全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

終わりの日のキリストの語られる言葉(選集)朗読

Recital-utterances-of-christ-of-the-last-days
終わりの日のキリストの語られる言葉(選集)朗読

カテゴリ

Recital-latest-expression
言葉は肉において現れる(続編)朗読

全ての人は、地上でのわたしの働きの目的、すなわち、わたしの働きの最終的な目的、この働きが完了する前にわたしが達成しなければならないレベルを理解する必要がある。もしわたしと未来の日に向かって歩いている人々が、わたしの働きとは一体何であるかを理解していないなら、彼らは意味もなく私と歩いているのではないか。わたしについてくる人々は、わたしの意志を知るべきだ。わたしは、地上で何千年も働きをしてきており、今もそれを行っている。わたしの働きに含まれるきわめて数多くの事柄があるが、その目的は不変のままである。例えば、わたしは人に対して裁きや懲らしめばかりをしてきたが、それはやはり、人を救うためであり、それは、人が完全にされた時に、わたしの福音をより広め、さらにわたしの働きを異邦人の間で広げるためなのだ。したがって今、多くの人々がすでに希望をすっかり失ってしまっている時、わたしはわたしの働きを続けている、そして、人に裁きと懲らしめを与えなければならないこの働きを続けている。人がわたしの言うことに辟易したり、わたしの働きを気にかけるような意欲がなかったりという事実があるにもかかわらず、わたしは依然として、わたしの職分を遂行する。なぜなら、わたしの働きの目的は不変であり、わたしの本来の計画は壊れることがないからである。わたしの裁きの機能とは、人をより正しくわたしに従うようにさせるためであり、わたしの懲らしめは、人をよりよい方向へ根本的に変えることだ。わたしのすることが、わたしの采配のためであっても、わたしは、けっして、人に不利益になるようなことはしてこなかった。これは、イスラエルの外にいる全ての民族をイスラエル人と全く同様に従順にさせ、真の人にさせたいからだ。そうすることによってわたしは、イスラエルの外の地に足場を固める。これがわたしの計画である。異邦人の地でわたしが成し遂げている働きである。今でさえ、多くの人々は、わたしの全計画を理解しない。なぜなら、彼らはそのことに関心がなく、代わりに彼ら自身の将来や目的地のみを考えているからだ。わたしが何といおうとも、人々はわたしの働きに関心がなく、彼らの明日の目的地のみに関心がある。従って、このような状況が続くのなら、わたしの働きはどうしたら広げることができるだろうか。わたしの福音はどのようにしたら世界中に広げることができるだろうか。わたしの働きが広がる時、わたしはあなたがたを散らし、ヤーウェがイスラエルの部族を撃ったようにあなたがたを撃つだろうことを、あなたは知る必要がある。これら全てが、わたしの福音が地上全てで拡大することを目的になされる。その結果、わたしの働きが異邦人に広がるだろう。こうして、わたしの名は、大人によっても子供によっても、同様に、広められるだろう。わたしの聖なる名は、あらゆる種族や民族からくる人々の口によって賞揚されるだろう。終わりの日に、わたしの名は異邦人の間で広められ、わたしの業は異邦人によって知られることとなり、彼らはわたしを、全能の神と呼ぶであろう。その結果わたしの言葉が速やかに実現されるだろう。わたしは全ての人々に、わたしが、イスラエル人の神であるだけではなく、全ての異邦人の神でもあり、わたしが呪った民族の神でさえもあることを、知らしめる。わたしは、全ての人々に、わたしが全ての被造物の神であることを分からせる。これが、わたしにとって最大の仕事であり、終わりの日のためのわたしの行動計画の目的であり、終りの日に達成されるべき働きのすべてである。

