言葉は肉において現れる

目次

三十八番目の言葉

人類の歴史には、初めから今に至るまで、わたしの姿があったことはなく、わたしの言葉が指導力を発揮したこともなかったので、わたしはいつも距離を置いて近づかないようにしており、その後彼らから離れた。わたしは人類の不服従を軽蔑する。なぜかはわからない。最初から人を憎んでいたようだが、彼らに深く同情もしている。そのため人はわたしを二つの心で見る。わたしが人を愛し、かつ憎んでいるからである。わたしの愛に本当の理解を示す人が人々の中にいるだろうか。そして誰がわたしの憎しみを理解できるだろう。わたしの目に映る人々は、死物で、生命に欠け、まるであらゆる物の中に立っている粘土の像のようだ。時々、人の不服従はわたしの怒りを引き起こす。わたしが人々と共に暮らしていた時、わたしが突然現れると、彼らは薄笑いを浮かべたものだった。なぜなら、彼らはわたしが地上で彼らと遊んでいるかのように、いつもわたしを意識して探していたからである。彼らは決してわたしを真剣に受け止めないので、彼らのわたしに対する態度のせいで、わたしは人類の「代理人」から「退く」ほかなかった。「退いた」とはいえ、わたしの「年金」は一円も欠けていないはずであることを明言したい。わたしは人類の「代理人」の「先駆者」なのだから、わたしが受け取るべき支払いを彼らに要求し続ける。人はわたしから離れたが、彼らはわたしの支配から逃れることなどできはしない。わたしはある程度彼らに対する支配の手を緩め、肉体的願望にふけることを許しているので、彼らは遠慮がなくなり、大胆にも抑えがきかなくなった。彼らは肉の中に生きていたのでわたしを心からは愛していなかったことがわかる。ひょっとして肉から真の愛が得られるのだろうか。ひょっとしてわたしが人に求めるすべては肉の「愛」なのだろうか。もしこれが本当なら、人はどんな価値を持っていると言うのだろう。彼らは皆価値のないゴミではないか。わたしの辛抱強い「超自然的力」がなければ、わたしはずっと前に彼らから離れていただろう――なぜわざわざ彼らのもとに留まって、彼らが「威張り散らす」のを受け入れるのか。しかし、わたしは我慢した。わたしは人の問題の本質に迫りたかったのだ。地上での働きが終わったら、わたしは高い空に昇り、万物を「支配する者」を裁く。これがわたしの主要な働きなのである。すでに人をかなり軽蔑しているからである。敵を憎まない人がいるだろうか。敵を絶滅させたくない人がいるだろうか。天では、サタンがわたしの敵であり、地上では人がわたしの仇である。天と地は繋がっているので、彼らは9世代にわたり連座して同罪と見なされるべきであり、誰も許されないだろう。誰が彼らにわたしに抵抗せよと言ったのだろう。誰が彼らにわたしに従うなと言ったのだろう。なぜ人は古い性質から解き放たれることがないのだろう。彼らの肉体がいつも内部で増殖しているのはなぜだろう。こうしたすべてはわたしが人に審判を下す証拠である。敢えて事実に屈服しない人がいるだろうか。わたしの審判は感情に左右されていると敢えて言う人がいるだろうか。わたしは人とは違うのだから彼らからは離れた。わたしは絶対に人間ではないからである。

