全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

小羊に従って新しい歌を歌おう

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

人が神に服従するための基準

人が神に従えるかどうかを決めるにあたり、目を向けるべき重要なことは、その人が神から贅沢な何かを欲しがるかどうか、その他の意図があるかどうかです。いつも神に要求をしているなら、それは神にいまだ従っていないことを証明します。自分に何が起きようと、それを神から受け取れず、真理を求めることができず、いつも主観的な推論で語り、いつも自分だけが正しいと思い、神を疑うことさえできるなら、必ずや問題に見舞われます。このような人は最も傲慢で、神に最も従順でない人です。神に要求してばかりいる人は、決して本当に神に従えません。あなたが神に要求をしているなら、それは神と取引していること、自分の考えを選んでいること、そして自分の考えに従って行動していることを証明しています。あなたはその点で神を裏切っており、従順ではありません。神に要求をすることには理知がありません。神は神であると心から信じているなら、それが理性的であろうとなかろうと、あえて神に要求をすることはなく、またそうする資格もないはずです。あなたが神への真の信仰を持ち、神は神であると信じているなら、神を崇拝して神に従うしか選択肢はありません。

現在の人には選択肢があるだけでなく、自分の考えに従って神が振る舞うことさえ要求し、自分が神の意図に従って振る舞うことは必要としません。ゆえに、そのような人に神への真の信仰はなく、その信仰は実質を伴っていません。神への要求を少なくできれば真の信仰と従順さが増し、あなたの理知も比較的正常になります。あなたが本当に従えるなら、神があなたを用いようと用いまいと一心に従い、地位があろうとなかろうと神のために費やすことができます。そのとき初めてあなたは理知を持ち、神に従う人になります。

『キリストの言葉の記録』の「人はあまりに多くを神に要求する」より編集

前へ:人には少しも理知がない

次へ:神に要求するとき人は神に逆らい易い