人が過ちから立ち返るとき神は慰められる

たとえ神が人をいかに扱い、憎み、忌み嫌っても、人が回心できる時が来れば、神は大きな慰めを得るでしょう。それは、人の心の中に神の居場所がわずかに残っていることを示し、人が人間の理知と人間らしさの全てを失ったわけではなく、まだ神を信じ神を認めて神のもとへ立ち返る意志があることを意味します。神の家を離れたものが誰であれ、もしその人が戻り、心の中にまだこの家があるなら、神は少し感傷的に愛着を抱き、いくぶん慰めを得ます。しかしその人が二度と戻らないなら、神はそれを残念に思うでしょう。もし戻って、心から神を信じるようになれれば、神の心はとりわけ喜びに満たされるでしょう。


恵みの時代、主イエスは人類に憐みと恵みを持ちました。百頭の羊のうち一頭でも迷えば、主は九十九頭を残してその一頭を探します。この言葉は機械的な方法でも、規則でもなく、むしろ人に対する神の意図、人を救おうという神の切実な思い、人への深い愛を示しています。人類への神の愛は物事の作法ではなく、一種の性質、一種の心理です。それ故、人にどれほど多くの弱みと誤解があっていても、目を覚まし、理解し、回心すれば、神はとりわけ慰められます。この歓楽の世界、悪しき時代に、しっかり立って神を認め、正しい道に戻ることができることは、人の心に大きな慰めと感激をもたらします。


『キリストの言葉の記録』より編集

前へ: 神はできるだけ多くの人々を救いたいと願っている

次へ: 人を救う神の意図は変わることがない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

どんな被造物も神の愛は持っていない

神の言葉は命に満ちていて 私達に歩むべき道を示す 神は真理とは何かを教え 私達は神の言葉に惹きつけられる 私達は神の口調に注意し始め 平凡な人の内なる声を意識し始める 神は人のため一心に働く 眠ることも、食べることもできない 神は涙を流して息をつき 人のために病み うめく 人の…

全能神の聖なる霊の体が現れた

全能神が栄光の体を現し 神の聖なる体が現れた 彼は神自身であり 真の神である 世界は変わり 肉もまた変わった 神の変容は神の真の姿である 金の冠を冠り 白い衣まとい 金の帯 胸に巻く 世界の万物は神の足台 神の眼は炎のようで 口には諸刃の剣 右手には七つの星 神の国の道は無…

誰が神の心を理解できるだろう

地にいる神は常に黙し 人のどんな酷い行いも心にとめず 父に託された業を全うするのみ 誰が神の素晴らしさに気づくだろう 神の子以外の誰が父なる 神の重荷を気にかけその意志を知るだろう 人類よ いつになれば神の心を思い 神の意図を理解するのか 神は地に来て 人の世の苦難を受ける …

人の子が現れた

世界の東から一筋の輝く光が現われ 西の果てまで照らす 人の子が地に降臨した 全能神である救い主が戻って 真理を表し 新時代を始めた 人の子が現れ 神が来た 神は人類に永遠のいのちの道をもたらす 新しい天と地 新しい時代と人間 新しい道と生活 新しいエルサレムが地に降臨…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索