全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

神の国の時代は言葉の時代である

神の国の時代に神は言葉を使い、新たな時代の到来を知らせ、神の働きの方法を変え、その時代全体の働きを行なう。これが言葉の時代において神が働く原則である。神は異なる視点から語るために肉となり、肉に現れる言葉である神、神の知恵と驚くべき素晴らしさを人間が本当に見ることができるようにした。このような働きは、人間を征服し、人間を完全にし、人間を淘汰する目的をよりよく達成するために行なわれる。これが言葉の時代において働くために言葉を使うことの真の意味である。言葉をとおして、神の働き、神の性質、人間の本質、人間が何に入っていくべきかを人間は知るようになる。言葉をとおして、言葉の時代に神が行ないたい働きはその全体が結実される。言葉をとおして、人間は明らかにされ、淘汰され、試される。人間は言葉を見、言葉を聞き、言葉の存在に気づいた。その結果、人間は神の存在、神の全能性と知恵、また神の人間への愛と人間を救う願望を信じる。「言葉」という語句は単純でごく普通であるが、受肉した神の口から出る言葉は宇宙全体を揺るがせる。それは人間の心、観念、古い性質、世界全体が以前にはどのように表れていたかを変革する。時代をとおして、今日の神だけがこのような働き方をし、今日の神だけがそのように語り、そのように人間を救いに来る。それ以降は、人間は言葉の導きの下に生き、言葉により牧され、施しを受ける。全人類は言葉の世界に、神の言葉の呪いと祝福の内に生きるようになった。そして言葉の裁きと刑罰との下に生きるようになったさらに多くの人間がいる。これらの言葉とこの働きはすべて人間の救いのため、神の旨を成就するため、過去の創造における世界の元来の状況を変えるためである。神は言葉をもって世界を創造し、宇宙の人間を言葉をもって導き、言葉をもって征服し救う。ついに、神は言葉を使って古い世界全体を終わらせる。そのときはじめて、経営(救いの)計画がくまなく完了する。神の国の時代をとおして神は言葉を使って働きを行ない、働きの成果を達成する。神は不思議や奇跡は行なわない。神はただ言葉をとおして働きを行なうにすぎない。言葉ゆえに人間は養われ、施しを受ける。言葉ゆえに人間は認識と真の経験を得る。言葉の時代の人間は真に格別の祝福を受けた。肉体的苦痛に苦しまず、ただ神の言葉の豊かな施しを享受する。探し求めたり、旅をしたりするために出かけていく必要もなく、安穏の只中にいるままで人間は神の出現を見、神がその口で話すのを聞き、神の施しを受け、神が自らその働きを行なうのを見る。これは過去の時代の人間には享受できなかったことであり、彼らが決して受けることができなかった祝福である。

神は人間を完全にすると決めている。神がどの視点から語るにせよ、それはすべて人々を完全にするためである。霊の視点から語られる言葉は、人間が理解するには困難であり、人間は自分の実践のための道を見つけることができない。人間の理解能力は限られているからである。神の働きは異なる成果を達成し、働きの各段階を経るにおいて、神にはその目的がある。さらに、神が異なる視点から語ることは必須である。なぜなら、そうすることにおいてのみ、神は人間を完全にすることができるからである。もし神が霊の視点からのみその声を発したならば、この段階の神の働きが完了することはないであろう。神が語る口調から、神がこの集団の人々を完全にすると決めていることが、あなたにはわかる。神に完全にされることを望む人々の一人ひとりにとって、とるべき最初の一歩は何であろうか。まず、神の働きを知らなければならない。今、新しい方法が神の働きに導入され、時代は推移し、神の働き方も変わり、また神の語り方も異なっている。現在、神の働く方法が変わっただけでなく、時代も変わった。今は神の国の時代であり、また神を愛する時代でもある。それは千年神の国の時代、またの名を言葉の時代、つまり神が人間を完全にするために様々なやり方で語り、人間に施すために様々な視点から語る時代の先駆けである。時代が千年神の国の時代に移行すると直ちに、神は人間を完全にするために言葉を使い始め、人間がいのちの現実に入ることを可能にし、人間を正しい軌道へと導くだろう。人間は神の働きの随分多くの歩みを経験し、神の働きが不変でないことを見た。むしろ、それは絶えず発展し、深化している。これだけの長い経験の後、働きは繰り返し移行し、何度も変化したが、どれほど変化しようとも、それは人間に対して働きかける神の目的からは決して逸脱しない。一万の変化をとおしてさえ、それは元来の目的から外れることも、真理あるいはいのちから離れることも決してない。働きの行なわれる方法の変化は、ただ働く形式と語りの視点の変化でしかなく、神の働きの中心的目的の変化ではない。口調や働きの方法における変化は、効果を得るために行なわれる。口調の変化は、働きの背後にある目的や原則の変化を意味しない。神を信じることにおいて、人間の第一の目的はいのちを追い求めることである。もし神を信じているのに、いのちを求めたり真理や神に関する認識を追求しないのならば、そこに神への信仰はない。それでもいまだに神の国に入って王になろうとするとは、これは現実的であろうか。いのちを求めることをとおして神への真の愛を達成する、このことのみが現実である。真理の追求と実践は、すべて現実である。神の言葉を読みつつ、神の言葉を経験しなさい。そうすることで、現実の経験をとおして神に関する認識を得るであろう。これが追求の真実のかたちである。

