全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

小羊に従って新しい歌を歌おう

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

終わりの日の神の受肉の背後にある目的

神は終わりの日に行うべき働きを行い、言葉による職分を果たすために受肉した。神の心に付き従う人々を完全にすることを目的として、人間のもとで働くために神は自らやって来た。創造の時から現在まで、神がその働きを行うのは終わりの日のみである。そのような大規模な働きを行うために神が受肉したのは、終わりの日のみである。神は人間にとっては耐え難いであろう苦難に耐え、偉大な神として凡人となるほど謙遜しているが、神の働きのうち遅れている側面はなく、その計画は少しも混乱していない。神は、当初自ら計画したとおりに働きを行っている。

この受肉の目的のひとつが、人間を征服することである。もうひとつの目的が、神が愛する人々を完全にすることである。神は、自分が完全にする人々を自らの目で見ることを、そして神が完全にする人々がどのようにして神の証しに立つかを自ら見ることを望んでいる。完全にされるのは一人や二人ではない。しかし完全にされるのは、極めて少人数の集団である。この集団は、世界各地の様々な国から、様々な国籍から集められる。これだけの働きを行う目的は、その集団を得ること、その集団が神のために立てる証しを得ること、そしてその集団をとおして神が得る栄光を得ることである。

『言葉は肉において現れる』の「実践を重視する者だけが完全にされることができる」より編集

前へ:赤い大きな竜の国における神の働きの意味

次へ:ヨブがサタンに勝利した証拠