真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

十七番目の言葉の解釈

実際、神の口から語られる言葉のすべては人間の知らない事柄である。すべて人々が聞いたことのない言語で語られる。このことについては、次のように考えることができる。つまり、神の言葉そのものが神秘なのだ。ほとんどの人々は、人間の概念が届かない唯一の事柄、現在、神から許されて人々が知ることができる天上の物事、あるいは霊的世界で神が行うことの真実は神秘なのだと信じているが、これは間違いである。これは、人々が神の言葉のすべてを等しくは扱わず、大切にもせず、自分たちが「神秘だ」と信じるものだけに重点を置いていることを示している。これは、人々が神の言葉とは何か、あるいは神秘とは何かをわかっていない証拠である――彼らは自分の観念の中だけで神の言葉を読んでいるのだ。神の言葉を本当に愛する者は一人もいないというのが現実である――「人々はわたしを欺くのに巧みである」と言われる理由の根源はここにある。神が、人々には長所がまったくないとか、彼らはまったく混乱しているとか言っているわけではない。これが人類の実情なのである。人々は、自分の心の中で神が実際どのくらいのスペースを占めているのか、あまりよくわかっていない――そのことを完全に知っているのは神のみである。そこで現時点では人々は乳飲み子のようである――彼らはなぜ自分たちが乳を飲むのか、何のために生き延びているのか、まったく気づいていない。彼らには何が必要なのかをわかっているのは母親だけであり、母親は彼らを餓死させないし、食べ過ぎて死ぬこともさせない。神は人々にとって必要なものを一番よく知っている。そこで時には神の愛はその言葉の中に具体化され、時には神の裁きが言葉の中で明らかにされ、時には神の言葉が人々の心の奥底を傷つけ、時には神の言葉が誠実でまじめなこともある。このため人々は神の思いやりや近づきやすさを感じることができ、神は人々が想像している「堂々とした姿」ではなく、触れられない存在でもなく、人々の心の中の「天の子」でもなく、直接顔を見ることのできないものでもない。そして特に神は、無実の人々を虐殺すると想像されている「死刑執行人」ではない。神の性質のすべてはその働きの中で明らかにされ、今日人の姿となった神の性質が、やはりその働きを通して具体化されるので、神の実行する聖職者としての働きは言葉の教えの働きであり、神が行うことではなく、あるいは神がどのように出現するかでもない。結局すべての人々は神の言葉から啓発を得て、言葉によって完全にされるのだ。人々は経験する中で、神の言葉の指導により実践の道を得て、神が語る言葉を通して神の性質全体を知るだろう。神の言葉により、神の働きのすべてが実行され、人々は活気づき、敵はすべて敗北するだろう。これが神の主要な働きであり、誰も無視することはできない。わたしたちは神の次の言葉を見るとよい。「わたしの声は雷のように轟き、全世界の隅々まで照らす。そして、雷鳴と稲光の中、人間たちは打ち倒される。雷鳴と稲光のただなかでしっかりと立ち続けた者はいない。たいていの人間はわたしの光を見て恐れに我を失い、どうしていいか、わからなくなる。」神が口を開くと言葉が出てくる。神は言葉を通してあらゆることを成し遂げ、物事はすべて神の言葉によって変形され、すべての人々は神の言葉を通して再び新しくされる。「雷鳴と稲光」は何を意味するのだろう。そして「光」は何を意味するのだろう。神の言葉から逃れられるものは一つとしてない。神は言葉を使って人々の心の中をさらけ出し、彼らの醜さをあらわにする。神は言葉を使って人々の古い性質の悪いところを治し、神の民のすべてを完全にする。これが神の言葉の重要な特性ではないだろうか。全世界で神の言葉の助けと強化がなければ、全人類はかつてないほどまで破壊されていただろう。これが、神が行うことの原則であり、神の6000年に及ぶ救済計画の働き方である。こうしたことを通して、神の言葉の重要性をはっきり見ることができる。神の言葉は人類の魂の奥深くまで直接入り込む。彼らは神の言葉を見るや否や、驚愕し、恐怖に怯え、急いで逃げる。彼らは神の言葉の現実性から逃れたがり、そのためこれらの「避難民」は至る所に見られる。神が言葉を発するとすぐに人々は一目散に逃げ出す。これは神が表現する人類の醜さの一面である。まさに今、すべての人々は次第に昏睡状態から目覚めつつある。すべての人々はまるで以前に痴呆症を患った経験があるかのようだ。そして今は神の言葉を目にしても、病気の影響が長引いているかのように、以前の状態を取り戻すことができない。これがすべての人々の現状であり、次の文章に書かれているとおりである。「多くの人は、このわずかな光の刺激により、すぐに幻覚から醒める。しかし、わたしの光が地上に降る日が訪れたことを知る者はいない。」こういうわけで、神は次のように語った。「大多数の人間は、突然の光の到来に呆然とする。」このように表現をすることは完全に適切である。人類に関する神の記述は針先ほどの余地も残していない――神は本当にこの言葉どおりに行った。人類に対する神の描写には、針ほどの隙もない。神は極めて正確に誤りなく描写を行った。そのためすべての人々は完全に納得し、気づかないうちに彼らの神に対する愛は始まり、心の奥底から高まっていった。このようにしてのみ、人々の心の中における神の立場はますます本物となった。これも神の働き方の一つである。

