真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

目次

若者と老人に向けた言葉

わたしは地上で多くのことを成し、人類の間で長年歩んできた。しかし人々はわたしの姿と性質とについてほとんど認識を持たず、わたしの働きについて十分に説明できる者は少ない。その欠乏は大きく、わたしの働きについての理解に欠けており、わたしが彼らを別の状況へと導き、彼らのことを考えもしなくなるのではないかと深く恐れ、警戒しているのだ。よって人々のわたしに対する態度は大いなる警戒心とともに、いつも生ぬるい。それは人々がわたしの働きを理解することなく今日まできたからであり、彼らは特にわたしが彼らに語る言葉に困惑している。人々はわたしの言葉を手に握りながら、信じることを固く決意すべきか、あるいは煮え切らないままに忘れ去るべきかわからないでいるのだ。人々はわたしの言葉を実践すべきなのか、待って様子を見るべきなのかわからずにいる。すべてを捨てて勇敢に従うべきなのか、あるいは今までどおりこの世の友であり続けるべきなのかわからないでいる。人々の内側の世界は非常に複雑で、そして非常に狡猾である。わたしの言葉がはっきりと見えず、また完全に見ることができないので、多くの者にとってそれを実践することは難しく、わたしの前に心を差し出すことが難しいのだ。わたしはあなたがたの抱える難しさを深く理解している。肉なる体に生きている間は多くの弱さは避けられないし、様々な客観的要因があなたがたに困難をもたらしている。あなたがたは家族を養い、日々懸命に働き、そして時間は困難の中に過ぎてゆく。肉に生きるには多くの困難を伴う。──わたしはそれを否定しないし、わたしがあなたがたに課す要求とは、あなたがたの抱える困難に即したものだ。わたしの働きに伴う要求は皆、あなたがたの実際の身丈に合ったものである。おそらく人々が過去に働いていた時には、あなたがたが課せられた要求には過剰な要素が混ぜられていたのだろうが、わたしは自らが語ることと行うことにおいて、あなたがたに過剰に要求したことは決してないということを知るべきである。わたしの要求とはすべて、人々の性質、肉、そして彼らが必要としていることに基づくものである。わたしはこれをはっきりとあなたがたに伝えることができるが、あなたがたはわたしが人々の論理的思考や元来の性質に逆らうことはしないことを知るべきである。わたしが人々に与える要求の基準が実際のところ何であるか理解せず、またわたしの言葉の本来の意味を理解していないゆえに、今に至るまで人々はなおわたしの言葉に疑念を抱き、人々の半分以下しか、わたしの言葉を信じないでいるのだ。残りは不信者であり、それ以上の数の人々はわたしが「物語を語る」のを聞きたがっている。しかも、多くの人々がそれを娯楽と捉えている。わたしはあなたがたに注意を与える。わたしの言葉の多くはすでにわたしを信じる者に開かれており、神の国の美しい景色を楽しみながらもその門の外に置かれている人々はわたしによってすでに除外されている。あなたがたはわたしに嫌われ拒まれる、ただの毒麦にすぎないのではないか。わたしを送り出しておきながら、わたしの帰りを喜んで迎えるなど、なぜできたのか。わたしはあなたがたに言う。ニネベの人々はヤーウェの怒りの声を聞いた後、すぐにぼろ布をまとい灰の中で悔い改めたのだ。それは、彼らは神の言葉を信じたからであり、ゆえに恐れおののいてぼろ布と灰の中で悔い改めたのだ。そして今日の人々もわたしの言葉を信じながらも、そしてより多くがヤーウェが今日ふたたびあなたがたの間に来られたことを信じながらも、あなたがたの態度は不遜以外の何ものでもない。まるでユダヤに何千年も昔に生まれたイエスがあなたがたの只中に降りてきたのを観察しているかのようだ。あなたがたの心の中にある欺瞞をわたしは深く理解している;あなたがたのほとんどは好奇心からわたしに従い、空虚からわたしを求めて来たのだ。あなたがたの第3の希望──平和で幸せな人生という願い──が叶わなかった時、あなたがたの好奇心は消散する。あなたがた一人ひとりの心の内にある欺瞞は、あなたがたの言葉と行いを通して明るみに出る。率直に話すならば、あなたがたはただわたしに対して好奇心を持っているだけで、恐れてはいない。あなたがたは言葉に気をつけず、行動を抑えることはさらにない。そうであれば、あなたがたの信仰とはどうなのか、本当のところ。純粋なものなのだろうか。あなたがたはわたしの言葉を単に心配をなくし、退屈を軽減するために利用しているにすぎない。あなたの空虚な空間を埋めるために。あなたがたのうちの誰がわたしの言葉を実践したのか。誰が純正な信仰を持っているのか。あなたがたは、神は人々の心を深く見通す神であると叫び続けているが、あなたがたが心に叫んでいる神はわたしとどう互換性があるのか。このように叫んでいるなら、なぜそんな風に行動するのか。そういった愛でわたしに返済しようとしているということなのだろうか。あなたがたの唇は非常に大きな献身が語られているのだが、あなたがたの実際の捧げ物は、そして良き行いはどこにあるのか。わたしの耳に届くあなたがたの言葉がなければ、わたしはどうあなたがたをこれほど憎むことができようか。あなたがたがわたしを真に信じるのならば、なぜそのような苦痛の状態に陥ることができるのだろうか。あなたがたはまるで地獄で裁判を受けているかのような、落ち込んだ表情を浮かべている。活力がなく、内なる声について弱々しく語っており、実は文句と呪いの言葉で満ちているのだ。あなたがたはとうの昔にわたしの働きについて信頼を失っており、元来持っていた信頼も消え去った。それでどのように最後まで従うことができるのか。そのようなやり方でどのように救われることができるのか。

