全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第十九章

わたしの言葉を自身の生存の基盤とするのが人類の正しい責務である。人間はわたしの言葉の各部分において、各自の分を確立しなければならない。そうしなければ、自分で問題を招くことになり、自ら滅びを招くことになる。人間はわたしを知らない。そして、そのため、引き換えに自分のいのちをわたしに捧げるのではなく、わたしの前でがらくたを手に、意気揚々と歩き回り、それでわたしを満足させようとするだけなのだ。しかし、わたしはそうした現状に満足するどころか、人類に要求し続ける。わたしは人間の貢献を愛するが、ゆすりは憎む。人間はみな貪欲に満ちた心をもっている。人間の心は悪魔の虜になっているようなもので、人は自由になって心をわたしに捧げることができない。わたしが話すとき、人間は夢中になってその声に耳を傾ける。しかし、わたしが話すのをやめると、また自分の「事業」にとりかかり、わたしの言葉に注意することをすっかりやめてしまう。まるで、わたしの言葉が自分の「事業」の付属物ででもあるかのようである。わたしはけっして人間をいい加減に扱うことはしなかったが、人間に対して長い間忍耐し、寛大であった。そして、わたしが寛大であったために、人間はみな傲慢になり、自己を知ること、自らを省みることができなくなり、わたしの忍耐を利用して、わたしを欺こうとする。そうした者たちのうちの一人として心からわたしのことを思わず、誰一人、わたしを心から愛すべき対象として大切にすることはなかった。たまたま暇な時にだけ、おざなりな注意を払う。わたしが人間に注いだ努力は、すでに計り知れないものである。わたしはかつてないほどの働きを人間にしてきた。そしてそれとは別に、人間にさらなる重荷を与えた。それによって、わたしの持っているものとわたしの存在そのものから認識を得て変化するようである。わたしは人間に単なる消費者になるように求めているのではなく、サタンを打ち負かすことのできる生産者になるように求めている。わたしは人間に何も要求しないかもしれないが、それでも、わたしの要求することには確かに基準がある。それは、わたしの行うことには目的があり、根拠があり、わたしはそれに基づいて行動からである。わたしは、人間が想像しているように、やみくもに遊びまわっているわけではない。また、自分勝手な気まぐれで天と地と無数の被造物を形造っているわけでもない。わたしの働きの中に、人間は何かを見、何かを得ることができるはずである。人間は「青春」の日々を無為に過ごしたり、自分の命をまるで塵が積もるに任せた衣服のように扱ってはならない。むしろ人間は、わたしのためにもうサタンのところには戻れないようになるまで、また、わたしのためにサタンに攻撃を仕掛けるまで、わたしが彼らのために備えた豊かさを享受し、自身の守りを固めなければならない。わたしが人間に求めているものは、このように単純なことではないのか。

ほのかな光が東方に現れると、全宇宙にいる全ての人々はそのような訳で、そのときだけ、東の光に注意を向ける。もはや眠りに埋もれてはおらず、人類は東の光の源を見に行くが、人間の力の限界のため、誰一人、光の出所を見ることはできない。宇宙の中のすべてのものがすっかり照らし出されると、人間は眠りと夢とから醒め、その時初めてわたしの日がゆっくりと世に訪れようとしていることを知る。全人類が、光が到来したので、それを祝い、それ故、もはや眠りこけていないし、無感覚でもない。わたしの光の輝きの下、すべての人間の心と目が明晰になり、突然、生きる喜びに目覚める。わたしは霧に身を包み、その中から人間たちを見る。動物たちはみな休んでいる。ほんのりと光が現れたことで、あらゆる被造物は新たな生活が来ようとしていることを感知する。そのため、動物たちもみな、食物を求めて、洞窟から這い出してくる。植物も、もちろん、例外ではない。まばゆい光の中で、緑の葉が鮮やかな光沢にきらめき、わたしが地上にいる時に、それぞれがわたしに捧げ物をしようと、待っている。人間はみな光の到来を願っているが、それでも、みなその到来を恐れ、自分たちの醜さがもはや隠されないことを心配している。それは、人間は真っ裸で、身を覆うものがないからである。どれほど多くの人々が光の到来の故に狼狽し、光が現れたために衝撃を受けていることか。どれほど多くの人々が光を見て後悔に襲われ、自分のけがれた状態を忌み嫌うことか。しかし、すでに達成されてしまった事実を変えるには無力で、わたしの下す判決を待つしかない。どれほど大勢の人々が、闇の中で苦しむことで精錬され、光を見てその深遠な意味に突然打たれ、それ以来、二度と失うまいと恐れながら胸の内に光を抱きしめるだろうか。どれほど大勢の人々が、光の突然の出現によって、それまでの軌道から外れることなく、ただ日常の仕事を続けるだろうか。というのは、そうした人々は、長年盲目であったので、光が訪れたことに気づかず、それを喜びもしないからである。人間の心において、わたしは高くも低くもない。人間に関する限り、わたしが存在するかどうかは、どうでもいいことなのだ。それはあたかも、わたしが存在しなくても、人間の暮らしがこれ以上孤独になることはないし、わたしが存在したとしても、楽しさが増すわけでもないというようだ。人間はわたしを大切にしないので、わたしが彼らに与える喜びはごく少ない。しかし、人間がごくわずかでもわたしへの敬愛を示すなら、わたしもまた、人間に対する態度を変えよう。そのため、人間が、この原則を把握してはじめて、幸いにも自らをわたしにささげて、わたしの手の中にあるものを要求することができる。まことに、人間のわたしへの愛とは、自分の興味だけにとらわれたものではないのだろうか。まことに、彼らのわたしへの信仰は、わたしが与えるものにとらわれたものではないのだろうか。わたしの光を見るまでは、人間は信仰によって心からわたしを愛することができないということなのだろうか。まことに、人間の強さと活力とは、今日の状態に制限されてはいないだろうか。人間がわたしを愛するためには、勇気が必要なのだろうか。