今は神の国の時代である。あなたがこの新たな時代に入っているか否かは、あなたが神の言葉の現実に入ったか否か、そして神の言葉があなたのいのちの現実となったか否かにかかっている。神の言葉がすべての人に知らされているのは、最後にすべての人が言葉の世界に生き、神の言葉が一人ひとりの中で啓き、照らすようになるためである。もしこの期間に、神の言葉を読むのに性急で不注意であり、神の言葉に全く関心がないのであれば、それはあなたの状態の何かが間違っていることを示している。もしあなたが言葉の時代に入れないのであれば、聖霊はあなたの中で働いていない。もしあなたがこの時代に入ったのであれば、聖霊はその働きを行なう。この言葉の時代が始まるこの今、聖霊の働きを得られるようになるためには、あなたは何をすることができるのか。この時代に神はあなたがたのもとに、この現実をもたらす。つまり、一人ひとりが神の言葉を生き抜き、真理を実践することができ、誠実に神を愛し、すべての人が神の言葉を基盤として自分たちの現実として用い、神への畏敬の念に満ちた心をもち、神の言葉の実践をとおして、人間は神と共に王としての力を振るう、という現実である。神が達成するのは、この働きである。あなたは神の言葉を読まずに生きていくことができるか。神の言葉を読まずには一日、二日さえも生きていけないと感じる人が今では多くいる。彼らは神の言葉を毎日読まなくてはならず、もし時間のせいでそれが許されないのであれば、神の言葉を聴くことで事足りる。これが聖霊が人間に与える感情であり、これが聖霊が人間を動かし始めるやり方である。つまり、神は言葉をとおして人間を統治し、それにより人間が神の言葉の現実に入れるようにするのである。もし、神の言葉を飲み食いすることなしに一日だけ経った後、闇と渇きとを感じ、それを受け入れられないと感じるならば、それはあなたが聖霊により動かされており、聖霊があなたから離れていないことを示している。そうであれば、あなたはこの流れの中にいる。しかし、神の言葉を飲み食いしないで一日か二日経った後、何も感じず、渇きもなく、まったく動かされていないのならば、それは聖霊があなたから離れたことを示している。そうであれば、これはあなたの内面状態の何かが間違っているということである。あなたは言葉の時代に入っておらず、遅れをとったのである。神は言葉を用いて人間を統治する。もし神の言葉を飲み食いするならば、あなたは良い気分になり、もしそうしないならば、あなたにはたどるべき道がない。神の言葉は人間の食物、人間を動かす力となる。聖書には「人はパンだけで生きるものではなく、神の口から出る一つ一つの言で生きるものである」とある。これが神が今日達成する働きである。神はあなたがたにおいてこの真実を達成する。どうして過去の人間が神の言葉を何日間も読まないで、それにもかかわらず食べて働くことができたのだろうか。そしてなぜ今ではそうではないのだろうか。この時代において、神はおもに言葉を使ってすべてを統治する。神の言葉をとおして、人間は裁かれ、完全にされ、そして最後には神の国に連れて行かれる。とりわけ神の国の時代においては、神の言葉だけが人間のいのちを供給することができ、神の言葉だけが人間に光と実践のための道を与えることができる。あなたが毎日神の言葉を飲み食いし、神の言葉の現実から離れない限り、神はあなたを完全にすることができるであろう。