わたしの働きはあなたがたにとって助けとなるものだが、わたしの言葉はいつもあなたがたの元で失われ、あなたがたの内には何も残らない。わたしによって完全なものとされるべき対象を見つけることは難しく、今日わたしはあなたがたへの希望を失いかけている。何年もかけてわたしはあなたがたの間に探してきたが、腹心を見つけることは難しい。わたしはあたかも、自らの内にもうあなたがたと共に働く自信がないかのような、そしてあなたがたを愛し続ける愛がないかのような気持ちがする。それはわたしが昔、あなたがたの小さく哀れな業績にうんざりしたからである。それはまるでわたしがあなたがたに語りかけたことがなく、あなたがたの間で働いたこともないかのようなものだ。あなたがたの業績には吐き気がする。──あなたがたは常に信用を失い、ほぼ無価値なのだ。あなたがたには人間らしさや人間の香りといったものが見つけられない。あなたがたの新鮮な香りはどこへ行ったのか。あなたがたが何年もかけて支払ってきた代価はどこへ行ったのか、それで得た結果はどこなのか。あるいは見つけられないのか。わたしの働きは今、新たな始まりを迎えている。新たなスタートだ。壮大な計画を執行し、より大きな働きを発展させたい。しかしあなたがたは未だ、過去の汚れた水のなかで生き、元来の苦境を実際に脱ぎ捨てることなく、これまでのように泥の中でもがいている。よって、あなたがたは未だにわたしの言葉から何も獲得していない。もといた泥と汚水の場所から抜け出ておらず、わたしの言葉を知っているだけで、実際にわたしの言葉の自由の領域には入っていない。だからわたしの言葉はあなたがたに決して開かれておらず、何千年も封印された預言書のようになっているのだ。わたしはあなたがたの生活の中に現れるが、あなたがたはそれを知らず、わたしにも気づかない。わたしの語る言葉の半分はあなたがたに対する裁きであり、さらにその半分しか効果がないのであなたがたは注意散漫になる。残りの半分は人生についてあなたがたに教え、どのように振る舞えばよいか教えるものであるが、それはまるであなたがたにとって存在しないかのようであり、あなたがたはそれに対しあたかも遊んでいる子どもの言葉を聞くようにヴェールをかけたような笑みを浮かべ、そして何もしないのだ。こういったことについてあなたがたは心を砕いたこともない。あなたがたはわたしの行動を好奇心から眺めてきたので、今やあなたがたは暗闇に落ち、光を見ることができない。──暗闇で哀れっぽく泣いているのである。わたしがあなたがたに望むのは従順、あなたがたの無条件の従順、そしてさらにわたしが要求するのは、あなたがたがわたしが語ることすべてに確信を持つことである。あなたがたはわたしの言葉と働きに対して無視するような態度を取るべきではないし、特にわたしの言葉に向き合うのに選り好みすべきでなく、ましてや常に無関心でいるべきではないことは言うまでもない。わたしの働きはあなたがたの只中で行われ、わたしはわたしの言葉の多くをあなたがたに与えてきた。しかしもしあなたがたがわたしに対してこのようにごまかそうとするのであれば、わたしは、あなたがたが獲得もせず実行にも移していないものを異邦人の家族に渡してしまうだけだ。被造物の中でわたしの手にないものなどあるだろうか。あなたがたのほとんどは「熟した老年」であり、わたしのこの種の働きを受け入れる精力がないのである。あなたがたはハンハオ鳥[a]のように、なんとかやり過ごしているだけであり、わたしの言葉を真剣に扱ったことはない。若者は極めて虚栄心が強くひどく甘やかされており、わたしの働きにはさらに注意を払わない。彼らはわたしの晩餐会のご馳走を楽しむ気分ではないのだ。まるで鳥かごから出て、遠くへ飛び立っていった小さな鳥のようだ。このような若者あるいは老人がどのようにわたしにとって有益になるだろうか。年老いた者たちは、死んだ後に魂は天国に行けるようにとわたしの言葉を墓に行くまで年金のように利用する。それで十分なのだ。そういうわけで今のところ、彼らは「大志」を大事にし、「とても自信がある」のである。彼らはわたしの働きに対して忍耐深く、また難攻不落の要塞のように誰によっても引きずられることなく、誰によっても何によっても打ち負かされることのない老人の魂のように厳格で揺るぎないが、この人々の信仰は死体のような迷信的精神に満ちているのではないのか。彼らの道はどこにあるのか。彼らにとってその道は長く、遠すぎるのではないか。