全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第百十章

全てが明らかにされる時が、わたしが安息を得る時であり、更には、全てが秩序正しく整う時である。わたしは自分自身で働きを行う。わたしは自ら全てを指揮し、全てを采配する。わたしがシオンから出て来る時、そしてわたしが戻る時、わたしの長子たちがわたしによって完全にされる時、わたしの偉大な働きは完成しているであろう。人々の観念では、何かが為された時は、それは見えたり触れたりできるはずだが、わたしの見方によれば、わたしが計画した時点で全ては完成しているのである。シオンはわたしの住むところであり、わたしの終着点である。そこでわたしは、わたしの全能性を現わし、わたしの長子たちとわたしが家族の幸せを共有するのもそこである。そこでわたしは彼らと共に永遠に生きるのである。シオン、美しい場所。シオン、人々が恋い慕う場所。数え切れないほど多くの人々が、いくつもの時代を超えてシオンを熱望してきたが、初めからシオンに入れた者は一人もいない。(過ぎ去った時代のどの聖徒や預言者たちでさえも。それは、わたしが終わりの日にわたしの長子たちを選んでいるからであり、彼らはみなこの期間に生まれてきているからである。そしてそれを通して、わたしが語ったわたしの憐れみとわたしの恵みが更に明らかになるのである。)今長子である者は一人ひとり、わたしとシオンに入り、その祝福を享受するであろう。わたしは、わたしの長子たちをある高みまで引き上げている。なぜなら、彼らはわたしの素質と栄光ある姿を有しており、彼らはわたしの証しとなることができ、同時にわたしに栄光を帰し、わたしを生きることができるからである。更に、彼らはサタンを打ち負かすことができ、赤い大きな竜を辱めることができる。そしてそれは、わたしの長子たちはきよいおとめだからである。彼らはわたしの愛する者たちで、わたしが選び、わたしが特別好意を寄せる者たちである。わたしが彼らを引き上げるのは、彼らが自分たちの地位に立っていられるからで、謙って、静かにわたしに仕え、わたしの力ある証しとなっているからである。わたしは、わたしの活力の全てをわたしの長子たちに費やし、あらゆる人々と物事が彼らに奉仕する為に注意を払って整えた。わたしは最終的には、誰もがわたしの長子たちからわたしの全ての栄光を見るようにし、わたしの長子たちにより、全ての人が納得するようにする。わたしはどの悪魔にも強制することはせず、悪魔どもがはびこることも、彼らの無謀さも恐れない。なぜなら、わたしには証しがあり、わたしの手には権威があるからだ。注意して聞きなさい。サタンの仲間たちよ。わたしが語る言葉の一つひとつ、わたしの行う全ては、わたしの長子たちを完全にするためのものであり、それ故、あなたはわたしの命令に耳を傾け、わたしの長子たちに従わなければならない。そうでなければ、わたしはあなたに示そう―わたしは直ちにあなたに地獄の苦しみを味あわせよう。わたしの長子たちは既にわたしの行政命令を実施し始めた。なぜなら、彼らはわたしの玉座を支えるに値し、わたしは既に彼らに油を注いだからだ。わたしの長子たちに従わない者は誰も全くろくな者ではない。間違いなく、彼らは、わたしの経営(救いの)計画を混乱させるために、赤い大きな竜に送り込まれた者たちであり、そのような悪党は直ちにわたしの家から追い出されなければならない。そのようなものにわたしの奉仕をさせたいとは思わない―そのようなものは永遠の滅びに直面するであろう。そして、遅れることなく、すぐに直面するだろう。わたしのために奉仕する者たちは、既にわたしの承認を得た人たちにちがいない。彼らは従順で、どんな代価を払うこともいとわない者でなければならない。もし彼らが反抗的であるなら、彼らはわたしへの奉仕には値せず、わたしはそのような被造物を必要としない。急いで立ち去りなさい。わたしはそのような者たちを絶対に望まない。あなたはこの点をはっきりと知らなければならない。わたしのために奉仕する者は、それをしっかりと行い、問題を起こさないようにしなければならない。もしあなたには希望がないと感じ、問題を起こし始めたならば、わたしは直ちに、あなたの息の根を止める。わたしのために奉仕している者たちよ、この点を明確に理解しているか。これはわたしの行政命令である。

