全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第三十九章

あなたの目を開いて見回してみなさい。そうすれば、わたしの偉大な力をどこにでも見ることができるだろう。あなたはどこにいてもわたしのことを確信できるだろう。宇宙と広大な大空がわたしの大いなる力を拡大している。わたしが語った言葉は、天候の温暖化において、気候変動において、人々の異常と社会的原動力の無秩序、そして人々の心の欺瞞において、すべて現実となった。太陽は白くなり、月は赤くなり、すべてが混乱している。あなた方にはまだこれらのことが見えないのか。

そこには神の大いなる力が現されている。彼こそが、人々が長年追い求めてきた唯一の真の神―全能者であることは、疑う余地が無い。誰がまず最初に語り、それから、ものごとを生じさせることができるだろうか。わたしたちの全能神だけである。彼が話すやいなや、真実はすぐに現れる。彼が真の神であると、言えないことなどあろうか。

あなた方がみな喜んでわたしに協力したいと思っていることを、わたしは心の奥底で知っている。また、わたしの選んだ者たち、わたしの愛する兄弟姉妹たちのすべてがこのような大志を持っていると信じている。しかし、あなたはどうしても入ること、実践することができず、現実の出来事に遭遇したとき、冷静に落ち着いたままでいることができない。あなた方は決して神の考えを尊重することがなく、自分の個人的な利益を優先して、最初に前に出る。あなた方に言っておくが、これでは決してわたしの心を満足させることはない。子よ。ただあなたの心を全部わたしに捧げなさい。はっきりと知りなさい。わたしはあなたのお金も、あなたの物もいらないし、あなたが熱心に、欺瞞的に、または狭い心でわたしの前に来て奉仕することも望んではいない。問題が起こるときは、静まり、純粋な心を持ち、待ち望み、求めなさい。そうすれば、わたしはあなたに答えを与えよう。疑ってはならない。なぜあなたは、わたしの言葉が真実であることをどうしても信じないのか。どうしてわたしの言葉が信じられないのか。ある程度頑固で、今の時点、このようでは、あなたはあまりにも無知であり、まったく啓かれていない。どれほど鍵となる真理をあなたは覚えているのか。あなたは本当にそれを経験したのか。あなたは問題に遭遇すると、混乱してしまい、向こう見ずに早急に行動する。今日主要なことは、あなた方の心が時々問題のことを考えるのと同じように、あなたが霊の中に入り、わたしともっと交わることである。分かるか。これが鍵である。実践が遅れることは本当に問題である。急ぎなさい。遅れてはならない。わたしの言葉を聞いて、遅れず直ちに実践する人たちは、大いに祝福されるであろう。わたしはあなた方に二倍のものを授けるであろう。思い煩ってはならない。一秒の遅れもなく、わたしが言うように行動しなさい。あなた方の人間の観念がいつもそうであるように、あなた方はものごとを先延ばしにし、今日為すべきことをいつも明日まで遅らせている。何と怠け者で不器用なことか。言葉では表せないほどである。それは過言ではなく事実である。それが信じられないなら、慎重に自分自身を吟味し、自分の状況を検証してみなさい。そうすれば、あなたはそれが本当にそうであることを発見するだろう。

前へ:第三十八章

次へ:第四十章

他のお気に入り

  • 神の働きと人間の実践

    人間の間で為される神の働きは、人間から切り離すことができない。なぜなら、人間はこの働きの対象であり、神によって造られたもののうち、神を証しすることができる唯一の創造物だからである。人間の生活と人間のあらゆる活動は、神から切り離すことができず、すべて神の手によって支配されており、神から独立して存在でき…

  • 招かれる者は多いが、選ばれる者は少ない

    わたしは地上において、わたしの追随者となるように多くの人々を求めてきた。これら追随者の中には、祭司として仕える人々、先導する人々、子となる人々、民を形成する人々、奉仕をする人々がいる。彼らがわたしに見せる忠実により、わたしは彼らをこれら異なる種類に分ける。すべての人々がそれぞれの種類に従って分類され…

  • 七つの雷が轟く──神の国の福音が宇宙の隅々まで広まることを預言

    わたしは異邦人国家にわたしの働きを広めている。全宇宙にわたしの栄光は閃く。わたしの心はあちこちに散らばる人々の中に現れ、みなわたしの手によって誘導され、わたしが与えた作業をしている。この時点からわたしは新しい時代へと入り、全ての人々を別の世界へ連れて行く。わたしが自分の「故郷」へ戻ったとき、わたしの…

  • 贖いの時代における働きの内幕

    六千年にわたるわたしの経営(救いの)計画全体は、三つの段階、あるいは時代から成る。まず律法の時代、次に恵みの時代(贖いの時代でもある)、そして最後に神の国の時代である。これら三つの時代におけるわたしの働きは、各時代の性質によって異なるが、それぞれの段階で人の必要性に対応している、というよりむしろ、わ…