全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第二十六章

わたしの息子たちよ、わたしの言葉に注意を払い、わたしの声に静かに耳を傾けなさい。そうすればわたしはあなたに啓示を与える。わたしの中で静まりなさい。わたしはあなたの神、あなた方の唯一の贖い主であるのだから。あなた方はいかなる時も心を静め、わたしの中で生きなければならない。わたしはあなたの岩、あなた方の支えである。別の心を持たず、一心にわたしに拠り頼みなさい。そうすれば、わたしは必ずあなたがたに現れるだろう――わたしはあなた方の神である。ああ、疑い深いものたち。彼らは決して固く立つことができず、何も獲得しないだろう。あなたは今がどういう時であるかを知らなければならない。どんなに重要な時であるかを。それは何と重要な点であることか。役に立たない物事のために慌ただしくしてはならない。すぐにわたしに近づき、わたしと交わりなさい。そうすればわたしはあなた方にすべての奥義を明らかにするだろう。

あなたは聖霊が教えるすべての言葉に耳を傾けなければならない。道端でそれらを落としてはならない。あなたは幾度もわたしの言葉を聞いたが、それらを忘れてしまった。ああ、軽率な者たちよ。あなたは非常に多くの祝福を失った。注意深く耳を傾け、わたしの言葉に注意を払い、もっとわたしと交わり、わたしに近づきなさい。わたしはあなたが理解していないことは何であれあなたに教え、あなた方を進むべき道へ導く。今は文字や教義を説く者たちが多くいて、ほんとうにわたしの現実を持っている者たちは極僅かなので、他の人々と交わることにあまり注意を払ってはならない。彼らの交わりを聞けば、あなたは混乱し、麻痺してしまい、どのように進めば良いか分からなくなるだろう。たとえ彼らに耳を傾けていても、文字や教義についてもう少し理解するようになるだけである。あなた方は自分の歩みに注意し、自分の心を守らなければならない。そして常にわたしの前に生き、わたしと交わり、わたしに近づかなければならない。そうすれば、わたしはあなたが理解しないことをあなたに見せるだろう。あなたは自分が言うことに気をつけ、自分の心を常に注意深く見張り、わたしが歩む道を歩まなければならない。

もう長くはないが、まだ少しは時間が残っている。早くわたし以外のすべてのものを捨て、わたしに従って来なさい。わたしはあなた方をぞんざいに扱うことはない。あなた方は幾度となくわたしの行為を誤解したが、どんなにわたしがあなたがたを愛しているか知っているか。ああ、あなたがたはわたしの心をどうしても理解しない。過去にあなた方がどんなに疑おうが、どれだけわたしに負い目があろうが、わたしはそれを思い出さない。それでもわたしは、あなた方が前進し、わたしの旨に沿って行動することができるように、あなた方を選んだ。

今は遅れを許さない時である。これからあなた方が別の意図を持つなら、わたしの裁きがあなた方の上に降りかかるだろう。あなた方が一瞬でもわたしから離れるなら、あなたがたはロトの妻のようになるだろう。聖霊の働きのペースは今やスピ-ドを増しており、新しい光について行くことができない者たちは危険にさらされている。見張り続けない者たちは見捨てられるだろう。あなたは自分自身を守らなければならない。あなたの周りの環境にあるすべてのものは、わたしの許しによってそこにあり、わたしがそのすべてを定めることを、あなたは知るべきである。わたしがあなたに与えた環境の中で、明確に見極め、わたしの心を満足させなさい。恐れてはならない。万軍の全能神が必ずあなたと共にいるのだ。神はあなたのしんがりとなり、神はあなたの盾である。今日、人々はあまりにも多くの観念を持っており、それ故わたしは、他の人々が軽蔑する者たちを通してのみわたしの旨を表現することができる。うぬぼれており、独善的で、傲慢で、尊大で、野心的で、人を見下す者は恥じ入るだろう。あなた方がわたしの重荷に心から配慮を示す限り、わたしはあなたがたのためにすべてを整える。ただわたしについて来なさい。

前へ:第二十五章

次へ:第二十七章

他のお気に入り

  • 第二十六章

    誰がわたしの家に住んだのか。誰がわたしのために立ち上がったのか。誰がわたしのために苦しんだのか。誰がわたしの前で誓ったのか。誰が今までわたしに従い、それでいて無関心にならなかったのか。なぜ人間はみな冷たく無情なのか。なぜ人間はわたしを捨てたのか。なぜ人間はわたしに飽いたのか。なぜ人間の世界には何の温…

  • 神の三つの段階の働きを認識することは神を認識する道である

    人類を経営する働きは三つの段階に分けられるが、それは人類を救う働きが三つの段階に分けられることを意味している。これら三つの段階には、天地創造の働きは含まれず、むしろ、律法の時代、恵みの時代、そして神の国の時代の三つの段階の働きのことである。天地創造の働きは、人類全体を作り出す働きであった。それは人類…

  • 七つの雷が轟く──神の国の福音が宇宙の隅々まで広まることを預言

    わたしは異邦人国家にわたしの働きを広めている。全宇宙にわたしの栄光は閃く。わたしの心は星のように散らばる人々の中に現れ、みなわたしの手によって誘導され、わたしが与えた作業をしている。この時点からわたしは新しい時代へと入り、全ての人々を別の世界へ連れて行く。わたしが自分の「故郷」へ戻ったとき、わたしの…

  • あなたがたは自分の行いを考慮すべきである

    あなたがたの生活における行いから判断すると、あなたがたは皆、あなたがたに与え、あなたがたを満たしてくれる言葉の一章を毎日必要としている。というのは、あなたがには欠けているものが余りにも多く、あなたがたの認識と受け取る能力はあまりにも乏しいからである。あなたがたは日常生活の中で、真理も良い理性もない雰…