わたしのために証しすることは、わたしの長子たちの本分であるので、わたしはあなた方に何かをするように要求することはない。ただ、本分をしっかりと果たし、わたしが与える恵みを享受し、そうすることでわたしの心を満足させればよい。わたしが宇宙の果てまで旅した時、わたしはわたしの長子たちを選び、完全にした。これは、わたしが世界を創造する前に完成したことである。このことを知る人間はひとりもおらず、わたしの働きは静かに達成された。それは人間の観念とは一致しない事なのである。しかし事実は事実であり、誰にも変えられないのだ。大小の悪魔どもは偽装を脱いでその正体を現わし、様々な程度で、わたしの刑罰の対象となった。わたしの働きには段階があり、わたしの言葉には知恵がある。わたしが言うこととわたしがすることから、あなた方は何かを知っただろうか。ただの言動としてしか捉えなかっただろうか。わたしの言葉はただ厳しいだけ、裁きだけだろうか、それとも慰めだろうか。それは単純過ぎるが、人間にとって、それを見ることは単純どころではない。わたしの言葉にあるものは知恵、裁き、義、威厳、慰めだけでなく、そこにはわたしの持っているものと、わたしであるものがある。わたしの言葉のひとつひとつは、人間によっては明らかにされることのない奥義である。わたしの言葉は全く不可解であり、たとえ奥義が現わされても、人間の能力に基づけば、なおも想像と理解の範囲を超えたものである。わたしにとって理解するのが最も簡単な言葉が、人間にとっては最も理解するのが困難なものであり、わたしと人間とは、天と地ほども違うのである。それ故、わたしは、わたしの長子たちの姿を完全に変えて、完全に体の中に入らせることを望む。将来、彼らは肉から体に入るだけではなく、体の中で様々な程度に応じて姿を変える。これがわたしの計画である。これは人間には出来ないことなので(人間には全く不可能である)、たとえ今わたしがあなた方に詳細を話したところで、あなた方は理解しないだろう。あなた方は超自然的なものを感じるだけである。それは、わたしが知恵ある神自身であるからだ。

あなた方が奥義を見る時、あなた方はみな多少の反応を示す。心で奥義を受け入れたり認識したりはしないのだが、言葉においては認識する。このような人間は最も欺瞞に満ちている。わたしが奥義を明らかにする時、わたしはそのような者をひとりずつ排除し、見捨てる。けれども、わたしの行うことはすべて段階ごとに為される。わたしは軽率に事を行ったり、盲目的に結論を出したりはしない。なぜなら、わたしは神聖な性質を持ち合わせているからだ。わたしが今している事、次の段階でわたしがしようとする事は、人々には全く理解できない。わたしが次の段階の働きの方法を語って初めて、人々はわたしについてくることができ、一歩前進することができる。全てのことはわたしの言葉の中で起こり、全てのことはわたしの言葉の中に現わされる。それ故、待ちきれずに苛立ってはならない。しっかりとわたしに奉仕していれば十分である。ずっと昔、わたしはいちじくの木についての預言をした。だが幾時代にも渡って、誰ひとりとして、いちじくの木を見たことはなかったし、説明できるものは一人もいなかった。また、その語句は以前讃美の中でも触れているのだが、その本当の意味を理解できる者は一人もいなかった。その語句は、ちょうど「大災難」と同じように人々を混乱させた。そして、これは、わたしが人間には一度も解き明かしたことのない奥義であった。人々は、いちじくの木は恐らく良い果実の木の一種、あるいは、聖徒たちのことを指していると考えたが、それは本当の意味からはほど遠かった。終わりの日にわたしが巻物を開く時、わたしはあなた方に伝えよう。(巻物はわたしの語った全ての言葉、終わりの日のわたしの言葉を指す――それらは全てその巻物の中に書かれている。)いちじくの木はわたしの行政命令とわたしの行政命令の一つひとつを意味するが、それはいちじくの木の一部に過ぎない。いちじくの木の発芽は、わたしが肉において働き始め、語り始めることを指すのだが、わたしの行政命令はまだ知らされていなかった(なぜなら、わたしの名がまだ証しされておらず、わたしの行政命令を誰も知らなかったからだ)。わたしの名前が証しされて広められる時、わたしの名前が全ての人々によって讃美される時、また、わたしの行政命令が実を結ぶ時、その時こそ、いちじくの木が実を結ぶ時である。これが、ひとつも欠けの無い、完全な説明である―全てはここに現わされている。(わたしがこう言うのは、わたしのこれまでの言葉には、わたしが完全に明らかにしなかった部分があり、それ故、あなた方は忍耐深く待ち、求める必要があったからだ。)