わたしが行うことはすべて、ある理由のためである。つまり、人がわたしに「真実」を「明らかにする」時、わたしは彼らに付き添って「処刑の場所」に行く。人間の罪はわたしの懲罰に十分値するからである。だから、わたしはむやみに人々を罰したりはしない。むしろ、彼らに対するわたしの懲罰はいつもその罪の事実にふさわしいものである。さもなければ、人類はわたしに向かって頭を垂れて罪を認めることなどしないだろう。反抗心を持っているからだ。人々は皆その場の状況に応じて仕方なく頭を垂れるが、心の中では納得していない。わたしは人々に「バリウム」を飲ませるので、彼らの内臓はレントゲンのようにはっきりと見える。人のお腹の中にはゴミや不純物が根絶されないまま残っている。さまざまな種類のゴミが静脈を流れているので、中の毒が増加する。人は長い間このような生き方をしてきたので、それに慣れてしまい、おかしいと思わない。その結果、体内の病原菌が成熟し、人々の本質になり、誰もがその支配下で暮らす。人々が野生馬のようになり、「そこら中走り回る」のはそのためである。しかし、彼らはこのことを決して全面的には認めず、ただうなずいて「納得した」と示すだけで、実はわたしの言葉をまじめに聞き入れていない。彼らがわたしの言葉を療法として受け止めるなら、「医者の命令に従う」ように従うだろう。そして体内の病気を治す療法を受け入れるだろう。しかし、わたしは内心、彼らの振る舞いを見ると、この望みは満たされないだろうと思っている。そこでわたしはただ「ぐっとこらえて」彼らに語り続けるしかない。彼らが耳を傾けようが傾けまいが、わたしは自分の義務を果たすだけである。人はわたしの恵みを享受しようとせず、地獄の苦痛を受けようとするので、わたしは彼らの要求に従うだけである。しかし、わたしの名前と霊が地獄で辱められないために、わたしはまず彼らをしつけ、次に彼らの希望に「従い」、彼らが「心からの喜び」を経験できるようにする。人がいつでも、どこでも、わたし自身の旗印を掲げてわたしを辱めるのを許すつもりはない。したがってわたしは彼らを繰り返ししつける。わたしが語る厳しい言葉の抑制がなければ、どうして人は今日まだわたしの前に立っていられるだろう。わたしが去ってしまうのを恐れるからという理由だけで人々は罪を犯さないのか? 懲罰を恐れるからという理由だけで人々が不平を言わないのは本当だろうか? わたしの計画のためだけだなどというのは、誰の意志なのだろう? 人々は皆、わたしが「本当の知性という本質」に欠ける神であると考えているが、わたしが人間のすべてを見通せることを誰が理解できるだろう? まさに人々が次のように言うとおりである。「小さい釘を打つのに、なぜ大ハンマーを使うのか」と。人がわたしを「愛する」のは、彼らの愛が持って生まれたものだからではなく、懲罰を恐れているからである。人々の中で生まれつきわたしを愛する者がいただろうか。わたしを自分の心のように取り扱う者がいるだろうか。そこでわたしは人間世界に関してこのことを最大限次のように要約する。人々の中でわたしを愛する者は誰もいない。

地上での働きを終わらせたいので、人がわたしからはるか遠くに投げ飛ばされ、果てしない海に落ち込まないように、わたしはこの働きの速度を速めている。わたしが状況の現実を前もって語っていたので、彼らは多少警戒しているからだ。そうでなければ、激しい風や波に直面しそうなときに帆を上げる人がいるだろうか。人々は皆警戒しながら仕事をしている。彼らの目にはまるでわたしが「泥棒」になったかのように映っている。彼らはわたしが彼らの家にあるすべての物を取り上げるのを恐れて、皆あらん限りの力を出して「入口の扉」を塞ぎ、わたしが突然押し入ってくるのを死ぬほど恐れている。彼らが臆病なネズミのように振る舞うのを見ると、わたしは黙って去る。人々は、「この世の終わりの日」が近づきつつあるように空想し、皆混乱し、怖くて何もできず逃げまどう。わたしの目には、その時初めて幽霊が世の中を徘徊しているのが見える。わたしは笑わずにはいられず、その笑い声を聞いて人は驚き、おびえる。その時、わたしは真実を悟り、笑いを抑え、もはや世界を見渡さず、本来の計画に戻る。わたしはもはや人をモデルとはみなさず、わたしの研究の標本にもしないだろう。なぜなら彼らは屑にすぎないからである。いったんわたしが捨てたら、彼らはもはや使い道がない――彼らはごみの破片である。この時点で、わたしは彼らを取り除き、火の中に投げ入れるだろう。人の考えでは、わたしの審判と尊厳と怒りの中には慈悲と親愛が含まれている。しかし、わたしが長い間、彼らの弱点を見逃し、ずっと以前に慈悲と親愛は撤回し、そのため、彼らが現在の状態に至っていることを彼らはまったく知らないのだ。誰もわたしを知ることはできないし、わたしの言葉を理解することも、顔を見ることもできず、わたしの意志を理解することもできない。これが人の現在の状態ではないだろうか。それならどうしてわたしに慈悲あるいは親愛の心があると言えるのだろう。わたしは彼らの弱点には関心がないし、不適当な点を「考慮してやる」ことはない。それでもこれがわたしの慈悲と親愛の心なのだろうか。そしてそれでも彼らに対するわたしの愛なのだろうか。人々は皆、わたしが話す内容を慣習上フィルターにかけていると信じている。そこで彼らはわたしが話す言葉を信じない。しかし、誰が次の文を理解するだろう。「時代が違うので、今はわたしの慈悲と親愛の心は存在しない。しかし、わたしはいつも語るとおりに行う神である。」わたしは人類の中におり、彼らは心の中でわたしをいと高き神と見ているので、彼らはわたしが英知を使って話すのが好きなのだと信じている。したがって、人はいつもわたしの言葉を話半分にしか聞かない。これでは、誰がわたしの話の裏にある規則を理解できるだろう。誰がわたしの言葉の奥にある意味を把握できるだろう。誰が実際にわたしの成し遂げたいことを推測できるだろう。誰がわたしの救済計画の結論を詳細に予測できるだろう。誰がわたしの友人になれるだろう。とりわけ、わたし以外に、わたしが行っていることを正確に理解できる者がいるだろうか。そして、誰がわたしの最終目的を知ることができるだろう。

1992年4月30日