あなたの真の姿が公に示されたからです。あなたは明らかにされた奥義であり、生ける神ご自身であり、あなたは今日、私たちと顔を合わせられたからです。そして、あなたの真の姿を目にすることは、私たちにとって、霊的領域のすべての奥義を見ることなのです。本当にこれは誰にも想像できないことです。今日、あなたは私たちの間におられ、私たちの只中にもおられ、事実私たちにあまりにも近いのです。それは言葉で表すことを許さず、この中にある奥義は無限です。

全能の神は経営(救いの)計画を完了した。神は勝利した宇宙の王である。すべてのものとすべての事柄は、彼の手の中で支配されている。すべての人々はひざまずいて礼拝し、真の神──全能者の名を呼ぶ。すべてのことは神の言葉によって成し遂げられる。なぜあなたがたはこんなにもたるんでおり、真剣に神と協力することができず、親密に神と結び付き、神と共に栄光の中へ入ることができないのか。あなたは自ら進んで苦しみたいということなのか。あなたは放り捨てられたいのか。誰が心からわたしに献身し、誰がわたしのために誠実に尽くしたのかわたしが知らないとでもあなたがたは思っているのか。無知なる者。愚か者よ。あなたがたはわたしの意図が分かっていない。ましてわたしの重荷を思いやることなどできず、あなたがたのことをわたしに心配させ、わたしに骨を折らせている。こんなことがいつ終わるのか。

あらゆることにおいてわたしを生きること、すべてのことにおいてわたしを証しすること──それはただ口先だけで仕えることを意味するだろうか。あなたは何が自分のために良いのか分からない。あなたが行うことは、いつもわたしなしで行う。まして、あなたの日常生活の中にわたしがいることなどない。わたしは、あなたがたが神を信じることを少しも真剣に捉えないことを知っている。だから、あなたがたが実らす果実はこのとおりである。あなたはまだ目を覚ましていない。このまま行けば、あなたがたはわたしの名を汚すことになるだろう。

自問してみなさい。あなたが話すとき、わたしはあなたと一緒にそこにいるのか。あなたが食べたり、服を着たりするとき、わたしの約束はその中にあるのか。あなたがたは本当に思慮に欠けている。何かを指摘しなければならないとき、それがあなたに直接向けられていないなら、あなたは自分の本当の姿を現す。そして、あなたがたのうち一人として納得しない。そうでなければ、あなたがたは自分が偉大だと思い、自分の中に多くのものを所有していると思うだろう。あなたがたはサタンの醜さでいっぱいであるのが分からないのか。これらのものをすべて注ぎ出すためにわたしと協力しなさい。わたしの存在そのものとわたしが持っているものが、あなたの中を完全に占めるようにしなさい。そうすれば、あなたがたはわたしを生き、もっと現実に基づいてわたしを証しし、あなたがたの故にもっと多くの人々をわたしの玉座の前に服従させることができる。あなたがたの肩の重荷がどれほど重いのか知らなければならない。無数の人々が救いを得て、わたしの国が揺るぎなくしっかりと立ち続けるために、キリストを崇めること、キリストを表すこと、キリストを証しすること。あなたがたが、今日の働きの重要性を理解しないで、ただいい加減に歩まないように、わたしはこれらすべてを指摘する。

物事に直面するときは無力で、熱いフライパンの上の蟻のように走り回っている──これがあなたがたの性質である。あなたがたは外側は大人のように見えるが、内側のいのちは子供と同じであり、問題を引き起こし、わたしの重荷を増やすことしかできない。わたしが気にかけないごく些細なことがあれば、あなたがたは問題を引き起こす。そうではないか。独善的になってはならない。わたしの言うことは真実である。高尚に聞こえる言葉を使っていつもわたしはあなたがたに説教していると思ってはならない。あなたがたの実状はこのようである。

前へ:第四十六章

次へ:第四十八章

他のお気に入り

  • あなたは誰に忠実なのか

    現在、あなたがたが過ごしている日々は決定的である。それはあなたがたの終着点と運命にとってこの上なく重要である。そのため、今日もっているものすべてを大切にし、過ぎゆく一瞬一瞬を大切にしなければならない。この生涯を無駄に生きたことにならないように、可能な限りの時間を作り出し、最大の成果を獲得できるように…

  • 働きと入ること(8)

    終わりの日における神の働きは、これまでわたしが何度も述べてきたように、人間の深く傷ついた心が一新されるように各人の霊を変化させ、魂を変化させるようにし、よって邪悪により極めて深い傷を負っている人間の霊を救うため、人間の魂を目覚めさせ、凍えた心を温め、回復出来るようにするためのものである。これが神の偉…

  • 神の三つの段階の働きを認識することは神を認識する道である

    人類を経営する働きは三つの段階に分けられるが、それは人類を救う働きが三つの段階に分けられることを意味している。これら三つの段階には、天地創造の働きは含まれず、むしろ、律法の時代、恵みの時代、そして神の国の時代の三つの段階の働きのことである。天地創造の働きは、人類全体を作り出す働きであった。それは人類…

  • 実践的な神は神自身であることを知るべきである

    実践的な神についてあなたが知るべきことは何だろうか。実践的な神自身は、霊、人、そして、言葉から成り立っている。これが実践的神自身の本当の意味である。あなたがこの人だけを知っていて――つまり、彼の習慣と性格のみを知っていて――霊の働きを知らなければ、あるいは、霊が肉の中で何をするのかを知らず、ただ霊と…