全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

小羊に従って新しい歌を歌おう

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

創造されたすべての存在物の命は神から来る

神によって人に授けられたいのちは無限であり、肉体、時間、空間の拘束を受けないという事実なのである。これは神によって人に授けられたいのちの奥義であり、いのちが神から来たことの証しなのである。多くの者は、いのちが神から来たと信じないかもしれないが、神の存在を信じるか、否定するかにかかわらず、人間は必然的に神から来るものすべてを享受する。もし神がある日突然心変わりし、世に存在するものすべてを取り戻し、神が与えたいのちを取り戻したいと望むなら、すべてのものは存在しなくなるだろう。

神は自分のいのちを用いて生けるものといのちのないものの両方にすべてのものを供給し、神の力と権威によって、すべてに良き秩序をもたらすのである。これは、誰にも想像できず、たやすく理解できない真理であり、これらの理解不可能な真理こそが、神の生命力の現れと証しなのである。今わたしはあなたにひとつの奥義を教えよう:神のいのちの偉大さとその力は、いかなる被造物にも推し測ることができない。これは今もそうであり、昔もそうであったし、これからもそうであろう。

わたしが伝える第二の奥義はこれである:すべての被造物のいのちの源は、形や構造にいかなる違いがあっても、神から来るのである。あなたがどのような生命体であっても、神が定めたいのちの道と逆方向に動くことはできないのである。いずれにしても、わたしが人に理解してほしい唯一のことは、人がどんなに努力し奮闘しても、神の配慮、守り、備えなしには、人は受け取るはずであったものを何も受け取ることができないということである。神からのいのちの満たしなしには、人は生きる価値観を失い、いのちの目的意識を失う。

『言葉は肉において現れる』の「神は人のいのちの源である」より編集

前へ:人間に対する創造主の真情

次へ:神の権威に服従するには