全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

神の声を聞き、神の出現を見る

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

質問5.なぜ堕落した人類は受肉した神により救われなければならないと言われるのですか。これはほとんどの人が理解できないことです。この点について分かち合って下さい。

回答

なぜ堕落した人類は受肉した神により救われなければならないのでしょうか。それは人々の肉体はサタンにより騙され堕落させられ、全人類がサタンの領域に暮らし、善悪や美醜の違いを知らず、何が好ましくないことで何が好ましいことかを知らないからです。人間は皆、サタンの哲学や法則、本性に基づいて生きており、傲慢で自惚れており、すべてにおいて優越性を主張し、好きなように振る舞い、まるで始末に負えないからです。人間は完全にサタンを具現化しており、あまりに堕落したためサタンの邪悪な勢力と一緒になって神に抵抗していますが、いまだにこのことを知りません。神は創造主です。神のみが人々の本質を知り尽くしており、人類がどれほど堕落しているかということについて一番はっきり知っておられます。神のみが人々のサタン的本質と堕落した性質を分析しさらけ出し、人々にどのように生きるべきか、人間としていかにあるべきかを教えることができ、人々を完全に征服し、清め、救うことができます。神以外には、人間の堕落した本質を見通し人々に人間であることの真理を与えることができる被造物はいません。ですから神が人類をサタンの手から完全に救いたいと望むのであれば、受肉した神自身による真理と神の性質の表現を通してのみ、人々が所有するべきすべての真理を告げ人々に真理を理解させ神の認識を与えてサタンの策略や様々な異端説、欺瞞が明らかに分かるようにすることを通してのみ、人々はサタンを捨て去り背を向け、完全に神に立ち返ることができるのです。さらに、受肉した神による働きそれ自体が、あらゆる種類の人々の啓示です。なぜならば人々は皆、傲慢で自惚れており他人に従わないからです。受肉した神が真理を表すと、人々は必ずやあらゆる種類の観念をもったり、抵抗したり、闘争さえするでしょう。堕落した人類の神への抵抗と裏切りの真相はここで完全に顕されます。神は、人類をその堕落の表明や本性の本質に基づいて裁きます。そうして初めて人々を征服し、救い、完全にすることが神にとって意義のあることとなります。神の言葉による裁きにおいて、人々はこのようにして神の言葉により徐々に征服され清められます。完全に征服されて初めて、人々は受肉した神への服従を開始し、神の裁きと刑罰を受け、またそれに従い始め、神の働きを経験し、真理を追究する決意をするようになり、もはやサタンの哲学と法則に従って生きることをやめることができます。人々が完全に神の言葉に従って生きるとき、神はサタンを完全に滅ぼし、堕落した人類はサタンに打ち勝った神の戦利品となります。これは、神が堕落した人類をサタンの手から取り戻すのと同じです。受肉した神の働きだけがこのような成果を達成できます。これは神の受肉が人類を救うためには必要であり、神の受肉だけが完全に人類を征服し救うことができます。もし神が人々を使うならば、人類を贖い救う働きを行なうことは絶対に不可能です。

堕落した人類は、救われるためには、受肉した神が差し向かいで裁きと清めを行なうことを確かに必要としています。神の受肉は、神が人類と接触する過程において、人々に差し向かいで神を知り理解させることができ、真理を本当に追究している人々は終わりの日のキリストの裁きと清めを受け入れたので、当然ながら神に従うことの教えを学び、神を愛する心をもつようになり、神によりサタンの影響から完全に救われます。これは神が人々を救い完全にする最善の方法ではないでしょうか。神が肉となったからこそ、人類は神と差し向かいになり、神の現実の働きを経験する機会を、神の明瞭な言葉を受け取り、神から直接司牧をうけ水をもらう機会を得ることで、徐々に神を信頼し服従するようになり、真に神を愛するようになるのです。受肉した神による人類を救う働きがなかったなら、この現実的な成果を達成することは不可能でしょう。……

