真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

目次

四十二番目の言葉

新しい働きが始まるとすぐに、すべての人々が新たに真理に入り、手に手を取ってわたしと一緒に進み、わたしたちは神の国の大きな道を一緒に歩き、そして人とわたしは大変に親密である。わたしの気持ちを示し、人に対するわたしの態度を見せようとして、わたしはいつも人に語りかけた。しかし、これらの言葉のあるものは人々の大きな助けになる一方で人々を傷つける可能性のある言葉もあるので、わたしの口から出る言葉をより注意深く聞くよう人々に忠告する。わたしの言葉がエレガントでも洗練されてもいないとしても、すべてわたしの心の底からの言葉である。人は本来わたしの友だったので、わたしは人の中でわたしの働きを続け、そして人もまた、わたしの働きをさえぎることを深く恐れて、わたしに協力するよう全力を尽くす。このようなとき、わたしの心は大きな喜びで満たされる。わたしは一部の人を得て、わたしの「仕事」はもはや停滞せず、もはや空虚な言葉ではなく、「フランチャイズ市場」はもはや不況ではないからである。究極のところ人々は賢明で、わたしの名前とわたしの栄光のために進んで「自らを捧げ」ようとし、このようにしてわたしの「フランチャイズ部門」は新しい「商品」を取得し、そうして霊的な世界で多くの「顧客」がわたしの「商品」を買いに来る。このようなときにのみ、わたしは栄光を手に入れ、その時にのみ、わたしの口から話された言葉は空虚な言葉ではない。かつてわたしは勝利し、勝利の内に再来し、そしてすべての人々がわたしを賛美する。わたしへの賛美を示し、わたしの膝の下に屈服することを示そうとして、この瞬間に赤い大きな竜も「賛美する」ようになり、そしてわたしは栄光を得る。創造の時から今日まで、わたしは多くの戦いに勝利し、多くの嘆賞すべきことを行った。かつて多くの人がわたしを賛美し、わたしを讃え、わたしのために踊った。こうした光景は感動的で忘れられないものだったが、わたしは笑顔を見せなかった。まだ人を征服していなかったからであり、創造に似た働きの一部のみを行っていたからである。今日は過去とは異なる。わたしは玉座の上で笑み、わたしは人を征服し、人々はすべてわたしを崇拝し、わたしの前で頭を垂れる。今日の人々は過去の人々ではない。わたしの働きが現在のためではなかったのはいつだろうか。わたしの働きがわたしの栄光のためではなかったのはいつだろうか。より明るい明日のために、わたしは何度も人の中でわたしの働きのすべてを明らかにし、それだから、わたしの栄光のすべてが創造された人の中に「留まる」だろう。わたしはこれをわたしの働きの原則とみなす。わたしと協力しようとする人々は立ち上がり一生懸命に働きなさい。そうすることで、わたしの栄光がさらに大空を満たすだろう。今こそ自分の才能を最大限に生かす時である。わたしの愛の労りと守りの下にいる人々はすべて、ここ、わたしの場所で自らの力を使う機会を持ち、わたしはすべてのことがわたしの働きの方に向くようにするだろう。空を飛ぶ鳥は空のわたしの栄光であり、地球にある海は地上のわたしの行いであり、すべてのものの主はその中でのわたしの現れであり、わたしは地上にあるすべてをわたしの経営(救い)の資本として使い、すべてのものを増やし、繁栄させ、いのちで満たす。