数千年に渡ってわたしが実行している働きは、終わりの日に完全に人に明らかにされるだけである。今だけ、わたしは、わたしの全計画の神秘の全てを開示した。人はわたしの働きの目的を知っていて、その上、わたしの神秘の全てを理解している。そして、わたしは人に彼らが懸念する目的地についての全てを伝えてきた。わたしはすでに、人のために5900年以上に渡って隠されたわたしの神秘の全てについて、明らかにした。ヤーウェとは誰か。 メシヤとは誰か。イエスとは誰か。あなたはこれら全てを知っているべきだ。わたしの働きは、これらの名前のどれをとるかによって変わる。あなたはそれを理解しているだろうか。どのようにして、あなたはわたしの聖なる名を宣言すべきだろうか。あなたはわたしの名前を、どのようにして、わたしが関わる名前のどれもが求められてきた国に広げるべきだろうか。わたしの働きは、すでに拡大している、従ってわたしは、その全てをあらゆる民族に広げる。わたしの働きは、あなたがたの中で実行されてきたのだから、わたしは、あなたがたをヤーウェが、イスラエルのダビデの家の羊飼いを撃ったように撃つ。それにより、あなたがたは全ての民族に散らされる。というのは、終りの日には、わたしは、全ての国を粉々に砕き、その全ての人々を再配置する。わたしが帰る時、その国々は、わたしの燃える炎によって設定された境界によりすでに分断されている。その時、わたしは、灼熱の太陽のように、人にとって新たなものとして姿を現し、そして彼らが見たことのない聖なるものの姿として公に彼らの前に現われ、丁度、わたしヤーウェがユダヤ部族の間を歩いたように、全ての国々を歩く。その時から、わたしは地上で生きる人々を先導する。彼らは、そこでわたしの栄光を見、また、彼らを先導する空の雲の柱を見る。なぜなら、わたしは聖なる場所に現れるからだ。人は、わたしの義なる日々とわたしの栄光が現れるのを見る。このようなことは、わたしが地上全てで君臨して、多くの息子達を栄光に導く時に起こる。全ての者が、あらゆるところでひれ伏し、わたしの幕屋は、彼らの間に、わたしが今実行している働きという岩の上に建てられる。彼らは、神殿でわたしに仕える。汚らわしく、憎むべきものがつまった祭壇は、粉々に砕け、そして、わたしが新たなるものを再建する。聖なる祭壇は、最初に生まれた羊と子牛を積み上げる。現存する神殿を壊し、新しいものを再建する。今、建っている神殿は、忌まわしき人々がつまっており崩壊する。わたしが建てる神殿は、わたしに忠実な奉仕者によって満ちている。彼らは、再び、立ち上がり、わたしの神殿の栄光のためにわたしに仕える。あなたは、必ず、わたしのすばらしき栄光の日を見る。あなたは、わたしが神殿を壊し、新たなるものを再建する日を見る。あなたはまた、世界にわたしの幕屋が出現する日を見る。わたしは神殿を壊すと、世界に私の幕屋をもってくる、まさに人々がわたしが降臨するのを見るように。わたしが、全ての国々民族を破壊したら、彼らを新たに一同一緒に集める。そうして彼らがわたしの幕屋を建て、聖壇を作り、全てのものがわたしに生贄を捧げ、わたしに仕え、異邦人の国々で忠実に私の働きのために仕えるようにする。これは、イスラエル人が、丁度今行っているように行われる。すなわち、聖職者の服と冠、彼らの間に留まっているわたし、ヤーウェの栄光、彼らの上に覆いかぶさり、彼らと共にある私の威光とともに。異邦人の中でわたしの働きは、そのように実行される。イスラエルでのわたしの働きのように、異邦人の地でもわたしは同じであるだろう、なぜなら、わたしはわたしのイスラエルでの働きを大きくし、異邦人の地へ広げるからだ。

