言葉は肉において現れる

目次

道 (2)

私達の兄弟姉妹は、中国本土における神の御業の順序、段階、方法の概要を、おそらく多少把握しているであろうが、兄弟姉妹のために再確認するのは好ましいことであると、私は常に感じている。私は単に、この機会に心中を少し述べているだけであり、この御業以外の事は一切話していない。兄弟姉妹が私の気持ちを理解できることを望むとともに、私の言葉を読む者全てが、私の小さな器量と、私の人生経験が甚だ不十分であること、私が神の御前で堂々として居られないことを理解し、それを容赦するよう願う。しかし、私は常に、こうした事は客観的な理由でしかないと感じている。 つまり、いかなる者や出来事や物事も、神の御前における私達の交流を阻む事は出来ず、私は私達の兄弟姉妹が、私と共に神の御前で努力することが出来るよう、願う。私は、「神よ、私と、私の兄弟姉妹が、共通の理想の支配下において共に奮闘し、死ぬまであなたに忠実であり、決して引き下がらずに居られるように、どうか私達を憐れんでください」という祈りを捧げたいと思う。こうした言葉は、私が神の御前で決意した事柄であるが、それは、肉にあって神に用いられる者としての座右の銘であるとも言えるであろう。このことは、私の周囲に居る兄弟姉妹との交わりで、何度も話したことであり、私の周囲に居る者に贈る言葉として与えてきた。他人がそれをどう思うかは分からないが、いずれにせよ、この言葉には、主体的な努力の側面以外にも、客観的理論の側面も含まれている。そのため、何かしらの意見がある者も居るかも知れない。またこの言葉を自分の座右の銘として、神を愛することに対する自分の推進力がどの程度であるかを知ることが出来る。これらの言葉を読んだ時に何らかの観念が浮かび、「どうして人間は、そうした日常的な普通の事を述べることによって、死に至るまで神を愛する大きな推進力を得られることがあろうか。それに、そのことは現在の論題である『道』とは無関係だ。」と考える者も居る。こうした言葉にはそれほど魅力が無いことは認めるが、私はそれが人間を正しい道へと導くことが可能であり、またこうした言葉により、人間は心を失ったり後戻りしたりせずに、神への信仰の道において、様々な試練を経験することが出来るようになると常々考えてきた。それが、私が常にその言葉を自分の座右の銘としている理由であり、人々がその理由を入念に検討することを望む。しかし、私の意図は、皆に私の観点を受け容れることを強制することではなく、これは単なる提案である。人々が私のことをどのように考えるかを問わず、神は私達それぞれの心境の変化を理解されるであろうと考えている。神は常に私達各人に対して御業を行われており、御業は弛みないものである。なぜなら、私達は全員、赤い大きな竜の国に生まれたからであり、主が私達に対して、そのように御業を行われるのは、このためである。赤い大きな竜の国に生まれた者には、この種の聖霊の御業を得る幸運に恵まれている。そのひとりとして、私は神の愛しさ、神の尊敬すべき存在、そして神の愛しさを、強く感じる。それが、私達を気遣われる神であられる。こうした御業を神から得られるのは、後進的、保守的、封建的、迷信的で堕落した労働者階級の帝国である。このことから、最後の時代の人間が大いに祝福されていることが、明瞭に理解できる。霊の目を見開いてこの御業を見ている兄弟姉妹は、全員このことについて歓喜の涙を流すであろうと考えている。そしてその時、あなたがたは歓喜に踊ってそのことを表現するであろうか。あなたがたの心の歌を、全て神に捧げるのではなかろうか。この時、あなたがたは神に対する決意を示し、神の御前で別の計画を立てるのではなかろうか。こうしたことは、全て神を適切に信じるものが行うべき物事であると、私は思う。私達は人間として、各人が神の御前で何らかの表現をすべきであると、私は考える。こうしたことは、情操を備えた者が行うべきことである。各人の能力と出生地を検討すると、神が私達の所へ来られるために、如何に大きな屈辱に堪え忍ばれたかが分かる。人間には神に関するある程度の知識があるが、人間の知識に基づくと、神は極めて偉大であられ、至高の存在であられ、極めて崇敬すべき存在であられ、人間の中における神の苦難が如何に甚大であったかを比較して知るには、それで十分である。しかし、それは依然として曖昧な言葉であり、人間はそれを文字として、そして教義として扱うことしか出来ない。なぜなら、人間は愚鈍すぎるからである。この問題については、兄弟姉妹全員がそれを認め、私達の霊が神の御霊により感動させられるよう、私が一層努力して説明するよりほか無い。私達が、私達のために神が支払われた代償、神が行われた努力、神が費やされた労力を理解できるよう、神が人間を霊的に開眼されますように。

