言葉は肉において現れる

目次

十番目の言葉

神の国の時代は、結局のところ、古い時代とは異なっている。これは人間の行いとは関わりがない。すなわち、わたしは地上に降りた後、自分で働きをする──人間が考えも成し遂げもできない働きを。世界の創造から今日まで、この長い間、問題はいつも教会を建てることであったが、国を建てることは、誰も聞いていない。わたしが自分の口でこのことを語っても、その本質のわかる者が誰かいるだろうか。わたしはかつて人間の世界に降りて、人々の苦しみを見、経験もしたが、受肉の目的は果たさなかった。国の建設が始まると、わたしは受肉して正式に務めを始める。つまり、国の王が正式に王権を握るのである。このことから、神の国が人間世界に降りて来るのは、言葉や見かけだけのことではなく、現実の事がらなのは明らかである。これは、「実践の事がら」の意味の一つなのだ。人間は、わたしの働きを一つも見たことがないし、わたしの話すことばを一つも聞いていない。たとえ見たとしても、何を見出しただろう。また、わたしの語るのを聞いたとしても、何を理解しただろう。世界中で、すべての人間はわたしの愛、慈しみの中にいるが、また、すべての人間はわたしの裁きと、試練の中にもいる。わたしは、たとえすべての人間がある程度堕落していても、人間に対して慈悲深く、愛情深くあった。わたしは、すべての人間がわたしの玉座の前でひれ伏したときにさえ、人間に罰を与えた。しかし、わたしが送った苦しみや練りの中にいない人間が、誰かいるだろうか。何人が闇の中で光を求めて手探りし、何人が試練の中でもがき苦しんでいるだろう。ヨブには信仰があったが、それでも、自分の助かる道を求めたのではないか。わが民として、あなたがたは試練の中で堅く立つことができるが、誰か、声に出すことなく、心の中で信じることのできる者はいるだろうか。心では疑いながら、口で信仰を語っているのではないか。人間の中には、試練の中で堅く立ち、試練の中で真に従順である者は誰もいない。わたしは人間に何も求めないから、この世界を見ることを避けようと、顔を覆ったのではなかったか。全人類はわたしの燃える目で見つめられて倒れるだろうから。

神の国を迎える祝砲が鳴り響くとき──これはまた、七つの雷が轟くときでもある──この音が天と地とを激しく揺さぶり、天空を震わせ、すべての人間の心の糸を震わせる。神の国の聖歌が大きな赤い竜の国で厳かに響く。わたしが大きな赤い竜の国を破壊し、わたしの国を建てたことを証ししているのだ。さらに重要なことに、わたしの国は地上に建てられる。このとき、わたしは天使たちを世界のすべての国々に遣わし、わたしの子ら、わが民を牧養するようにする。これはまた、わたしの働きの次の段階のために必要なことなのである。しかし、わたしは、大きな赤い竜がとぐろを巻いて横たわる場所に、戦いに行く。すべての人間が肉の内においてわたしを知るようになり、わたしの行いを肉の内において見ることができるようになるとき、大きな赤い竜のねぐらが灰となり、跡形もなく消える。わたしの国の民として、あなたがたは大きな赤い竜を心の底から嫌っているのだから、行いによってわたしを満足させ、それによって、竜を辱めなくてはならない。あなたがたは、ほんとうに大きな赤い竜を憎むべきものと感じているのだろうか。あなたがたは、ほんとうに竜が国の王の敵だと感じているのだろうか。あなたがたは、ほんとうに、わたしにすばらしい証しのできる信仰をもっているのだろうか。あなたがたは、ほんとうに竜を打ち破る信仰をもっているのだろうか。これが、あなたがたへの問いだ。わたしが必要なのは、ただあなたがたがこの段階まで行くことだ。あなたがたに、これができるだろうか。あなたがたは、この段階に至る信仰をもっているだろうか。人間に何ができるのだろう。人間ではなく、わたしが自らするのではないのか。なぜ、わたしが自ら戦闘の行われる場所に降りると言っているのだろうか。わたしが望むのは、あなたがたの信仰であって、行いではない。人間は、わたしのことばをありのままに受け取ることができず、横から覗き込むことしかできない。そして、そんな方法で、あなたがたは目的を達しただろうか。あなたがたは、そういうふうにしてわたしを知るに至っただろうか。実を言うと、地上の人間のうち、ただの一人もわたしの顔を正面から見ることのできる者はいない。ただの一人もわたしのことばの純粋な、ありのままの意味を受け取れる者はいない。そこで、過去に前例のない巧みな仕組みを地上で働かせた。目的を果たして、わたしの真の姿を人間の心に植えつけるため、そうして、考えが人間を支配する時代を終わりにするためである。

