神の精錬の働きの目的

すべての人々にとって精錬は耐えがたく、受け入れ難いものであるが、神が義なる性質を人に明らかにし、人に対する要求を公にし、より多くの啓きとより現実的な刈り込みと取り扱いを与えるのは精錬の間である。事実と真理の比較により、神は人自らについてのより大きな認識と真理を人に与え、神の心をより深く理解させ、そうしてより真理に近く純粋な神への愛を人に得させる。それらは精錬を実行する神の諸目的である。


人の中で神が行う働きのすべてには固有の目的と意義がある。神は無意味な働きをせず、人に恩恵がない働きもしない。精錬は人々を神の前から取り除くことを意味するものではなく、地獄で人々を滅ぼすことも意味しない。それは精錬の間に人の性質を変え、動機や従来の見方を変え、神に対する人の愛を変え、人の一生を変えることを意味する。精錬は人の真の試練のひとつであり、真の鍛錬の一形態であり、精錬の間のみ人の愛はその本質的な機能を果たすことができる。


『言葉は肉において現れる』の「精錬を経験することでのみ、人は真の愛をもつことができる」より編集

前へ: 真理をもっと実践し神にもっと祝福されなさい

次へ: 試練の中で人間が保持すべきもの

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

全能神の聖なる霊の体が現れた

全能神が栄光の体を現し 神の聖なる体が現れた 彼は神自身であり 真の神である 世界は変わり 肉もまた変わった 神の変容は神の真の姿である 金の冠を冠り 白い衣まとい 金の帯 胸に巻く 世界の万物は神の足台 神の眼は炎のようで 口には諸刃の剣 右手には七つの星 神の国の道は無…

なぜ真の愛はこの世では見つけにくいのだろうか

神よ、あなたに会いたい もうあなたと離れたくはない 全てを治める創造主 だがいつも共にはいられない あなたは恥辱に耐え 堕落した者を救っているのだ あなたは血と涙の道を旅し 長年苦しみに耐えながら 全ての愛を注がれた 人びとと苦難を分かち合った 孤独で見捨てられても 誰があなたを…

神だけがいのちの道を持っている

いのちの道は誰もが備えているものではなく それは誰もが簡単に手に入れられるものではない いのちは神だけから来るのであって唯一 神だけがいのちの本質 いのちの道を持っている それゆえ神だけがいのちの源であり 尽きることなく流れる生けるいのちの水の泉である 世界の創造以来 神は…

私は神の愛に報いよう

長年にわたり私は 世界の 海原を漂ってきた 私は心の底から堕落し 魂は汚れに満ちている しかし神は恵みの手を差し伸べ 憐れみをもって私を救った 今、私は感謝に溢れ 全能神の家に戻っていく たとえ今、神に救われていても 私は自分の性質を変えていくべきだ 鍛錬や苦痛が伴うとしても 私…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索