小羊に従って新しい歌を歌おう

目次

神の本質は全能で実際的である

1

神が実際的にわざを行う間、ご自身の性質と全てを表す。神は人にできないわざができる。ここに神の全能がある。神はそのわざをご自身でする。ここに神が実際的であることが示される。心に留めよ。神の本質は全能で実際的、それぞれが強め合う。神のすることは、ご自身の性質と神が何であるかを表す。神の存在そのもののなかに、ご自身の全能の力、義と威厳がある。

2

神は全能で実際的、神のことばは全能の力とともに神は権威とともに神が言えば実現する。結果が見える前に神が話すとき、ご自身の全能が現れる。心に留めよ。神の本質は全能と実際的であることそれぞれが強め合う。神のすることはすべてご自身の性質と神が何であるかを表す。神の存在そのもののなかに、ご自身の全能の力、義と威厳がある。

3

律法の時代に起こったこと、神がヨナにニネベへ行くことを命じた時、神が実際的であることがこうして示された。ヨナが拒否すると大魚にのまれ、そこで3日間生きた。生き延びて死ななかった。神がヨナにしたことは、神の全能を示した。神はいつもご自身のわざを示す。ご自身の本質と全てを。

4

神はふたつの本質を持つ。全能と実際的であることそれは、神のわざのあらゆる段階とご自身がするあらゆることに見ることができる。これが神を知る一つの方法。心に留めよ。神の本質は全能と実際的であること。それぞれが強め合う。神のすることはすべてご自身の性質と神が何であるかを表す。神の存在のなかに、ご自身の全能の力、義と威厳がある。神の存在のなかに、ご自身の全能の力、義と威厳がある、義と威厳がある、義と威厳がある。