全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

なぜ中国共産党政府は全能者である神と全能者である神の教会を激しく迫害し、抑圧し、取り締まるのか。

38

1.なぜ中国共産党政府は全能者である神と全能者である神の教会を激しく迫害し、抑圧し、取り締まるのか。

参照聖書箇所

「この時代は邪悪な時代である。」(ルカによる福音書 11:29)

「全世界は悪しき者の配下にあることを、」(ヨハネの第一の手紙 5:19)

「黎明の子、明けの明星よ、あなたは天から落ちてしまった。もろもろの国を倒した者よ、あなたは切られて地に倒れてしまった。あなたはさきに心のうちに言った、『わたしは天にのぼり、わたしの王座を高く神の星の上におき、北の果なる集会の山に座し、雲のいただきにのぼり、いと高き者のようになろう』。」(イザヤ書 14:12-14)

「さて、天では戦いが起った。ミカエルとその御使たちとが、龍と戦ったのである。龍もその使たちも応戦したが、勝てなかった。そして、もはや天には彼らのおる所がなくなった。この巨大な龍、すなわち、悪魔とか、サタンとか呼ばれ、全世界を惑わす年を経たへびは、地に投げ落され、その使たちも、もろともに投げ落された。…龍は、自分が地上に投げ落されたと知ると、男子を産んだ女を追いかけた。」(ヨハネの黙示録 12:7-9、13)

関連する神の言葉

「以下はそれに対する事実である、この世がまだ存在していなかったとき、大天使は天国の天使の中で最も偉大だった。大天使は、天国のすべての天使に対する権限を握っていた。それは神から大天使に与えられた権威だった。神を除いて、大天使は天国の天使の中で最も偉大だった。神が後に人間を創造したとき、大天使はこの世において神に向けて大きな裏切りを行った。大天使は、人間を支配し、神の権威を超越したかったため、神を裏切ったと言われるのである。エバを誘惑して罪に陥れたのは大天使だった。大天使が神を裏切ったのは、この世に自分の王国を建設し、人間に神を裏切らせて、代わりに自分に従わせたかったからである。…大天使はそのようにして神の権威を超越し、神を裏切ろうと考えた。後に大天使は多くの天使たちに神を裏切らせ、それが汚れた霊となった。」

『言葉は肉において現れる』の「あなたは人間全体が現在までどのように発展してきたかを知るべきである」より

「霊的世界ではこの線に沿って戦いが行われる。サタンの空しい望みは、人類をある程度堕落させ、世界を汚れて邪悪な場所にし、人を泥の中に引きずり落とし、神の計画を破壊することである。…」

『言葉は肉において現れる』の「第五章」より

「神は業を行い、人間を慈しみ、見守るが、サタンは常に神の働きの邪魔をする。神が大事にする人間を、サタンも見ていてつけ回す。神がその人間を求めると、サタンは持てる力の全てでどんなことでもして神の行うことを阻もうとし、隠された目的を達成するため、あらゆる邪悪な方法で神の業を試し、邪魔し、挫折させようとする。サタンの目的は何であろうか。サタンは神が人間を得られなくなることを求めている。サタンは神が求める人間を求め、その者を自分のものとして支配し、掌握してサタンを崇拝させ、サタンと共に邪悪なことを行わせることを求めている。これはサタンの悪意に満ちた動機ではないか。…サタンは神に敵対し、また神をつけ回している。サタンの目的は神が行う必要のある業をすべて粉砕し、神が求める人間を自分のものとして支配し、完全に消滅させることである。こうした人間が消滅しなかった場合、その人間はサタンのものとなってサタンに用いられる。これがサタンの目的である。」

『言葉は肉において現れる』の「唯一の神自身4」より

「わたしへの反逆、わたしの言葉に関する理解と知識の欠如、わたしを頻繁に迫害すること、わたしの経営を妨げるために策略を企てること、これらは皆赤い大きな竜の現れである。…わたしの言う赤い大きな竜とは、一匹の大きくて赤い竜ではなく、むしろわたしに反抗する邪悪な霊であり、『赤い大きな竜』とは、それの別称である。…」

「キリストが最初に発した言葉と証し」より

「魔王は人間の若い心に無神論の腫れ物の種を植え付け、『科学技術を学び、四つの近代化を実現せよ。この世に神はいない。』など、人間に偽りを諭した。それだけでなく、魔王は『私達の勤勉な労働により素晴らしい国を建てよう。』と繰り返し宣言し、全ての者に対して、幼少時代から自国のために仕える訓練をするよう要求した。人間は無意識のうちに魔王の前へと導かれ、魔王は(あらゆる人間を掌握している神を名乗り)躊躇無く人間を我がものとした。魔王は、一度も恥じらうことは無く、恥辱を覚えることは一切無かった。さらに、魔王は厚かましくも神の選民を自分の家の中に捕らえ、ねずみのように机上に飛び乗り、人間に自分を神として崇拝させた。魔王は、何という無法者であろうか。魔王は『この世に神はいない。風は自然の法則が原因である。雨は凝結して水滴となって地表に落ちる水分である。地震は地質学的変化に起因する地表の振動である。干ばつは太陽表面の原子核工学的障害により起こる大気の乾燥である。これらは自然現象である。そのうちどれが神の業だというのか。』などという衝撃的な中傷を唱える。その上魔王は、『人間は古代の類人猿から進化したもので、現在の世界は、約10億年前の原始社会から進化したものである。ある国家の栄枯盛衰は、その国家の国民の手により

関連した内容