被造物が神の名前を決められるのか

神は多くの名前を持っているが、これらの多くの名が神の性質を余すところ無く明確に表現することはできない。というのは神の性質はあまりにも豊かで、人の認識をはるかに越えているからである。人間の言語は、神を余すところ無く要約することができない。神の性質について人間が知っていることすべてを要約するには、人間には限られた語彙しかない。ひとつの特定の言葉あるいは名前では神のすべてを表すにはあまりにも不十分である。では神はひとつの決まった名前を持つことができるだろうか。神はあまりにも偉大で聖であるのに、なぜ神がそれぞれの新しい時代に名前を変えてはいけないのか。


神が自ら働きを行なうそれぞれの時代に、神が行なう働きを要約するその時代に合った名前を用いるのである。神はその時代における神の性質を表すために、その時代の意義を反映する特定の名前を用いる。神は自身の性質を表現するために人間の言葉を用いる。神がヤーウェ、イエス、メシヤと呼ばれない日がやって来るだろう――神はただ創造主と呼ばれるであろう。その時、神が地上で呼ばれたすべての名前は終わりを迎える。というのは神の地上での働きは終わり、その後神は名前を持たなくなるからである。


すべての物が創造主の支配下に入るときに、何故神を適切ではあるが不完全な名前で呼ぶのか。今も神の名を求めているのか。未だに神はヤーウェとしか呼ばれないと敢えて言うのであろうか。未だに神はイエスとしか呼ばれないと敢えて言うのであろうか。神を冒涜する罪を負うことができるのか。神は本来どんな名前も持たなかったということを知るべきである。神にはするべき働きがあり、人類を経営しなければならなかったので、一、二の、あるいは多くの名前を持っただけであった。どのような名で呼ばれるにしても、それは神自身が自由に選んだのではないだろうか。神はそれを決めるのに被造物を必要とするだろうか。


『言葉は肉において現れる』の「神の働きのビジョン(3)」より編集

前へ: 神の名前は決して変わらないとあえて主張するのか

次へ: 神の名の意義

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

宇宙は神様への賛美で鳴り響く

歌と踊りに満ち、世界は賛美の海。私たちは踊り、星は跳び跳ね、月は微笑み、賛美が宇宙を満たす。全能神、終わりの日のキリストが、地上に来て、真理を語り、すべての国々と宗教を揺さぶる。選民は神様の声を聞き、神様に立ち返り礼拝する。シオンでは、神様はご自身を宇宙に向けて、ご自身の義と聖を…

どんな被造物も神の愛は持っていない

神の言葉は命に満ちていて 私達に歩むべき道を示す 神は真理とは何かを教え 私達は神の言葉に惹きつけられる 私達は神の口調に注意し始め 平凡な人の内なる声を意識し始める 神は人のため一心に働く 眠ることも、食べることもできない 神は涙を流して息をつき 人のために病み うめく 人の…

私たちは共に教会に集う

私たちは共に教会に集う 私たちは共に教会に集う それは神を愛する人々の集い。 私たちは神の言葉を飲み食いし、真理について交わり、 私たちの心は甘美さと幸福に満ちている。 過去の記憶から、私たちは悔恨と罪責感を抱いている。 互いを知った今、私たちは神の愛の中で生きる。 偏見も壁も…

終わりの日のキリストが東方に現れる

大いなる光が暗い地に現れる。 東方の稲妻が今、光を放った。 これは人の子の降臨である。 この事実についてどうして声を上げて歌わずにいられようか。 あなたは受肉された実際の神。 全能神よ、私たちはあなたをいつも讃美する。 あなたのことを声高らかに歌う。 全能神よ、私たちはあなたをい…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索