全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第百十六章

わたしの言葉の多くは、人々を恐れさせ、恐怖に震えさせるが、他にもまだ、人々を苦しめ、希望を失わせる言葉がたくさんあり、更に多くの言葉が人々に破滅をもたらしている。誰一人わたしの言葉の豊かさを、はっきりと理解することも把握することもできない。わたしがわたしの言葉をあなた方に語り、一文ずつ明らかにする時にだけ、あなた方は全体の状況を知る。だが具体的な事実に関する真実はまだ理解しない。それゆえ、わたしは事実を用いてわたしの言葉を全て現わし、それによってあなた方の理解は大いに増す。わたしが語る方法を見れば、わたしは単に言葉によって語っているのではなく、それ以上に、わたしの言葉によって行動していることが分かる。これのみが、言葉と達成が同時に起こるということの真の意味である。わたしにあっては、全ては自由で、全ては解放されており、これを基礎にして、わたしの為す全てのことは知恵に満ちている。わたしが不注意に語ることはない。また、不注意に行動することもない。(人間性においてか、神性においてかに関わらず、わたしは知恵によって語り、行動する。わたしの人間性はわたし自身の不可分な部分だからである。)それでも、わたしが語る時にわたしの口調に注意を向けるものは一人としておらず、わたしが行動するとき、わたしの働きの方法に注意を向けるものは一人もいない。これは人間の欠点である。わたしはわたしの力を全ての人間の上に現わす。わたしの長子たちに対してだけでなく、それ以上に、全ての国々と全ての人々の間で、わたしの力を現わす。これだけが、サタンを辱める力強い証しである。わたしは愚かな行いはしない。多くの人々は、わたしが長子たちのことを証しするのは過ちだと考えており、わたし以外にも神は存在し、わたしの行動は分別がなく、自分の評価を落としていると言う。そのことから、人間の堕落が更に露わになっている。わたしの長子たちを証しすることがわたしの過ちだなどということがあるだろうか。あなた方はわたしが間違っているというが、それならあなた方は長子たちを証しできるのか。わたしの励まし、わたしの証しがなければ、あなた方は未だにわたしの子をその足の下に踏みつぶし、冷ややかで無関心な態度で扱い、自分の召使いのように扱うだろう。この獣の群れ!わたしはあなたをひとりずつ片付ける。一人として見逃してはもらえない。言いなさい。普通の人間性を持つ人とは相容れないこれらのものは一体何なのか。間違いなく、それは獣である!わたしはどうしてもそのようなものに我慢ならない。もしわたしがあなた方の証しを待っていたなら、わたしの働きはとうに遅れていただろう。この獣どもの群よ。あなた方には人間性というものが全くない。わたしはあなたに奉仕してもらう必要はない。今すぐにここから出て行きなさい。本当に長い間あなたはわたしの子をいじめてきた。わたしはあなたをぼろぼろになるまで踏みつぶす。あなたはまたしても荒れ狂い、またしてもわたしを辱めようとする。わたしは既にわたしの偉大な働きを完成した。そして、この獣どもの群を一掃する時が来たのだ。

