全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第六十五章

わたしの言葉はいつも的を射ている。つまり、あなた方の致命的弱点を指摘する。さもなければ、あなた方はいつまでもぐずぐずしていて、今がどんな時なのかもわからない。このことを知りなさい。わたしはあなた方を救うために愛という方法を用いている。あなた方がどのようであろうと関係なく、わたしは必ずわたしが認めた事柄を完成し、間違いは一切犯さない。義なる全能神であるわたしが誤りを犯すことなどあろうか。それは人間の抱く観念ではないだろうか。答えて欲しい。わたしが行ったり、語ったりすることはすべてあなた方のためではないだろうか。謙虚にこう言う人々もいるだろう。「ああ、神様!あなたのなさるすべては私達のためです。しかし、私達はどのようにあなたに協力すればよいのかわかりません。」なんと無知なことだろう。わたしに向かってどう協力したらよいかわからないなどと言うとは。それらは皆恥ずべき嘘である。そのようなことを言うのなら、なぜあなた方は現実には肉の姿に対して、繰り返し思いやりを示すのか。あなた方の言うことは聞こえはよいが、その行動は快活でも積極的でもない。あなた方は次のことを理解しなければならない。わたしがあなた方に今日要求することは、多くを求めているわけではないし、あなた方の理解を超えてもいない。人間なら成し遂げられることである。わたしはあなた方の力を少しも過信していない。わたしが人の能力の限界を知らないとでも言うのだろうか。わたしは人の限界を完全にはっきり理解している。

わたしの言葉はいつもあなた方を啓発しているが、あなた方の心はあまりにも頑なで、わたしの旨を霊で把握することができない。教えて欲しい。食べ物や衣服、外見に注目せず、内なるいのちに注目するようにと何回あなた方に注意を促してきたことだろう。しかし、あなた方はまったく耳を貸そうとしない。わたしはこのようなことを言うのにはもううんざりしている。あなた方はそれほど麻痺してしまったのか。あなた方には感覚がまったくないのだろうか。わたしは言葉を無駄に語ってきたのだろうか。わたしは何か間違ったことを語っただろうか。わたしの子らよ。わたしの真剣な意図をよく考えなさい。あなた方のいのちが成熟したら、悩む必要はまったくなく、すべてが与えられるであろう。現在あなた方がこれらに注目することには何の価値もない。神の国は完全に実現されており、公然とこの世界に降りてきているのだ。さらにこのことは、わたしの裁きが完全に下されたことを示しているのだ。あなた方はそれを経験しただろうか。あなた方を裁くのは気が進まないが、あなた方はわたしの心を深く考えてはいない。あなた方が絶えずわたしから受けるものが、愛による配慮と保護であり、容赦ない裁きではないことを、わたしは望んでいる。あなた方は裁かれることを望んでいるということなのだろうか。さもなければ、なぜ繰り返しわたしに近づき、交わり、わたしとコミュニケーションを取ろうとしないのか。あなた方はわたしに対して冷たく接し、サタンに知恵をつけられると、サタンの考えが自分の意志と一致していると考えて得意になる。だがあなたが行うことは何一つわたしのためではない。あなた方はいつもわたしをそのように残酷に扱いたいのだろうか。

わたしがあなたにそれを与えたくないというわけではなく、あなた方が代償を払いたくないということなのだ。だから、あなた方は手ぶらで、まったく何も持っていないのだ。今、聖霊の働きは非常な速さで進んでいることがわからないのか。わたしが苛立ってじりじりしているのがわからないのか。わたしに協力するようあなた方に求めているのに、あなた方は相変わらず乗り気ではない。あらゆる災害が次々に襲ってくるだろう。すべての国、すべての場所は災害を経験するだろう──疫病、飢饉、洪水、干ばつ、地震が至る所で発生する。これらの災害は一か所や二か所だけに起こるのではなく、一日や二日の間だけ起こるのでもなく、広大な領域にわたって広がり、次第に激しさを増していくだろう。この間、あらゆる種類の虫害による疫病が次々に発生し、残忍な現象があらゆる場所で起こるだろう。これはすべての国家、すべての民族に下すわたしの裁きである。わたしの子らよ。あなた方は災害の苦しみや困難を被ってはならない。わたしはあなた方がすぐに大人になり、できるだけ早くわたしの肩の重荷を引き受けてくれることを願っている。どうしてあなた方はわたしの旨をわかってくれないのか。これから先の働きはますます大変なものになるだろう。あなた方は、手一杯のわたしを放っておいて一人で懸命に働かせるほど、冷酷なのか。もっとわかりやすく話そう。いのちが成熟した人々は避難所に入り、痛みや苦しみを被ることはない。いのちが成熟していない人々は苦しみや困難を被らなければならない。わたしの言葉は十分に明確である。そうではないか。

すべての者がわたしの聖なる名を知り、わたしを知るようになるために、わたしの名はあらゆる方向へ、あらゆる場所へ広がらなければならない。アメリカ、日本、カナダ、シンガポール、ソビエト連邦、マカオ、香港、その他の国々のあらゆる職業および地位の人々が一度に、ただちに中国に押し寄せ、真の道を探すであろう。わたしの名はすでに彼らに証しされており、わたしはあなた方が彼らを牧養し、導くことができるように、できるだけ早く成熟するのをひたすら待っている。この先、働く量がもっと増えるだろうとわたしが言うのはこのためである。災害が降りかかる時わたしの名はしだいに広く伝えられるだろう。そして注意していなければ、あなた方は自分の取り分を失うだろう。心配ではないのか。わたしの名はあらゆる宗教、あらゆる職業および地位、あらゆる国々、およびあらゆる宗派の人々にまで広がる。これはわたしの働きが秩序正しく、緊密な連結の中で行われるからである。すべてはわたしの賢い采配により生じる。わたしはあなた方が一歩一歩わたしの歩みにぴったり従って前進できることを願うのみである。

前へ:第六十四章

次へ:第六十六章

他のお気に入り

  • 受肉の奥義(2)

    イエスはユダヤで働いたとき、公然と働いたが、今、わたしはあなたがたのあいだで秘かに働き語る。不信者たちはこれに全く気付いていない。あなたがたのあいだでのわたしの働きは部外者には閉ざされている。これらの言葉、刑罰や裁きはあなたがただけに知らされており、他は誰も知らない。この働きはすべてあなたがたのあい…

  • 将来の使命にどのように取り組むべきか

    あなたは時代ごとの神の性質を、時代の重要性を踏まえた言葉で表現できるだろうか。神の働きに関するあなたの経験を通して、神の性質を詳しく述べることができるだろうか。あなたはそれをどのようにして適切且つ的確に述べることができるだろうか。このことを通して、他の人たちがあなたの体験について学ぶことができるよう…

  • あなたがたは自分の行いを考慮すべきである

    あなたがたの生活における行いから判断すると、あなたがたは皆、あなたがたに与え、あなたがたを満たしてくれる言葉の一章を毎日必要としている。というのは、あなたがたには欠けているものが余りにも多く、あなたがたの認識と受け取る能力はあまりにも乏しいからである。あなたがたは日常生活の中で、真理も良い理性もな…

  • 神の宿る肉の本質

    最初に受肉した神は地上で三十三年半間生きたが、職分を果たしたのは、そのうちのたった三年半であった。働きをしていた時も、働きを始める前も、イエスは普通の人間性をもっていた。普通の人間性を三十三年半間宿したのである。最後の三年半の間に、イエスは自分が受肉した神であることを明らかにした。職分を果たし始める…