神は人の言動を密かに見ている

わたしが人間に富裕を与えるとき、人間はそれを懐で大切にせず、代わりに誰も気が付かない場所に投げ捨てる。わたしの日が人間の上に降りるとき、人間はもはやわたしの富裕を発見することも、随分前にわたしが人間に語った苦い言葉を見つけることもできない。光の明るさを失い、暗闇に陥ったので、人間は泣き叫ぶ。あなたがたが今日見ているのは、わたしの口の鋭利なつるぎに過ぎず、わたしの手にある鞭も、わたしが人間を燃やす炎も見ておらず、そのためにあなたがたはいまだにわたしの面前でも不遜で不節制なのである。そのために、あなたがたはいまだにわたしの家において、わたしが自らの口で語ったことを人間の舌で論駁し、わたしと争うのである。


人間はわたしを恐れず、今日までわたしと敵対し続けながらも、それでもまったく恐れていない。あなたがたの口には不義なる者の舌と歯がある。あなたがたの言動はイブを罪へと誘惑した蛇のもののようで、目に目を、歯には歯を互いに要求しあい、わたしの目前で地位、名声、利益を自分のためにもぎ取ろうと奮闘するものの、わたしが密かにあなたがたの言葉や行いを見張っていることを知らない。あなたがたがわたしの面前に来る以前でさえ、わたしはあなたがたの心の奥底を調べていた。


人間はいつもわたしの手に捕まることを避け、わたしの目の観察を逃れたいのだが、わたしは人間の言動から離れたことはない。代わりに、わたしはそれらの言動をわざとわたしの目に触れさせ、わたしが人間の不義さを懲らしめ、人間の反抗に審判を下せるようにする。このように、人間の密かな言動はかならずわたしの裁きの座の前にあり、わたしの裁きは人間から離れたことがない。なぜなら人間の反抗は過度だからである。わたしの働きは、わたしの霊の面前で発せられ行なわれる人間のあらゆる言葉と行いを燃やし浄化することである。こうすることで、わたしが地上を去るとき、人々はそれでもわたしへの忠実を維持することができ、わたしの聖なるしもべがわたしの働きにおいてするようにわたしに仕え、それによりわたしの地上での働きはその日が完成するまで続くのである。


『言葉は肉において現れる』の「福音を広める働きはまた人間を救う働きでもある

」より編集

前へ: 誰が神と一致するのか

次へ: 信仰を軽く扱うとどうなるか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

聖霊の働きは普通で実際的だ

聖霊の働きは普通で現実的だ 神の言葉を読んで祈るとき 心は揺るぎないものとなる 外の世界はあなたを妨げない あなたの心はとても明るくなる あなたは喜んで神を愛し 邪悪な世界を憎み良いことを好む これが神の内に生きることであり 一部の人が言うような 非常に楽しむという 非現実的な…

全能神の聖なる霊の体が現れた

全能神が栄光の体を現し 神の聖なる体が現れた 彼は神自身であり 真の神である 世界は変わり 肉もまた変わった 神の変容は神の真の姿である 金の冠を冠り 白い衣まとい 金の帯 胸に巻く 世界の万物は神の足台 神の眼は炎のようで 口には諸刃の剣 右手には七つの星 神の国の道は無…

義と全能と実践の神

永遠に唯一の真の神は 言葉で創造物に命吹き込み 神が語ったり命じるとそうなった 塵は人に変えられ 神は被造物を養い 命は天と地に満ちた 神は法を定め、奇跡をおこし 人を導き、世話をしたが 人は悪に身を任せ 汚れ堕落し、見るに見かねて 神は謙り受肉し、人を赦し 威厳を捨て、不義を背…

私たちは神に賛美を捧げて歌います

私たちは神の声を聞き 神に立ち返り 子羊の足跡を追う キリストの婚宴で 日々神の言葉を食べて飲み その水と糧で 私たちの霊は新たないのちを得る 聖霊により真理を理解し 私たちは実践の神を知る 神の国の生活は非常に豊か 神自身に導かれ、牧される 私たちは真理を実践し本分を尽くし 心…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索