言葉は肉において現れる

目次

働きと入ること(4)

人が聖霊の働きに従って本当に真理に入ることができるなら、その人のいのちは春の雨後のタケノコのように急速に成長するだろう。ほとんどの人は、現在の霊的背丈から判断すると、誰もいのちを重要視していない。それどころか人々は取るに足らない表面的な事柄を重要視している。あるいは彼らはあちこちへ突進し、どの方向に行くべきか知らないまま、ましてや誰のためかもわからないまま、焦点を絞らず、目的もなく、やみくもに働いている。彼らはただ「謙遜して身を潜めている」のである。実は、あなたたちの中には終わりの日の神の心を知っている人はあまりいない。あなたたちのほとんど誰も神の足跡を知らないし、神の最終的偉業が何になるなのかを知る人はさらに少ない。しかし、誰もが、あたかもシフトアップして[a]やっと成すべきことをやり遂げてくつろげる日を待っているかのように、純然たる意志の力によって他人からの鍛錬と取り扱いを受け入れている。わたしは人々のあいだのこうした「不思議なこと」について何の説明も提供するつもりはないが、あなたたちのすべてが理解しなければならない点が一つある。現在、ほとんどの人は異常な状態[b]に向かって進んでおり、彼らの入る歩みはすでに袋小路[c]に向かって行進している。おそらく多くの人はそれが人の待ち焦がれる「理想郷」だと考え、「自由の場所」だと信じている。実際は、そうではない。あるいは、人々はすでに正道を踏み外していると言うこともできる。しかし、人々が何をしているかに関わらず、わたしはやはり、人がいかにして入るべきかについて話したい。大衆の長所と欠点はこの話の主要な話題ではない。わたしはすべての兄弟姉妹がわたしの言葉を純粋に、正確に受け取ることができ、わたしの心を誤解しないことを希望する。