彼らはどのようにわたしの心を知ることができるか。その自信が賞賛に値するものであったとしても、この老人たちのうちの何人が混乱の道を進んでいるのではなく、いのちを求めているだろうか。何人がわたしの働きの真の意味を本当に理解しているだろうか。今日この世でわたしに従って近い将来ハデスに落ちず、わたしに別世界へと導かれることが目的でないものなどいるだろうか。あなたがたは自分の終着点がそんなに単純なことだと思っているのか。あなたがた若者は若いライオンのようだが、心に真の道を持っているものはほとんどいない。あなたがたの若さは、わたしの働きをさらに得ることはできないが、いつもわたしをうんざりさせる。あなたがたは若いが、活力がないか、あるいは野心に欠けている。自分の将来に対してもいつも漠然としている。まるで関心がなく、また気がめいっているかのようだ。若者に見られるべき活力や理想、あるいは態度といったものがあなたがたにはまったく見つからないとも言えるだろう。あなたがたのような若者には姿勢といったものがなく、正邪、善悪、そして美しさと醜さとを見分ける能力がない。あなたがたの内に何か新鮮なものを見出すことはできない。あなたがたはほぼ完全に旧式であり、あなたがたのような若者は流れに従うよう学んでおり、分別を欠くようになっている。あなたがたは決して何が正しく何が間違っているかをはっきり区別することができず、物事の何が真理で何が偽善かを見分けることができず、優れたもののために努力することが全くできない。あなたがたは何が正しいか正しくないかを理解できず、そして何が真理で何が偽善かもわからないのだ。あなたがたの内には、老人の内にあるものよりもより多く、さらに深く宗教の気配が残っている。あなたがたは高慢で無分別であり、とても競争心が強く、その侵略性は深刻である。──このような若者がどのように真理を持ちうるだろうか。姿勢を保てないものがどのように証に立つことができようか。善悪を見分ける能力を持たない者がどうして若者と呼ばれることができようか。若者らしい活力や気力、新鮮さ、冷静さや堅実さを持たない者がどうしてわたしの従者と呼ばれうるだろうか。真理や正義感を持たず、むしろ戯れや争いを好む者がどうしてわたしの証人に値するだろうか。欺瞞や人々への偏見に満ちた目は若者が持つべきものではないし、破壊的で忌まわしい行動をとるものは若者ではない。若者は理想や大志、進歩に対する熱心な性質を欠いているべきではない。前途について落胆したり、人生に希望を失ったり、あるいは将来への自信を失ったりすべきではない。若者は、人生のすべてをかけてわたしに従いたいという願いを実現させるべく自らが選んだ真理の道を進み続ける忍耐力を持つべきである。真理を失うことなく、あるいは偽善や不義を隠すことなく、ふさわしい姿勢に硬く立つべきである。ただ流れに身をまかせるのではなく正義と真理のために身を捧げ戦う強い精神を持つべきだ。若者は暗闇の力の圧迫に屈服することなく、自らの存在の意味を変える勇気を持つべきである。若者は逆境の中で諦めるのではなく、赦しの精神をもって兄弟姉妹に対して開放的かつ率直であるべきだ。もちろんこれらは、わたしの皆に対する助言でもあり、また皆に対する要求でもある。さらには、これらはすべての若者に対するわたしのなだめの言葉である。わたしの言葉に従って実行すべきである。特に若い人々は問題にあたり分別を持つことと、正義と真理とを求めることに対する決意がなくてはならない。あなたがたが追い求めるべきはすべての美しいものと善なるものであり、人生に対して責任を持つだけでなく、すべての良いものの実質を獲得すべきだ。──それを軽んじてはならない。人々は地上に来て、わたしに出会うことは稀であるが、真理を追い求めて得る機会を持つこともまた稀である。なぜこの人生で追い求めるべき正しい道として、この美しい時を尊ばないのか。そしてなぜあなたがたはいつも真理と正義に対して軽蔑的なのか。なぜあなたがたはいつも、人々を弄ぶ不義と汚れのために自らを踏みにじり、破滅させているのか。そしてあなたがたはなぜ老人のように不義の者がする行いに自らを投じているのか。なぜ古いものの古いやり方を真似するのか。あなたがたの生活は正義と真理と聖さに満ちているべきだ。そんなにすぐに堕落し、ハデスに落ちるべきではない。そんなことはあまりにも不幸だとは思わないか。そんなことはあなたがたにとってあまりにも不公平だと思わないのか。

