全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第百十三章

わたしがとる一つひとつの行動には、わたしの知恵が含まれているが、人間はそれをまったく推し量ることができない。人間は、ただわたしの行動とわたしの言葉を見ることができるが、わたしの栄光やわたしの本体の現れは見ることができない。何故なら、人間にはその能力が欠けているからである。だから、人を変えないという状況下で、人がわたしの知恵とわたしの全能性を見ることができるように、わたしの長子たちとわたしはシオンに戻り、姿を変える。人が今見ているわたしの知恵とわたしの全能性は、わたしの栄光のほんの一部であり、言及するにまったく値しない。そのことから明らかなように、わたしの知恵とわたしの栄光は無限で、計り知れないほど深く、人間の心ではどうしても考察することも、把握することもできない。神の国を建て上げることは長子たちの本分であり、それはまた、わたしの仕事でもあり、いわゆるわたしの経営(救いの)計画の一つである。神の国を建て上げることは教会の建設と同じことではない。わたしの長子たちとわたしはわたしの本体と神の国であるから、わたしの長子たちとわたしがシオンの山に入るときに、神の国の建設は達成されるだろう。別の言い方をすれば、神の国を建て上げることは、働きの一つの段階であり、霊の世界に入る段階である。(しかし、世界を創造して以来、わたしがしてきたことはすべて、この段階のために行われたのだ。わたしは、それが一つの段階だと言うけれども、実際はまったくそうではない)。したがって、わたしはすべての効力者を用いてこの段階のために仕えさせ、その結果、終わりの日には大勢の人々が退くだろう。彼らは皆長子たちに奉仕するだろう。誰であれこれらの効力者たちに親切にする者は、わたしの呪いによって死ぬだろう。(効力者たちは皆、赤い大きな竜の陰謀を表し、サタンのしもべであるので、これらの人々に親切にする者たちは、赤い大きな竜の共犯者であり、彼らはサタンに属する)わたしが愛する者をわたしは愛する。そして、わたしの呪いと焼き尽くす炎のすべての対象を蔑む。あなた方もそうすることができるだろうか。誰であれ、わたしに敵対するなら、わたしは決して赦すことも、大目に見ることもない。それぞれの業を為すとき、わたしは大勢の効力者たちがわたしに仕えるよう采配する。こうして、歴史を通してすべての預言者と使徒たちが奉仕してきたのはこの段階のためであるが、彼らはわたしの心に適わず、わたしのものではないということが分かる。(彼らの大半はわたしに忠実であるが、誰ひとりわたしに属さない。したがって、彼らが走り回っているのは、わたしのためにこの最後の段階の基礎を作ることであるが、これは彼らにとってすべて無駄な努力である)。それ故、終わりの日には、もっと大勢の人々が退くことになるだろう。(わたしが「大勢」と言う理由は、わたしの経営(救いの)計画が終結し、わたしの国の建設が成功し、長子たちが玉座に座ったからである。)それはすべて長子たちの出現のためである。長子たちの出現の故に、赤い大きな竜は可能な限りあらゆる方法を試み、すべての手段で尽くして、危害を加えようとする。すなわち、あらゆる悪霊を送ってその悪霊がわたしのために奉仕し、この期間にその真相を露わにし、わたしの経営を妨害するようにした。これらは肉眼で見ることはできない。それはすべて霊の世界のことである。このように人々は、大勢の人々が退くことになるのを信じない。しかし、わたしは自分の行動を知っており、自分の経営を理解している。そして、これが人間に干渉させない理由である。(あらゆる種類の邪悪な悪霊どもがその本性を露わにする日が来るだろう。そして、すべての人々が心から確信するだろう。)

わたしは、長子たちを愛しているが、それらのわたしを熱烈に愛している赤い大きな竜の子孫は全く愛さない。実のところ、わたしは彼らをさらに忌み嫌う。(これらの人々はわたしのものではない。彼らは良い意図を示して、ひびきの良い言葉を言うが、それは赤い大きな竜の策略なので、わたしは彼らを骨の髄まで憎む)。これがわたしの性質である。そして、これはわたしの義の全容である。人間はそれをまったく推し量ることができない。なぜわたしの義の全容がここに現されたのか。それによって、人はわたしの聖なる犯し難い性質を認識することができる。わたしは長子たちを愛し、わたしの長子たちではないすべての者たちを忌み嫌うことができる(彼らが忠実な人々であったとしても)。これがわたしの性質である。あなた方には見えないのか。人々の観念では、わたしはいつも憐み深い神であり、わたしを愛するすべての者を愛する。これはわたしを冒瀆することではないのか。わたしが牛や馬を愛せるだろうか。サタンをわたしの長子にして、それを楽しむことができだろうか。馬鹿げている。わたしの働きはわたしの長子たちのためであり、わたしの長子たちを除いては、わたしが愛するものは他に何もない。(子らと民は付加えられたものであるが、彼らはまったく重要でない。)人々は、わたしがそれまで多くの無駄な働きをした、と言ったが、わたしの見方ではこれは実際、最も価値があり、最も意味のある働きである。(これは二つの受肉の間に行われたすべてのことである。わたしは、わたしの力を現したいので、肉になってわたしの働きを完了しなければならない。)わたしの霊が直接働くために来る、とわたしが言う理由は、わたしの働きは肉の中で完成するからである。すなわち、わたしの長子たちとわたしは安息に入り始める。肉におけるサタンとの戦いは、霊の世界でのサタンとの戦いよりも激しく、すべての人々が見ることができるので、サタンの子孫でさえ、わたしのために美しい証しをすることができ、彼らはなかなか去ろうとしない。これこそが、わたしが肉の中で働くことの意味そのものである。それはおもに、悪魔の子孫たちに悪魔自身の名誉を汚させるためである。これは、悪魔であるサタンにもたらす最もひどい屈辱であり、それによってサタンは身を隠す場所も見つからないほど恥を感じ、わたしの前で繰り返し憐みを乞うであろう。わたしは勝った。わたしはあらゆるものに打ち克った。わたしは第三の天を突き抜け、シオンの山に達し、わたしの長子たちと共に家族の幸福を楽しみ、天の国の大きな祝宴の中に永遠に浸り切る。