今わたしの霊は大いに働いており、異邦人の国々で働いている。それ以上に、全ての被創造物を分類して、各々を彼それぞれの分類にはめこみ、わたしの働きがより速く、より効率的に進行するようにしている時である。従って、わたしは依然として、わたしの働き全てに対して、あなたが全存在をささげることを求める。さらには、あなたは、わたしがあなたの中で成した働き全てをはっきりと識別して、確信すべきであり、さらにあなたの強さすべてをわたしの働きに投入すべきである。そうすることで、私の働きはより効率的になる。これは、あなたが理解しなければならないことである。お互いに争わず、逃げ道を探すな、あるいは肉の快楽を追い求めるな、これらはわたしの働きを遅らせ、あなたのすばらしき未来を潰す。それは、ただあなたを駄目にして、あなたを決して守りはしない。あなたは愚かではないだろうか。今日、あなたが享受していることがまさに、あなたの未来を潰しており、一方、今日あなたが煩っている痛みこそ、あなたを守っているのである。誘惑に引っかかることがないように、そして、太陽を遮る深い霧に入るのを避けるようにするためには、あなたはそのことに明確に気づかなければならない。深い霧が晴れた時、あなたは偉大な日の裁きの状態におかれているだろう。その時までに、わたしの日は、人に近づいているだろう。あなたは、わたしの裁きをどのようにして逃れるだろうか。あなたは、どのようにして焼け付くような暑さに耐えることができるだろうか。わたしが、わたしの豊かさを人に与えたら、人は、それを自らの胸の内で大事に育まず、代わりに、気付かないところへ捨て去ってしまう。わたしの日が来たら、人は、もはやわたしの豊かさは見つけられず、わたしがずっと前に与えた苦い真理も見つけられない。彼は、光を失ったことに次いで起こる暗闇への落下を嘆き、泣き叫ぶだろう。あなたが今日見ているものは、単にわたしの口の剣である。あなたは、わたしの手の杖あるいは人を燃やす炎をまだ見ていない、だからこそ、わたしのいるところで、あなたは未だに傲慢で乱暴なのだ。だから未だにわたしの言ったことに反論し、私の家にいながら私と争うのだ。人はわたしを恐れない。今日までわたしに敵意を抱き、人は未だにわたしを全く恐れていない。あなたの口には、不義の舌と歯がある。あなたの言葉と行いは、エバを罪へ誘った蛇のようだ。あなたがたは、お互いに、目には目を、歯には歯をと要求し、地位、名声、利益をわたしのいるところで、競い合っている。だが、わたしがあなたの言葉と行為を、密かに観察していることを知らないでいる。わたしのいるところにあなたが来る前ですら、わたしは、あなたの心を何もかも知っていた。人は、わたしの手から放れ、わたしの目の監視から避けることを常に願うが、わたしは、けっして彼の言葉と行いを避けてこなかった。それどころか、わたしは、わざと、彼らが、わたしの目に届くようにして、わたしが、その不義に懲らしめを加え、反抗を裁くことができるようにしている。したがって、人の隠れた言葉と行いは常にわたしの裁きの席の前に現れ、それは人から離れることはなかった。なぜなら、彼の反抗が強すぎるからだ。わたしの働きは、私の霊の前で語られ行われた人の言葉や行いのすべてを燃やし浄化することである。そのようにして、わたしが地上を去った後でも、人は、わたしへの忠誠を維持でき、わたしの聖なる奉仕者が私の働きの中でするように、わたしに仕え続けるだろう。そして、地上でのわたしの働きが、それが完遂する日まで続けられるだろう。