今日、わたしは赤い大きな竜の国に降り立つだけではなく、わたしの顔を全宇宙に向け、天空全体が揺れるようにする。わたしの裁きが行われない場所が一つでもあるだろうか。わたしの投げつける懲罰が行われない場所が一つでもあるだろうか。わたしは行く先々に、あらゆる災いの種を蒔いた。これは、わたしの働く方法の一つで、必ずや人間を救う行いなのであり、わたしが人間に差し伸べるものは、何であれ、一種の愛なのである。わたしは、さらに多くの人々がわたしを知り、わたしを見ることができるようにし、そうして長い間人々が見ることのなかった神、だが、今日、現実となった神を、崇めるようにしたいのだ。なぜ、わたしは世界を創ったのだろう。なぜ、人間が堕落したとき、わたしは彼らを完全に滅ぼさなかったのだろう。なぜ、全人類が災いに見舞われて生きているのか。なぜ、わたしは受肉したのか。わたしが働きをするとき、人間は苦さだけではなく、甘みをも味わう。世の人々のうち、誰がわたしの恵みなしに生きているだろう。わたしは、人間が世の中で十分に楽しむことができるよう、物質的な恵みを与えなかっただろうか。まことに、あなたがたがわが民として今の立場に置かれることが唯一の恵みだというわけではないだろう。もし、あなたがたがわたしの民ではなく、仕える者だとしたら、わたしの恵みの中で生きていないのだろうか。わたしのことばがどこから来たのかを理解できる者は、あなたがたの中にはひとりもいない。人間は、わたしの与えた名を大事にするどころか、じつに多くの人々が内心で「仕える者」という名を嫌い、また、じつに大勢が「わが民」と呼ばれると、心の中に愛を生じる。わたしを試みようとしてはいけない──わたしの目はすべてを見、すべてを見通す。あなたがたの中の誰が進んで受け、あなたがたの中の誰が完全に従順であろうとするだろう。神の国の祝砲が鳴り響かなくても、あなたがたは最後まで真に従うことができるだろうか。人間のできること、考えること、人間がどこまでできるか──これらすべては、遠い昔にわたしがあらかじめ定めたことである。

大多数の人々は、わたしの顔の光の中でわたしの焼ける炎を受ける。大多数の人々は、わたしの励ましに刺激を受け、探索に突き進む。サタンの軍勢がわが民を攻撃するとき、わたしは彼らを退ける。サタンの策略がわが民の生活を破壊しようとするとき、わたしは彼らを敗走させる。ひとたび去って、二度と戻らないように。地上には、あらゆる悪霊が果てしなく休みどころを求めてさまよい、いつも食べるための人間の死体を探している。わが民よ。あなたがたは、わたしの保護と世話の中にとどまりなさい。けっして自堕落なことをしてはいけない。けっして無謀なことをしてはいけない。そうではなく、わたしの家で忠誠をささげなさい。そして、忠誠によってのみ、あなたがたは悪魔の狡猾さに対抗できるのだ。いかなることがあっても、過去のように行動してはいけない。わたしの前で一つのことをし、わたしの後ろで別のことをする──そうすることで、その人は、すでに贖われなくなっている。まことに、わたしはこうしたことを十分以上に述べている、そうではないか。これは、人間の度しがたい本性のため、繰り返し思い起こさせているのである。飽きるのではない。わたしの言うことはみな、あなたがたの運命を確実なものにするためなのだ。サタンが必要とするのは、まさに穢れた汚い場所だ。人間は、どうしようもなく、救いようなく放蕩におぼれていればいるほど、抑制することを拒む。すると、穢れた霊がますますあらゆる機会を利用して、その人に取りつこうとするのだ。ひとたびこの道に至ると、その人の忠誠は口先だけのいい加減な、空虚なものとなり、決意は穢れた霊に食べ尽くされ、不服従になり、あるいはサタンのそそのかしに乗って、わたしの働きを妨害するために利用される。わたしはその気になればいつでもどこでも即座にあなたを打ち殺す。誰一人、この状態の深刻さを知らない。みな、自分たちの聞くことをたわごとだと思って、少しも用心しようとしない。過去に何が行われたかは覚えていない。あなたは、わたしがもう一度忘れて寛容にするのを待っているのか。人間はわたしに敵対したけれど、わたしは恨みに思わない。人間の身の丈はあまりに低いのだから、わたしは大きなことを要求しない。わたしが必求めるのは、放蕩せず、抑制することだ。まことに、この一つの条件を守ることは、あなたがたの能力を超えてはいないだろう。大多数の人々は、わたしがさらに奥義を明かしてやるのを見ようと、待っている。しかし、天の奥義をすべて理解するようになったら、その知識をどうするつもりなのか。それでわたしへの愛が増すのだろうか。それでわたしへの愛が燃え上がるのだろうか。わたしは人間を過小評価しないし、人間についての判断を急がない。事実以外、わたしはけっして軽々しく人間の頭に王冠がわりのラベルをつけない。過去を振り返りなさい。わたしがあなたがたをけなしたことがあっただろうか。わたしがあなたがたを過小評価したことがあるだろうか。あなたがたの置かれた状況を考慮せずに、あなたがたを見ていたことがあるだろうか。わたしのことばが、あなたがたの心と口に確信をもたらさなかったことがあるだろうか。わたしの話した言葉が、あなたがたの心の糸に深く響かなかったことがあるだろうか。あなたがたの中の誰が、わたしに底なしの淵に突き落とされることを深く恐れ、恐怖に震えることなく、わたしのことばを読んだだろう。誰がわたしのことばの内にある試練に耐えないだろう。わたしのことばの内には権威があるが、これは安易に人間を裁くためのものではない。人間の置かれた状況を考慮し、いつでも、わたしのことばのもつ意味を人間に示しているのだ。実際のところ、わたしのことばの内に、わたしの全能の力を認めることのできる人が、誰かいるだろうか。わたしのことばを形作る純金を受けることのできる者が、誰かいるだろうか。どれほどのことばをわたしは語ったことか。しかし、誰か、それをいつくしんだことがあるだろうか。

1992年 3月 3日