本分を守らなければならない


人間に確信が無ければ、その道を歩み続けるのは容易では無い。現在、全ての者は、神の業は人間の観念とは全く相容れないものであり、神が行う業や、神の言葉がいかに多くても、それは人間の観念とは全く異なることが分かる。このことにより、確信を持ち、それまで理解したこと、経験の中から得たことを固持する決意を固めることが、人間に対して求められる。神が人間に対して行う業が何であるかを問わず、人間は自分自身が所有するものを保ち、神の前で誠実であり、最後まで神に忠実である必要がある。そうしたことは、人類の本分である。これが、人間がすべき事であり、人間はこれを保つ必要がある。


神への信仰には、神への服従と、神の業を経験することが必要とされる。神は多数の業を行って来ており、人間にとって、それは全てが完全にする業であり、精錬の業であり、さらにそれは全て刑罰であると言えるであろう。現在まで、神の業の段階には人間の観念に則したものが一切無く、人間が享受してきたのは、すべて神の辛辣な言葉のみである。神が来る時、人間は神の威厳と怒りを享受するはずだが、神の言葉がいかに辛辣であったとしても、神は人類を救い、完全にするために来る。被造物として、人間はなすべき本分を尽くし、精錬の最中に神の証しに立つ必要がある。あらゆる試練において、人間は、なすべき証しを堅持し、神の明白な証しに立つ必要がある。それが勝利者である。

『言葉は肉において現れる』の「あなたは神への忠誠を保たなければならない」より編集

前へ: 神は本分を守らない者を嫌って棄てる

次へ: 神への人間の信仰は見るに堪えない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

災いが襲うとき

神のすべての憐みは 神を愛し 自己を放棄する者たちに施され 悪人への懲罰は神の怒りと義の証しだ 災いが襲うとき 神に反抗する者は飢えや病に直面して涙する 神に従うが 悪を行ってきた者も この運命に直面し 恐れの中で生きる 神に従う者だけが喜び 神の力を称賛する 彼らは大き…

あなたは信仰ゆえにとても多くのものを得た

裁きの過程の中 神の創造の行く末と 創造主は愛されるべきことを知る 征服の働きにおいて 人生を完全に理解して あなたは神の腕を見る この征服において あなたは「人間」の真の意味を知り 人生の正しい道を得る 神の義の性質美しい栄光を見て 人の起源全てを学び 「不朽の歴史」を知…

最高の幸福とは神を真に愛すること

私たちはやっと神の御声を聞き、御座の前にあげられました。私たちは御言葉を飲み食いし楽しみ、神の光の中で生きます。真理について交わり、経験を分かち合い、私たちの心は喜びで満たされます。神の言葉を経験し、真理を理解し、私たちの霊は解き放たれ、晴れやかな気持ちになります。神の言葉の裁き…

誰が神の心を理解できるだろう

地にいる神は常に黙し 人のどんな酷い行いも心にとめず 父に託された業を全うするのみ 誰が神の素晴らしさに気づくだろう 神の子以外の誰が父なる 神の重荷を気にかけその意志を知るだろう 人類よ いつになれば神の心を思い 神の意図を理解するのか 神は地に来て 人の世の苦難を受ける …

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索