終わりの日のキリストの語られる言葉(選集)朗読

神の働きを経験する者のみが真に神を信じる 神の現れによる新時代の到来 神は人のいのちの源である 神の裁きと刑罰に神の出現を見る 神の経営の中でだけ人は救われる キリストと融和する道を探せ 救い主はすでに「白い雲」に乗って戻って来た あなたがイエスの霊のからだを見る時は、神が天と地を新しくした時である キリストに味方しない者は確実に神の敵だ 招かれる人は多いが、選ばれる人は少ない あなたは本当に神を信じているのか キリストは、真理を以て裁きの働きを行う 神が人々の間で偉大な業を成し遂げたことを知っているか 終わりの日のキリストだけが人に永遠のいのちの道を与えられる 終着点のために、善行を十分積まなければならない あなたは誰に忠実か 三つの忠告 神の性質を理解することの並ならぬ重要性 地上の神をどのように知るか 神は全人類の運命を支配する 全能者のため息 信者はどんな見解を持つべきか 堕落した人間は神を体現することができない 宗教奉仕を取り締まるべきである 神を信じているなら神に従うべきだ 神の国の時代は言葉の時代(前半) 悪人は罰せられなければならない 現実をどのように知るか 神の心にかなう奉仕とは 千年神の国は訪れた 実践的な神は神自身であることを知るべきである 今日の神の働きを知るということ 神の働きは人間が想像するほど簡単か 完全にされた人々への約束 あなたは神を信じているので真理のために生きるべきである 肉となった神と神に使われる人々との間の本質的違い 神の信仰は宗教的儀式でなく現実に焦点を合わせるべきである 今日の神の働きを知る人々のみ神に仕えることができる 真心で神に従う者は確かに神のものとされる 神の国の時代は言葉の時代(後半) すべてが神の言葉によって達成される(前半) すべてが神の言葉によって達成される(後半) 神を愛することだけが本当に神を信じることである  (前半) 神を愛することだけが本当に神を信じることである  (後半) 「千年神の国は訪れた」についての短い話 七つの雷が轟く -- 神の国の福音が宇宙の隅々まで広まることを預言 神を知る者だけが、神の証人となることができる ペテロはどのようにイエスを知るようになったか 神を愛する者たちは永遠に神の光の中に生きる あなたは生かされたか 性質が変わらないままなのは、神に敵対していることである 神を知らない者はすべて神に反対する人々である 二度の受肉が受肉の意義を完成させる ペテロの経験:刑罰と裁きに関するペテロの認識(パート1) ペテロの経験:刑罰と裁きに関するペテロの認識(パート2) ペテロの経験:刑罰と裁きに関するペテロの認識(パート3) 三位一体は存在するのか(前半) 三位一体は存在するのか(後半) 将来の使命にどのように取り組むべきか 神について何を理解しているのか 本物の人とは何を意味するか あなたは信仰について何を知っているか 肉なる者は誰も怒りの日を逃れることはできない 福音を広める働きは、人を救う働きでもある 律法の時代における働き 贖いの時代における働きについての真実 あなたは人間全体が現在までどのように発展してきたかを知るべきである (前半) あなたは人間全体が現在までどのように発展してきたかを知るべきである (後半) 呼び名と身分について(前半) 呼び名と身分について(後半) 完全にされた者だけが意義ある人生を送ることができる 自己の観念で神を規定している人がどうして神の啓示を受けることができるだろうか 神とその働きを知る者だけが神の心にかなう 受肉した神の職分と人間の本分の違い( 前半) 受肉した神の職分と人間の本分の違い ( 後半) 神はすべての被造物の主である 成功するかどうかはその人の歩む道にかかっている(前半) 成功するかどうかはその人の歩む道にかかっている (後半) 神の働きと人の働き(前半) 神の働きと人の働き (後半) 神の三つの段階の働きを認識することは神を認識する道である(前半) 神の三つの段階の働きを認識することは神を認識する道である(後半) 堕落した人間は受肉した神による救済をより必要としている( パート1) 堕落した人間は受肉した神による救済をより必要としている (パート2) 堕落した人間は受肉した神による救済をより必要としている(パート3) 神の宿る肉の本質 (前半) 神の宿る肉の本質 (後半) 神の業と人間の実践 (前半) 神の業と人間の実践(後半) キリストの本質は父なる神の心に従うことである 人の普通の生活を回復し、素晴らしい終着点に連れて行く (前半) 人の普通の生活を回復し、素晴らしい終着点に連れて行く (後半) 神と人は共に安息に入る(パート1) 神と人は共に安息に入る(パート2) 神と人は共に安息に入る(パート3) 祈りの実践について 新時代の戒め 「受肉の奥義」についての神の言葉四節からの抜粋 (パート1) 「受肉の奥義」についての神の言葉四節からの抜粋(パート2) 「受肉の奥義」についての神の言葉四節からの抜粋(パート3) 「受肉の奥義」についての神の言葉四節からの抜粋(パート4) 「聖書について」に関する神の言葉四節からの抜粋( パート1) 「聖書について」に関する神の言葉四節からの抜粋 パート2 「征服の働きの内なる真実」についての神の言葉四節からの抜粋(パート1) 「征服の働きの内なる真実」についての神の言葉四節からの抜粋(パート2) 「働きと入ること」についての神の言葉十節からの抜粋( パート1) 「働きと入ること」についての神の言葉十節からの抜粋 (パート2) 「働きと入ること」についての神の言葉十節からの抜粋(パート3) 「働きと入ること」についての神の言葉十節からの抜粋(パート4) 神の国の時代に神に選ばれし人々が従わなければならない行政命令10項目 「神の働きのビジョン」についての神の言葉三節からの抜粋 パート1 「神の働きのビジョン」についての神の言葉三節からの抜粋 (パート2) 「神の働きのビジョン」についての神の言葉三節からの抜粋( パート3) 四番目の言葉 五番目の言葉 六番目の言葉 七番目の言葉 八番目の言葉 九番目の言葉 十番目の言葉 十二番目の言葉 十三番目の言葉 十四番目の言葉 十五番目の言葉 十六番目の言葉 十一番目の言葉 十七番目の言葉 十八番目の言葉 十九番目の言葉 二十番目の言葉 二十一番目の言葉 二十二番目の言葉 二十三番目の言葉 二十四番目の言葉 二十五番目の言葉 二十六番目の言葉 二十七番目の言葉 二十八番目の言葉 二十九番目の言葉

0件見つかりました