神は、香港や台湾の同胞が内地と呼ぶ中国本土で人の姿となって現れている。神が天から地上に来た時、天でも地上でも誰もそのことを知らなかった。これが、隠れた形で神は戻るという本当の意味だからである。神は人の姿となって長い間働き、生活してきたが、誰もそのことを知らなかった。今日に至ってさえ、誰もそのことに気づいていない。多分、これは永久になぞのままだろう。神が今回肉となったことは、誰もが気づけることではない。聖霊の働きがどんなに大規模で強力であっても、神はいつも冷静で、決して内心をさらけださない。あたかもこの段階の神の働きは天国で行われているかのようだと言うことができる。すべての人にとって完全に明らかであるにもかかわらず、誰もそれに気づかない。神がこの段階の働きを終える時、すべての人は長い夢から覚め、過去の態度を逆転させるだろう[d]。わたしはかつて神が、「今回人の姿となったことは虎の穴に落ちるようなものだ」と言ったことを覚えている。これが意味するのは、今回の神の働きでは神が人の姿となり、赤い大きな竜の住み家で生まれるので、今回神の地上への到来は非常な危険を伴っているということだ。神が直面するのはナイフと銃とこん棒である。神が直面するのは誘惑である。神が直面するのは殺意のある顔つきをした群衆である。神は今すぐにも殺される危険を冒している。神は確かに怒りをもって来た。しかし、神は人間を全きものとする働きをするために来た、つまり、贖いの働きの後に続く神の働きの第二部を行うために来たのである。この段階の働きのために、神は精一杯考え、配慮し、誘惑の攻撃を避けるために考えつく限りのあらゆる手段を用いており、謙虚に身を潜め、決して正体を誇示しない。人間を磔から救うことに関しては、イエスはただ贖いの働きを完成していただけで、人間を全きものとする働きはしていなかった。従って神の働きの半分しか行われておらず、贖いの働きを終えることは神の計画全体の半分でしかなかった。まもなく新時代が始まり、古い時代は遠ざかろうとしていたので、父なる神は働きの第二部を検討し始め、そのための準備を開始した。これまで、この終わりの日の受肉は予言されなかったかもしれず、従って今回神が肉となったことについて隠匿性が増す土台となった。夜明けに、誰にも知られずに神は地上に来て、人の姿で生活を始めた。人々はこの瞬間に気づかなかった。彼らはみなぐっすり眠っていたかもしれない。注意深く目を覚ましていた多くの人は待っていたかもしれない。多くの人は静かに天の神に向かって祈っていたかもしれない。しかし、これら多くの人たちすべての中で、一人として神が地上にすでに到着していることを知らなかった。神はもっと円滑に働きを実行し、よりよい結果を達成するためにこのように働いたのであり、それはさらなる誘惑を避けるためでもあった。人が春の眠りから覚める時、神の働きはそのずっと前に終わっているだろう。地上を歩き回り逗留する生活を終え、神は旅立つ。神の働きには神が自ら行動し、語ることが必要なので、また、人が手を貸すことなどできないので、神は地上に来て、自分で働きを行うために非常な苦しみに耐えた。人が神の働きの代役をつとめることはできない。従って、神は恵みの時代の危険より数千倍も大きな危険を冒し、自分の働きを行うために赤い大きな竜が住むところに降りてきて、この貧困に陥った人々の一団を救い出すために、この山のような汚物にまみれた人々を救い出すために、神の思考と気遣いのすべてを注ぎ込む。たとえ誰も神の存在について知らなくても、神が悩まないのは、知らないほうが働きのためになるからである。あらゆる人は残忍なほど邪悪なので、どうして神の存在を容認することができようか。そういうわけで神は地上ではいつも沈黙している。人がどんなにひどく残酷であっても、神はそれを苦にすることはなく、なすべき働きを行い続け、天の父に与えられたもっと大きな任務を履行する。あなたたちの誰が神の愛らしさに気づいているだろう。誰が父なる神の重荷に対して神の子以上の思いやりを示すだろう。誰が父なる神の心を理解することができるだろう。天の父なる神の霊はしばしば悩まされ、地上の神の子は心がずたずたになるほど心配して、父なる神の心のためにたびたび祈りを捧げる。父なる神のその子に対する愛を知っている者がいるだろうか。最愛の子が父なる神をどんなに恋しく思っているか知っている者がいるだろうか。天と地の間に引き裂かれて、二人は絶えず遠くからお互いの姿を注視し、霊において一緒にいる。ああ、人類よ。あなたたちはいつ神の心を思いやるのだろう。あなたたちはいつ神の心を理解するのだろう。父と子はつねに互いを頼りにしてきた。ではなぜ彼らは別れていて、一人は天に、一人は地上にいるのだろう。子が父を愛するように、父は子を愛している。ではなぜ父はそのように切望して待ち、そのように心配しながら切望しなければならないのだろう。彼らは長い間離れていたわけではなかったが、父がすでに何昼夜も不安げに切望し、愛しい子が早く戻ってくることを楽しみに待ち続けていることを誰か知っているだろうか。神は観察し、黙って座り、待つ。すべては愛しい子が早く戻ってくるためである。いつになったら彼は地上でさまよっている子と再び一緒になるのだろう。かつては一緒にいて、永遠に一緒にいるであろうにもかかわらず、どうして父と子は何千昼夜ものあいだ、一人は天に、一人は地上と別れていることに耐えることができるのだろう。何十年も地上にいることは何千年も天にいるようなものだ。父なる神はどうして心配しないでいられるのだろう。神が地上に来れば、人と同様に人間世界の多くの苦難を経験する。神自身は罪がないのに、なぜ神に人と同じ痛みで苦しませるのか。父なる神が子を熱心に切望するのは驚くに当たらない。神の心を誰が理解することができようか。神は人に多くを与えすぎる。どうしたら人は神の心に適切に報いることができるだろう。しかし人が神に与えるものは少なすぎる。したがって神はどうして心配しないでいられようか。