「大多数の人間は、混乱している。彼らは光のせいで目を痛め、泥の中に投げ倒されたのだ。」彼らは神の意志に逆らっている。(すなわち、神に抵抗している。だから、)そのような人は神の言葉が来た時、反抗心のために懲罰を受ける。こういうわけで、彼らは光によって目を痛めると言われるのだ。このような人はすでにサタンの手に渡されているので、新しい仕事に入ったとき、啓示も明かりもない。聖霊の働きを持たないすべての人々はサタンに支配されており、心の奥に神のための場所はない。したがって彼らは「泥の中に投げ倒された」と言われる。この状態にある人々はみな混乱している。彼らは正しい軌道に入ることができず、正常な状態に戻ることができず、心の中で考えていることはみなひねくれたことばかりである。地上のすべての人々はサタンによって極端なまでに堕落させられてきた。彼らは生命力がなく、死体の臭いに満ちている。地上のすべての人々は伝染病菌の真っただ中で生きていて、誰もそこから逃れることはできない。彼らは喜んで地上で生きているわけではないが、何かもっと偉大なものがあり、いつか偶然にそれが見つかるだろうと感じている。そこですべての人々は無理をして生き続けようとする。人々はずっと前に、心の力を失っており、目に見えない希望を精神的支柱として使っているだけだが、胸を張って一人前の人間のように振る舞い、地上での日々を生き抜いているだけなのである。あたかも人々はすべて人の姿をした悪魔の子らのようである。だから、神は次のように語った。「世界は混沌に包まれ、耐え難い惨めなありさまとなり、よく調べると、この上ない憂鬱に閉ざされているのだ。」このような現状があるから、神は全世界に向かって「わたしの霊の種を蒔き」始め、全世界で救済の働きを実行し始めたのだ。神があらゆる種類の災害を降らせ始めて冷酷な人類を救おうとするのは、この働きを促進するためである。神の働きの段階では、救済方法は異なる種類の災害を通して行われ、数の中に入れられた人々はすべてそこから逃れることはできない。ようやく最後に「第三の天同様穏やかで、ここに生きるものたちは、大きいものも小さいものも調和のうちに共存し、けっして「くちびるのことばで争う」ことがない」という状況が地上に現れることができるだろう。神の働きの一面は、人類すべてを征服し神の言葉を通して選民を選ぶことであり、もう一つの面は、さまざまな災害を通して反逆の子らをすべて征服することである。これは神の大規模な働きの一部である。神の望む地上の王国を完全に達成するにはこの方法しかなく、これは純金のような神の働きの一部である。

