神の現れが持つ意義


神の現れとは業のため神降ること

神の方法で身分も性質も保ちながら

時代を始めまた幕引くため 神は降る

神の現れはしるしや絵画ではなく

奇跡でも大いなる幻でもない

ましてや宗教的な儀式でもない

それは実際に見て触れることのできる事実である

神の現れは

業の手順踏むためや早く終わらせるためではない

それはむしろ神の救いの計画の一つなのだ


神の現れには必ず何かの意味があり

救いの計画にいつも繋がりを持っている

それは人を導いたり説き悟らせるものではない

神の現れは

その時代それぞれで偉業を働くためである

それはどの時代とも異なっていて

人には経験も想像もできない 想像さえも

神の現れは新しい時代の幕を開けまた幕を引くため

新しい、一歩進んだ、人類を救う働き

人を新しい時代へと導いていく

これが神の現れの意義

これが神の現れの意義

『言葉は肉において現れる』の「神の現れによる新時代の到来」より編集

前へ: 神の幕屋が世に降臨した

次へ: 神の国を迎える祝砲が鳴り響くとき

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神が人に授ける最高の祝福

神のことばの完成により神の国が形成する 人が正常に戻るとともに 神の国がここにある 神の国の民は正常な生活を取り戻し 今日は神の前に生き 明日は神の国で生きる 全地は喜びと温かい心で満ちる 神の国がこの地上にある 神の国がこの地上にある 凍える冬は常春の世界となり 人は悲惨な…

神の愛はいつも私の心の中にある

Ⅰ 神に従う私の旅路で 、私は神の愛の全てを楽しんだ。神のみ言葉と要求は全て神の守りと愛である。私が弱り果てて涙する時、み言葉は私を励ましてくれる。私が失望する時はいつも、み言葉が私を立ち上がらせてくれる。(神よ)あなたの愛は貴く、後悔などない。私の中にあなたの愛を深く感じる。…

私は一生涯を神に捧げたい

時に、神と過ごし 時に離れたが 神は誰より愛して下さる 神よ、私は反抗して 何度もあなたを悲しませた どうして忘れられよう 私の中のあなたの業と託されたことを心に留め 御業によって最善を尽くしてきた 神は私に出来ることをご存知だ 私は生涯をあなたに捧げたい 何も求めず、希望も計…

全能神の聖なる霊の体が現れた

全能神が栄光の体を現し 神の聖なる体が現れた 彼は神自身であり 真の神である 世界は変わり 肉もまた変わった 神の変容は神の真の姿である 金の冠を冠り 白い衣まとい 金の帯 胸に巻く 世界の万物は神の足台 神の眼は炎のようで 口には諸刃の剣 右手には七つの星 神の国の道は無…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索