真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

序論

神の言葉のこの部分は四部構成である。各部は1992年後期から2005年の間にキリストにより表された。これらの大部分が、キリストが諸教会を巡回した時の説教と交流を記録したものに基づいている。文章には一切の修正は加えられておらず、キリストが変更した部分も無い。それ以外はキリスト自筆の文章である。(キリストが執筆する時は、筆を止めて考察することなく一気に書き上げる。草稿は一切校正不要であり、全てが霊による表出である。このことについて疑念の余地は無い。)私たちはこれらの文章を別々に並び替えず、表された元の順番で収めた。そうすることで、神が語ったことから神の働きの段階を見ることができ、各段階で神がどのように働きを行うかを理解できるであろう。また、この順番は人間が神の働きの段階を理解し、神の知恵を知るのにも大いに役立つ。

『受肉した人の子が諸教会の間を歩いた時の言葉(1)』の最初の八章である『道』は、キリストが人間の中で同等の立場にある時のキリストの言葉のうちのほんの一部である。この部分は些細なものにさえ見えるかもしれないが、そこには実は人間に対する神の愛と配慮といえるものが含まれている。それ以前は、神は第三の天の観点から言葉を述べたので、人間と神の距離は極めて大きく、人々は敢えて神に近付こうとせず、ましてや神にいのちのために必要なものを要求することなど無かった。ゆえに、『道』においては、神は人間に対して同等の立場でかたり、道の方向を示している。これは、人間と神の関係が元来の状態に戻り、神が依然としてある話し方を用いているかどうかを人間が疑わなくなり、死の試練の恐怖が無くなるようにするためである。神は第三の天から地へ降りて来た。人間は火と硫黄の池から神の玉座の前に来て、奉仕者たることの暗い影を払拭し、生まれたばかりの仔牛のように神の言葉による洗礼を正式に受け容れた。神が人々と共に座して語り、いのちを維持するためのさらなる働きを行うことができるのは、この方法だけであった。神がひとりの人として身をやつしたのは、人間に近づき、人間と神の距離を縮め、人々の認識と信頼を得て、いのちを追求して神に付き従う自信を人々に感じさせるためであった。結局のところ、『道』を構成する八章は、人々の心の扉を開く神の鍵であり、糖衣錠であった。この方法でのみ、人々は神が繰り返す教えと咎めを注意して聞くことができる。その後初めて神は働きのこの段階において、いのちに対する恵みと真理の表出の働きを公式に開始したと言うことができ、神は語り続けた。『信者はどんな見解を持つべきか』および『神の業の段階について』・・・こうした方法は神の知恵と神の真摯な意図を示すものではないであろうか。これがいのちに対するキリストの最初の恵みであり、したがってそれ以降の数章と比べると、真理は幾分浅薄である。この背景にある原則は極めて簡明である。すなわち、神は人間の必要性に応じて働くのである。神は盲目に働きを行ったり、語ったりしない。人間の必要性を完全に理解しているのは神のみであり、人間に対する配慮と愛を備えているのは、神のみである。

『働きと入ること』(1~10)は、次の段階に入る神の言葉であるので、これら十章から開始し、その後に『受肉した人の子が諸教会の間を歩いた時の言葉(2)』を設けた。この段階において、神は自らに付き従う人々の集団に対して一層詳細な要求を表明し、それには人々の生活様式に関する知識や能力に関する要求などが含まれる。また、これらの人々は既に神に付き従うことを堅く心に決め、神の身分や本質についてもはや疑問をもっていなかったため、神は彼らを神自身の家族として公式に扱うようになり、また天地創造から現在までの神の働きの内部の真理を彼らと分かち合った。また、神は聖書に関する真理を顕したほか、神が受肉したことの真の意義を彼らに理解させた。それらの言葉から人々は神の本質と神の働きの本質を一層深く理解することができ、さらには神の救いにより人々が得たものが、現在までの各時代における預言者や使徒が得たものを上回ることを理解するであろう。神の言葉の各文から、神の知恵と神の完璧な愛と配慮を余すことなく経験できる。こうした言葉を表すと同時に、神は人々の従来の観念、過ち、彼らがかつて想像したことの無いこと、さらに彼らの前途をひとつずつ率直に明らかにした。おそらくこれは、人間が経験可能な狭義における愛であろう。最終的に、神は人間に必要なもの、そして人間が求めたものを既に与えている。神は躊躇せず、また特に神が要求した物事もなかった。