わたしの存在を頼りとして、無数の被造物がそれぞれが生きる場所でわたしに従い、わたしの懲らしめがなくとも、放埒な行為にふけりはしない。だから、山々は陸で国々の境界となり、水は陸と陸との間で人々を隔てる。そして、空気は、地の上で人と人との間を流れるものとなる。人間だけがわたしの心の要求することに真に従うことができないでいる。だからわたしは、すべての被造物の中で人間だけが不服従なものの部類に属すると言うのだ。人間はけっして真にわたしに従うことがなかった。そして、そのために、わたしはずっと人間を厳しい鍛錬の下においてきた。人類のただ中にあって、わたしの栄光が全宇宙に広まるなら、わたしは必ずや、わたしのすべての栄光を得て人類の前に示そう。人間はけがれているため、わたしの栄光を目の当たりにするには相応しくないので、わたしは数千年もの間、けっして公に姿を現さず、隠れていた。そのため、かつてわたしの栄光が人類の前に示されることはなかった。そして、人間は常に罪の深い淵に沈んでいた。わたしは人類の不義を赦してきたが、人間は自己を守る方法を知らない。そして、いつでも自らを罪にさらし、罪のために自らを損なってきた。これは人間には自尊心や自己愛が欠けているということではないか。人間たちの中に真に愛することのできる者がいるだろうか。人間の忠誠心の重さとは、どれほどささやかなものなのか。粗悪品がいわゆる本物の中に混じっているのではないか。人間の忠誠心は、まったくのごたまぜから成っているのではないのか。わたしが求めるのは、人間の全き愛である。人間はわたしを知らず、わたしを知ろうとしても、ほんとうの真摯な心をわたしにささげはしない。人間が進んで与えようとしないものを、わたしは要求しようとはしない。人間が忠誠心を捧げるなら、わたしは遠慮なく受け取る。しかし、人間がわたしを信頼せず、ほんの僅かも自身をささげないのなら、そのことで苛立ちをつのらせるよりは、何か別の方法でその人を処分し、その人にふさわしい場所に送るであろう。雷が空に轟き渡り、人間を打ち倒す。高い山々は崩れ落ち、人間を埋める。飢えた野獣たちが人間をむさぼり食う。そして、海の大波が人間の頭の上を覆う。人類が同士殺し合いをするなか、人間はみな自分たちの只中で起こる災いの中で、自らの滅びを招くことになるであろう。

神の国は人間たちの間で拡大している。神の国は人間たちのただ中で形作られている。神の国は人間たちのただ中で建て上げられている。わたしの国を滅ぼすことのできる勢力はない。今日の神の国にいるわたしの民のうち、あなたがたの誰が人間たちの中にあっても、人間ではない者がいるだろうか。あなたがた、誰が、人間である状態の外にあるのか。わたしの新たな出発点が大衆に告げられるとき、人間は、どのように反応するだろうか。あなたがたは、その目で人類の状態を見てきた。あなたがたはまさか、この世で永遠に存在し続けようという希望はもう抱いてはいまい。わたしは今、わが民の間を歩き回り、わが民の中で生きている。今日、わたしに本物の愛を抱いている者たちは幸いである。わたしに服従する者は幸いである。その人たちは必ずや、わたしの国にとどまるであろう。わたしを知る者は幸いである。その人たちは、必ずや、わたしの国で権力を振るうであろう。わたしを追い求める者は幸いである。その人たちは必ずやサタンの束縛から逃れ、わたしの中にある祝福を享受するであだろう。自らを捨てることのできる者は幸いである。その人たちは、必ずやわたしのものとなり、わたしの国の富を相続するであろう。わたしのために走り回る者を、わたしは記念し、わたしのために尽くす人を、わたしは喜んで抱こう。わたしに捧げ物をする人に、わたしは喜びとなるものを与えよう。わたしの言葉に喜びを見出す者を、わたしは祝福する。その人たちは必ずや、わたしの国の棟木を支える柱となるであろう。その人たちは、必ずやわたしの家で何ものにも及ばない豊かさを得、彼らに並ぶものは一人もいない。あなたがたは、自分に与えられた祝福を受け入れたことがあるか。あなたがたは、自分に対して結ばれた約束を求めたことがあるか。あなたがたは、必ずや、わたしの光の導きの下、闇の力の要塞を打ち破るだろう。あなたがたは、闇のただ中にあっても、あなたがたを導く光を絶対に見失いはしないだろう。あなたがたは、必ずや、すべての被造物の主人となる。あなたがたは、必ずや、サタンの前で勝利する。あなたがたは、必ずや、赤い大きな竜の国が滅びるとき、無数の大衆の中で立ち上がり、わたしの勝利を証しするであろう。あなたがたは、必ずや、秦の国にあって、決意を固くし、揺るぐことがないだろう。あなたがたの耐え忍ぶ苦しみによって、あなたがたはわたしからの祝福を相続する。そして、必ずや、全宇宙においてわたしの栄光によって輝くだろう。

1992年3月19日

前へ:第十八章

次へ:第二十章

他のお気に入り