全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第十九章

聖霊の働きは前進を続けるので、神はもう一度わたしたちを新しいやり方による聖霊の働きに導いた。その結果、わたしを誤解し、わたしに不平を言う者たちが出てきたのはやむを得ない。わたしに抵抗し、反対し、詮索する者たちもいる。しかし、それでもわたしは、あなた方が悔い改め、改心するのを寛大な気持ちで待つ。聖霊の働き方の変化は、神自身が公然と現れることに見られる。わたしの言葉はそのままで変わることはない。わたしはあなたを救っているのだから、途中で見放すことはない。しかし、あなた方の心の中には疑念があり、手ぶらで引き返したがる。前進するのをやめてしまった人もいれば、じっと見て待っている人もいる。さらに、消極的にその場の状況に従っている人もいれば、他の人のしていることをただ真似している人もいる。あなた方は本当に心を頑なにしてしまった。あなたは、わたしがあなた方に向かって言ったことを受け取って、自分自身の傲慢さと自慢に変えてしまった。このことをさらによく考えなさい──これはあなた方に与えられるあわれみと裁きの言葉に他ならない。あなた方は実に反抗的である。聖霊は直接話しかけ、直接見極める。あなた方は恐れなければならない。無謀な行動をしたり、何事も性急に行ったりしてはいけない。うぬぼれたり、傲慢になったり、意固地になったりしてはいけない。わたしの言葉を実行に移すことにもっと集中し、どこへ行こうともわたしの言葉を生きなさい。そうすればわたしの言葉は本当にあなたを内側から変え、わたしの性質があなたの中で明らかにされるだろう。これらが真の結果である。

教会が建てあげられるために、あなたには特別な霊的背丈が必要であり、心から、止むことなく求めなければならない。同時に聖霊の燃える炎と清めを受けて生まれ変わらなければならない。教会が建てあげられるのは、このような状況下である。聖霊の働きが今やあなた方を教会建設に着手する方向に導いている。あなた方がこれまで同様のろのろと愚かな行動を続けるならば、望みはない。あらゆる真理を身にまとい、霊的な判断力を持ち、わたしの英知に従って完全な道を歩かなければならない。教会が建て上げられるためには、表面的に模倣するだけではなく、いのちの霊の中にいなければならない。あなたのいのちの成長過程は、あなた自身が建て上げられる過程と同じである。しかし、注意しなければならないのは、賜物に頼る人々、霊的なものが理解できない人々、あるいは実践力に欠ける人々が建て上げられていくことはできず、つねにわたしに近づいて語ることのできない人々も同様だということである。さまざまな観念に心を奪われている人々や教義に従って生きる人々は建て上げられることはできないし、自分の感情に導かれている人々も同様である。神があなたをどのように取り扱おうと、あなたは神に完全に従わなければならない。そうでなければあなたは建て上げられない。尊大さ、独善性、誇り、満足感に凝り固まっている人々や、見下すような態度をとり、目立とうとするのが好きな人々も建て上げられることはない。他の人々と協力して奉仕することのできない人々は建て上げられることができない。霊的識別力がなく、導いてくれるなら誰にでも盲目的に従う人々は建て上げられることができないし、わたしの意図が理解できず、古いままの状態で生活する人々も建て上げられることはできない。新しい光について行くのが遅すぎて、基礎となるビジョンを持たない人々も建て上げられることはできない。

教会は即刻建てられるべきであり、わたしは、そのことを差し迫った問題として非常に心配している。あなたは積極的に始めるべきであり、全力で身を投げ出して教会建設の列に加わるべきである。そうしなければ、あなたは見捨てられるだろう。あなたは断念すべきものは完全に断念し、飲食すべきものは適切に飲食すべきである。わたしの言葉の真実を生きるべきであり、表面的で取るに足らないものに重点を置くべきではない。あなたはわたしの言葉をどのくらい受けいれたか、自問してみるがよい。わたしの言葉をどのくらい生きているだろうか。つねに冷静に対処し、何事も性急に事を進めるのは控えるべきである。そうでなければ害になるだけで、あなたのいのちの成長を助けることにはならないだろう。あなたは真理を理解し、それをどのように実践するかを知り、わたしの言葉が本当にあなたのいのちになるように努力すべきである。これが問題の核心なのだ。