いのちを求めるとき、成功しようと焦ることはできない。いのちの成長は、ほんの一日や二日では起こらない。神の働きは普通で実際的であり、それが必然的に経るべき過程がある。受肉したイエスが十字架の働きを完了するのには三十三年半を経た。人間を清め人間のいのちを変化させることにおいては、さらにどれほどこのことは真実であろうか。これは極めて困難な働きである。神を表す正常な人を作るのは簡単なことではない。これは赤い大きな竜の国で生まれた人々にとってはなおさらそうである。彼らは素質に乏しく、長期間の神の言葉と働きを必要とする。だから、結果を見るのを急いではならない。あなたは神の言葉を飲み食いするのに主体的であり、神の言葉にもっと努力を注がなければならない。神の言葉を読み終えたとき、それを実践に移し、神の言葉における認識、識見、識別、知恵を増やさなければならない。これをとおして、あなたは気づかないうちに変わる。もしあなたが自分の原則として神の言葉を飲み食いすること、神の言葉を読むこと、それを知り、経験し、実践することを取り入れるならば、知らないうちに成熟に達する。神の言葉を読んだ後でもそれを実践することができないという人がいる。何を急いでいるのか。ある程度の霊的背丈に達すれば、神の言葉を実践できるようになる。四、五歳の子供がその両親を養ったり敬意を払うことができないと言うだろうか。あなたは自分の現在の霊的背丈を知るべきである。実践できることを実践し、神の経営を妨げる者となるのを避けなさい。ただ神の言葉を飲み食いし、それを今からは原則としなさい。今のところは、神があなたを完全にすることができるか否かについては心配してはならない。それについてはまだ深く考えてはならない。ただ神の言葉があなたのもとに来るにつれ、それを飲み食いしなさい。必ずや神はあなたを完全にすることができるであろう。しかし、神の言葉を飲み食いするときに従うべき原則がある。むやみにそれを行なってはならず、一方では、知るようになるべき言葉、つまりビジョンに関連している言葉を探し求め、またその一方では、実際の実践に移すべきこと、つまり入っていくべきものを探し求めなさい。ある面は認識に関連しており、もう一つの面は入っていくことに関連している。ひとたびこの両面を把握したならば、つまり、何を知るべきで何を実践すべきかを把握してしまえば、どのように神の言葉を飲み食いするべきかがわかる。

これから先は、神の言葉について語ることがあなたが話すときの原則となる。通常は、あなたがたが集まるとき、神の言葉についての話し合いがもてるべきである。そうして、神の言葉を交流の内容とし、神の言葉について知っていること、どのように神の言葉を実践するのか、どのように聖霊が働くかについて話し合うのである。するべきことは、神の言葉について話し合うだけであり、聖霊があなたを照らすであろう。神の言葉の世界を生じさせること――これには人間の協力が必要である。もしあなたがこれに入っていかないならば、神が働くことはありえない。もしあなたが口を閉ざしたままで神の言葉について語らなければ、神があなたを照らすことはありえない。他のことに従事していないときはいつでも、神の言葉について話し、無駄話をしてはならない。神の言葉であなたの生活を満たしなさい。そうして初めて、あなたは敬虔な信者である。たとえあなたの話が表面的であっても、それでよい。表面なしに深みもない。経るべき過程がある。訓練をとおして、あなたは聖霊による照らしを把握し、どのように効果的に神の言葉を飲み食いするべきかを知るのである。手探りの期間の後、あなたは神の言葉の現実に入る。協力する決意をして初めて、あなたは聖霊の働きを受けることができる。

