全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第百章

わたしは、わたしによって予め定められておらず、選ばれていない、すべての者たちを忌み嫌う。それ故わたしは、わたしの家からこれらの人々を一人ずつ追い出さなければならない。そうすればわたしの神殿は聖なるもの、傷のないものとなり、わたしの家は常に新しく、決して古くならず、わたしの聖なる名は永遠に広められ、わたしの聖なる民はわたしの愛する者になるだろう。このような光景、このような家、このような神の国が、わたしの目標、わたしの住まいであり、わたしの万物創造の基礎である。誰もそれを揺るがしたり、変えたりすることはできない。その中で共に住むのは、わたし自身とわたしの愛する子らだけであり、誰もそれを踏みにじることは許されず、どのようなものもそれを占拠することは許されず、さらに、不愉快な出来事もまったく許されない。すべてが讃美と歓呼になり、すべてが人間の想像を絶する光景となるだろう。わたしはただ、あなた方が全身全霊で、また、あなた方の能力の限りを尽くして、あなた方のすべての力をわたしに捧げることを望む。今日であろうと明日であろうと、あなた方がわたしのために効力者であろうと、祝福を受ける者であろうと、あなた方は皆、わたしの国のために、あなた方の力を尽くすべきである。これは、造られたすべての人々が担うべき義務であり、それはこのように行われ、実行されねばならない。わたしは、わたしの国の美しさを常に新しいものにし、わたしの家を調和させて統一させるために、すべてのものを動員して奉仕させる。誰もわたしに背くことは許されず、背く者は裁きを受け、呪われなければならない。今、わたしの呪いはすべての国々とすべての民族の上に降りかかり始めている。わたしの呪いは、裁きよりもさらに厳しい。今はすべての人々を罪に定め始める時であるので、それは呪いだと言われている。それは今が最後の時代であり、創造の時ではないからである。時代が変わったので、わたしの働きのペースは今や非常に異なっている。わたしの働きの必要性のために、わたしが必要とする人々も異なっている。棄てるべき人々は棄てられるだろう。切り離すべき人々は切り離されるだろう。殺されるべき人々は殺され、残されるべき人々は残されねばならない。これは人間の意志とは関係ない、避けることのできない傾向であり、誰もそれを変更することはできない。それはわたしの旨に従って行われなければならない。わたしはわたしが見捨てる者を見捨て、わたしが排除する者を排除する。いい加減に行動する者はいない。わたしはわたしが残したい者を残し、わたしが愛したい者を愛する。これはわたしの旨に従って行われなければならない。わたしは感情によって行動しない。わたしには義、裁き、怒りしかない―感情は全くない。わたしには人間のかすかな痕跡もない。何故なら、わたしは神自身であり、神の存在であるからだ。人々は皆、わたしの人間性の側面を見て、わたしの神性の側面は見ないからである。彼らは実に非常に盲目で、たいへん混乱している。

