神の権威により、第一の日に人類の昼と夜が生まれ、確立した

2018年1月19日

では、最初の聖句を検討しましょう。「神は『光あれ』と言われた。すると光があった。神はその光を見て、良しとされた。神はその光とやみとを分けられた。神は光を昼と名づけ、やみを夜と名づけられた。夕となり、また朝となった。第一日である」(創世記 1:3-5)。この聖句では、創世における神の最初の業、そして昼と夜がある、神の過ごした最初の日が描かれています。しかし、この日は特別でした。神は万物のために光を用意し始め、さらに光と闇を分けたのです。この日、神は言葉を語り始めましたが、神の言葉と権威は隣り合わせに存在していました。神の権威が万物の前に示され、言葉によって神の力が万物に及びました。この日以降、神の言葉、権威、そして力により、万物が創造されて確立し、また神の言葉、権威、そして力のおかげで、それらのものが機能し始めました。神が「光あれ」と言ったので、そこには光がありました。神は何らかの仕事に取りかかったのではなく、神の言葉によって光が現われたのです。それは、神が昼と呼ぶ光であり、現在も人間が生存するのに必要な光です。神が命じたために、その本質と価値は変わったことがなく、それらが消えたこともありません。光の存在は神の権威と力を示し、創造主の存在を宣言するとともに、その身分と地位を繰り返し確認するものです。その光は形なきものでも架空のものでもなく、人間が見ることのできる実際の光です。そのとき、「地は形なく、むなしく、やみが淵のおもてにあり」という空虚な世界に、最初の形あるものが生み出されました。それは神の口から発せられた言葉によって生み出され、神の権威と発した言葉により、万物創造の最初のものとして現われました。その直後、神は光と闇が分かれるように命じました……。神の言葉によってすべてが変化し、完了したのです……。神はその光を「昼」と呼び、闇を「夜」と呼びました。そのとき、神が創造しようとしている世界に最初の夜と朝が創られ、神はそれを第一の日と言いました。この日は創造主による万物創造の初日であり、創造の始まりであり、自ら創ったこの世界に創造主の権威と力が示された最初のときでした。

これらの言葉により、人間は神の権威と神の言葉の権威、そして神の力を見ることができます。このような力をもつのは神だけであり、ゆえに神だけがこのような権威をもっています。そして神はこのような権威をもっているので、神だけがこのような力をもっています。人間や物がこうした権威と力をもつことはできるでしょうか。何か思いつきますか。神以外に、被造物やそうでないものが、このような権威をもっているでしょうか。書籍や出版物の中で、そうした物の例を見たことはありますか。誰かが天地と万物を創ったという記録はありますか。そのようなことは他のどの書籍や記録にも書かれていません。それらは当然ながら、神の壮大な創世に関する、権威と力がある唯一の言葉であり、聖書の中に記されています。つまりそれらの言葉は、神だけがもつ権威と身分を語っているのです。こうした権威や力は、神独自の身分を象徴するものだと言えるでしょうか。それらは神だけがもつものと言えるでしょうか。神だけがこのような権威と力をもっていることに、疑いの余地はありません。被造物であれそうでないものであれ、この権威と力をもつことはできず、それに取って代わることもできません。それは唯一無二の神自身がもつ特性の一つですか。あなたがたはそれを目の当たりにしたことがありますか。人々はこれらの言葉のおかげで、神が独自の権威と力をもち、至高の身分と地位にあることを、迅速かつ明瞭に理解することができます。以上の内容から、自分の信じている神が唯一無二の神自身であると言えますか。

『言葉は肉において現れる』の「唯一無二の神自身 1」より引用

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

創造主の権威の下では、万物が完璧である

鳥や魚、木や花など、神によって創られた万物は、動けるものも動けないものも含め、あるいは第六の日に創られた家畜、昆虫、野獣を含め、すべて神の目に良いものと映り、また神から見て、それらは自身の計画によると完璧の域に達しており、自身が望む基準を満たしていました。自身が行なおうとしていた…

創造されたものも、それ以外のものも、創造主の身分に代わることはできない

万物の創造が始まった時から、神の力が表わされ、明らかになり始めました。なぜなら、神は言葉を用いて万物を創ったからです。神が万物をどのように創造したか、なぜ創造したかを問わず、万物は神の言葉のために出現し、しっかり立ち、存在しました。これが、創造主だけがもつ権威なのです。人類がこの…

第五の日、多種多様ないのちにより、創造主の権威が様々な形で示された

聖書には「神はまた言われた、『水は生き物の群れで満ち、鳥は地の上、天のおおぞらを飛べ』。神は海の大いなる獣と、水に群がるすべての動く生き物とを、種類にしたがって創造し、また翼のあるすべての鳥を、種類にしたがって創造された。神は見て、良しとされた」(創世記 1:20-21)とありま…

第三の日、神の言葉によって地と海が生まれ、神の権威によって世界がいのちで満たされた

次に、創世記1章9-11節の最初の文章を検討しましょう。「神はまた言われた、『天の下の水は一つ所に集まり、かわいた地が現れよ』」。神が「天の下の水は一つ所に集まり、かわいた地が現れよ」とひとこと述べた後、どのような変化が生じましたか。また光と大空以外に、その空間には何がありました…

コメントを残す