人々のうちほとんど一人も神の差し迫った心を理解していない。なぜなら人々の力量はあまりにも低く、彼らの霊的感受性は非常に鈍く、彼らはみな神が何をしているか気づかないし、注意を払ってもいないからである。そこで神はあたかも人の野蛮な性質が今にも突出しないかと人について心配し続ける。これはさらに、神が地上に来ることは大きな誘惑を伴っていることを示している。しかし、一団の人々を完成させるために、神は栄光に満ちて、人に何も隠さず、すべての意図を告げた。神はこの集団を完成しようと堅く決心していた。従って、困難や誘惑が来ようと、神は目をそらしてそのすべてを無視する。神は、いつか神が栄光を得た時、人は神を知ると堅く信じて、また、人が神によって完成されたとき、完全に神の心を理解するだろうと信じて、静かに自分の働きを行なう。現時点では神を誘惑したり、誤解したり、責めたりする人々がいるだろう。神はそうしたものを何も気にしない。神が栄光の中に降りていくと、人々は皆、神がすることはすべて人類の幸福のためであることを理解し、人々は皆、神がすることはすべて人類のよりよい生き残りのためであることを理解するだろう。神の到来には誘惑がつきものであり、神は威厳と怒りも伴って来る。人のもとを去るときまでには神はすでに栄光を獲得し、栄光と戻る喜びをたっぷり担って去っていくだろう。地上で働く神は人々がどんなに神を拒絶しても物事を重く受け止めない。神はただ自分の働きを行なっている。神の天地創造は何千年も前にさかのぼり、神は計り知れないほどの量の働きを行うために地上に来て、人間世界の拒絶や中傷を十分経験した。誰も神の到着を歓迎しない。すべての人は神を冷たい視線を投げやるだけである。この数千年に値する苦難の過程で、人の行動はかなり前から神の心を打ち砕いていた。神はもはや人々の反逆には注意を払わず、その代わりに人を変革し、浄化する別の計画を立てている。愚弄、中傷、迫害、苦難、磔刑の苦しみ、人による排斥など、神が肉体で経験したこと――神はこれらを十分に味わった。肉体の神は人間世界の苦難に徹底的に苦しんだ。天の父なる神の霊はずっと以前にこのような光景は耐えがたいと思い、首を反らし、目を閉じ、愛する子が戻って来るのを待った。神が望むのは、すべての人々が耳を傾け、従い、人となった神の前で大いに恥を感じ、神に逆らわないようになることだけである。神が望むのはすべての人々が神の存在を信じることだけである。大きすぎる代償を支払ってきたので、神はかなり前から人に多大の要求をすることをやめたが、人は呑気に構えており[e]、神の働きを全く心にとどめていない。

わたしが今日神の働きについて論じていることは、たくさんの「根拠のない言葉」[f]で満たされているが、人が真理に入ることとは大いに関連性がある。わたしは働きについて話したり、人が真理に入ることについて話したりしているが、どちらも不必要なものではなく、結びつけるとこれら二つはさらに人のいのちのためになる。二つは互いに補完し[g]、人々が神の心をさらに理解するのに大いに役に立ち、人々の神との関係を促進する。「働き」に関する今日の話を通して、人々の神との関係はさらに改善され、相互理解は深まり、人は神の重荷に対しいっそうの考慮を払い、気遣いをすることができる。人は神の感じていることを感じることができ、神によって変えられることについてさらに自信を持ち、神の再来を待望する。これは今日、人に対する神の唯一の要求――神を愛する人の姿を生き抜くことであり、そうすれば神の英知の結晶体の光が闇の時代にあふれるようにきらめき、人の生き方は神の働きの中に光り輝くページを記し、東洋で永久に輝き、世界から注目を集め、すべての人の称賛を受けるであろう。さらに確かなことに、今日神を愛する人々にとって、さらによい真理に入ることなのである。

脚注:

a. 「シフトアップ」は嘲って用いた表現である。

b. 「異常な状態」は、人々の入り方が逸脱していて、その経験が一方的であることを示している。

c. 「袋小路」は、人々が神の心と正反対の道を歩いていることを示している。

d. 「過去の態度を逆転させる」は、いったん神を知ると神についての人々の観念や考えがどのように変化するかに言及している。

e. 「呑気に構えており」は、人々が神の働きに無関心で、重要と考えていないことを示している。

f. 「根拠のない言葉」は、語られる言葉の源を把握することが人々には根本的にできないことを示している。彼らは何が言われているかわからない。この語句は皮肉交じりに使われている。

g. 「お互いに補完し」は、「働き」と「入ること」の二つの面が調和的に結合すれば、これはわたしたちの神に関する認識にとって非常に有益となることを示している。