創造の時に、わたしは地上でのわたしの働きが最後の時代に完全な終わりを迎えると決めていた。わたしの仕事が終わるのは、わたしのすべての行いが大空に現われるまさにその時である。わたしは地上の人々にわたしの行いを認めさせ、「裁きの座」の前でわたしの行いは証明され、それはわたしに従う地上の人々の間で認められる。したがって、その後、わたしは過去何世代にも渡って行われたことのない事業に着手する。今日以降、わたしはわたしの行動を段階的に明らかにし、そうしてわたしの知恵、わたしの不思議と深淵は社会のあらゆる領域で認められ、証明される。特に、地上のあらゆる支配層の前で、わたしの行いが「裁判官」により裁かれ「弁護士」によって弁護されるように、わたしの行いはより深く認識され、わたしの行いが認められることですべての人々が頭を下げ、従う。この時以降、わたしの行動はあらゆる社会の領域で認知され、これはわたしが地上でのすべての栄光を得る時となる。その時、わたしは人に姿を示し、もはや隠されないだろう。現在、わたしの行いはまだ頂点に達していない。わたしの働きは進展しており、頂点に達するときにわたしの働きは終わる。わたしは諸国の人々を完全に征服し、獰猛な獣をわたしの前の子羊のように飼いならし、地上の人々のように赤い大きな竜をわたしの前に服従させる。わたしは天上のすべてのわたしの敵を破り、地上のわたしの敵をすべて征服するだろう。これはわたしの計画であり、わたしの行いの不思議である。人間はわたしの導きの下で自然の影響を受けてのみ生き得る。人は自ら決定をすることはできない。誰がわたしの手を逃れられるのか。わたしは自然の全てを分類して法の中に存在させた。地上に春の暖かさや秋の涼しさといった法があるのはただこのためである。地上の花が冬に枯れ夏に咲くのは、わたしの手の不思議のためであり、冬にガチョウが南に向かうのはわたしが気温を調えるからであり、海が轟くのは水面上の物を溺れさせるためである。わたしにより計画されないものは何かあるだろうか。この瞬間以降、人の「自然経済学」はわたしの言葉により完全に征服され、人々は「自然法」の存在のために、わたしの存在を再び根絶することはない。一体誰がすべての物の支配者の存在を再び否定するのだろうか。天上ではわたしは支配者である。あらゆるものの中でわたしは主である。すべての人の間でわたしは最上位である。誰がやすやすと「ペンキ」でわたしを覆おうとするのか。偽りは真理の存在を混乱させ得るか。この貴重な機会に、人の妨害を受けることなく、機械を運転させながら、わたしはもう一度わたしの手にある働きを始める。

わたしはわたしの言葉の中にいろいろな「味付け」を加えた。それはまるでわたしが人の調理場の責任者のようである。どんな味付けが加えられたのか人々は知らないが、人々は味を楽しむ。「皿」を持ち、人々はわたしが用意した「料理」を味わう。わたしが個人的に準備する食べ物を人々がより食べたがるのはなぜなのか分からない。それはまるで人々がわたしをあまりにも高く見ており、あらゆる調味料の中で最高と見ており、そして他人をまったく顧みないかのようである。わたしは自尊心があまりにも大きいので、わたし自身の理由で他人の「鉄飯碗」を破壊しないことを願う。それだから、わたしは調理場から退き、他人が自らを見分ける機会を与える。このような方法でのみ、わたしの心は不動である。わたしは人々がわたしを見上げて他人を見下すことを好まない。それは正しくない。人々の心に場所を持つことの価値は何であろうか。わたしは本当にそんなにがさつで無分別なのだろうか。わたしは本当に座っていたいのだろうか。もしそうなら、わたしはなぜこのような壮大な事業に着手するのだろうか。名誉と富を他人と奪い合うことをわたしは望まず、地上の名誉と富を軽蔑する。それはわたしが追求するものではない。わたしは人を模範とは見ず、戦いや奪い合いを行わないが、わたしの「技能」により生計を立て、不当な行いをしない。したがって、わたしが地上を歩くとき、わたしは最初に行動し、後に「手仕事の支払い」を求める。これのみが人により公正で妥当とされているもので、これには誇張はなく、わずかでも欠けるところがない。わたしは事実を本来の意味通りに話す。公正で道理をわきまえた人を探して人の間を行き来するが、何の効果もなかった。そして、人々は駆け引きを好むため、価格は時に高すぎ時に低すぎ、わたしは依然としてわたしの手にある義務を行っている。なぜ人が自らの義務を守らないのか、なぜ自らの霊的背丈がどれほどなのかを知らないのか、今でもわたしは分からない。人々はそれが数グラムなのか何両なのかさえ人々は知らない。[a]それだから、彼らは依然としてわたしを騙す。あたかもわたしの働きがすべて無駄に終わり、わたしの言葉がただ大きな山々のこだまであるかのように、そしてわたしの言葉や発言の根源を誰も気が付かなかったかのようである。そして、わたしはこれを三番目の警句を要約する基礎として使用する。人々にはわたしが見えないため、わたしを知らない。あたかも人々がわたしの言葉を飲み込み、消化を助ける薬を飲み、薬の副作用が強いので記憶喪失に苦しみ、そのためにわたしの言葉は忘れ去られたものになり、わたしがいる場所は人々が忘れる一隅になったかのようだ。わたしはそれを見てため息をつく。わたしがとても多くの働きを行っても、その証が人々にないのはどうしてなのか。わたしは十分な努力をしなかったのだろうか。それとも、わたしが人の必要を把握していなかったからなのだろうか。わたしの考えは底をつき、わたしの唯一の選択は、すべての人々を征服するためにわたしの行政命令を使うことである。わたしはもはや愛情のある母親ではなく、厳しい父親としてすべての人を管理するのだ。

1992年5月15日

脚注:

a.「両」は中国の重さの単位で、1両は50グラム。