あなたがたは皆、自分のまったく完璧な働きをし、あなたがたがわたしに差出せる最善かつ唯一の捧げ物としてわたしの祭壇に捧げるべきである。自分の姿勢を硬く保ち、空の雲のように風が吹くたびに揺れることのないようにすべきだ。人生の半分を自分のために一生懸命に働くのだから、なぜあなたがたが得るべき終着点を求めないのか。一生の半分を骨折って過ごすのに、豚や犬のような両親が真理とあなたがたの人生の意味とを墓まで引きずっていくことを許すのか。あなたはそんなことは無価値だと感じないか。そのように生きることはまったく意味のない人生だと思わないか。このような方法で真理と正しい道とを求めるなら、結果として問題を起こし、隣人は不快に思い、家族みんなが不幸になり、致命的な災難を引き起こす──こんな風にあなたがなることは最も意味のない人生ではないだろうか。あなたの人生よりも誰の人生がより幸運か、そしてあなたの人生よりも誰の人生がより馬鹿げたものになりうるか。あなたがわたしを求めることは、わたしの喜びを得、あなたのための慰めの言葉を得るためではないのか。しかしあなたが人生の半分を走ったところで、怒りに満ちるまでわたしを怒らせ、あなたにもはや構うことなく賞賛もしないとなるのなら、それはあなたの人生すべてが虚しいということにならないだろうか。そしてあなたはどうして、苦行から解放された歴代の聖者たちにぬけぬけと会いに行くなどできようか。あなたはわたしに無関心で、最後には致命的な災難を引き起こす。──この機会を生かし、広い海を喜んで旅し、そしてわたしの「任命」に耳を傾けるほうが良いのではないか。わたしはずっと前にあなたがたに伝えた。無関心でしかし出発しようともしない今日のあなたは最後には、わたしが起こす波に囲まれ、飲み込まれるであろうということを。あなたがたは本当に自分を守れるのか。あなたは自分の現在の追求方法が確実にあなたを完全な者にするという自信が本当にあるのか。あなたの心は頑なになっているのではないか。このような従い方、このような追い求め方、このような人生とこのような性質が──それがどのようにわたしの賞賛を得られるというのか。

脚注:

a. ハンハオ鳥の物話はイソップ寓話のアリとキリギリスの話によく似ている。ハンハオ鳥は天気が暖かな時に巣を作ることをせずに眠ることを選ぶ。──隣人のカササギの忠告にも関わらず。冬が来ると、ハンハオ鳥は凍え死んでしまう。