わたしが長子たちを完全にする時、わたしはわたしの全ての栄光と、完全な姿を宇宙世界に、体において現し、また全ての人々の上にいて、わたし自身の本体においてそれを現わす。それはわたしのシオンの山の上、わたしの栄光の中、とりわけ称賛の嵐の中に現れる。そして、わたしの周りで敵は退き、底なしの穴、火と硫黄の池に落ちていく。今日の人々が想像できるものには限界があり、わたしの旨とは違う。それ故、わたしは日々、人々の観念と思考に語りかける。わたしの語ることが全てあなた方に当てはまり、全く抵抗がなくなる日(体に入る日である)が来る。その時、あなた方は自分の考えを持たなくなり、わたしももはや語らなくなる。あなた方が自分の考えを持たなくなると、わたしは直接あなた方を啓く――これが長子たちによって享受される祝福である。そしてこの時、長子たちがわたしと共に王として統治する。人間は自分が想像できないことは信じず、たとえ信じる者がいたところで、それはわたしの特定の啓きによるものである。そうでなければ誰ひとり信じることはない。これは通らなければならないものである。(この段階を通らなければ、わたしの偉大な力がそれを通して現わされることはない。つまり、わたしはわたしの言葉を用いて人々の観念を取り払う。わたし以外にこのことをすることができる者はおらず、わたしの代わりとなれる者はひとりもいない。わたしがこの事を完成させることができる唯一の者であるが、それは絶対ではない。わたしは人間を通してこの働きをしなければならない。)人々はわたしの言葉を聞いて精を出すが、最後にはみな退く。彼らはそうせずにはいられない。一方で、人々が把握できない奥義もある。何が起こるのか誰にも想像できず、わたしは、わたしが現わすものの中に、あなた方がそれを見るようにする。それを通して、あなた方はわたしが語った、「わたしは、わたしが用いるのに相応しくない者たちを根絶する。」という言葉の本当の意味を理解できる。わたしの長子たちは様々なことを明らかにし、わたしの敵もまた、様々なことを明らかにする。あなた方に全てのことが一つひとつ明らかにされる。覚えておきなさい。長子たちを除いては、みな邪悪な霊による働きをする。彼らはみなサタンの僕である。(彼らは間もなくひとりずつ明らかにされるが、最後まで仕えなければならない者も数人おり、一定の期間だけ仕える者もいる。)わたしの言葉による働きの下、全ての者がその正体を明らかにする。

あらゆる国、あらゆる場所、そしてあらゆる教派はわたしの名の豊かさを楽しんでいる。なぜなら、大災難が迫りつつあるからだ。全てはわたしの手中にあり、わたしはそれを徐々に注ぎ出そうと準備しているので、人々はみな急いで真の道を探している。それが、全ての代価を払うことを意味しても、探し求めなければならない。全てのことには、わたしの時がある。それが定められた時に完了するとわたしが言うと、それは一分一秒もたがわず完了されるであろう。だれもそれを妨げることも、止めることもできない。結局、赤い大きな竜はわたしに敗れた敵である。わたしにとって、それはわたしのための効力者であり、わたしが言うことは何でも抵抗することなくするのである。それは正にわたしの役畜である。わたしの働きが完了すると、わたしはそれを底なしの穴、火と硫黄の池に落とす(それは滅ぼされる者たちを意味する)。滅ぼされた者は単に死を味わうだけでなく、わたしに対する迫害ゆえに、厳しい懲罰を受ける。これが、効力者を通してわたしが行う働きである――わたしは、サタンが自らを抹殺して滅ぼすようにしむけ、赤い大きな竜の子孫を完全に消し去る――これはわたしの働きの一部分であり、その後、わたしは異邦人の国々に向かう。これがわたしの働きの段階である。

前へ:第百九章

次へ:第百十一章

他のお気に入り