あなた方はわたしが言うことを心の中に留めなければならない。わたしの言葉を通してわたしの心を理解し、わたしの重荷への配慮を示さなければならない。そうすれば、あなた方はわたしの全能性を知るようになり、わたしという存在を見るようになるだろう。わたしの言葉は知恵の言葉であり、誰もわたしの言葉の背後にある原則や法則を理解することはできないからである。人々は、わたしが詐欺や曲がったことを行っていると思い、また、わたしの言葉を通してわたしを知ることがないが、逆にわたしを冒瀆する。彼らは非常に盲目で無知である。そして彼らには何の識別力もない。わたしが言うすべての文は、権威と裁きを持っており、誰もそれを変えることはできない。一旦わたしの言葉が発せられたら、物事はわたしの言葉に従って成し遂げられるだろう。そして、これはわたしの性質である。わたしの言葉は権威であり、誰であれそれを改定する者はわたしの刑罰に反するので、わたしは彼らを打ち倒さなければならない。深刻な場合は、彼らは自分のいのちに滅びを招き、ハデスか、底なしの穴に落ちる。これが、わたしが人類を扱う唯一の方法であり、人間にそれを変えるすべはない──これがわたしの行政命令である。これを憶えておきなさい。誰もわたしの行政命令に違反してはならない。これはわたしの旨に従って行われなければならない。過去には、わたしはあなた方に甘くし過ぎて、あなた方はわたしの言葉にだけ向き合った。人々を打ちのめすことについてわたしが語った言葉は、まだ実現していなかった。しかし、今日から、すべての災害(わたしの行政命令に関連するこれらの災害)は、わたしの旨に従わないすべての者たちを罰するために、次から次へと降りかかるだろう。事実の出現がなければならない、そうでなければ人々はわたしの怒りを見ることができず、繰り返し放蕩するだろう。これはわたしの経営(救いの)計画の一段階であり、また、わたしの働きの次の段階を行う方法である。あなた方が違反を犯すことを避け、永遠の地獄の苦しみを避けることができるように、わたしはこれをあなた方にあらかじめ伝えておく。つまり、わたしは今日から、わたしの長子を除くすべての人々を、わたしの旨に従って適切な場所に就かせ、彼らを一人ずつ罰する。わたしは彼らのうちの一人でさえ放免しないであろう。あなた方は再び放蕩しようとさえする。あなた方は再び反抗的になろうとさえする。わたしは感情の欠片もなくすべての者に対して義である、と以前わたしは言った。そして、これはわたしの性質を侵害してはならないことを示している。これがわたしの存在である。誰もこれを変えることはできない。すべての人々がわたしの言葉を聞き、すべての人々がわたしの栄光ある顔を見る。すべての人々はわたしに完全に、そして絶対に従わなければならない──これはわたしの行政命令である。宇宙の果てにいるすべての人々はわたしを賛美し、わたしに栄光を帰さなければならない。何故なら、わたしは唯一の神自身であり、わたしは神の存在であるからだ。誰もわたしの言葉や発言、わたしの話やふるまいを変えることはできない。何故なら、これらはわたしだけの事柄であり、わたしが永遠に所有し、永久に存在するものだからである。

人々はわたしを試そうとする意図を抱き、わたしの言葉の中に何かわたしをけなすために使うことができることを見つけようとする。わたしがあなたにけなされるべきなのか。わたしが平気で裁かれるというのか。わたしの事業は気軽に論じられるべきなのか。あなた方は実に自分のために何が良いのかを知らないやからである。あなたはわたしを全く知らない。シオンの山とは何であるのか。わたしの住まいとは何であるか。カナンの良い地とは何であるのか。創造の基礎とは何であるか。ここ数日間、わたしは何故これらの言葉に触れ続けたのか。シオンの山、わたしの住まい、カナンの良い地、創造の基礎はすべて、わたしの存在(体のことを指している)に関連して言われている。人々は皆、それらは物理的に存在する場所だと思っている。わたしの存在がシオンの山であり、わたしの住まいである。霊的な世界に入る者は誰でもシオンの山に登り、わたしの住まいに入るだろう。わたしは万物をわたしの存在の中に造った。つまり、すべてのものは体の中に造られたのであり、したがって、それが基礎なのである。何故わたしは、あなた方がわたしと共に体の中に戻って来ると言いうのか。その中に本来の意味があるのだ。「神」という名称のように、これらの名詞はそれ自体では意味を持たないが、むしろそれらは、わたしが異なった場所に与える異なった名称なのである。だから、それらの文字通りの意味にはあまり注意を払わず、わたしの言葉を聞くことにだけ集中しなさい。あなた方はそれらをこのように見なければならない。そうすれば、あなた方はわたしの旨を理解することができるようになるだろう。わたしは何故、わたしの言葉の中に知恵があることをあなた方に何度も思い起こさせるのか。あなた方の何人がこの背後にある意味を理解しようとしただろうか。あなた方は皆、盲目的に分析しており、理性がない。

