完全にされた人の表明

人々が完全への道に踏み出すと、彼らの古い性質は変えられる。さらに、彼らのいのちは成長を続け、彼らは徐々により深い真理の中へ入っていく。彼らは世を忌み嫌うことができ、真理を追い求めないすべての者たちを嫌悪をすることができる。彼らはとりわけ自分自身を嫌悪するが、ただそれだけではなく、彼らは明らかに自分自身を知っている。彼らには真理によって生きる意欲があり、真理を追い求めることを自分たちの目標とする。彼らは自分たちの脳が生み出した考えの中で生きるつもりはなく、人間の独善、傲慢、うぬぼれに深い嫌悪感を持つ。彼らは適切かどうかを強く意識して話し、識別力と知恵でもってものごとに対処し、神に忠実で従順である。もし彼らが刑罰と裁きとを経験することがあると、彼らは受動的になったり弱くなったりしないどころか、神による刑罰と裁きに感謝する。彼らは神の刑罰と裁きなしではやっていけないと信じている。彼らはそれを通して神の守りを受ける。彼らは平和と喜びと飢えを満たすパンの信仰を求めない。まして、彼らは一時的な肉の快楽を追いかけることもない。これこそが完全にされた者が備えているものである。


『言葉は肉において現れる』の「征服の働きの内幕(4)」より編集

前へ: 真理を追い求めることは完全にされる唯一の機会

次へ: 神の現実性と麗しさ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

神の霊を まとった肉は 神自身の 肉である 全能・・崇高・・聖にして・・正しい それはまさに 神の霊と 同じである 人々のため このような肉は 善き事だけを 為す事が出来る 聖なる・・偉大で・・栄光に・・・満ちた 栄光に 満ちた事のみを 為す事が出来る 肉なる神は 真理に背いた…

災いが襲うとき

神のすべての憐みは 神を愛し 自己を放棄する者たちに施され 悪人への懲罰は神の怒りと義の証しだ 災いが襲うとき 神に反抗する者は飢えや病に直面して涙する 神に従うが 悪を行ってきた者も この運命に直面し 恐れの中で生きる 神に従う者だけが喜び 神の力を称賛する 彼らは大き…

なぜ真の愛はこの世では見つけにくいのだろうか

神よ、あなたに会いたい もうあなたと離れたくはない 全てを治める創造主 だがいつも共にはいられない あなたは恥辱に耐え 堕落した者を救っているのだ あなたは血と涙の道を旅し 長年苦しみに耐えながら 全ての愛を注がれた 人びとと苦難を分かち合った 孤独で見捨てられても 誰があなたを…

神の権威を知るための道

神の権威と力 神に固有の身分と本質についての認識は あなたの想像力によって得られるものではない 「想像するな」ということは 「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく 「論理を用いて推測せず 知識や科学を通して研究するな」 という意味である 神の言葉を食べ 飲み…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索