神の言葉を飲み食いする原則には二つの面がある。一面は認識に関連し、もう一面は入っていくことに関連している。どの言葉を知るべきか。ビジョンに関連する言葉を知るべきである(それは、神の働きが現在入っている時代、神が今達成したいと思っていること、受肉とは何かに関連していることなどであり、これらはみなビジョンと関連している)。人間が入るべき道とは何を意味しているのか。これは人間が実践し、入り込むべき神の言葉に言及している。上記が、神の言葉を飲み食いすることの二面である。これからは、このように神の言葉を飲み食いしなさい。もしあなたがビジョンに関する言葉を明確に理解しているならば、絶えずそれを読み続ける必要はない。最も重要なことは、どのように心を神に向けるべきか、どのように神の前で心を静めるべきか、どのように肉に背くべきかといった、入っていくことに関する言葉をさらに飲み食いすることである。これらが実践するべき事柄である。どのように神の言葉を飲み食いするべきかを知らなければ、真の交わりは不可能である。ひとたび神の言葉をいかに飲み食いするべきかを知り、何が鍵であるかを把握したならば、交流は自由自在となる。どのような問題が提起されても、それについて話し合い、現実を把握することができるようになる。現実をもたずに神の言葉について話し合うのは、何が鍵かを把握できないという意味であり、これはどのように神の言葉を飲み食いするべきかを知らないことを示している。神の言葉を読むときに、うんざりする人がいるかもしれないが、これは正常の状態ではない。正常なのは、神の言葉を読むことに決して飽きないこと、常に神の言葉を渇望していること、いつでも神の言葉を良いものととらえることである。これが真に入っていった人が神の言葉を飲み食いするやり方である。神の言葉が非常に実際的で、まさに人間が入っていくべきものであると感じるとき、神の言葉は極めて役に立ち、人間に有益であり、人間のいのちの施しであると感じるとき、その感情を与えているのは聖霊であり、聖霊があなたを動かしているのである。これは聖霊があなたの中で働いており、神はあなたから離れていないことを証明している。神がいつも話しているのを見て、神の言葉に飽き、言葉を読んでも読まなくても何も起こらないと考える人がいる。これは正常な状態ではない。彼らには現実に入ることを渇望する心がなく、このような人は完全にされることを渇望することも重要視することもない。あなたが自分は神の言葉に渇いていないと気づくときはいつでも、正常の状態にいないことを示している。過去においては、神が人から離れたか否かは、その人の内面が穏やかであるか、喜びを感じているかで判断することができた。今では鍵は神の言葉に渇きをおぼえるか、神の言葉がその人の現実となっているか、その人は忠実か、神のためにできることのすべてを行なえるか否かである。言い換えれば、人間は神の言葉の現実により裁かれるのである。神はその言葉を全人類に向ける。もしあなたがそれを読むことを厭わないならば、神はあなたを啓くが、そうでないならば、神はそうしない。神は義に飢え渇く人々と、神を探し求める人々に啓きを与える。神の言葉を読んだ後でさえ神から啓きを与えられなかったという人々がいる。しかし、どのようなやり方で言葉を読んだのか。もし馬に乗りながら花を眺める人のように神の言葉を読み、現実を重要視しなかったならば、どうして神があなたを啓くことがありえようか。どうして神の言葉を大切にしない人を神は完全にできるのか。もし神の言葉を大切にしないならば、あなたには真理も現実性もない。もし神の言葉を大切にするのならば、真理を実践することができ、そうして初めて現実を得る。このため、忙しいか否か、状況が不都合であるか否か、試練の最中にあるか否かにかかわらず、いつも神の言葉を飲み食いしなければならないのである。結局のところ、神の言葉は人間生存の基盤である。誰一人として神の言葉から離れることはできず、毎日の三度の食事のように神の言葉を食べなければならない。神に完全にされ、神のものとされることは、単純なことでありえるだろうか。現在あなたが理解しているか否か、神の働きを見抜いているか否かにかかわらず、可能な限り多くの神の言葉を飲み食いしなければならない。これが積極的に入っていくことである。神の言葉を読んだ後、あなたが入っていけることを急いで実践し、入っていけないことは今のところは脇へ置いておきなさい。始めは、神の言葉のかなりが理解できないかもしれないが、二、三ヶ月後、あるいは一年後には理解できる。どうしてそうなるのか。それは神は人間を一、二日で完全にすることができないからである。大抵は、神の言葉を読んでも、直ちに理解できないであろう。その時点では、ただの文章にしか見えないであろう。ある期間の経験をとおして初めて、理解することができる。神はかなり語ったのだから、あなたも神の言葉の飲み食いに最大限努めるべきであり、そうすると、知らないあいだに理解できるようになり、聖霊があなたの知らないあいだに照らすのである。聖霊が人を照らすときは、大抵その人は気づいていない。あなたが渇いて探し求めるとき、聖霊はあなたを照らし導く。聖霊が働く原則は、あなたが飲み食いする神の言葉を中心としている。神の言葉を重視せず、神の言葉に対して常に違う態度をとり、惑いつつ神の言葉を読むか読まないかなどどうでもいいと考える人々は皆、現実を得ていない人々である。聖霊の働きも聖霊による照らしもそのような人の中には見ることができない。このような人々はただ惰性で進んでいるのであり、ちょうど寓話の南郭氏[a]のように、本当の資格なしにふりをする者なのである。