わたしの手にあって(わたしの愛する者たちに対して)全ては達成され、また、わたしの手にあって(わたしが憎む獣たち、わたしが忌み嫌う人々、物事に対して)全ては滅ぼされるのだ。わたしは、わたしの長子たちにわたしが行いたいと望むことの全てを見せ、彼らに完全に理解させ、そうすることで、シオンから出て以来わたしが実行した全てのことを彼らが知るようにする。その後、わたしたちは共にシオンの山に入り、ずっと昔、わたしたちがいた場所に入り、新たな生活を始める。それ以降、この世界とこの獣の群れとの接触は一切なくなり、全くの自由があり、全ては順調で何の妨げもなくなる。誰が敢えてわたしの長子たちのひとりにでも抵抗することがあるだろうか。誰が敢えて再び、わたしの長子たちに反抗するだろうか。わたしはそのような者を簡単には容赦しない。過去にあなたがわたしを尊敬したように、今日あなたは、わたしの長子たちを尊敬しなければならない。わたしの面前での振る舞いと、わたしの背後での振る舞いが異なるようであってはならない。ひとりひとりのことを、わたしは透き通るほどはっきりと見ている。わたしの子に忠実でないということは、わたしに親孝行しないということであり、それは、はっきりとした事実である。わたしたちはひとつの体だからだ。わたしに対する態度は良くても、わたしの長子たちに対しては別の態度を示す者がいたならば、間違いなくその者は赤い大きな竜の典型的な子孫である。なぜならば、彼らはキリストの体を分裂させるからである。このような罪が赦されることはない。あなた方ひとりひとりが、このことを理解しなければならない。わたしを証しすることは、あなた方の本分であり、長子たちを証しすることは尚更義務である。あなた方は、一人として自分の責任を逃れてはならない。妨害する者は誰であれ、わたしが直ちに処分する。自分を余りに優秀だなどと思ってはならない。あなたに言っておく。あなたがそのようであればあるほど、あなたはわたしの厳しい懲罰の対象となる。あなたがそのようであればあるほど、あなたには望みがなく、あなたは地獄の子であり、わたしはあなたを永遠に罰する。

わたしの全ての働きは、わたしの霊によって直接為される。サタンのいちみによる干渉を一切許さず、そうすることで、わたしの計画が妨害されることを防ぐ。最後には、わたしは、大人も子供も立ち上がらせ、わたしとわたしの長子たちを誉め讃えさせ、わたしの素晴らしい業を讃美させ、わたしの本体の現れを讃えさせる。わたしは讃美の音が宇宙の果てまで鳴り響くようにし、山河やあらゆるものが揺れ動くようにし、サタンを完全に辱める。わたしは、わたしの証しを用いて、けがれ果て不道徳な古い世界を全て破壊し、聖く、けがれのない新たな世界を建て上げる。(太陽、月、星、そして天体が将来変わることはないとわたしが言ったのは、古い世界が存続するという意味ではなく、全世界は滅び、古い世界は新しいものに取って代わるという意味である。わたしは宇宙を取り替えることはしない。)そうして初めて、世界はわたしの旨と一致する。そこには今日のような圧制のようなものはなく、搾取の現象もなく、肉にある完全な公正と合理性があるようになる。(公正と合理性と言ったが、それは肉においてのことである。それは、わたしの国と比較すれば、極めて異なるものであり、天と地ほど異なる。それを比較する術は全くない――結局人間の世界は人間の世界であり、霊の世界は霊の世界なのである。)その時、わたしの長子たちとわたしは、そのような世界を管轄する(その世界ではサタンによる妨害はない。というのは、サタンはわたしによって完全に排除されているからである)。しかしわたしたちの生活は尚も神の国の生活であり、だれもそれを否定できる者はいない。時代を超えて、人は(それがどれほど忠実な人であれ)このような生活を経験したことはない。なぜなら、時代を超えて、わたしの長子として行動した者は一人としておらず、彼らはその後もわたしに奉仕を続けるからである。これらの効力者は忠実ではあるが、結局のところ、わたしによって征服されたサタンの子孫であり、故に肉が死んだ後にも、変わらず人間の世界に生まれてわたしに奉仕する。これが、「子らは全ての子らに続き、効力者たちはサタンの全ての子孫に続く」ということの本当の意味である。どれ程多くの人たちが今日の長子たちに奉仕するかは、幾時代にも渡って知られていない。全ての効力者たちは、一人として逃げられず、わたしは彼らに永遠にわたしへの奉仕をさせる。彼らの本性に関する限り、彼らはみなサタンの子どもであり、みなわたしに抵抗する。わたしに奉仕はするものの、みな強制されてするのであり、他に選択肢はない。全てはわたしの手によって支配されているからである。わたしの用いる効力者は、最後までわたしに奉仕しなければならない。そのため、今日でも、幾時代も前の預言者や使徒と同じ性質を持った人々が大勢いる。それは、彼らの霊がひとつだからである。故に、未だにわたしの為に走り回る忠実な効力者は大勢いるが、最後に(六千年以上の間、彼らは絶えずわたしに奉仕してきたので、これらの人々は効力者に属する)自分が幾時代にも渡って望んだものを手に入れることのできる者は一人もいない。わたしが準備したものは、彼らのためではないからだ。