教会建設は今や極めて重大な時期に到達したので、サタンはさまざまな計画を立てており、建設をやめさせるために全力を尽くしている。あなた方は注意を怠らず、用心して進み、優れた霊的判断力を働かせるべきである。そのような判断力がなければ、あなた方は大損害を被るだろう。これは些細なことどころではない。重要問題として考えるべきである。サタンは偽の外観を作り出し、中身の品質が劣る偽物を売ることができる。人々は実に愚かしく、不注意な行動をし、識別力に欠けている。つまり、あなた方はつねに頭脳明晰でいることができず、穏やかな状態を保つことができないのだ。あなた方の心がどこにも見つからないのだ。奉仕は名誉でもあり同時に損失でもある。祝福につながることもあれば災難につながることもある。わたしの前では静まり、わたしの言葉に従って生きなさい。そうすれば本当に注意深さが保たれ、目を覚ましていて、霊の識別力を働かせるだろう。サタンがやってきたら、すぐに身を守ることができるだろうし、やって来ることを感知することができるだろう。あなたは本当の霊的不安を感知するだろう。今のサタンの働き方は人々の動向に適応する。人々が愚かな行動をし、注意深さに欠けている時には、サタンに捕らわれたままになってしまう。あなたはいつでも注意深くし、目を凝らして見なければならない。自分の損得を口やかましく言ってはいけない。自分の利益になるように計算してはいけない。それよりむしろわたしの旨が行われることを求めなさい。

物体は同じに見えても、その品質は異なるかもしれない。だから、あなたは個人だけでなく霊を識別するべきである。あなたはすぐれた識別力を働かせ、霊的にも明晰でいなければならない。サタンの毒素が現れても、すぐに見分けることができるだろう。サタンの毒素は神の裁きの光を逃れることはできない。あなたは霊の中に生きる中で、聖霊の声に細心の注意を払って耳を傾けるべきである。他の人々に盲目的に従って、誤っているものを真実と誤解してはいけない。大損害を被ることのないように、誰であれ主導権を握っている者に単純に従ってはいけない。そのことを、あなたはどのように感じるだろうか。あなた方はその重要性を感じたことがあるだろうか。でたらめに奉仕の邪魔をしたり、自分の意見を差し挟んだりするべきではない。さもないと、わたしはあなたを打ち倒すだろう。さらに悪いことに、あなたが従うことを拒絶し、好きなように語ったり、行なったりすれば、わたしはあなたとの関係を打ち切るだろう。教会はさらに多くの人々をかき集める必要はない。教会が求めるのは心から神を愛し、本当にわたしの言葉に従って生きる人々である。あなたは自分の真の現状に気づくべきである。自分たちは金持ちだと貧しい人々が考えるのは自己欺瞞ではないだろうか。教会を建てるためには聖霊に従わなければならない。盲目的に行動して前進するのではなく、自分の場所にとどまって、自分がするべき働きを遂行しなさい。自分の役割から逸脱することなく、自分が実行できるどんな働きでも全力で果たすべきである。そうすれば、わたしは心から満足するだろう。あなた方全員が同じ働きに奉仕するということではない。むしろ、それぞれが自分の役割を遂行し、教会で他の人々と協力して自分の奉仕に専念するべきである。あなたの奉仕はどちらの方向にも逸脱してはならない。

前へ:第十八章

次へ:第二十章

他のお気に入り

  • 悪人は罰せられなければならない

    あなたが行なう全てのことにおいて義を実践しているかどうか、またあなたの全ての行動が神によって観察されているかどうかを調べることは、神を信じる者たちの行動原則である。あなたがたは神を満足させることができ、神の配慮と守りを受け入れるので、あなたがたは義と呼ばれる。神の目には、神の配慮、守り、完全にされる…

  • あなたは神を信じているので真理のために生きるべきである

    すべての人間に共通して存在する問題は、真理は分かっているが、実践に移せないことである。一つの要因は人が代価を払いたがらないことで、もう一つは人の洞察力があまりにも不十分であることである。人は実生活に存在する多くの困難の先を見ることができず、的確に実践する方法も知らない。人はあまりにも経験が少なく、才…

  • 唯一の神自身 9

    神は万物の生命の源である (3) 一定期間にわたって、神を知ることに関する様々な事項について話をしているが、最近は神を知るという主題に関して極めて重要な事項、すなわち、「神は万物の生命の源である」について話をした。前回は神が人間のために造った生存環境と、神が人間の生活必需品を全て用意していることにつ…

  • 序文

    神を信じている人はたくさんいるが、神への信仰とは何を意味するか、神の心に従うためには何をしなければならないかを理解している人はほとんどいない。人々は「神」という言葉や「神の働き」のような語句はよく知っているが、神を知らないし、ましてや神の働きなど知らないからである。それなら、神を知らないすべての人々…