真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

小羊に従って新しい歌を歌おう

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

二度と神から離れない

神を信じてからも、金と富を追い求め、神に背を向けて外の世界に戻った時もあった

日々、肉を求めて駆け回り、心身ともに疲れ果てた

神のいない日々は苦痛の日々だった

暗闇の中に陥り、心は恐怖に満ちていた

神の厳しい鞭と懲らしめを経て、初めて自らを省みた

私は神に心から従わず、神の言葉を貴んだこともなく

信仰に背を向け、義を捨てたとき、神の心を傷つけた。「私の良心はどこにある?」と自問した

神を畏れず、神の性質に背いていながら、気づかずにいた

神の裁きと刑罰に救われて、神に背く性質を初めて自覚した

心が罪悪感と自責の念にさいなまれ、神の前にひれ伏し、悔い改めた

私の頑固さと反抗は神の心を傷つけた。この恥ずべき行いをどうして消せるだろうか

神の憐れみと慈愛に、悔い改めの機会を与えられ

神の家に戻り、もう一度本分を尽くすことができた

神の真の愛を感じ、心の中で神への負い目が増し

神の性質には憐れみと慈愛だけでなく義と威厳があると感じ

新たな目標を立てた。一から出直し、神の愛に報い、神を証ししようと

前へ:神の裁きは祝福である

次へ:過去が剣のように私を刺しとおす