終わりの日の神の受肉の背後にある目的

神は終わりの日に行うべき働きを行い、言葉による職分を果たすために受肉した。神の心に付き従う人々を完全にすることを目的として、人間のもとで働くために神は自らやって来た。創造の時から現在まで、神がその働きを行うのは終わりの日のみである。そのような大規模な働きを行うために神が受肉したのは、終わりの日のみである。神は人間にとっては耐え難いであろう苦難に耐え、偉大な神として凡人となるほど謙遜しているが、神の働きのうち遅れている側面はなく、その計画は少しも混乱していない。神は、当初自ら計画したとおりに働きを行っている。


この受肉の目的のひとつが、人間を征服することである。もうひとつの目的が、神が愛する人々を完全にすることである。神は、自分が完全にする人々を自らの目で見ることを、そして神が完全にする人々がどのようにして神の証しに立つかを自ら見ることを望んでいる。完全にされるのは一人や二人ではない。しかし完全にされるのは、極めて少人数の集団である。この集団は、世界各地の様々な国から、様々な国籍から集められる。これだけの働きを行う目的は、その集団を得ること、その集団が神のために立てる証しを得ること、そしてその集団をとおして神が得る栄光を得ることである。


『言葉は肉において現れる』の「実践を重視する者だけが完全にされることができる」より編集

前へ: 赤い大きな竜の国における神の働きの意味

次へ: ヨブがサタンに勝利した証拠

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

ペテロの神への愛の表現

生活で神の要望を満たせないものがあれば それはペテロを不安にした もしそれが神を満足させなければ彼は悔やみ 努力し神の心を満たそうとした 生活のどんなに小さなことでも ペテロは神の要望を満たそうと自らに求め 自分の古い性質を容赦することなく 更に深く真理に入ることを求めた 更に深…

神の愛はいつも私の心の中にある

Ⅰ 神に従う私の旅路で 、私は神の愛の全てを楽しんだ。神のみ言葉と要求は全て神の守りと愛である。私が弱り果てて涙する時、み言葉は私を励ましてくれる。私が失望する時はいつも、み言葉が私を立ち上がらせてくれる。(神よ)あなたの愛は貴く、後悔などない。私の中にあなたの愛を深く感じる。…

かけがえのない人生

果てしない空は雄大・荘厳で素晴らしい 地上で生きる者が従い礼拝すべきは誰か? 神による創造と万物の統治は奥義に満ち その業の不思議をどこにでも見ることができる 宇宙の万物の動きは全て神の手中にあり 人の運命の禍福は思いもよらず 神の支配から逃れられない 人生は一瞬なので 魂に悔い…

神のあなたがたへの期待を感じたことがあるか

誰がこの終わりなき世で神に吟味されるのか? 誰が神の霊の言葉を聞いたのか? 誰がヨブに答えられるのか? 皆の中にペテロはいるか? 神はなぜ幾度もヨブとペテロのことにふれたのだろう? 皆、神からの期待に気づいたか? もっと熟考することに時間を割くべきだ 大勢が闇の中を探り、逆境の…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索