全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

中国の選ばれた人々はイスラエル部族の象徴ではない

ダビデの家はヤーウェによる約束を受け取った。そしてこのダビデの家が、ヤーウェの遺産を受け取ったのである。もともとダビデの家はイスラエル部族の1つで、選ばれた民に属していた。当時、ヤーウェはイスラエル人のために律法を定め、ダビデの家に属する全てのユダヤ人、すなわちダビデの家に生まれた者全員が神からの遺産を受け取ると定めた。それにより、彼らは100倍を受け取り、長子の権利を得ることとなった。当時、彼らはイスラエル人の間で最も高尚であり、イスラエルのどの家族より高い地位についており、祭司の衣と冠を身に着けて、神殿で直接ヤーウェに仕えていた。当時、神は彼らを忠実で聖なるしもべと呼び、イスラエルの全部族からも尊敬されていた。そのため、当時彼らは皆ダビデの家の者たちを、尊敬の念を持って「主」と呼んでいた。これは律法の時代におけるヤーウェの働きであった。今日でも彼らは神殿でこのようにヤーウェに仕えており、ヤーウェによりいつも王に指名されるのである。彼らから王の冠を奪える者はおらず、彼らの奉仕を変えることのできる者はいない。彼らは初めからダビデの家に属するからである。これこそヤーウェが彼らに与えたものである。あなたがダビデの家に属さないのは、あなたがイスラエル出身者でないという理由からではない。あなたがイスラエル以外の家に属するという理由からである。そしてまた、あなたの性質がヤーウェを崇拝するものではなく背くものであり、その身分はダビデの家の者のそれとは違う。従って、あなたはわたしの遺産を受け継ぐ者のひとりではないのである。とりわけ100倍を受け取る者などではないのである。

当時イスラエルでは、様々な家族や部族が多数あったが、皆選ばれた民であった。イスラエルが他の国と異なるのは、イスラエルでは人々が種類毎に区別され、ヤーウェの前での彼らの地位は差別化され、ひとりひとりの領土はその種族に従って定められた。イスラエル以外の諸国で、人々が、自分はダビデの家に属するとか、ヤコブの家に属するとか、モーセの家に属するなどと軽々しく言うことはできない。そのような発言は事実に反する。イスラエル部族の名[a]を他国で安易に使用し、誤った使い方をしてはならない。人々はよくダビデ、アブラハム、エサウなどの名を誤って使用したり、「我々は神を受け入れたので、我々はヤコブの家の者である。」などと言ったりする。このような発言は、人間による事実無根の推論でしかなく、ヤーウェが直接言ったことでも、わたし自身の考えでもない。人間の無意味な言葉以外の何ものでもない。何が善で何が悪かをはき違えている演説家のように、人々は何の根拠もないまま自分達をダビデの子孫やヤコブの家の一員と考え、自分達がそう名乗るだけの価値がある人間だと信じている。ダビデの家の者は遥か昔ヤーウェによって定められており、ダビデを王に任命したのもダビデ自身ではないことを、人々は知らないのか。ダビデの末裔はヤーウェが定めたにも関わらず、自らをダビデの家の末裔と名乗る恥知らずが多数いる。人々はあまりに無知である。イスラエルに関することは、異邦人とは無関係であるというのが真実である。イスラエルに関することと異邦人に関することとは全く異なる2つの事柄であって、互いに無関係である。イスラエルに関することはイスラエルの人々に対してだけ語れるのであって、異邦人は全く関与していない。そして異邦人の間で現在なされている働きも、イスラエルの人々とは無関係である。異邦人に関して言われていることは今わたしが語っていることによって決定されるのであって、イスラエルでなされた働きは、異邦人の間での働きのひとつとしては機能しない。それでは神はあまりに愚かで保守的ということにならないか。神によってなされる働きが異邦人の間で広まって初めて、異邦人に関して語られた内容とその結果が明らかにされる。したがって、かつて人々が言った、「我々はダビデの末裔だ」とか、「イエスはダビデの子だ」などというのは殊更不合理なのである。わたしの働きは区分化されている。わたしは鹿を馬と呼ぶようなことはしない。むしろ、わたしの働きはその順序に基づき区別されている。

脚注:

a. 原文では「・・・の名」が省略されている。

前へ:学習せず知識なき者は野獣か

次へ:あなた方は「祝福」をどう理解しているのか

他のお気に入り