堕落した人類を救うために来た受肉した神は、人の言語を用いて神が人類に要求していることや神の心、神の性質、神のもつものと神であるもののすべてが何であるのかを明確に人々に伝えることができます。人々は手探りで探し回る必要はなく、神の心が何なのかを正しく理解し、神の要求や実践の方法を知ることができ、さらに実際に神を理解し知ることができます。恵みの時代に、「そのとき、ペテロがイエスのもとにきて言った、『主よ、兄弟がわたしに対して罪を犯した場合、幾たびゆるさねばなりませんか。七たびまでですか』。イエスは彼に言われた、『わたしは七たびまでとは言わない。七たびを七十倍するまでにしなさい。』」(マタイによる福音書18章21~22節)とあります。ここから、肉となられた主イエスは人々をいつでもどこでも支え、食べさせることができ、人々にもっとも実質的で具体的なものを与えられたことが分かります。終わりの日に、全能神、受肉した神が人々のもとに来て、人々の実際の状況に向けて真理を表し、人々を支え必要なものを与えるために神の性質、神のもつものと神であるもののすべてを表すとき、神は人々の信仰における逸脱や欠点を指摘し、神の心と神の人々への要求は何であるかを人々に伝え、生命を維持するための最も実質的で具体的な支えと滋養を人々に与えて下さいます。例えば、神に抵抗し逆らう状態に生きているが気づいていないとき、神の言葉は私たちを直接さらけ出し裁き、神に逆らう私たちのサタン的本性を私たちに見えるようにして下さいます。祝福されたいという思いを心にいだいて神に従いながら、それを正しいことだと思っているとき、神は私たちの欠陥を明らかにし、神を信じるにはどのような意向をもつべきかを教えて下さいます。神の裁きを経験して神を誤解すると、神による人々の救いと裁きにどれほどの思いが注がれたかを神の言葉は私たちに示し、神についての私たちの誤解は解消します。他にも例はあります。神に選ばれた人々は皆、手探りで探し回らなくても、ただ全能神の言葉を読めば神の最も実質的な滋養と水やりを得られるようにと、受肉した神が私たちを助け満たすためにすぐに応じて下さることに深く感謝しています。神が表す言葉の中に、神の心、神の性質、神のもつものと神であるものについての真の認識のいくらかがあります。この方法でのみ、私たちはいかにして真のいのちを生きるべきかを知り、サタンの策略についての識見を得て、どれほど深く私たちがサタンにより堕落させられており、罪とサタンの暗い影響から徐々に解放されていて、いのちの性質を変え、いのちの真の道を歩みだし、真理の現実を生きることができるようになることを明らかに見ることができます。これらの成果はすべて、受肉した神から私たちにもたらされるのです。

受肉した神は、人々に最も実質的な支えと滋養を与えるために働き話すために来ます。裁きの働きをするために来る肉となった神について人々は多くの観念をもっていますが、神は人類にいのちの道と永遠の救いを与え、人々が信頼しないではいられないものとなりました。……人々を救い完全にするために来る終わりの日の受肉した神は、ごく普通の一般的な人の子で、非凡な優美さも、そびえ立つ様な姿も、奇跡的なしるしもありませんが、人々はキリストについて多くの観念をもっています。人々は皆、キリストを否定し、抵抗し拒絶します。けれど、キリストが表す真理とキリストが行う裁きの働きは、人々に神の言葉を与え、それにより人々は真理を得て神の出現を完全に見ることができます。私たちは神の本当の姿を見たことはありませんが、神の本来の性質と聖なる本質を見ており、それはまるで神の本当の姿を見、神が私たちのもとで溌剌と生活しておられるのを見るようで、私たちは確かに玉座の前に連れてこられ神の働きを差し向かいで経験し、玉座から流れてくる生きる水を受け取ったのだと本当に感じました。私たちが終わりの日の神の裁きの働きを経験するにつれて、神による人々の救いにどれほどの思いが注がれたかを徐々に理解するようになり、人類を救うために神がいかに苦しまれ、いかに大きな犠牲を払われたのか、神が私たちのためにして下さることはすべて愛と救いであることを理解し、私たちが過去にあまりに反抗的で不合理であったことを残念に思い、神への真の愛と服従をもつようになります。今日まで経験してきた結果、私たちは皆、今日経験することのできる変化はすべて受肉した神による救いであることに本当に気付いています。終わりの日のキリストは確かに堕落した人類にとっての最も偉大な救いであり、人々が神を知り神から認められる唯一の方法なのです。

『神の国の福音に関する典型的な質問と答え』より

前へ:質問4.律法の時代に、神様はお働きをなさるためにモーセをお使いになりました。では、なぜ神様は終わりの日の裁きのお働きをなさるために誰かをお使いにならないのですか。受肉した神様ご自身がなぜお働きにならなければならないのですか。

次へ:質問7.神様の二回の受肉はキリストが真理であり、道であり、いのちであることを証ししました。キリストが真理であり、道であり、いのちであるということをどのように理解するべきなのでしょうか。

他のお気に入り