人の本分は被造物としての召命である


人に与えられている使命は 祝福や呪いに関わらず

果たしていくものである 

報酬や条件などを求めずに 人は果たすべきである

「祝福」とは裁きを受け

完全にされた者が恵みを楽しむこと

「呪い」とは自分の性質を変えられなかった者が

懲罰に苦しむこと

人は自分の使命を果たすべきだ

祝福されようと、呪われようと

できる限りのことをすべきだ

それでこそ、人は神を求めていけるのだ

それでこそ、人は神を求めていけるのだ


あなたは祝福を目当てにしたり

呪いを恐れて拒んだりせずに

使命を果たすべきである

使命を全うしないでいるのは 神に対する反抗である

「祝福」とは裁きを受け

完全にされた者が恵みを楽しむこと

「呪い」とは自分の性質を変えられなかった者が

懲罰に苦しむこと

人は自分の使命を果たすべきだ

祝福されようと、呪われようと

できる限りのことをすべきだ

祝福されようと、呪われようと

人は自分の使命を果たすべきだ

祝福されようと、呪われようと

できる限りのことをすべきだ

それでこそ、人は神を求めていけるのだ

それでこそ、人は神を求めていけるのだ

『言葉は肉において現れる』の「受肉した神の職分と人間の本分の違い」より編集

前へ: 大小あらゆることにおいて神の道に従いなさい

次へ: 肉を捨てることの実践

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

全ての神の働きは 神自身によって為される 神の働きを起こすのも、完了させるのも神である その全ての働きを 計画するのは神であり  それを営むのもそれを 成就させるのも神である それについて 聖書にはこう 書かれている・・ 書かれている 「神は始めであり・・神は終わりでもある  …

神だけがいのちの道を持っている

いのちの道は誰もが備えているものではなく それは誰もが簡単に手に入れられるものではない いのちは神だけから来るのであって唯一 神だけがいのちの本質 いのちの道を持っている それゆえ神だけがいのちの源であり 尽きることなく流れる生けるいのちの水の泉である 世界の創造以来 神は…

私たちは共に教会に集う

私たちは共に教会に集う 私たちは共に教会に集う それは神を愛する人々の集い。 私たちは神の言葉を飲み食いし、真理について交わり、 私たちの心は甘美さと幸福に満ちている。 過去の記憶から、私たちは悔恨と罪責感を抱いている。 互いを知った今、私たちは神の愛の中で生きる。 偏見も壁も…

終わりの日のキリストが東方に現れる

大いなる光が暗い地に現れる。 東方の稲妻が今、光を放った。 これは人の子の降臨である。 この事実についてどうして声を上げて歌わずにいられようか。 あなたは受肉された実際の神。 全能神よ、私たちはあなたをいつも讃美する。 あなたのことを声高らかに歌う。 全能神よ、私たちはあなたをい…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索