あなた方はわたしが過去に言ったことの大半を今もなお理解していない。あなた方は不信状態に陥っており、わたしの心を満足させることができない。それがいつであれ、わたしが言う一つひとつの文についてあなた方が確信できるようになるときが、あなた方のいのちが成熟するときとなるだろう。わたしにとっては、一日は千年のようであり、千年は一日のようである。わたしが言う時間について、あなた方はどのように考えているか。あなた方はどうやってそれを説明するだろうか。あなた方はそれを誤解している。そしてさらに、ほとんどの人々がまだこのことについてわたしと論争し、何かわたしの不利になることを見つけようとしている。あなたは自分に何が良いのかを分かっていない。わたしはあなたを打ち倒す。すべてのことが明らかになるその日が来たら、あなた方は完全に理解するだろう。わたしは、今はまだあなた方に言わない(今は人々を暴露する時であるので、誰もがわたしの旨を満たすことができるよう、注意深く慎重でなければならない)。わたしはすべての人々をわたしの言葉で暴露し、彼らの本来の姿が明らかにされ、それによって彼らが真実であるかどうかが示されるだろう。もし誰かが売春婦やイゼベルであれば、わたしは彼らを暴露しなければならない。わたしは、指一本上げることなく物事を行い、人々を暴露するためにわたしの言葉だけを使うと以前に言った。わたしは何の偽装も恐れない。一度わたしの言葉が発せられると、あなたは本来の姿を露わにしなければならない。また、あなたがどんなにうまく自分を偽装することができても、わたしはそれを必ず見破るであろう。これがわたしの業の原則である―言葉だけを使い、何の力も費やさない。人々はわたしの言葉が成就するかどうかについて冷汗を流し、わたし故に不安になり、わたし故に心配するが、これらの気苦労はまったく必要でなく、それは払う必要のない代価である。あなたはわたしのことを心配しているが、あなた自身のいのちは成熟したのか。あなた自身の運命はどうであるのか。頻繁に自問し、手を抜かないようにしなさい。すべての人々はわたしの働きを考慮し、わたしの行動とわたしの言葉を通してわたしの存在を知り、わたしをもっと認識し、わたしの全能性を知り、わたしの知恵を知り、わたしがすべてのものを創り出した手段と方法を知り、そのことによって、わたしに絶え間ない讃美を捧げるべきである。わたしはすべての人々に、わたしの行政命令の手が誰の上に置かれるのか、誰の上にわたしは働くのか、わたしがしたいことが何であるのか、完成させたいことが何であるのかを見せよう。これは一人ひとりの人間が達成しなければならないことである。何故なら、これはわたしの行政命令であるからだ。わたしは、わたしが言うことを成し遂げる。誰もわたしの言葉をいい加減に分析してはならない。すべての者は、わたしの言葉を通して、わたしの業の背後にある原則を見なければならない。そして、わたしの言葉から、わたしの怒りとは何か、わたしの呪いとは何か、わたしの裁きとは何であるかを知らなければならない。これらのことは、すべてわたしの言葉にかかっており、それらは、わたしの一つひとつの言葉の中に全ての人が見るべきものである。

前へ:第九十九章

次へ:第百一章

他のお気に入り

  • 終着点のために、善行を十分積まなければならない

    わたしはあなたがたの間で多くの仕事を成し遂げ、もちろん、何度も言葉を発して来た。しかし、わたしの言葉やわたしの働きは、終わりの日のわたしの働きの目的を完全に達成していないと感じる。終わりの日には、わたしの働きは特定の人や人々のためではなく、わたしの本来の性質を現わすためにある。しかし、無数の理由から…

  • 神の働き、神の性質、そして神自身 3

    これらいくつかのフェローシップは、あらゆる者に大きな影響を及ぼしてきた。今、人々は神の真の存在と、神が自分達に極めて身近な存在であることを本当に感じることが出来るようになった。人々は、長年にわたり神を信じてきたにもかかわらず、神の思いと考えを現在ほど深く理解していたことはなく、また神の実践的な行為を…

  • 真心で神に従う者は確かに神のものとされる

    聖霊の働きは日毎に変化し、段階毎に高まっている。明日の啓示は今日よりも高く、段階が進むにつれてさらに高まる。これが神が人間を完全にする働きである。人がこれに付いて行けないのであれば、いつでも取り残されうる。人間が従順な心でいなければ、最後まで従うことはできない。これまでの時代は過ぎ去った。今は新しい…

  • 七つの雷が轟く──神の国の福音が宇宙の隅々まで広まることを預言

    わたしは異邦人国家にわたしの働きを広めている。全宇宙にわたしの栄光は閃く。わたしの心はあちこちに散らばる人々の中に現れ、みなわたしの手によって誘導され、わたしが与えた作業をしている。この時点からわたしは新しい時代へと入り、全ての人々を別の世界へ連れて行く。わたしが自分の「故郷」へ戻ったとき、わたしの…