現実としての神の言葉なしに、本当の霊的背丈はない。試練の時が来ても、必ず倒れ、そのときに本当の霊的背丈が明らかにされる。しかし、現実に入ろうと常に努めている人々は、試練の時には神の働きの目的を理解するようになる。良心と神への渇きをもつ人は、実際的な行動をもって神の愛に報いる。現実をもたない人々は、些細な事柄に直面しただけでもしっかり立っていられない。本当の霊的背丈をもつ人々ともたない人々のあいだには、明らかに違いがある。神の言葉の飲み食いにおいては似ていながらも、試練においてしっかりと立っていられる人がいる一方で、他方には試練から逃げる人がいるのはなぜだろうか。明らかな違いは、本当の霊的背丈がない人々がいるということである。彼らには現実となる神の言葉がなく、神の言葉は彼らの中に根づいていない。試練に遭うとただちに道の終わりに立ちつくしてしまう。では、なぜ他の人々は同じ状況でもしっかりと立っていられるのか。それは彼らには大なるビジョンがあるか、あるいは神の言葉が彼らの中で経験となり、彼らの実際的な識見が生存の基盤となっているからである。このようにして、彼らはしっかりと立って試練をやり抜けるのである。これが本当の霊的背丈であり、またいのちでもある。神の言葉を読むが、実践には移さなかったり、真剣にとらえない人もいるだろう。真剣ではない人々は実践を重視しない。現実となる神の言葉がない人々は、本当の霊的背丈がない人々である。彼らは試練においてしっかりと立っていることができない。

神の言葉が発せられると、ただちに受け取り飲み食いすべきである。どれほど理解するかにかかわらず、固守しなければならない視点は、神の言葉を飲み食いし、知り、実践することである。これはできるはずのことである。霊的背丈がどれほど立派になるかについては気にしてはならない。ただ、神の言葉を飲み食いすることに集中しなさい。これが人間が協力するべきことである。霊的生活はおもに、神の言葉を飲み食いすることと、それを実践することの現実に入ろうとすることである。その他のことに集中することはない。教会の指導者はすべての兄弟姉妹を指導して、どのように神の言葉を飲み食いするべきかを彼らがに知らしめなければならない。これは各教会指導者の責任である。若かろうが年をとっていようが、誰もが神の言葉を飲み食いすることを重視し、神の言葉を心に留めなければならない。この現実に入ることは、神の国の時代に入ることを意味する。最近では、ほとんどの人が神の言葉を飲み食いせずには生きていけないと感じ、いつでも神の言葉を新鮮だと感じている。これは人間が正しい軌道を歩み始めているということである。神は言葉を使って働き、人間に施す。誰もが神の言葉を求め渇望するとき、人類は神の言葉の世界に入る。

神は多くのことを語った。あなたはそのどれくらい知っているのか。どれくらい入っていったのか。もし教会指導者がその兄弟姉妹を神の言葉の現実に導いていないのであれば、その指導者は本分をないがしろにし、責任を果たさなかったことになる。神の言葉の飲み食いの深さがどれくらいであれ、あるいは理解できる程度がどれくらいであれ、神の言葉をどのように飲み食いするべきかを知っていなければならない。神の言葉を重要視し、それを飲み食いする重要性と必要性を理解しなければならない。神は多くのことを語ってきたので、もしあなたが神の言葉を飲み食いしないのであれば、あるいは神の言葉を求めたり実践したりしないのならば、神を信じているとは言えない。神を信じているのだから、神の言葉を飲み食いし、神の言葉を体験し、神の言葉を生き抜かなければならない。それだけが神を信じることであると言える。口では神を信じると言いながら、どの神の言葉を実践することも、どんな現実を引き出すこともできないなら、それは神を信じることであるとは言えない。そうではなく、それは「飢えを満たすためにパンを求めること」である。取るに足らない証しや役に立たない事柄、表面的な物事について話すだけで、現実をほんの少しも得ていないのは神への信仰ではなく、神を信じる正しい道も全然把握していないことになる。なぜ可能な限りに多くの神の言葉を飲み食いしなければならないのか。もし神の言葉を飲み食いしないが、天に昇ることだけを求めるならば、それは神を信じることであろうか。神を信じる人が進むべき最初の一歩は何か。神はどのような道により人間を完全にするのか。神の言葉を飲み食いすることなく人は完全にされることができるのか。神の言葉を現実としてもたずに、神の国に属する民とみなされることができるだろうか。神への信仰とは正確には何なのか。神を信じる人々は、少なくとも外見上はよい振る舞いをしなければならない。何よりも重要なことは、神の言葉をもっていることである。どうなろうとも、神の言葉から決して離れることはできない。神を知ること、神の心を満たすことはすべて神の言葉をとおして達成される。将来において、すべての国、教派、宗教、領域は言葉をとおして征服される。神は直接話し、すべての人々は神の言葉をその手に抱く。これにより、人類は完全にされる。内にも外にも、神の言葉はあらゆるところに行き渡る。人類は自らの口で神の言葉を語り、神の言葉にそって実践し、神の言葉を内に留め、内も外も神の言葉に満たされる。このようにして人は完全にされる。神の心を満たし、神の証しを立てることができる人々は、神の言葉を現実として自分のものにする人々である。