わたしによる全てのことは既に目の前で達成された。わたしは長子たちがわたしの家に戻るようにし、わたしの傍らに戻り、再びわたしと一緒にいるようにする。わたしは勝ち誇って勝利のうちに帰還し、完全に栄光をつかんだので、あなた方を連れ戻すために来た。過去に、「五人の賢いおとめと五人の愚かなおとめ」について預言をした人たちがいた。預言は正確ではないものの、全てが誤りではない。それ故、あなた方に説明しよう。五人の賢いおとめと五人の愚かなおとめの両方が、人数を表しているのでも、それぞれがどのようなタイプの人間であるかを表しているのでもない。五人の賢いおとめとは、人々の数を表しており、五人の愚かなおとめはあるタイプの人々を表している。だがどちらも長子たちを指しているのではなく、むしろ被造物を表している。おとめたちが終わりの日に、灯の油を用意するようにと言われたのはこのためである。(被造物はわたしの素質を持たない。賢い者になりたいならば、油を用意する必要がある。そのためには、わたしの言葉を携えていなければならない。)五人の賢いおとめとは、わたしが造った人間の中の、わたしの子らとわたしの民を表している。彼らを「おとめ」と呼ぶのは[a]、彼らが地上で生まれてはいるが、わたしによって獲得されているからである。彼らは聖なる者となったと言うこともでき、故に彼らは「おとめ」と呼ばれる。前述の五人とは、わたしが予め定めたわたしの子らとわたしの民を表している。「五人の愚かなおとめ」とは効力者を指している。彼らはいのちを全く重視せずにわたしに奉仕し、外的なものばかりを追い求め(彼らにはわたしの素質がないため、彼らのすることは何でも外的なものなのである)、わたしの有能な助け手となることはできないので、彼らは「愚かなおとめ」と呼ばれるのである。前述の「五人」はサタンを表しており、「おとめ」と呼ばれるのは[b]、彼らがわたしに征服されており、わたしに奉仕することができることを意味しているが、この種の人間は聖くはないので、効力者と呼ばれるのである。

脚注

a.原文には「呼ぶのは」という語句は含まれない。

b.原文には「と呼ばれるのは」という語句は含まれない。

前へ:第百十五章

次へ:第百十七章

他のお気に入り

  • 受肉した神の職分と人間の本分の違い

    あなたたちは神の働きのビジョンを知り、神の働きの一般的方向を把握しなければいけない。これが前向きにいのちに入ることである。ひとたびビジョンの真理を正確に理解したなら、あなたの入りは確かである。神の働きがどのように変化しようと、あなたの心は堅固で、ビジョンについて明確であり、入りと追求の目標を持つこと…

  • 自己の観念で神を規定する人がどうして神の啓示を受けられるのか

    神の働きは前進を続けており、その目的が変ることはないが、神の働きの実行手段はたえず変化しており、それによって神に従う人々も変化していく。神の働きが増えれば増えるほど、人はさらに徹底的に神を知るようになり、それに応じて人の性質も神の働きとともに変化する。しかし、神の働きがたえず変化しているため、聖霊の…

  • 成功するかどうかはその人の歩む道にかかっている

    多くの人は、自分がいずれ辿りつく終着点のため、あるいは一時的に楽しみにあずかるために神を信じている。神による取り扱いを経験したことのない者にとって、神を信じることは、天国に行くためであり、また見返りを得るためなのであって、完全にされるためでも、被造物としての本分を尽くすためでもない。つまり、ほとんど…

  • 働きと入ること(10)

    人類がここまで発展してきたことは、前例のない状況である。神の働きと人がいのちに入ることは肩を並べて進むのであるから、神の働きもまた比類の無い程の大いなる好機である。現在まで人間がいのちに入ることは、人間がかつて想像し得なかった不思議である。神の働きは絶頂を迎え、それに続いて人間の「入ること」[1]…