神はいつも人々が天の変遷の型を理解することを要求している。人々は本当に理解できるだろうか。人々の現在の状況に基づくと、5900年にわたりサタンによって堕落させられてきたので、彼らをペテロと比較することはできないし、そこで彼らは絶対に理解することはできない。これは神の働きの方法の一つである。神は人々にただ待つだけの消極的な態度をとらせるのではなく、積極的に求めさせる。このようにしてのみ、神は人々の中で働く機会を持つだろう。これはもう少し説明した方がいいだろう。さもないと人々は表面的にしか理解できないだろう。神が人類を創造し、魂を与えた後、もし彼らが神に呼び掛けなければ、彼らは神の霊と連絡することができず、したがって天からの「衛星テレビ放送」は地上で受信できないように神が定めた。神がもはや人々の心の中にいなければ、他のものが入り込める空席が残され、そこにサタンが入り込む機会をつかむ。人々が心から神と結びつけば、サタンはただちにパニックに陥り、大急ぎで逃げ出す。人類の叫びによって神は彼らに必要なものを与えるが、初めから彼らの中に「住む」ことはない。神は彼らの叫び求める声によっていつも援助するだけで、人々はその内面の力から忍耐力を得るので、サタンは思い通りに人の心に入って「遊ぶ」ことはしない。このように、人々が常に神の霊と結びついていれば、サタンは混乱を引き起こしに来ようとはしない。サタンが混乱を起こさなければ、人々のすべての生活は正常であり、神はまったく妨害なしに彼らの中で働く機会を得る。こうして、神が行いたいと思うことは人間を通して達成することができる。このことから、なぜ神がいつも人々に信仰を増すように要求し、次のように語っているかもわかる。「わたしはこの世に存在する人間の背丈を測り、それにしたがって、要求しているのだ。わたしは誰をも困難な状況においたことはないし、わたしの楽しみのために誰からも「血を絞り出した」ことはない。」ほとんどの人は神の要求に当惑し、自分たちにはそれに応える能力がないし、回復しようのないほどサタンに堕落させられているのに、なぜ神は要求ばかりするのだろうと言う。神は人々を困難な状況に立たせているのではないだろうか。人々のまじめな顔を見て、次にとても落ち着きのない様子を見ると、あなたは笑わざるを得ない。人々のさまざまな醜さは非常に滑稽である――時には彼らは遊ぶのが大好きな子供のようであり、時には「お母さんごっこ」をする少女のようである。ネズミを食べる犬のような時もある。彼らの醜い状態のすべてはただばかばかしいほど面白いだけで、神の意志を理解できない人々が多ければ多いほど、ますます彼らは困難に陥りやすくなる。だから、「わたしは被造物に沈黙を強いるだけの神だろうか。」という神の言葉から、人々の愚かしさがわかり、誰も神の意志を理解できないことが明らかにされる。たとえ神が自分の意志は何かをはっきり語っても、彼らは理解することができない。彼らは人間の意志に基づいて神の働きを行うだけなので、どうして神の意志をそのまま理解することができようか。「わたしは地上を歩み、いたるところに芳香を放ち、あらゆるところにわたしの形を残す。すべての場所がわたしの声に反響する。いたるところの人々が以前の美しい眺めを懐かしく思い出す。全人類が過去を記憶しているからだ・・・」これが神の国が形成された時の状況であろう。実際、数か所で神は実現した王国の美しさを予言している。もしそれらをすべて結びつければ、それが王国の完全な姿である。しかし、人々はそれに注意を払わない――彼らはその完全な姿を風刺漫画のように見ているだけである。