中国本土に所在し、神の御霊を受け容れた人間のひとりとして、私達の能力不足は深刻であると強く感じる。(私達の兄弟姉妹はそれが原因で否定的に感じないことを望む。これは状況の現実である。)自分の実生活において、私達の総体が極めて遅れていることが、私には明らかに分かる。それは、主要な側面では、生活の中で、そして神との関係において、自分がどのように行動するかであり、副次的な側面では、個別の思想や考えである。こうした物事は、全て客観的に存在するものであり、言葉や架空の物事で隠すことが困難である。それゆえに、私がこのように述べると、殆どの者が頷いて認め、それを確信するが、正常な理知が欠如している者は、この限りではない。そうした者は、私のこうした意見を受け容れることが出来ない。私は礼儀知らずで、面と向かってそうした者を獣呼ばわりしているのかもしれない。それは、そうした者が赤い大きな竜の国で最も低い階層に属し、豚や犬のような者だからである。そうした者は最も器量が劣り、神の御前に来るに値しない。私の言葉は厚かまし過ぎるかも知れない。私は神の御霊を示しており、御霊は私の中で御業を行われ、そうした獣のような不浄な者を呪われている。私は自分の兄弟姉妹がそのために虚弱にならないことを願っている。そうした者が私達の中に居ないということも有り得るが、真実の如何を問わず、私はそれが、そうした者が取り扱われるべき方法であると考える。あなたがたはどう思うだろうか。

