人の背きは神を怒らせる

神の怒りが山河を揺るがす時

神は臆病者を助けず

悔い改めの機会を拒否し

望みを捨て

当然の報いで罰する

波が怒りで荒れ狂うように

一万の山が崩れるように雷は轟く

背きにより人間は倒され殺され

雷と稲妻により全ての被造物は消し去られる

神の怒りにより全人類は彼から遠く離れる

神の霊の本質に逆らったので

人の背きは神を怒らせた


突然宇宙は混乱に陥り

被造物は本来の命の息を回復できない

人は雷の轟きから逃れられない

稲妻の中で人間たちは

激流に流されて一掃され

山から転げ落ちる

そして一斉に

人間の「終着点」に「人」の世界があり

海には死体が浮かんでいる

神の怒りにより全人類は彼から遠く離れる

神の霊の本質に逆らったので

人の背きは神を怒らせた

神の怒りにより全人類は彼から遠く離れる

神の霊の本質に逆らったので

人の背きは神を怒らせた

地上で安全な他の人たちは歌い

笑いと歌の響く中で

神が守った約束を味わう

それは彼らにだけ守った約束

それは彼らにだけ守った約束


『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第十七章」より編集

前へ: 神の性質は侵害を許さない

次へ: 全人類の生存は神にかかっている

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神のあなたがたへの期待を感じたことがあるか

誰がこの終わりなき世で神に吟味されるのか? 誰が神の霊の言葉を聞いたのか? 誰がヨブに答えられるのか? 皆の中にペテロはいるか? 神はなぜ幾度もヨブとペテロのことにふれたのだろう? 皆、神からの期待に気づいたか? もっと熟考することに時間を割くべきだ 大勢が闇の中を探り、逆境の…

神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

全ての神の働きは 神自身によって為される 神の働きを起こすのも、完了させるのも神である その全ての働きを 計画するのは神であり  それを営むのもそれを 成就させるのも神である それについて 聖書にはこう 書かれている・・ 書かれている 「神は始めであり・・神は終わりでもある  …

聖霊の働きは普通で実際的だ

聖霊の働きは普通で現実的だ 神の言葉を読んで祈るとき 心は揺るぎないものとなる 外の世界はあなたを妨げない あなたの心はとても明るくなる あなたは喜んで神を愛し 邪悪な世界を憎み良いことを好む これが神の内に生きることであり 一部の人が言うような 非常に楽しむという 非現実的な…

私は神の愛に報いよう

長年にわたり私は 世界の 海原を漂ってきた 私は心の底から堕落し 魂は汚れに満ちている しかし神は恵みの手を差し伸べ 憐れみをもって私を救った 今、私は感謝に溢れ 全能神の家に戻っていく たとえ今、神に救われていても 私は自分の性質を変えていくべきだ 鍛錬や苦痛が伴うとしても 私…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索