数千年に及ぶサタンの破壊によって、人々はいつも暗やみの中に暮らしてきたので、暗やみでも困らないし、光を求めもしない。これは光が今日到来した時の次の言葉につながるものである。「みな、わたしの訪れを嫌い、光の近づくのを追い払う。まるで、わたしが天国で人間の敵であるかのように。人間は用心深く探るような目でわたしにあいさつする。」ほとんどの人々は純粋な気持ちで神を愛しているが、神はまだそのことに満足せず、人類を非難する。これは人々にとって不可解なことである。人々は暗やみの中に生きているので、神への奉仕はまだ光の欠けていた時と同じように行われている。すなわち、人々は皆自分の概念を使って神に仕え、神が降りて来る時、人々は皆この種の状態にあるから、新しい光を受け入れて神に仕えることができず、自分の経験のすべてを使って神に仕える。神は人類のこのような「忠誠」からは喜びを得ないので、人類は暗闇の中にいるままで、光を称賛できない。そのため神はこう語った――それは現実そのものだ。神は人類を虐待していないし、不当に扱ってもいない。世界の創造から今日に至るまで、一人として神の温情を本当に味わった者はいない――彼らは神に対して警戒心を持ち続け、神に打ち倒されて滅ぼされることを深く恐れている。そこで、これまで6000年にわたり、神は人々が誠実さを示せばいつも温情を行使し、事あるごとに忍耐強く彼らを導いてきた。これは人々がとても弱いからであり、彼らは神の意志を十分にわかることができず、心から神を愛することができないからである。なぜなら、彼らはサタンの策略に従わざるを得ないからである。しかし、たとえこうした場合でも神はやはり寛容であり、これを一定の日まで我慢するが、すなわち、世界を再生する時、神はもはや母親のように人々の面倒をみることはないだろう。むしろ、神は人類に適切な報いを与え、だから、その後、「死体が広い海面を漂う」ことになり、一方「水のない場所では、他の人間たちは、まだ笑いと歌の中で、わたしが彼らに与えた約束を楽しんでいる」ことになる。これは報われる者と罰せられる者の終着点の比較である。「広い海面」は神が語る人類への懲罰を意味する底なしの穴である。それはサタンの最終目的地であり、神に背くすべての人々のために神が用意した「休息場所」である。神はいつも人類に純粋な愛を望んでいるが、人々にはそれがわからず、彼らは相変わらず自分の仕事をしている。こういうわけで、神は、自分が語るすべての言葉の中で、いつも人々に要求を行っており、彼らの欠点ならびに実践の道を指摘してきたので、彼らはこれらの言葉に従って実践することができる。神は人々に対する自分の態度にも光をあててきた。「しかし、一度たりとも、おもちゃのように扱って生命を奪いはしなかった。わたしは人間の注いだ心血を見、人間の支払った代償を理解している。人間がわたしの前に立つとき、その無防備さを利用して懲らしめようとは思わない、また、望ましくないものを与えもしない。むしろ、わたしはひたすら人間に施し、与えてきた。」神からのこうした言葉を読むと、人々はすぐに神の温情を感じる。実際、昔わたしは神に対して代価を払ったが、神に対しておざなりな扱いもして、時には神に不平を言ったこともある。神はいつも言葉でわたしを導いてきて、わたしの生活に大いに注意を払ってくれのだが、時にはわたしはまるでおもちゃのようにそれを弄ぶ。このような態度は、実際不適切なことである。神はわたしをとても愛しているのに、なぜわたしは十分懸命に努力することができないのだろう。このことについて考えるとき、人々は本当に自分の顔を平手打ちしたいと思う。あるいは人によっては鼻をぴくぴくさせて大声で叫ぶ。神は人々の気持ちを理解し、それに応じて語り、厳しくもやさしくもない短い言葉は神に対する人々の愛を引き起こす。最後に神は、地上で神の国が形成される時にその働きが変化すると予言した。神が地上にいる時、人々は思いがけない不幸や災難から免れ、恩恵に浴すことができるが、最後の審判を始める時は神がすべての人々の中に現れる時であり、地上における神の働きのすべては完了するだろう。その時、終わりの日が来るので、「不義な者はさらに不義を行い、聖なる者はさらに聖なることを行うままにさせよ。」と聖書に書かれていたようになるだろう。不義な者は再び懲罰を受け、聖なる者は神の玉座の前に戻るだろう。神に便宜を図ってもらう者は一人としていないだろう。神の国の子らや民でさえできない。すべては神の義であり、すべては神の性質の啓示であろう。神は人類の弱点に対する心遣いを二度と示さないだろう。

前へ:十六番目の言葉の解釈

次へ:十八番目の言葉の解釈

他のお気に入り