長子たちのために、わたしはすべての代価を払い、すべての労力を費やした。(わたしが行ったすべてのこと、わたしが言ったすべてのこと、わたしがあらゆる種類の悪霊を見破ること、また、あらゆる種類の効力者を取り除いたことが全部長子たちのためであったことを、人はまったく知らない。)しかし、多くの働きの中で、わたしの采配は秩序正しい。それは決して盲目的には行われない。わたしの日々の言葉の中に、あなた方は、わたしの働き方と段階を見ることができなくてはならない。わたしの毎日の行動の中に、わたしの知恵と、物事に対処する際のわたしの原則を見るべきである。わたしが言ったように、サタンは、わたしの経営を妨害するために、わたしのために奉仕する者たちを送った。これらの効力者は毒麦であるが、小麦は長子たちではなく、むしろ長子たちではないすべての子らと民を指す。小麦は常に小麦のままであり、毒麦は常に毒麦のままである。これは、サタンのものである人々の本性は、決して変わることがないことを意味している。要するに、彼らはサタンのままである。小麦は子らと民を意味する。なぜなら、世界創造の前に、わたしはこれらの人々にわたしの素質を加えたからである。以前わたしは、人間の本性は変わらないと言ったので、小麦は常に小麦のままである。それでは、長子たちとは何であるか。長子たちはわたしから来ており、彼らはわたしによって造られていないので、彼らを小麦と呼ぶことはできない(なぜなら小麦に言及した途端、それは「蒔く」という言葉に関連し、「蒔く」は「造る」ことを意味するからである。すべての毒麦は、効力者の役割を果たすために、サタンによって密かに蒔かれる)。長子たちはわたしの本体の完全で豊かな現れであるとだけ言うことができる。彼らは金と銀と宝石で現わされるべきである。これはわたしの再臨が盗人のようであること、そして、わたしは金と銀と宝石を盗むために来たという事実に触れる。(何故なら、これらの金と銀と宝石は、もともとわたしのものであり、わたしはそれらを取り戻し、わたしの家へ持って行きたいからだ)。長子たちとわたしが一緒にシオンに帰るとき、これらの金、銀、宝石は、わたしによって盗まれる。この時、サタンの妨害や攪乱が起こるので、わたしは金、銀、宝石をとり、サタンと決定的な戦いを始めるだろう。(これは決して単なる話ではなく、霊の世界で起こる事態なので、これについて、人々はまったく不明瞭であり、彼らはそれを単なる話としてしか聞くことができない。しかし、あなた方はわたしが言っていることから、わたしの六千年の経営(救いの)計画を見なければならない。そして、あなた方はそれを絶対に冗談として聞いてはならない。さもないと、わたしの霊はすべての人間から離れるだろう。)今日、この戦いは完全に終わっており、わたしはわたしの長子たちを連れ(わたしのものである金、銀、宝石を持って)、共にわたしのシオンの山に帰る。金、銀、宝石は希少であり、またそれらは貴重であるので、サタンはあらゆる手段でそれらを奪い取ろうとするが、わたしから来たものは、わたしのところにもどらなければならない、とわたしは繰り返し言う。その意味は上に述べられている。長子たちがわたしから来て、わたしに属している、というわたしの言葉は、サタンへの宣言であるが、誰もこれを理解していない。そして、そのすべては霊の世界で起こる事である。このように、人々は、長子たちがわたしに属していることを、わたしが繰り返し強調する理由を理解しない。今日あなたは理解すべきである。わたしの言葉は目的と知恵を持っているとわたしは言ったが、あなた方はこれを外面からしか理解しておらず、誰ひとりとしてこれを霊を通してはっきりと見ることができない。

わたしはもっともっと語る。そして、わたしが語れば語るほど、わたしの言葉はますます厳しくなる。それがある程度まで達すると、わたしは、わたしの言葉を使って、人々の上にある程度働き、人々を心で確信させて言葉でそれを表現するようにさせるだけでなく、それ以上に、生と死の間を漂わせる。これがわたしの働き方であり、これがわたしの働きの段階である。それはこうでなければならない。そのとき初めてサタンを恥じ入らせ、長子たちを完全にすることができる(わたしの言葉を使って、最終的に長子たちを完全にし、彼らが肉から解放されて、霊の世界に入るようにする)。人間はわたしの発言の方法、わたしの言葉の調子を理解しない。わたしの説明から、あなた方は皆識見を得るべきである。そして、あなた方は皆、あなた方がしなければならない働きを完成させるために、わたしの言葉に従うべきである。これが、わたしがあなた方に委ねたものである。あなた方は、外界からだけでなく、もっと重要なことだが、霊の世界から、これを認識していなければならない。

前へ:第百十二章

次へ:第百十四章