この部分における数章は、聖書に関する神の言葉である。これは、聖書は人間の歴史の中で数千年にわたり存続し、人々は皆、聖書を神のように扱い、その結果終わりの日の人々は神を聖書と取り替えるほどだからである。これは神が真に嫌悪することである。ゆえに、神は、空き時間に聖書の内部事情と起源を明瞭に説明しなければならなかった。そうしなければ、聖書は人々の心の中で依然として神の代わりとされ、人間は聖書の言葉に基づいて神の業を非難したり評価したりするからである。聖書の本質、構造、そして欠陥に関する神の説明は決して聖書の存在を否定するものでも、聖書を非難するものでも無い。むしろそれは、人々が聖書に対して正しい見方をし、聖書を崇拝するのを止め、迷わないように、合理的かつ適切な説明を示し、聖書の元来の像を復元し、聖書に関する人々の誤解を訂正するものである。人々は自分たちの聖書への盲目的な信仰が、神を信じ崇めることであると誤解し、聖書の真の背景や弱点を敢えて正面から見ようとしない。全ての人が聖書の純粋な知識を得た後、人々はそうした状況から躊躇無く離れ、堂々と神の新たな言葉を受け容れることができるであろう。これが、この数章における神の目的である。ここで神が人々に語ろうとする真理は、神の現在の働きや言葉の代替となることができる理論や事実は無いということ、そして神の地位の代替となるものは一切無いということである。聖書の罠を捨て去ることができないならば、人々は決して神の前に来ることはできないであろう。神の前に来ることを望むのであれば、まず自らの心から神の代替となり得るあらゆるものを払拭する必要がある。そうすれば、神は満足するであろう。ここで神は聖書を説明しているだけであるが、聖書以外にも人間が誤って真に崇拝している物事が多数あるということ、そして人間が崇拝しないものだけが真に神に由来するということを忘れてはならない。神は単に例として聖書を用い、人々に誤った道へ進まないように、神を信仰し神の言葉を受け容れる時に再び極端になって困惑に陥らないように注意を促しているのである。

神が与える言葉は、浅薄なものから深淵なものまで様々である。したがって、神の言葉は人々の外観上の行動や行為から堕落した性情まで継続的に深化し、そこからさらに人間の霊の最も奥深いところにあるもの、すなわち本性に注意を向ける。『受肉した人の子が諸教会の間を歩いた時の言葉(3)』が表された期間において、神の言葉では人間の本質と身分、本物の人とは何を意味するかといった、人間がいのちに入ることに関する最も深淵な真理と本質的疑問が強調される。もちろん、『受肉した人の子が諸教会の間を歩いた時の言葉(1)』で神が人間に与えた真理と比較して考慮すると、『受肉した人の子が諸教会の間を歩いた時の言葉(3)』は、ただあまりに深淵である。この部分では、人間の将来の道と、どうすれば人間は完全にされることができるか、人間の将来の終着点と、神と人間が共に安息に入ることに関する言葉が取り扱われている。(目下、これらの言葉は人間の本性、使命、そして終着点について神が人間に示した言葉として最も理解し易いものであると言えるであろう。)これらの言葉を読む人々が、人間の観念と想像から脱し、神のあらゆる言葉を心の底から純粋に理解できることを神は願っている。それ以上に、これらの言葉を読む全ての人が、神の言葉を真理であり、道であり、いのちであると捉えることができ、神を軽んじたり裏切ったりしないことを神は願っている。人々が神を試したり研究したりする姿勢でこれらの言葉を読むならば、人々にとってのこれらの言葉の重要性は全て失われる。これらの言葉を受け容れる資格があるのは、真理を追求し、神に付き従うことを決意し、神に対する疑いを一抹ももたない人々のみである。

