全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第六十章

いのちが成長することは簡単なことではない。それには、ある過程が必要であるが、更には、あなた方が代価を払うことができ、わたしと一致して協力しなければならないのである。そうすれば、あなた方はわたしに称賛されるだろう。天地万物はわたしの口から発せられた言葉により建て上げられ、完成される。そして、わたしにあって、全てのことは達成可能である。わたしの唯一の願いは、あなた方が早く成長し、わたしの肩の荷を取って自分の重荷として担い、わたしに代わって労することである。そうすれば、わたしの心は満足するであろう。父の重荷を背負おうとしない子がいるだろうか。子のために昼夜労しない父親がいるだろうか。だがあなた方はわたしの旨を理解しない。あなた方はわたしの重荷について考慮せず、わたしの言葉はあなた方にとっては重みがなく、あなた方はわたしの言葉通りにはしない。あなた方はいつでも自分が主人なのだ。何と利己的だろうか。あなた方は自分の事しか考えていない。

あなたは本当にわたしの旨を理解しているのか。それともあなたは単に理解しないふりをしているのか。なぜいつもそのように気ままに振る舞うのか。公正を期して言うならば、それがわたしの期待に応えることなのか。あなたが病の原因を知った時、なぜ癒やしを求めてわたしと交わらないのか。あなたに言おう。今後、あなた方が肉体の病を患うことはない。もし体のどこかに不調を感じたならば、外部に原因を探して駆けずり回ってはならない。そうではなく、わたしの前に来て、わたしの意図を知ることを求めなさい。このことを覚えておくか。この日から、あなた方は完全に自分の肉体を離れて、霊の世界に入る。つまり、あなた方の体は二度と病に侵されることはない。これはわたしの約束である。あなたはこれを喜ばしく思うだろうか。嬉しいだろうか。これがわたしの約束であり、さらには、あなた方が長く待ち望んだことだ。恵まれた人々よ、今日それがあなた方の上に成就されたのだ。なんと素晴らしく、計り知れないことか。

わたしの働きは日夜前進し、一瞬も止まることがない。それは、わたしの差し迫った願いとは、あなたをわたしの心に適う者にすることだからであり、わたしの心はあなた方によってすぐに慰められるためであるからだ。わが子よ!あなた方がわたしの善き祝福にあずかる時がきた。過去に、あなた方はわたしの名のために苦しんだが、あなた方の試練の日々は終わった。誰かが、わたしの子の髪の毛一本でも傷つけるのなら、わたしはその者を簡単には赦さず、その者は決して自由にはなれない。これがわたしの行政命令であり、これに違反する者は誰であれ、自らに危険を招くことになる。わが子たちよ。心ゆくまで楽しむが良い。喜びに歌い、歓呼せよ。あなた方は二度といじめられたり、虐げられたりすることはなく、二度と迫害されることもない。恐怖の中でわたしへの信仰を持ち続けることもなくなり、あなた方の信仰は世界中に[a]公開される。わたしの聖なる名を呼びなさい。そうすれば、宇宙の果てまでそれが鳴り渡るだろう。彼らに見下され、痛めつけられ、拷問を受けた者たちが、彼らの上に立ち、彼らを支配し、治め、更に重要な事に、彼らを裁くようになることを、彼らに見せるのだ。

あなた方は自分の霊的成長のことだけを考えなさい。そうすれば、わたしは更に素晴らしい祝福をあなた方に与え、あなた方がその祝福を享受するようにする。そしてその祝福によってあなた方はその比類なき甘美さを更に味わうようになり、それらの祝福の限りない奥義と、それが計り知れないほど深遠であることを強く感じるようになるのだ!

脚注

a. 原文は「世界中に」を省略している。

前へ:第五十九章

次へ:第六十一章

他のお気に入り

  • 唯一の神自身 1

    神の権威(1) 前回までのフェローシップは、神の業、神の性質、そして神自身に関するものであった。前回までのフェローシップで、あなた方は神の性質について認識を得た実感があるであろうか。どれ程多くの認識を得たであろうか。数で表すことが出来るであろうか。前回までのフェローシップにより、神に関する一層深い認…

  • ペテロの経験──刑罰と裁きに関するペテロの認識

    ペテロが神により罰せられた時、ペテロは祈って言った。「神よ、私の肉は不従順で、あなたは私を罰し、裁かれます。私はあなたの刑罰と裁きの中で喜び、たとえあなたが私を求められなくとも、私はあなたの裁きの中に、あなたの聖なる義のご性質を目の当たりにします。あなたの裁きの中に他の人たちがあなたの義なるご性質を…

  • 現実をどのように知るか

    神は実際的な神である。神の全ての働きは現実であり、神が話す全ての言葉は現実であり、神が示す全ての真理が現実である。神の言葉でないものは全て空虚で、存在しないも同然であり、確かでない。今日、聖霊は人々を神の言葉に導いている。もし人々が現実に入ることを追求しようとするならば、彼らは現実を求めて、現実を知…

  • 神の心にかなう奉仕とは

    今日、わたしたちがおもに語り合うことは、神を信仰する上で人々はいかに神に仕えるべきか、神に仕える者たちが満たすべき条件、またどの真理を理解すべきなのか、そして、あなたたちの奉仕にはどのような逸脱があるかなどである。あなたたちはこれら全てを理解すべきである。これらの事柄は、あなたたちがどのように神を信…