言葉は肉において現れる

目次

聖書について(2)

聖書は旧約・新約聖書とも呼ばれる。あなたたちは、「約」の意味を知っているだろうか。「旧約」の「約」とは、ヤーウェがエジプト人を殺してイスラエルの民をパロから救ったときの、ヤーウェとイスラエルの民との契約に由来する。もちろん、この契約の証しは鴨居につけた羊の血で、神はそれをもって人間と契約を結んだ。この契約は、二本の門柱と鴨居に羊の血のついた家の者はイスラエル人で、彼らは神の選ばれた民であり、ヤーウェは彼らを通り過ぎる(このとき、ヤーウェはエジプト人の初子たちと羊や牛の初子をみな殺そうとしていた)という内容であった。この契約には二重の意味がある。ヤーウェはエジプト人とその家畜を一切救わず、男の初子と羊と牛の初子をみな殺す。そこで、多くの預言書は、エジプト人がヤーウェの契約のために厳しい罰を受けることを予言していた。これが第一層の意味である。ヤーウェはエジプトの初子と家畜の初子をみな殺したが、イスラエルの民は、すべて見逃した。つまり、イスラエルの地に住む民はヤーウェの慈しむ者たちであり、みな助かるであろうということである。ヤーウェは彼らのために長期におよんで働こうと思い、羊の血で彼らと契約を結んだ。それ以後、ヤーウェはイスラエル人を殺すことなく、彼らは永遠に自分の選んだ民であると告げた。イスラエルの十二部族の間で、ヤーウェは律法の時代を通して働きを開始する。イスラエル人に律法を示し、彼らの中から預言者と士師を選び、彼らを神の働きの中心に置いた。ヤーウェは彼らと契約を結んだ。時代が変わらない限り、ヤーウェは選ばれた民の間でだけ働く。ヤーウェの契約は変えられないものだった。それは血で結ばれたからである。そして、神が選んだ民との間で結ばれたのである。より重要なことに、ヤーウェは時代全体を通じて働くために適切な範囲と対象を選んだ。そこで、人々は契約をとりわけ重要なものと見た。これが契約の第二層の意味である。契約締結前の創世記を例外として、旧約の他の書はみな、契約を結んだ後のイスラエル人の間での働きを記録している。もちろん、異邦人のことを述べている箇所もあるが、総体的に旧約はイスラエルにおける神の働きを記録している。ヤーウェのイスラエル人との契約のため、律法の時代に書かれた書は「旧約」と呼ばれている。これはヤーウェのイスラエル人との契約に因んで名付けられた。

新約は、イエスが十字架上で流した血と、イエスを信じる者たちとの間での契約に因んで名付けられた。イエスの契約はこうである。ただイエスを信じれば、イエスの流した血により罪を赦され、救われ、イエスをとおして生まれ変わり、もはや罪人ではない。神の恵みを受けるにはイエスを信じさえすればよい。そうすれば、死後、地獄の苦しみを受けることがない。恵みの時代に記された書はみな、この契約の後のものだ。そしてみな、働きと、そこで述べられた言葉を記録している。これらの書は主イエスの磔刑による救い、あるいは契約より先には進まない。これらは、すべて経験をした主における兄弟たちが記した書である。だから、これらの書も契約に因んで名付けられ、「新約」と呼ばれる。この二つの契約には、恵みの時代と律法の時代だけが含まれていて、終わりの時代には何のつながりもない。したがって、聖書は終わりの時代の今日の人々にとってそれほど役に立たない。せいぜい、臨時の参照用になるが、基本的にはほとんど無価値である。しかし、宗教関係者は、まだこれを最も貴重なものとしている。彼らは聖書を知らない。彼らは聖書を説明する方法を知っているだけで、基本的にそのなりたちを知らない。そうした人々の聖書への態度は、聖書に書かれていることはすべて正しい、そこには不正確なことや誤りはない、というものである。そうして、聖書を学び始める。彼らは聖書は正しく、誤りはないと最初から決めているので、大いに興味をもって学び調べる。今日の働きの段階は、聖書で予言されていなかった。最も暗い場所における征服の働きについてはどこでも触れていなかった。これは最新の働きだからだ。働きの時代は異なるものだから、イエス自身でさえ、この段階の働きが終わりの日に行われるとは知らなかった──では、終わりの日の人々がこの段階の働きを調べることなどできるであろうか。