数千年に及ぶ赤い大きな竜の帝国は、現在に至るまで堕落し続けてきた。またその帝国は一貫して神を拒んで来たため、神はこの国を呪われ、怒りをもって扱われた後、神の罰を与えられた。神に呪われたこの国は人種差別の対象となり、現在もまだ遅れた状態にある。私達が生まれた国は、不浄な霊が集う場所であるため、不浄な霊が蔓延し、この地を支配しようとする。そのため、この国に生まれた者は恥辱を受けている。この国の人々の習慣、風習、思想、観念は遅れた古風なものであるため、皆神に関して様々な観念を思い描いており、現下そうした行動から離れることが出来ないままである。特に、人々は神の御前では特定の行動を取り、神の背後ではそれとは別の行動を取る。またサタンを奉ることと神に仕えることを勘違いしている。これは最も遅れていることを示すものである。神は中国本土において極めて多くの御業を行われ、多くの御言葉を述べられてきたが、そこに居る人々は依然として愚鈍と無関心を極めている。そうした人々は従前通り自分の業を行い、神の御業について全く知識が無い。神が未来も希望も無いと宣言されると、夏の暑さの中で活況の教会は、直ちに冬の寒さに見舞われる。人間の真の自我が白昼の下に曝され、従前人々が備えていた自信、愛、強さは、全て跡形もなく消え去った。そして今、自分の活力を取り戻した者は居ない。そうした人々は、自分が神を愛すると言い、心の中で不平を言わないが、いずれにしても、そうした人々が言う愛は存在しない。それは何を意味するであろうか。私達の兄弟姉妹は、この事実を認めるであろうと、私は思う。私達全員が神の愛しさを認識し、心の深淵から神を愛し、神に対して抱いている愛を様々な立場から表現できるよう、神が私達を啓かれますように。神を真摯に愛する揺るぎない心を私達に授けられますように。それが私の望みの全てである。こう述べると、私と同様にこの不浄の地に住む兄弟姉妹に対して私は少し同情し、それゆえ赤い大きな竜に対する嫌悪を覚える。その竜は神に対する私達の愛を妨げ、私達の将来的な見通しに対する強欲さをそそのかす。その竜は私達をそそのかして好ましくない状態にし、神を拒否させる。私達が心から神の愛に報いることが出来なくなるまで私達を騙し、腐敗させ、略奪してきたのは、赤い大きな竜である。私達の心には推進力があるが、それに反して私達は無力である。私達は、全員その竜の犠牲である。私が心からその竜を嫌悪し、その竜を倒すのを待ちきれずにいるのは、そのためである。しかし、そのことを再考すると、それは不可能であり、そうすることが神を困惑させてしまうであろう。ゆえに、神の御旨を行い神を愛する決意をする、という言葉に回帰する。それが私の歩んでいる道であり、神に造られた者として歩むべき道である。それが、私が採るべき生き方である。これは私の心からの言葉であり、私の心が安らぎを得られるよう、私の兄弟姉妹がこの言葉を読んで励みを得られることを願っている。私は、神の御旨を行うことで有意義で光に満ちた生活を送ることを目的としているので、私は何も後悔せずに、満足して安らかに死ぬことが出来るであろう。あなたがたは、そうすることを望むであろうか。あなたがたは、そのような決意をした者であろうか。

「東アジアの病んだ者」の中で神が御業を行うことが出来るのは、神の偉大な御力である。それは、神のご謙遜と内密性である。神の私達に対する辛辣な御言葉や罰とは無関係に、私達は神のご謙遜に対して心の底から神を讃美し、終わりの時まで神を愛すべきである。数千年にわたってサタンに拘束されていた人々は、引き続きサタンの影響下で生活しサタンと訣別できずにいる。そうした人々は暗中模索と苦戦を続けてきた。そうした人々は、従前サタンのために香を焚き、礼をし、サタンを奉ってきた。またそうした人々は家族や俗世のしがらみ、人間関係に固く拘束されていた。そうした人々は、そうした拘束を払拭できなかった。このような泥沼の争いの社会で、誰がどこで有意義な生活を見出すことが出来ようか。人々は苦難の生活を訴えるのみであるが、神は汚れない者を救われ、そうした者のいのちを神の庇護に置かれているので、私達の生活はもはや懸念に満ちてはおらず、喜びに満ちている。現在まで、私達は神の恵みの下で生活を続けてきた。それは神の祝福ではなかろうか。それならば、誰が厚かましくも神に対して贅沢な要求をすることが出来ようか。神は私達にほんの僅かしか与えられていないであろうか。あなたがたはまだ満足しないであろうか。私は、私達が神の愛に報いるべき時が来た、と考えている。私達は神への信仰の道を歩んで来たため、多くの嘲笑、罵倒、迫害の対象となっているが、私はそれが有意義なことだと考える。それは栄誉ある事であり、恥ではなく、私達が享受している祝福は甚大である。落胆することは数え切れないほど多いが、そうした時、神の御言葉が安らぎをもたらし、いつの間にか悲しみが喜びに変わっている。何かに事欠くことは数え切れないほど多いが、そうした時、私達は神の御言葉により恵みを授かってきた。病に伏すことは数え切れないほど多いが、そうした時、神の御言葉がいのちをもたらし、私達は危険から安全へと逃れてきた。あなたがたは、気付かぬうちに、こうした極めて多くの物事を既に享受してきた。あなたがたは、そうした物事を覚えていないことがあろうか。