人が神に服従するための基準

人が神に従えるかどうかを決めるにあたり、おもに目を向けるべきことは、その人が神から贅沢な何かを欲しがるかどうか、その他の隠れた意図があるかどうかである。いつも神に要求をしているなら、それは神に従っていないこと、神と取引していること、自分の考えを選びそれに従って行動していることを証明している。これは裏切りであり、不服従である。神に要求をすることには理知がない。神は神であると心から信じているなら、理性的であろうとなかろうと、あえて神に要求をすることはなく、またそうする資格もないはずである。あなたが神への真の信仰を持ち、神は神であると信じているなら、神を崇拝して神に従うしか選択肢はない。

現在の人には選択肢があるだけでなく、自分の意図を神に押しつけることさえして、自分が神の考えに従って行動するどころか、神が自分の考えに従って振る舞うようにさせようとしている。ゆえに、そのような人に神への真の信仰はなく、信仰に含まれる実質もない。神への要求が少ないほど、真の信仰と従順さが増し、あなたの理知は比較的正しくなる。あなたが本当に従えるなら、神があなたを用いるかどうかにかかわらず、一心に従うことができ、地位があるかどうかにかかわらず、神のために自分を費やすことができる。そのとき初めてあなたは理知を持ち、神に従う人になる。

『キリストの言葉の記録』の「人はあまりに多くを神に要求する」より編集

前へ: 人には少しも理知がない

次へ: 神に要求するとき人は神に逆らい易い

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

私はあなたに創られ、あなたのものです

山あり谷あり変化して 雨風の中 あなたの後を追う 危険や苦難は真の愛 真情の炉 打たれた心は不滅の愛であなたを慕う 何度冬は春になっただろう! 苦きも甘きも味わってきた 秋風は絶え 春の花を歓迎する 気まぐれな戦士の生活! あなたの思いが分かる あなたは謙虚に世に来られたが…

人の子が現れた

世界の東から一筋の輝く光が現われ 西の果てまで照らす 人の子が地に降臨した 全能神である救い主が戻って 真理を表し 新時代を始めた 人の子が現れ 神が来た 神は人類に永遠のいのちの道をもたらす 新しい天と地 新しい時代と人間 新しい道と生活 新しいエルサレムが地に降臨…

私たちは共に教会に集う

私たちは共に教会に集う 私たちは共に教会に集う それは神を愛する人々の集い。 私たちは神の言葉を飲み食いし、真理について交わり、 私たちの心は甘美さと幸福に満ちている。 過去の記憶から、私たちは悔恨と罪責感を抱いている。 互いを知った今、私たちは神の愛の中で生きる。 偏見も壁も…

誰が神の心を理解できるだろう

地にいる神は常に黙し 人のどんな酷い行いも心にとめず 父に託された業を全うするのみ 誰が神の素晴らしさに気づくだろう 神の子以外の誰が父なる 神の重荷を気にかけその意志を知るだろう 人類よ いつになれば神の心を思い 神の意図を理解するのか 神は地に来て 人の世の苦難を受ける …

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索