聖書を解説する人のほとんどは、論理的推測をしているので、実際の背景を知らない。彼らは単に、多くのことを論理的に推測しているだけだ。何年ものあいだ、あえて聖書を細かく調べたり、聖書に「否」といったりする人は誰もいなかった。この本は「聖なる書」であり、人々は聖書を神のように崇めているからである。これが数千年も続いている。神は気にしないし、誰一人として聖書のなりたちを発見していない。わたしたちは、聖書を大切なものとするのは偶像崇拝だと言うが、そうした敬虔な信者たちは誰もそのように見ようとはしない。その人たちは「兄弟!そんなことを言うのではありません。それはひどい。どうして神を冒瀆できるのです」と言うであろう。次には辛そうな顔をして、「ああ、慈悲深いイエス、救いの主、この人の罪をお赦しください。あなたは人間を愛する主で、わたしたちはみな罪を犯しました。どうか、わたしたちを憐れんでください。アーメン」と言う。こんな人々がどれほど敬虔かわかるであろう。彼らが真理を受け入れるのは容易なことではない。あなたの言うことに、彼らはひどく怯えるだろう。聖書が人間の考えや観念によって汚されているかもしれないとは、誰も考えようとしない。また、誰にもこの欠陥が見えない。聖書のある部分は人間の経験や認識であり、一部は聖霊の啓示であり、また、人間の知性や思考が混じっていもする。神はこうしたことに介入したことはないのだが、物事には限界がある。これらは通常の人間の考えを超えられない。もしそうなれば、神の働きに介入し、邪魔していることになる。通常の人間の考えを超えるものはサタンの働きである。それは本来人間のするべきことを奪うからである。それはサタンの働きで、サタンの指示によるもので、このような時、聖霊はあなたがそのように行動することを許さない。時に、兄弟姉妹が「これこれのやり方で働いていいのですか」と尋ねる。わたしは彼らの背丈を見て、「いいですよ」と言う。また、「もしわたしがこれこれの働き方をしたら、わたしの状態は正常でしょうか」と尋ねる人もいる。そこでわたしは「はい。それは正常です。ごく正常です」と言う。別の人は「こういうふうに働いていいですか」と言う。そこでわたしが「いけません」と言うと、「なぜあの人はよくて、わたしはいけないのですか」と尋ねてくる。そこで、わたしは「あなたがしていることは、サタンから来ているからです。それは混乱させます。あなたの動機は逸脱しています」と答える。また、働きが十分に進んでいないが、兄弟姉妹はそれに気づいていないときがある。わたしに、こういうふうに働いていいかと尋ねる人たちもいる。それを見て、その人たちの行動が将来の働きを妨げないものなら、わたしは「いいですよ」と言う。聖霊の働きは人々にひとつの範囲を与える。人々は聖霊の願うことに厳格に従う必要はない。人々は普通の考え方と弱点を持っているし、身体的な必要もあり、現実的な問題を抱えており、頭の中には自分では基本的には抑制のできない考えもあるからである。わたしが人々に求めることにはみな、一定の限界がある。わたしの言葉が曖昧で、わたしがみなに、適当に行動するよう指示を出していると思っている人がいる。それは、わたしの要求には適切な範囲があることを理解していないからである。あなたたちの想像のとおりなら──もしわたしが同じ要求を例外なく全員にしていたなら、みな同じ背丈を達成することを要求するなら──それではうまくいかないであろう。これは不可能な要求というものだ。それに、これは人間の働きの原則であって、神の働きの原則ではない。神の働きは、人々の実際の状況に従って行われるのであって、人々の生まれながらの能力に基づいている。これはまた、福音を広める原則でもある。あなたは、自然に任せ、誰かに真理を明瞭に話せるようになるまで、ゆっくりと進まなければいけない。そうしてはじめて、人々は理解し、そうなってはじめて、聖書を脇に置くだろう。もし神がこの段階の働きをしなければ、誰が因習を打ち破れるのか。誰が新しい働きをできるのか。誰が聖書の外に新たな道を見いだせるのか。人々の伝統的な観念と封建的倫理とが甚だしいので、人々は自分ではこれらを捨て去る能力をもたず、そうする勇気もない。今日の人々が聖書にある死んだ言葉のいくつかに捕らえられていること、言葉に心を奪われていることは、言うまでもない。どうしてそんな人々が聖書を捨てようと思うであろうか。どうして聖書の外にある道を容易に受け入れることができるであろうか。つまり、あなたが聖書の内部事情と聖霊の働きの原則を明瞭に話して、すべての人々を完全に納得させることができなければ、である。これが最も必要なことだ。これは、宗教を信じているすべての人が聖書を尊重し神として崇拝しているから、神を聖書の内に閉じ込めようとしているから、さらには再び神を十字架につけなければ、そんな人々の目的は達成できないという事態だからである。