言葉の時代、つまり千年神の国の時代に入ることは、現在完了されつつある働きである。今からは、神の言葉についての交流を行う訓練をしなさい。神の言葉を飲み食いすること、また神の言葉を経験することによってのみ、あなたは神の言葉を生きることができる。他の人々を説得するには、あなたは実際の経験をいく分引き出さなければならない。もしあなたが神の言葉の現実を生きることができないのであれば、誰も説得することはない。神に用いられる者たちは皆、神の言葉の現実を生きられる人々である。もしあなたがこの現実を引き出して神の証しをすることができないのであれば、それは聖霊があなたの中で働いておらず、あなたは完全にされていないことを示してる。これが神の言葉の重要性である。あなたには神の言葉を渇望する心があるか。神の言葉を渇望する人々は、真理を渇望し、そのような人だけが神に祝福されている。将来には、あらゆる宗教と教派に向けて神が語るさらなる言葉がある。神はまず、あなたがたのあいだで発言し、あなたがたを完全にし、その後、異邦人のあいだで語り、発言し、彼らを征服する。言葉をとおして、すべての人が心から完全に納得させられる。神の言葉と顕示をとおして、人間の堕落した性質は少なくなり、人間の姿となり、人間の反抗的な性質もまた弱くなる。言葉は権威をもって人間に働き、神の光の中で人間を征服する。神が現在の時代に行なう働きも、また神の働きの分岐点も、すべてが神の言葉の中にある。もし神の言葉を読まなければ、あなたは何も理解しない。あなた自身による神の言葉の飲み食い、また兄弟姉妹との話し合いへの参加と、実際の体験をとおして、あなたの神の言葉についての認識は包括的なものになる。このようにして初めて、神の言葉を現実において本当に生き抜くことができるのである。

脚注

a.原文では「寓話の」という言葉が含まれていない。

前へ:真心で神に従う者は確かに神のものとされる

次へ:すべてが神の言葉によって達成される

他のお気に入り

  • 働きと入ること(6)

    働きと入ることとは、根本的に実際的であり、神の働きと人がいのちに入ることを指している。人は神の本当の顔と神の働きをまったく理解していないので、いのちに入ることに非常な困難が生じた。今日まで、多くの人々は、神が終わりの日に完成する働きのことをまだ知らない。あるいは、なぜ神が人の姿となり、禍福を共にする…

  • 神を知らない人はすべて神に反対する

    神の働きの目的と、人の中に達成されるべき成果、また、人に対する神の意志を把握すること。これこそが神に従う一人ひとりが達成しなければならないことである。今すべての人に欠けているのは、神の働きに関する認識である。人は、創世以来、神が人間において行う業、神のすべての働きおよび神の意志を正確には把握しておら…

  • 唯一の神自身 4

    神の聖さ(1) 前回の集会では神の権威について追加の話をしましたが、今は神の義については話しません。きょうは、神の聖さという全く新しい題目について話します。神の聖さは、神特有の本質におけるもう一つの側面なので、この題目についてここで話す必要性が大いにあります。これから話す神の本質におけるこの側面は…

  • 道……(7)

    わたしたちのために神が自ら新しい道を拓いたことが何度もあり、そのためわたしたちは一層堅く現実的な道を歩み続けている。このことは、わたしたち全員が自分の実践的経験から理解できる。それは、この道はこの世の初めから神がわたしたちのために拓き、何万年もの時を経て現在の世代に継承されたものだからである。したが…