『受肉した人の子が諸教会の間を歩いた時の言葉(4)』は、『全宇宙に向かって語った神の言葉』に続く別の種類の神の言葉である。この部分は、キリスト教の各教派、各分派の人々全員に対する神の訓戒、教え、そして啓きを含む。たとえば、「あなたがイエスの霊のからだを見る時は、神が天と地を新しくした時である」、「キリストに味方しない者は確実に神の敵だ」などである。またこの部分には、神の人間に対する要求のうち、最も具体的なものが含まれている。例えば、「終着点への準備をするために、十分な善行をしなければならない」、「三つの忠告」、「罪は人間を地獄へ送る」などである。様々な人々に対する啓きと裁きや、神を知る方法に関する言葉など、多くの側面について述べられている。この部分は、人間に対する神の裁きの中核であると言えるであろう。最も忘れ難いのは、神がその働きの幕を閉じようとしている時、人間の骨まで浸透している裏切りについて神がさらけ出したことである。神の目的は、この事実を最後に人々に知らせ、その心の最深部に焼き付けることである。どれくらいの期間神に付き従ってきたかにかかわらず、人の本性は依然として神を裏切ることである。つまり、神を裏切ることは人間の本性に含まれている。何故なら、人はいのちにおいて完全な成熟に達することが無く、性質が相対的に変化するだけだからである。『裏切り(1)』と『裏切り(2)』の二章は人々への打撃であり、人々に対する神の最も忠誠かつ慈悲深い警告である。少なくとも、人が自己満足し、自惚れているならば、これら二章を読んだ後に自らの邪悪さが律され、落ち着くであろう。これら二章では、どれほど人のいのちが成熟していようと、どれほど経験が深かろうと、どれほど自信が大きかろうと、また出生地がどこで、これからどこへ行くのであろうと、神を裏切る人の本性はいつでもどこでも姿を現し得ることを神は勧告している。神があらゆる人に語りたいことは、神に対する裏切りは人間の本性である、ということである。もちろん、神がこれら二章を表したのは、人類を滅ぼしたり非難するための理由を見出すためではなく、人間が自らの本性を一層深く認識し、よって常に神の前にて厳重に注意して生活し、神の導きを得て、神の存在を失ったり後戻りをすることのできない道へと進んだりすることを回避させるためである。これら二章は、神に付き従う全ての人に対する警鐘である。願わくば人々が神の真摯な意図を理解するように。結局、これらの言葉は全て異論の余地の無い事実であるのだから、これらの言葉が表された時期や方法についてどうして議論するのであろうか。神がこうしたことを自身の中に秘め続けて語らずに、人間が適切な時期だと考えるのを待ったならば、それでは手遅れとなるのではなかろうか。最適な時期はいつであろうか。

これら四つの部分において、神は複数の方法と観点を採っている。たとえば、皮肉を用いる時もあれば、直接与え教える手法を採る時もあり、例を使う時も、厳しく非難する時もある。全体として、様々な方法が採られており、人々の様々な状態や好みに応じることが目的である。神が語る観点は、神の語る手法や内容により変化する。たとえば、神は「わたし」と言う時、すなわち神自身の観点から語る時もある。また、神が第三者の観点から、「神」が云々、と語る時や、人間の観点から語る時もある。神が語る観点が何であろうと、その観点が神の本質を変化させることはできない。なぜならば、神がどのように語ったとしても、神が表した物事は、全て神自身の本質であり、全て真理であり、人間が必要とすることであるからである。

前へ:四十六番目の言葉の解釈

次へ:道 (1)

他のお気に入り