全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

二十八番目の言葉の解釈

神の言葉に対する人々の理解が乏しければ乏しいほど、現在の神の働き方に対して、彼らが懐疑的になるという状態にある。しかし、これは神の働きに何の影響も与えない。神の言葉がある点に到達すると、人々の心は自然に変化してくるだろう。生活する中で誰もが神の言葉にこだわり、また、神の言葉を切に求め始める――そして神が絶え間なく人の心を暴くので、彼らは己を軽蔑し始める。だが、神は次のような言葉も数多く発している。「人間が完全にわたしの言葉を把握すると、わたしの願いどおりの成長を遂げ、その嘆願は実を結び、むなしく無益なものではなくなる。わたしは、見せかけではない、人類の心からの嘆願を祝福する。」実際、人々は神の言葉を完全に把握することはできない。表面的に把握するだけである。神がこれらの言葉を使うのは、人々に追求すべき目標を与えるためであり、神は安易に行動するのではなく、その働きにおいては真剣なのだと人々が感じるためであり、そうして初めて、彼らは信念を持って追求するようになるのである。そして、すべての人々は、神の旨のためではなく、自分のために懇願するだけなのだが、神は考えをコロコロ変えることはないので、語る言葉はいつも人間の本質に向けられてきた。今日、ほとんどの人々は懇願するが、誠実ではない――それは見せかけにすぎない。すべての人々の状態は、わたしの口を「豊穣の角のような無限の豊かさだと考える。すべての人は、わたしの口から何かを得たいと願う。国家機密であろうと、天の奥義であろうと、霊的世界の動きであろうと、あるいは、人類の終着点であろうと。」自らの好奇心によって、人々はすべて進んでこれらのものを探し求め、神の言葉からいのちの糧を何も得ようと望まない。だから神はこう言う。「人間には、あまりに欠点が多い。人間はただ『栄養を補うもの』が必要なだけでなく、『精神的支え』や『霊的供給』も必要とする。」人々の概念が今日の消極性をもたらし、彼らの肉の眼があまりにも「封建的」で自分の言動に活力がなく、すべてのことに投げやりでいい加減だからである。これらが人々の状態なのではないだろうか。人々は現状のままで進み続けるよりも、むしろ急いでこれを修正するべきではないだろうか。未来を知ることは人間にとって何の役に立つのだろう。なぜ人々は神の言葉の一部を読んで反応を示すのに、残りの言葉には何の効果もないのだろう。例えば、神が「わたしは、よりよい効果が得られるよう、みなが健康を取り戻すよう、わたしの治療法により、人々が正常な状態に戻れるよう、人間の病の治療法を与える。」という時、どうしてこれらの言葉は人々に何の効果ももたらさないのだろう。神の行うすべては人が達成するべきことではないだろうか。神にはするべき仕事がある。――なぜ人々は歩むべき道を持たないのだろう。この点で、彼らは神から逸脱しているのではないだろうか。実際、人々にはするべき仕事がたくさんある――たとえば、「あなたがたは、ほんとうに赤い大きな竜を憎んでいるのか。」という言葉の中の「赤い大きな竜」について人々はどのくらい知っているのだろう。「なぜわたしは、こんなに何度も尋ねているのか。」という神の言葉は、人々が赤い大きな竜の本質をまだ知らず、さらなる深みへと進むことができないままであることを示している。これはまさに人間が行うべき働きではないだろうか。人間にはすべき働きがないなどとどうして言えようか。もしそうならば、神の受肉の意味はどうなるのだろう。神は最後まで行動するために投げやりで、いい加減にしているだろうか。このようなやり方で、赤い大きな竜を打ち負かすなどできるだろうか。

神はこのように言う。「わたしはすでに始めている。そして、わたしの刑罰の働きの第一段階を赤い大きな竜のすみかで始める。」これらの言葉は神性の働きに向けられる。今日の人々はすでに前もって刑罰に入っている。だから神は、これは神の働きの第一段階であると言う。神は人々に災害の刑罰ではなく、言葉の刑罰に耐えさせている。神の言葉の調子が変わると、人々は完全に理解できなくなるので、その後彼らはすべて刑罰に入る。そしていったん刑罰を経験すると、神が次のように語るとおりになる。[a]「あなたがたは、正式に本分を果たし、全地で正式にわたしをたたえる。永遠に絶えることなく。」これは神の働きの一つの段階であり、神の計画である。さらに、これらの神の民は、赤い大きな竜が罰せられる方法を直接目にし、彼らの外の世界で災害が本格的に始まるだろう。これは神が人々を救う方法の一つである。内部では彼らは刑罰を受け、外部では災害が生じる――すなわち、神の言葉が果たされるのだ。だから、人々は災害よりも刑罰を受ける方を選び、このため、彼らは留まる。一方では、神の働きが既にこの点に及んだのであり、もう一方では、それは人々が神の性質を知るようになるためである。こういうわけで、神は次のように言う。「わが民がわたしを享受する時は、赤い大きな竜が刑罰される時である。赤い大きな竜の民が立ち上がり、竜に逆らい背くようにするのがわたしの計画であり、それにより、わが民を完全にする。これはまた、わが民すべてが、いのちにおいて成長する、すばらしい機会である。」神はこれらの言葉を語るのに、人々の注意を引かないのはどうしてだろう。

諸国はひどい混乱に陥っている。神の鞭が地上で役割を果たし始めたからである。地上の状況の中に神の働きを見ることができる。「水は轟き、山々は倒れ、大河はばらばらになり、」と神が言うとき、これは地上における鞭の最初の働きであり、次のような結果となる。「地のすべての家は引き裂かれる。母と息子は二度と会うことがない。父と娘が再会することも二度とない。かつて地にあったものは、みなわたしが砕く。」地上の家族の一般的状況はこうしたものとなる。もちろん、まさかすべての国の状況ではないだろうが、ほとんどはそうである。他方、それは今後こうした流れの中にいる人々が経験する事情にも言及している。そして、いったん人々が言葉の刑罰を経験し、不信心者が災害の対象になったら、もはや地上の人々の間に家族関係はなくなるだろうと予言している。彼らはみな秦の国の人々になり、みな神の国で忠実になるだろう。このようにして、夫と妻が再会する日は去り、母と息子は二度と会うことがない。父と娘が再会することも二度とない。そこで、地上の人々の家族は引き裂かれ、ずたずたにされるが、これが、神が人間に行う最後の働きになるだろう。そして、神はこの働きを全宇宙に広げるので、この機会をとらえて、人々のために「感情」という言葉の意味を明確にし、こうして神の旨はすべての人々の家族をばらばらにすることであると、彼らにわからせ、神は人類の中にあってすべての家族の不和を解決するために刑罰を用いることを示す。そうでなければ、地上における神の働きの最終部分を終らせる方法はないだろう。神の言葉の最終部分は、人類の最大の弱点を暴露する――彼らはすべて感情の中に生きている――だから、神は彼らのただ一人として避けることなく、全人類の心の中に隠されている秘密を暴き出す。人々にとって、感情から自分を切り離すことがそんなにも困難なのは、なぜだろう。感情は良心の基準よりも高いのだろうか。良心は神の旨を達成することができるだろうか。感情は困難の中にいる人々を助けることができるだろうか。神の目には、感情は敵と映る――このことは神の言葉の中ではっきりと述べられていないだろうか。

脚注:

a. 原文では「神が次のように語るとおりになる。」という語句は省かれている。

前へ:二十七番目の言葉の解釈

次へ:二十九番目の言葉の解釈

他のお気に入り